for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンコ・サンタンデール SA

BNC.L

現在値

264.10GBp

変化

1.30(+0.49%)

出来高

511,095

本日のレンジ

261.35

 - 

266.45

52週レンジ

137.80

 - 

302.14

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
262.80
始値
262.60
出来高
511,095
3か月平均出来高
683.02
高値
266.45
安値
261.35
52週高値
302.14
52週安値
137.80
発行済株式数
17,306.00
時価総額
53,738.65
予想PER
7.85
配当利回り
6.32

次のエベント

Santander EuroLatam Utilities, Infrastructure & Multienergy Conference

適時開示

その他

Citi Says Appointed As Successor Depositary Bank For Banco Santander S.A.’S ADR Programme

Santander Completes Placement Of 1 Bln Euros Contingently Convertible Preferred Securities

Santander To Carry Out Optional Early Redemption Of All Outstanding Series 7 Preferred Securities On Oct 10

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンコ・サンタンデール SAとは

バンコ・サンタンデール(Banco Santander, S.A.)は、スパインを拠点とする小売業者・商業銀行である。【事業内容】事業セグメントは、欧州大陸、英国、ラテンアメリカ、米国をカバーする。欧州大陸事業セグメントは、全ての欧州大陸における事業を含む。英国事業セグメントは、国内の様々な部門および支店が開発する事業を含む。ラテンアメリカ事業セグメントは、地域の銀行および子会社を通じて金融事業を行う。米国事業セグメントは、Intermediate Holding Company(IHC)およびその子会社であるSantander Bank、Banco Santander Puerto Rico、Santander Consumer USA、Banco Santander International、Santander Investment Securities、並びにニューヨークのSantander支店を含む。同社の商業モデルは、あらゆる種類の顧客、つまり多様な収入レベルの個人のニーズを満たす。

業種

Regional Banks

連絡先

Ciudad Grupo Santander

Avda de Cantabria s/n

BOADILLA DEL MONTE, MAD

28660

Spain

+34.912.890000

https://www.santander.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jose Antonio Alvarez

Chief Executive Officer and Executive Vice Chairman of the Board

Bruce Neil Carnegie-brown

Vice Chairman of the Board and Lead Independent Non-Executive Director

Jose Antonio Garcia Cantera

Group Chief Financial Officer

Jaime Perez Renovales

Group Head of General Secretariat and Human Resources, Secretary

Juan Manuel Cendoya Mendez de Vigo

Group Head of Communications, Corporate Marketing and Research

統計

2.12 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2018

48.4K

2019

49.2K

2020

44.3K

2021(E)

45.4K
EPS (EUR)

2018

0.450

2019

0.360

2020

0.290

2021(E)

0.395
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.41
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.92
株価純資産倍率(四半期)
0.63
株価キャッシュフロー倍率
5.46
総負債/総資本(四半期)
284.91
長期負債/資本(四半期)
284.91
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.45

最新ニュース

最新ニュース

サンタンデール米部門、消費者金融子会社を非公開化へ

消費者金融会社サンタンデール・コンシューマー・USA・ホールディングスは24日、非公開化することで合意したと発表した。

サンタンデール銀、第2四半期は予想上回る増益 貸倒引当金が減少

スペインの大手銀行サンタンデールが28日発表した第2・四半期決算は、実質ベースで前年同期比35%の増益となった。

焦点:JPモルガンとゴールドマン、デジタル技術で英消費者金融に挑戦

英国の消費者金融市場はこれまで幾多の外国勢が進出を目指しながらも、結局は撤退の憂き目を見てきた。そこに対し、米大手銀行JPモルガン・チェースとゴールドマン・サックスがデジタル技術を武器に、足場を確保しようと挑戦している。

欧州株式市場=続伸、M&A期待でクレディ・スイス買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 457.63 +0.59 +0.13 457.04 種 FTSEユーロファー 1767.43 +2.42 +0.14 1765.01 スト300種 ユーロSTOXX50 4120.66 -1.77 -0.04 4122.43 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。金融や素材関連株が買われ た。合併・買収(M&A)期待からスイスの金融大手クレディ・スイス が値上がりした。 クレディ・スイスは1.9%上昇。経営陣が事業再編の検 討を迫られており...

