for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BNPパリバ SA

BNPP.PA

現在値

35.51EUR

変化

-0.84(-2.31%)

出来高

3,908,527

本日のレンジ

35.51

 - 

36.77

52週レンジ

24.50

 - 

54.22

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
36.35
始値
36.69
出来高
3,908,527
3か月平均出来高
132.04
高値
36.77
安値
35.51
52週高値
54.22
52週安値
24.50
発行済株式数
1,249.00
時価総額
45,430.18
予想PER
9.39
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2020 BNP Paribas SA Earnings Release

適時開示

その他

France's BNP Paribas sets aside 4 billion euros for small companies

France's BNP Paribas sets aside 4 billion euros for small companies

Eurazeo, BNP Paribas And CIC Launch France-China Cooperation Fund

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BNPパリバ SAとは

BNPパリバ(BNP Paribas SA)は、フランスに拠点を置く国際的な銀行機関である。【事業内容】リテールバンキング及びサービス(RBS)、並びに企業・機関金融(CIB)の2つの主要事業を行う。RBS事業は国内市場及び国際金融サービスで構成される。国内市場には、フランス、イタリア、ベルギー、ルクセンブルクのリテールバンキングネットワークと、特定のリテールバンキング部門が含まれる。国際金融サービスは、ヨーロッパの地中海と米国のBancWestに分かれたユーロ圏外のリテールバンキング事業、並びに個人金融、保険、財産及び資産管理事業を行う。CIB事業は、管理会社、金融機関及びその他の企業に、コーポレートバンキングサービス、債券・通貨・商品・株式等のグローバルマーケットサービス、証券サービスを提供する。BNP Paribas Groupの親会社である。

業種

Money Center Banks

連絡先

16 boulevard des Italiens

75009

France

+33.1.40144546

https://group.bnpparibas/

エグゼクティブリーダーシップ

Jean-Laurent L. Bonnafe

Chief Executive Officer, Member of the Executive Committee, Director

Philippe Bordenave

Chief Operating Officer, Member of the Executive Board

Nathalie Hartmann

Head of Compliance Function, Member of the Executive Committee

Franck Roncey

Group Chief Risk Officer, Member of the Executive Committee

Yves Paul Henri Martrenchar

Head of Group Human Resources, Member of the Executive Committee

統計

2.36 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

43.2K

2018

42.5K

2019

44.6K

2020(E)

43.4K
EPS (EUR)

2017

6.050

2018

5.730

2019

6.210

2020(E)

3.873
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.40
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
0.42
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
70.55
長期負債/資本(四半期)
70.55
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.32

最新ニュース

最新ニュース

ユーロ圏の大手16行、欧州独自の決済システム立ち上げ 22年稼働へ

ドイツ、フランスなどのユーロ圏5カ国の大手銀行16行は2日、欧州独自の決済システムを2022年に立ち上げる計画を発表した。現在は現金が半分を占める小売店の支払いを含め、決済の完全なデジタル化を推進する。

FRB、大手行の配当支払い制限 自社株買いも禁止

米連邦準備理事会(FRB)は25日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。今回は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による影響についても分析を行い、少なくとも第3・四半期まで配当支払いを制限し、自社株買いも禁じる方針を明らかにした。

訂正-FRB、大手行の配当支払い制限 自社株買いも禁止=コロナ禍分析

米連邦準備理事会(FRB)は25日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に関する分析の結果、大手銀行に対し第3・四半期まで(訂正)の配当支払いを制限し、自社株買いを禁じる方針を明らかにした。

仏ルノー、50億ユーロ規模の政府保証融資制度で合意

仏自動車メーカーのルノー<RENA.PA>は3日、50億ユーロ(56億ドル)規模の政府保証融資制度で仏政府と合意したと明らかにした。

仏ルノー、50億ユーロ規模の政府保証融資制度で合意

仏自動車メーカーのルノーは3日、50億ユーロ(56億ドル)規模の政府保証融資制度で仏政府と合意したと明らかにした。

大手投資銀12行の第1四半期、コモディティ関連収入が増加=調査

調査会社コーリションによると、大手投資銀行12行は第1・四半期、原油を中心にコモディティ(商品)市況の大幅変動により収益を上げた。

欧州のホテル大手アコー、融資枠確保 「回復の初期の兆し」

欧州最大のホテルチェーンを展開するフランスのアコー<ACCP.PA>は18日、新たな銀行融資枠5億6000万ユーロ(6億0600万ドル)を確保したことを明らかにした。

