for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブリストル・マイヤーズ・スクイブ・カンパニー

BMY

現在値

71.81USD

変化

-0.22(-0.31%)

出来高

3,311,567

本日のレンジ

71.65

 - 

72.26

52週レンジ

62.90

 - 

81.44

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
72.03
始値
72.11
出来高
3,311,567
3か月平均出来高
180.67
高値
72.26
安値
71.65
52週高値
81.44
52週安値
62.90
発行済株式数
2,126.16
時価総額
153,147.30
予想PER
9.47
配当利回り
3.17

次のエベント

Q4 2022 Bristol-Myers Squibb Co Earnings Release

適時開示

その他

Bristol Myers Squibb Gives Positive CHMP Opinion For Once-Daily Sotyktu

Opyl Agreement And New Clinical Trial Recruitment Contracts With Bristol Myers Squibb

Bristol Myers Squibb Announces Dividend Increase

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブリストル・マイヤーズ・スクイブ・カンパニーとは

ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(Bristol-Myers Squibb Co)は、バイオ医薬品企業である。【事業内容】バイオ医薬品の発見、開発、ライセンス供与、製造、マーケティング、流通、販売に従事する。癌、免疫、循環器、線維症など、様々な治療クラス向けの製品を提供する。医薬品は、化学的に合成された低分子医薬品と、生物学的プロセスから製造された生物学的製剤と呼ばれる製品が含まれる。生物製剤は、注射または点滴によって患者に投与される。製品は、レブリミド、エリキス、オプジーボ、オレンシア、ポマリスト/イムノビッド、スプリセル、ヤーボイ、アブラキサン、エンプリシティ、レブロジル、インレビッチ、オヌレグ、ゼポシア、ビダザ、バラクルードとブレヤンツィが含まれる。また、レポトレクチニブなど、発癌に関連する一般的な変異を標的とした治験薬のパイプラインも有する。製品は、卸売業者、販売業者、薬局、小売業者、病院、診療所、政府機関などに販売される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

430 E. 29Th Street, 14 Floor

NEW YORK, NY

10016

United States

+1.212.5464000

https://www.bms.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Giovanni Caforio

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

David V. Elkins

Executive Vice President, Chief Financial Officer, Member of the Leadership Team

Ann M. Powell

Chief Human Resource Officer, Senior Vice President, Member of the Leadership Team

Greg Meyers

Executive Vice President, Chief Digital and Technology Officer, Member of the Leadership Team

Sandra Leung

Executive Vice President, General Counsel, Member of the Leadership Team

統計

2.33 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

26.1K

2020

42.5K

2021

46.4K

2022(E)

45.9K
EPS (USD)

2019

4.690

2020

6.440

2021

7.510

2022(E)

7.602
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.28
株価純資産倍率(四半期)
4.68
株価キャッシュフロー倍率
8.99
総負債/総資本(四半期)
119.67
長期負債/資本(四半期)
113.15
投資利益率(過去12カ月)
7.94
自己資本利益率(過去12カ月)
6.40

最新ニュース

最新ニュース

独バイエル、新血栓薬の年商は最大50億ユーロとアピール

独製薬大手バイエルは10日、開発中の抗血栓薬「アスンデキサン」の年間売上高見通しを初めて示し、最大50億ユーロ(54億ドル)と予測した。腎臓病薬「ケレンディア」についても見通しを引き上げ、年間売上高が30億ユーロを超える可能性があると表明するなど、同社株価の不調に不満を持つ株主らへのアピールに躍起になった。

ファイザーなどの製薬会社、1月に米で350以上の薬価引き上げへ

ファイザー、ブリストル マイヤーズ スクイブなどの製薬会社が1月初旬に米国で350以上の処方箋薬の価格を引き上げる予定であることが、ヘルスケア調査会社3アクシス・アドバイザーズのデータ分析で分かった。

モデルナ・メルクのがんワクチン試験、メラノーマ死亡リスク44%低下

[シカゴ 13日 ロイター] - 米医薬品のモデルナとメルクは13日、新型コロナウイルスワクチンで使用されたメッセンジャーRNA(mRNA)技術を活用したがんワクチンに関する中期臨床試験で、皮膚がんの一種であるメラノーマ(黒色腫)治療で有効性が示されたと発表した。

ブリストル系企業の特許、米最高裁はギリアドによる侵害認めず

ブリストル・マイヤーズ・スクイブ傘下企業ジュノ・セラピューティクスが、リンパ腫向け治療法の特許をギリアド・サイエンシズ子会社カイト・ファーマに侵害されたと訴えている問題で、米連邦最高裁は7日、特許を無効とした二審判決の取り消しを求めていたジュノ側の上告を棄却した。

米製薬ブリストル、第3四半期は減収 後発薬や為替が下押し

[25日 ロイター] - 米製薬大手ブリストル・マイヤーズ・スクイブが25日に発表した第3・四半期決算は減収となった。多発性骨髄腫治療薬「レブラミド」の売り上げが後発品に押されたほか、ユーロとポンドの下落が響いた。

米ブリストル・マイヤーズとアッヴィ、加州で最大360人削減を計画

米製薬大手ブリストル・マイヤーズ・スクイブとアッヴィは、カリフォルニア州でそれぞれ人員削減を計画しており、削減人数は両社合わせて最大360人となる。両社が同州当局に提出した通知で今週明らかになった。

