for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブリストル・マイヤーズ・スクイブ・カンパニー

BMY.N

前日終値

54.77USD

変化

0.35(+0.64%)

出来高

2,154,834

本日のレンジ

53.87

 - 

54.81

52週レンジ

42.49

 - 

57.36

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
54.42
始値
54.42
出来高
2,154,834
3か月平均出来高
244.06
高値
54.81
安値
53.87
52週高値
57.36
52週安値
42.49
発行済株式数
1,636.00
時価総額
89,018.41
予想PER
12.70
配当利回り
3.01

次のエベント

Q3 2019 Bristol-Myers Squibb Co Earnings Release

適時開示

その他

Bristol-Myers Squibb Says 5-Year Results For Opdivo In Combination With Yervoy Showed Durable Long-Term Survival Benefits

Bristol-Myers Squibb Gets Positive CHMP Opinion Recommending Approval Of Opdivo 4-Week Dosing Schedule

Bristol-Myers Squibb Says On September 11, Size Of Board Was Increased To Fourteen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブリストル・マイヤーズ・スクイブ・カンパニーとは

ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(Bristol-Myers Squibb Company)はバイオ医薬品の発見・開発・ライセンス供与・生産・マーケティング・流通・販売に従事するバイオ医薬品会社である。【事業内容】同社の医薬品製品は化学合成薬物、または小分子、生物製剤と呼ばれる生物学的プロセスから製造された製品を含む。小分子薬物は丸剤または錠剤の形態で経口投与される。生物製剤は注射または注入によって患者に投与される。同社の製品にはエムプリシティ、オピボ、スピリセル、ヤルボイ、エリクイス、オレンシア、バラクルード、C型肝炎フランチャイズ、レイヤタズフランチャイズ、サスティバフランチャイズを含む。同社はヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染を含むウイルス学、腫瘍学; 免疫科学、心臓血管等の治療クラスの製品を提供する。同社の製品は世界中の卸売業者、小売薬局、病院、政府機関、医療従事者に販売される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

430 E 29th St Fl 14

+1.212.5464000

https://www.bms.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Giovanni Caforio

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Charles A. Bancroft

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Global Business Operations

Ann Powell Judge

Chief Human Resource Officer, Senior Vice President

Sandra Leung

Executive Vice President, General Counsel

Christopher S. Boerner

Executive Vice President and Chief Commercial Officer

統計

2.00 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

19.4K

2017

20.8K

2018

22.6K

2019(E)

24.2K
EPS (USD)

2016

2.830

2017

3.010

2018

3.980

2019(E)

4.285
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.30
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.73
株価純資産倍率(四半期)
5.55
株価キャッシュフロー倍率
12.73
総負債/総資本(四半期)
155.64
長期負債/資本(四半期)
152.24
投資利益率(過去12カ月)
18.38
自己資本利益率(過去12カ月)
14.24

最新ニュース

最新ニュース

日本の薬価制度改革、投資流出招くリスク=ブリストルCEO

米医薬品大手ブリストル・マイヤーズ・スクイブ<BMY.N>のジョバンニ・カフォリオ最高経営責任者(CEO)は3日、日本の「過度に制約された」薬価制度が要因となって、海外からの投資が中国など他市場に流れる可能性があるとの見方を示した。

NY市場サマリー(26日)

<為替> ドルが上昇。米中が貿易摩擦解消に向け歩み寄りをみせたことが追い風に。 トランプ米大統領は主要7カ国(G7)首脳会議の合間に、中国から通商交渉再開に向けた申し入れが あったことを明らかにした上で、通商協議を再開する方針を表明、合意の実現に期待感を示した。 中国の劉鶴副首相も「われわれは冷静な態度で協議と協力を通じて問題を解決する方針だ。貿易戦争の 激化には断固として反対する」とし、「貿易戦争は中国のためにも、米国のためにも、世界の人々のために もならない」と述べた。 トランプ大統領の発言はドルを支援。また、それまで売り込まれていた...

