for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bank Mandiri (Persero) Tbk PT

BMRI.JK

前日終値

6,775.00IDR

変化

75.00(+1.12%)

出来高

58,772,200

本日のレンジ

6,650.00

 - 

6,875.00

52週レンジ

6,250.00

 - 

8,175.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
6,700.00
始値
6,675.00
出来高
58,772,200
3か月平均出来高
841.45
高値
6,875.00
安値
6,650.00
52週高値
8,175.00
52週安値
6,250.00
発行済株式数
46,666.67
時価総額
313,005,000.00
予想PER
11.46
配当利回り
3.56

次のエベント

Q3 2019 Bank Mandiri (Persero) Tbk PT Earnings Release

適時開示

その他

Islamic banking unit of Indonesia's Bank Mandiri to launch IPO in late 2019 or 2020 - director

Indonesia's Bank Mandiri targeting 2018 net profit growth of 18-22 pct- director

Indonesia's Bank Mandiri eyes regional expansion - executive

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bank Mandiri (Persero) Tbk PTとは

バンク・マンディリ(ぺルセロ)(PT Bank Mandiri (Persero) Tbk)は銀行事業に従事するインドネシアを拠点とする会社である。【事業内容】同社は「Bank Mandiri」という名で運営する。同社の製品は貯蓄預金、当座預金、定期預金を含む。同社はまたホーム・ローン、運転資本ローン、投資ローンを提供する。同社は伝統銀行事業の他、PT Bank Syariah Mandiriという子会社を通じてイスラム金融サービスを提供する。他の子会社は生命保険を提供するPT AXA Mandiri Financial ServicesとPT Asuransi Jiwa InHealth Indonesia、損害保険を提供するPT Mandiri AXA General Insurance、融資事業に従事するPT Mandiri Tunas Finance、証券引受と仲買サービスを提供するPT Mandiri Sekuritas、銀行事業に従事するPT Bank Sinar Harapan BaliとBank Mandiri (Europe) Ltd、送金サービスを提供するMandiri International Remittance Sdn Bhdを含む。

業種

Regional Banks

連絡先

Plaza Mandiri

Jl. Jenderal Gatot Subroto Kav. 36-38

+62.21.5265045

http://www.bankmandiri.co.id

エグゼクティブリーダーシップ

Hartadi Agus Sarwono

President Commissioner, Independent Commissioner

Kartika Wirjoatmodjo

President Director

Imam Apriyanto Putro

Vice President Commissioner

Panji Irawan

Finance Director

Sulaiman Arif Arianto

Deputy President Director

統計

1.78 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, IDR)

2016

74.5K

2017

78.1K

2018

85.8K

2019(E)

89.1K
EPS (IDR)

2016

295.855

2017

442.280

2018

536.040

2019(E)

591.247
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.99
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.19
株価純資産倍率(四半期)
1.70
株価キャッシュフロー倍率
10.72
総負債/総資本(四半期)
96.32
長期負債/資本(四半期)
34.79
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
2.28

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・中盤=おおむね下落

18日中盤の東南アジア株式市場の株価は、シンガポール市場とバンコク市場が主導する形で、おおむね下落している。域内の最大貿易相手国である中国の経済成長率が鈍化し、世界的な景気後退に対する警戒感が再燃した。

アジア株式市場サマリー:引け(8日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [8日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2913.5704 + 8.3812 + 0.29 2905.7559 2933.0163 2905.7559 前営業日終値 2905.1892 中国 CSI300指 3837.679 +23.151 +0.61 3818.589 3861.643 3818.589 数 前営業日終値 3814.528 香港 ハンセン指数 25893.40 +72.37 +0.28 25848.73 26180.03 25761.50...

東南アジア株式・引け=大半が小幅上昇、米中協議に期待

8日の東南アジア株式市場の株価は大半で小幅上昇した。投資家は今週行われる閣僚級の米中貿易協議に焦点を移しており、追加関税の発動が回避されると期待している。

東南アジア株式・引け=軒並み下落、米の対EU報復関税発表で

3日の東南アジア株式市場の株価は軒並み下落した。米国が欧州連合(EU)からの輸入品に対する報復関税措置を発表したことで、世界経済の減速をめぐる懸念が強まった。

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、米の対EU関税を嫌気

中盤の東南アジア株式市場は、マニラ市場を筆頭に軒並み下落している。米国が対欧州連合(EU)関税を発動すると発表、貿易摩擦に新たな「戦線」を開いたことを嫌気した。

東南アジア株式・中盤=軒並み上昇、米中協議計画を好感

5日中盤の東南アジア株式市場は、軒並み上昇した。中国商務省が10月上旬に米国と閣僚級貿易協議を行うことを確認したことを受け、貿易摩擦の激化に歯止めがかかるとの期待が投資家の間で高まった。

東南アジア株式・引け=下落、貿易戦争激化を嫌気

東南アジア株式市場は軒並み下落して引けた。アジア株安につれた。先週末に米中が関税で報復合戦を演じ、長引く貿易戦争が一段と激化したことが背景。

アジア株式市場サマリー:引け(21日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [21日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2880.3307 + 0.3295 + 0.01 2875.4708 2885.5861 2872.5573 前営業日終値 2880.0012 中国 CSI300指 3781.758 -5.975 -0.16 3778.309 3792.596 3775.447 数 前営業日終値 3787.732 香港 ハンセン指数 26270.04 +38.50 +0.15 26160.54 26318.13 26075.91...