米国株式市場=4日続伸、エネルギーやハイテクが高い

米国株式市場は4営業日続伸して取引を終えた。注目される8月消費者物価指数(CPI)の発表を明日に控え、この日はエネルギー株とハイテク株が上げを主導した。

UPDATE 1-NY市場サマリー(12日)ドル2週間ぶり安値・利回り上昇、米株続伸 CPI待ち

(株のリポートを追加しました) [12日 ロイター] - <為替> このところ大きく上昇していたドル指数が下落し、約2週間ぶりの低水準 を付けた。米消費者物価指数(CPI)の発表を翌日に控え、市場は神経質になっている 。 主要6通貨に対するドル指数は終盤の取引で0.4%安の108.31。一時 は8月26日以来の安値を付けた。同指数はFRBが積極的な利上げを継続するとの見方 から、7日の取引で110.79と、約20年ぶりの高値を付けていた。 来週20─21日に連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、連邦準備理事会(FR B)が利上げをどの程度積極的...

NY市場サマリー(29日)ドル20年ぶり高値後に下落、2年債利回り15年ぶり高水準 株続落

<為替> パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長のタカ派的な発言を受け、ドルが20年ぶりの高値を付けた。ただ、欧州中央銀行(ECB)による利上げ期待の高まりを背景にユーロが買われ、ドルは下げに転じた。

米国株式市場=続落、根強い米利上げ懸念で

米国株式市場は続落して取引を終えた。経済が減速したとしてもインフレに対応するために積極的に利上げするという米連邦準備理事会(FRB)の方針に対する根強い懸念を受けた。

「世紀の空売り」バーリ氏、刑務所事業ジオ株取得 メタなど売却

[ニューヨーク 15日 ロイター] - マイケル・ルイス氏のベストセラー「世紀の空売り」で知られる米サイオン・アセット・マネジメントの著名ファンドマネジャー、マイケル・バーリ氏が、第2・四半期に約10の強気ポジションを解消し、刑務所事業を手掛けるジオ・グループの株式を新たに取得したことが、15日に開示された届け出資料で分かった。

ブリストルとJ&Jのリウマチ薬にコロナ死亡率低下の効果

米国立衛生研究所(NIH)は2日、製薬大手ブリストル・マイヤーズスクイブとジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)がそれぞれ開発した関節リウマチ薬について、後期治験(臨床試験)で新型コロナウイルス入院患者の死亡率が大幅に低下する効果があったと発表した。

米バークシャー、シティグループ株など新たに取得 第1四半期

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは16日、第1・四半期にシティグループなど複数企業の株式を新たに取得したことを明らかにした。株式市場のボラティリティーを利用し、これまで主に現金で保有していた511億ドルを投入した。

製薬大手イーライリリーやノバルティス、ロシア事業縮小

米イーライリリー、スイスのノバルティス、米アッヴィなど製薬大手がロシアのウクライナ侵攻を受けて、ロシア事業の縮小に動いている。ただ、必要不可欠な医薬品は引き続き供給するとしている。

バークシャー、第4四半期に米ゲーム大手アクティビジョン株取得

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイは、2021年第4・四半期に米ゲーム大手のアクティビジョン・ブリザードの株式を取得した。当局への提出書類で14日に明らかになった。

NY市場サマリー(20日)ドル小幅安、株価大幅高

<為替> ドルが小幅安。リスク選好度が高まる中、一時付けていた9カ月半ぶり高値から下げに転じた。しかし、新型コロナ変異ウイルス「デルタ株」の感染拡大を巡る懸念が広がる中、ドルの短期的な見通しは引き続き良好とみられる。

米国株式市場=大幅高、テーパリング懸念後退で 週間では下落

米国株式市場は大幅高となった。米連邦準備理事会(FRB)によるテーパリング(量的緩和の縮小)の早期着手を巡る懸念が後退した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、寄り付き天井

<16:20> 日経平均・日足は「小陰線」、寄り付き天井 日経平均・日足は、短い下ヒゲを伴う「小陰線」。ナスダック高を好感し反発スタートとなったものの 、徐々に上げ幅を縮小し、寄り付き天井となった。終値(2万8964円08銭=18日)は75日移動平 均線(2万9096円60銭=同)を下回り、下値に対する警戒感が強まっている。当面は材料を待ちなが ら、2万9000円近辺での一進一退の値動きが継続しそうだ。 <16:10> 新興市場はさえない、利益確定売りが優勢 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数が3日続落、日経ジャスダック平均は反落した...

日経平均は3日続落、バリュー売りが重し

東京株式市場で日経平均は3日続落した。前日の米市場でナスダック総合が上昇した流れを引き継ぎ、前日比118円41銭高の2万9136円74銭で寄り付き天井となった後は、上げ幅を縮小。

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はさえない、利益確定売りが優勢

<16:10> 新興市場はさえない、利益確定売りが優勢 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数が3日続落、日経ジャスダック平均は反落した。手掛かり材 料の中、利益確定売りが優勢となり、朝高後は徐々に値を消す展開となった。 マザーズ指数は前営業日比0.46%安。個別では、プレミアアンチエイジング 、メディネッ ト 、ワンダープラネット がさえない。ケアネット 、フリー 、GMOフィ ナンシャルゲート はしっかり。 きょうマザーズ市場に新規上場したEnjin は公開価格を55.79%上回る2150円で 初値を形成後、2583円まで上値を伸ばした...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up