UPDATE 1-米国株式市場=反発、米中通商巡る懸念が後退 アップルが上げ主導

(内容を追加します。) [ニューヨーク 26日 ロイター] - 米国株式市場は反発。主 要3指数は揃って1%を超えて上昇し、取引を終えた。トランプ米大統 領が中国から通商交渉再開に向けた申し入れがあったことを明らかにし 、通商協議を再開する方針を表明したことで、米中貿易戦争を巡る懸念 が後退した。 関税に敏感な企業の株価が軒並み上昇。アップルは1.9 %高と、この日の上昇を主導した。 半導体株も高い。フィラデルフィア半導体は0.86%上昇 。前営業日は4%超急落していた。 株価はこの日反発したものの、最近の市場のボラティリティが継続 するとの...

トランプ政権、米医薬品業界のリベート慣行廃止案を撤回

トランプ米政権は11日、処方箋薬の価格引き下げに向けた主要提案を撤回した。保険会社でなく製薬会社に焦点を絞っ新たな措置を打ち出す可能性がある。撤回された案は、製薬会社が保険会社に巨額の「払戻金(リベート)」を支払うシステムを廃止し、高齢者向け医療保険(メディケア)の患者に直接還元されるようにするものだった。

コラム:米企業の大型M&Aが過熱、後悔に終わりかねない理由

米企業による大型の合併・買収(M&A)が過熱している。今年上半期は欧州とアジアでM&Aが減ったのに対し、米国では前年同期比19%増えて過去最高の1兆1000億ドルを記録した。多くの株主は企業の経営最高責任者の決断を悔やむことになりそうだ。

UPDATE 1-米国株式市場=まちまち、ヘルスケア株が安い 米中首脳会談に注目

(内容を追加しました) [ニューヨーク 24日 ロイター] - 米国株式市場はまちまちで取引を終えた。ハイテク株に買い が入る一方、ヘルスケア株の売りが膨らんだ。今週末の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わ せて開催される米中首脳会談が注目されている。 S&P総合500種とナスダック総合は小幅安。ボーイングなど関税に影響を受けやすい工業株 がけん引し、ダウ平均はプラス圏で引けた。 市場では、今週末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)での米中首脳会 談で貿易戦争が緩和することを期待している。 ノースイースト・インベスターズ・トラスト...

米大統領、薬価巡り民主党指導部と協議へ=ホワイトハウス

トランプ米大統領は民主党の議会指導部と近く会合を開き、薬価に関して協議する見通し。ホワイトハウスが30日に明らかにした。

米メルク、通年業績見通し引き上げ キートルーダの売上好調

米製薬大手メルクが30日発表した第1・四半期決算は、利益が予想を上回った。同社は2019年の利益と売上高見通しを引き上げ、株価は1%強値上がりした。

コラム:米企業トップ、ビジネスジェット私的利用の甘い実態

米企業の経営者が「資本主義が脅かされている」と訴えるのは、慣行上の習わしになっているようにみえる。だがその多くは、文字通り「雲の中に頭を突っ込んで」空想にふけっているようなものだ。

コラム:巨大M&Aの影で「金のガチョウ」衰退、経済に暗雲

金のダチョウ(大型合併)1羽と金のガチョウ(小型合併)の群れを比べると、どちらが良い兆しか──。米テュレーン大法科大学院で今月開かれる買収・合併(M&A)業界の年次会議で、バンカーや法律家はこうした問題を突き付けられるだろう。

米国株式市場=小幅安、企業決算や米中通商協議巡る懸念が重し

米国株式市場は小幅下落して取引を終えた。第4・四半期の国内総生産(GDP)統計が予想を上回り相場の下支えとなる一方、企業決算や米中通商協議を巡る懸念が重しとなった。

UPDATE 2-NY市場サマリー(28日)

(株式のリポートを追加しました。) [28日 ロイター] - <為替> ドルが対円で10週間ぶり高値。朝方発表された米国の第4・四半期実質 国内総生産(GDP)伸び率が予想を上回ったことが追い風となった。ドルは対ユーロで の下げ幅も縮小した。 第4・四半期のGDPは年率換算で前期比2.6%増と、市場予想の2.3%増を上 回った。18年通年では2.9%増と、前年の2.2%増から加速し、15年以来の大幅 な伸びを記録した。 モネックス・ヨーロッパの市場アナリストは「年内の米追加利上げは1回弱という慎 重な観測が市場に織り込まれる中、ドルが上振...