欧州株式市場=反発、経済回復へ期待感

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 457.04 +3.94 +0.87 453.10 FTSEユーロファース 1765.01 +16.56 +0.95 1748.45 ト300種 ユーロSTOXX50種 4122.43 +46.49 +1.14 4075.94 <.STOXX50E >    欧州株式市場は反発して取引を終えた。各中央銀行が緩和的な金融 政策を縮小するとの不安がある中でも、安定的な経済回復への期待感が 強かった。米国株式市場でテクノロジー株が前日に過去最高値で取引を 終えたことで...

欧州株式市場=反落、物価上昇圧力への不安で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 453.10 -3.32 -0.73 456.42 種 FTSEユーロファー 1748.45 -12.71 -0.72 1761.16 スト300種 ユーロSTOXX50 4075.94 -47.19 -1.14 4123.13 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は反落して取引を終えた。ユーロ圏総合購買担当者景 気指数(PMI)が上昇したものの、物価上昇圧力への不安が相場を押 し下げた。 フランスの高級ブランドのケリングとエルメス は3.0%と1.5%...

欧州株式市場=続伸、一次産品価格安定で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 456.42 +1.19 +0.26 455.23 FTSEユーロファース 1761.16 +3.62 +0.21 1757.54 ト300種 ユーロSTOXX50種 4123.13 +10.80 +0.26 4112.33 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。一次産品価格が安定したこ とで鉱業とエネルギー株が買われた。投資家は米連邦準備理事会(FR B)のパウエル議長の証言を注視している。 STOXX欧州600種資源株指数は1.34...

欧州株式市場=反発、ECB総裁の前向きな経済見通しで

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 455.23 +3.18 +0.70 452.05 種 FTSEユーロファー 1757.54 +12.65 +0.72 1744.89 スト300種 ユーロSTOXX50 4112.33 +28.96 +0.71 4083.37 <.STOXX50E 種 > 週明け欧州株式市場は反発して取引を終えた。欧州中央銀行(EC B)のラガルド総裁がユーロ圏の経済回復について前向きな見方を示し たことで景気循環株が買われた。 STOXX欧州600種は3週間近くぶりの大幅...

欧州株式市場=下落、FRB当局者のタカ派発言で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 452.05 -7.28 -1.58 459.33 FTSEユーロファース 1744.89 -28.59 -1.61 1773.48 ト300種 ユーロSTOXX50種 4083.37 -74.77 -1.80 4158.14 <.STOXX50E > 欧州株式市場は下落して取引を終えた。銀行とエネルギー株が売ら れた。米連邦準備理事会(FRB)当局者によるタカ派的な発言を受け 一段安となった。 STOXX欧州600種は5週間ぶりの大幅な値下がりとなった。...

欧州株式市場=まちまち、FRB早期利上げの可能性で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 459.33 -0.53 -0.12 459.86 種 FTSEユーロファー 1773.48 -0.85 -0.05 1774.33 スト300種 ユーロSTOXX50 4158.14 +6.38 +0.15 4151.76 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。米連邦準備理事会(FR B)がタカ派的な姿勢を示したことで早期の金融引き締めに対する不安 が高まった。 STOXX欧州600種は10営業日ぶりに反落した。FRBは当 初予想...

欧州市場サマリー(16日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。工業株 やディフェンシブ銘柄が買われた。 FTSE100種は2020年2月以来の高値を付けた。FTSE350種工業株指 数と旅行・娯楽関連株指数、製薬・バイオテクノロジー株 指数<.FTNMX201030 >が押し上げ要因だった。 5月の英消費者物価指数(CPI)は前年比2.1%上昇し、イングランド銀行(中 央銀行)が目標とする2.0%を上回った。新型コロナウイルスの厳しいロックダウン( 都市封鎖)第1弾の影響で前年同月の数字が落ち込んだことが主な要因だった。 投資家は米連邦準備理事会(FRB...