東南アジア株式・引け=大半が下落、FRB関連イベントに注目

21日の東南アジア株式市場の株価は、大半が下落して引けた。市場では、この日公表される7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨や、今週開かれる米連邦準備制度理事会(FRB)のジャクソンホールでの年次シンポジウムが注目されていた。

東南アジア株式・午前=大半が下落、FOMC議事録待ち

21日午前の東南アジア株式市場は、シンガポール市場を筆頭に大半が下落している。投資家は、7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨待ちの姿勢となっている。

アジア株式市場サマリー:引け(14日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [14日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2808.9146 + 11.6550 + 0.42 2824.4864 2829.8906 2807.7190 前営業日終値 2797.2596 中国 CSI300 3682.402 +16.650 +0.45 3712.066 3717.558 3680.609 指数 前営業日終値 3665.752 香港 ハンセン指数 25302.28 +20.98 +0.08 25711.10 25717.98 25197.38...

東南アジア株式・引け=大半が上昇、対中追加関税の一部延期で

14日の東南アジア株式市場は大半が上昇して取引を終えた。米政府は中国製品に対する追加関税の発動を一部延期すると発表し、経済的な不安が広がる金融市場にとって大きな支援材料となった。世界各地の株式市場が上昇し、東南アジアも追随した。

東南アジア株式・午前=軒並み上昇

14日午前の東南アジア株式市場は、世界的な株高を反映し、バンコク市場を筆頭に軒並み上昇している。米政府が対中制裁関税の拡大を一部製品について延期すると発表したことが追い風になっている。

東南アジア株式・午前=ジャカルタ筆頭におおむね上昇、シンガポールは下落

8日午前の東南アジア株式市場は、タイとニュージーランド、インドの3カ国の中央銀行による利下げを受け、ジャカルタ市場を筆頭におおむね上昇している。ただ、シンガポール市場は、一部の優良企業の業績が予想を下回ったことから下落している。

東南アジア株式・引け=まちまち、マニラは利益確定売り

東南アジア株式市場はまちまち。前日に16カ月ぶりの高値を付けたマニラ市場が利益確定売りに押されて下落した一方、シンガポール市場は貿易統計の発表を前に上昇した。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、堅調な米中統計を好感

東南アジア株式市場は、他のアジア市場と歩調を合わせて大半が上昇した。投資家は米国と中国の堅調な経済指標を好感した。シンガポール市場は約11カ月ぶりの高値で終了。DBSグループが発表した四半期決算は過去最高益となった。

東南アジア株式・引け=ジャカルタ上伸、ベトナムは2カ月ぶり安値

東南アジア株式市場では、ジャカルタ市場が上伸して引けた。インドネシアの現職ジョコ大統領が再選されるとの見通しが好感された。ホーチミン市場は生活必需品株、不動産株が売られ、終値ベースで2カ月ぶりの安値を付けた。

東南アジア株式・中盤=ジャカルタ、1年2カ月ぶり高値 ジョコ大統領再選見通しで

18日中盤の東南アジア株式市場では、ジャカルタ市場が約1年2カ月ぶりの高値を付けた。インドネシア大統領選で現職のジョコ大統領が再選される見通しとなったことが好感された。一方で、クアラルンプール市場は続落し、3年超ぶりの安値を付けた。 みずほ銀行は顧客向けリポートで「ジョコ氏の再選は、政策の継続と今後の緩やかな国内改革の実現という点で、市場にとって喜ばしい」と指摘した。 ジャカルタ市場の総合株価指数は0400GMT(日本時間午後1時)時点で、0.69%高の6526.285。一時2.4%高と昨年2月以来の高値を付けた。 セントラル・アジア銀行...

東南アジア株式・引け=大半が上昇、中国GDP待ち

16日の東南アジア株式市場は大半が上昇。中国の2019年1─3月期の国内総生産(GDP)発表を17日に控え、同国経済の持ち直しに対する楽観的観測が相場を支えた。

東南アジア株式・引け=大半が下落、世界経済の減速を警戒

東南アジア株式市場はジャカルタ市場が主導する形で大半が下落した。米国と欧州連合(EU)の貿易摩擦が激化する中、投資家は世界経済の減速兆候を警戒した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up