焦点:薬の「費用対効果」、政府が新制度導入へ 高額薬に備え

政府は今年4月、薬の費用対効果を評価する新たな制度を導入する。高齢化の進展やさらなる高額薬の承認が見込まれる中、膨張する医療費を抑制するのが狙いだ。だが、社会保障制度の維持を大義に、政府が薬剤費を狙い撃ちにすることへの業界の反発は根強い。企業の開発意欲を損なわず、国全体の経済成長につなげる好循環を構築できるかが課題となる。

スターボード、ブリストル株100万株取得 取締役候補5人指名

米製薬大手ブリストル・マイヤーズ・スクイブは20日、物言う投資家のヘッジファンド、スターボード・バリューがブリストルの株式100万株を取得し、取締役候補5人を指名したと明らかにした。

製薬大手の首脳4人、処方薬価格巡り証言へ 上院財政委の公聴会

製薬大手の米ファイザー<PFE.N>、米ブリストル・マイヤーズ・スクイブ<BMY.N>、仏サノフィ<SASY.PA>の各社首脳は今月26日に開催される処方薬の価格高騰を巡る上院財政委員会の公聴会で証言する。3社が6日、発表した。

米ファイザーCEO、処方薬価格巡り証言へ 上院財政委の公聴会

米製薬大手ファイザーは6日、ブーラ最高経営責任者(CEO)が月内に開催される処方薬の価格高騰を巡る上院財政委員会の公聴会で証言すると発表した。

米メルクCEO、上院財政委で証言へ 処方薬の価格高騰巡る公聴会

米製薬大手メルクは5日、フレージャー最高経営責任者(CEO)が月内に開催される処方薬の価格高騰を巡る上院財政委員会の公聴会で証言すると発表した。

米司法長官候補、ロシア疑惑捜査巡り政治介入阻止を約束

トランプ米大統領が次期司法長官に指名したウィリアム・バー氏は議会の指名承認公聴会で、モラー特別検察官のロシア疑惑捜査について、政治介入を阻止し、自身も米政権からの独立を保つ考えを表明する見通し。14日公表の証言原稿で明らかになった。

UPDATE 3-NY市場サマリー(3日)

(為替の内容を更新しました) [3日 ロイター] - <為替> 円がドルとユーロに対して上昇した。米アップルの第1・四半期 売上高見通し下方修正を受け、中国・世界景気減速懸念が広がり、安全資産とされる円が 買われた。 ドルが対円で1.18%安の107.59円、ユーロは円に対し0 .73%値下がりした。 早い時間帯に円は対ドルで一時4.4%急伸した。アップルの見通し下方修正を受け て自動注文が相次ぎ、薄商いのアジア市場で大きな値動きがみられた。   ジェフリーズの世界外為部門責任者は「ニューヨーク市場の引けとアジア市場が寄り 付く間はかなり...

UPDATE 2-米国株式市場=急反落、アップル下方修正や弱い米製造業指標で

(内容を追加しました) [ニューヨーク 3日 ロイター] - 米国株式市場は急反落して取引を終えた。ア ップルの業績見通し下方修正や米製造業部門の減速を示す指標を受け、世界経済を巡る懸 念が強まった。 アップルが10─12月期の売上高見通しを下方修正したことを受け、テク ノロジーセクターをはじめ市場に動揺が広がり、主要株価3指数がいずれも2%超下落、 ナスダックは3%安となった。 アップルのクック最高経営責任者(CEO)は投資家への書簡で、中国の景気減速の 大きさを予測できていなかったと明かした。アップルは10.0%安。 S&P情報技術指数...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up