欧州株式市場=続伸、FOMC声明前に慎重姿勢

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 459.86 +1.05 +0.23 458.81 FTSEユーロファース 1774.33 +3.75 +0.21 1770.58 ト300種 ユーロSTOXX50種 4151.76 +8.24 +0.20 4143.52 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。ただ資産買い入れの縮小に ついての概略が公表される可能性のある米連邦公開市場委員会(FOM C)の声明を控え、投資家は慎重姿勢だった。 STOXX欧州600種は9営業日続伸し、...

欧州市場サマリー(28日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。エネル ギー株と、好決算を発表した銘柄が値を上げた。市場は米連邦準備理事会(FRB)の政 策決定を注視した。 原油が値を上げる中、石油大手のBPとロイヤル・ダッチ・シェルが FTSE100種の最大の押し上げ要因だった。 世界最大の広告代理店グループ、WPPは4.3%上昇した。純売上高がプ ラスに転じたことが好感された。顧客が世界経済の回復を見越して、広告に資金を充て始 めたことが背景にある。 英銀大手のロイズは3.5%高だった。第1・四半期利益が好調だったこと が買い材料だった。今週決算発表を...

欧州株式市場=横ばい、FRB政策決定控え慎重姿勢

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 439.92 +0.07 +0.02 439.85 FTSEユーロファースト30 1693.17 +0.37 +0.02 1692.80 0種 ユーロSTOXX50種 4015.03 +3.12 +0.08 4011.91 欧州株式市場は横ばいで取引を終えた。一連の銀行の好決算が買い 材料となる一方、投資家は米連邦準備理事会(FRB)の政策決定を控 え慎重だった。 STOXX欧州600種銀行株指数は1.48%上昇し、 部門別で最も大幅に伸びた。個別銘柄ではドイツ...

サンタンデール銀、第1四半期は純利益が前年比5倍 引当金が減少

スペインの大手銀行サンタンデールが28日発表した第1・四半期決算は純利益が16億0800万ユーロ(19億4000万ドル)と前年同期のおよそ5倍となった。貸倒引当金が減少したほか、米英部門が好調だった。

EU金融規制の完全適用は「近視眼的」 英中銀理事が指摘

英中央銀行(イングランド銀行)のアレックス・ブラジエ理事(金融安定戦略・インフラ担当)は29日、英国はロンドンの金融活動を維持するためだけに欧州連合(EU)のルールをそのまま適用するという「近視眼的な」対応を取るべきではないとの見解を示した。

英銀行、新型コロナ危機乗り切るために与信継続を=中銀

イングランド銀行(英中央銀行)の金融監督委員会(FPC)は26日、3月の会合の議事要旨を発表した。企業が新型コロナウイルス危機を乗り切れるよう銀行に十分な与信を行うよう訴えた。

欧州市場サマリー(6日)

<ロンドン株式市場> 2020年2月以来の高値に続伸 して取引を終えた。米国の追加財政刺激策が期待されたほか、サウジアラビアが予想以上 の減産に合意したことで原油が値上がりし、銀行とエネルギー株が上昇した。 英銀大手のバークレイズとスタンダード・チャータード(スタンチャート) 、HSBCは8.3%から9.9%上昇し、FTSE100種の最大の 押し上げ要因となった。 投資家は米ジョージア州の連邦上院決選投票を注視。民主党が2議席とも獲得すれば 、追加の財政刺激策につながる可能性がある。 石油大手のBPとロイヤル・ダッチ・シェルは6.3%と...

英中銀、マイナス金利導入は慎重に=HSBC幹部

イングランド銀行(英中央銀行)が導入を検討しているマイナス金利政策について、金融大手HSBCホールディングス幹部は14日の議会委員会で、望んだ通りの効果が得られるか慎重に検証する必要があるとの考えを示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up