中国、金融市場さらに開放 QFII・RQFII投資枠撤廃へ

中国は7日、外国人投資家が中国本土の株式や債券に投資する際の資格制度である適格外国機関投資家(QFII)と人民元適格海外機関投資家(RQFII)の投資枠撤廃に向けた規則をまとめ、国内金融市場の開放をさらに進めた。

仏BNPパリバ、第1四半期は33%減益 貸倒引当金や株式取引響く

仏銀行大手BNPパリバ<BNPP.PA>が発表した第1・四半期決算は利益が前年同期比33.1%減少した。新型コロナウイルス危機で株式トレーディング業務が打撃を受けたほか、5億ユーロ超の貸倒引当金を計上したことが響いた。

ユーロ圏の銀行、ECB勧告に従い配当停止 スイス勢は計画続行

新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が深刻なリセッション(景気後退)に陥るリスクにさらされる中、ユーロ圏の銀行は当局の指示に従って相次いで株主への利益還元を停止している。

欧米の金融大手、従業員のイタリアへの渡航制限 新型肺炎に警戒

イタリアで新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、米ゴールドマン・サックス<GS.N>やスイスの金融大手クレディ・スイス<CSGN.S>などの世界的な金融大手が従業員のイタリアへの渡航を制限していることが、関係筋の話で明らかになった。

中国の独立系石油精製業者、一部に対し銀行が融資凍結=関係筋

中国の独立系の石油精製業者の一部に対して、銀行が融資を停止している。石油精製業界でデフォルト(債務不履行)への懸念が高まっていることや、新型コロナウイルスの感染拡大で精製業者の売り上げが打撃を受けていることが背景。

BNPパリバ、第4四半期は利益が予想上回る 20年目標は引き下げ

仏銀行大手BNPパリバが発表した2019年第4・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。ただ、同社は2020年の利益率目標を下方修正し、欧州のリテールネットワークからの収入が今年、小幅に減少する可能性があるとの見方を示した。

焦点:欧州企業に増益転換の兆し、市場の期待を越えられるか

欧州企業は昨年第4・四半期、それまで9カ月続いてきた減益基調をようやく反転させた公算が大きい。IBESリフィニティブがまとめた第4・四半期のSTOXX欧州600指数銘柄の予想利益は2.5%の増加となった。ただし株価が跳ね上がり、今年の利益見通しは既に高水準となっているため、決算発表を受けて投資家が失望する事態も起こりやすい。

コラム:欧州企業、大型域外M&Aを積極展開へ 手本は日本勢

欧州企業は、日本企業による大規模な海外M&A(合併・買収)ラッシュを踏襲する態勢を整えつつある。日本勢は国内市場の縮小と超低金利を背景に、企業買収でかつてないほど大きな案件を追い求めている。日本と同じ課題を抱える欧州連合(EU)の企業もこれに追随する構えで、ドイツのシーメンス<SIEGn.DE>、イタリアのENI<ENI.MI>のほか、銀行のBNPパリバ<BNPP.PA>やING<INGA.AS>などが年明けとともに高成長市場に積極的に踏み込もうとしている。

米GSE債の価格共謀訴訟、13社が3億3700万ドル支払いで和解

米政府系住宅金融機関(GSE)の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)<FNMA.PK>と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)<FMCC.PK>の債券の価格を大手金融機関16社が共謀して不当につり上げたとして投資家らが起こした民事訴訟で、まだ和解していなかった13社が、総額3億3700万ドルを支払う和解案に合意した。

欧州の一部大手銀、石炭火力発電への融資止まらず=環境NGO

非政府組織(NGO)で環境問題を扱うウルゲバルトと、銀行の融資活動などを調べるバンクトラックはこのほど、欧州の一部大手銀行が、新規の石炭火力発電所をなおも開発している電力会社への資金融資を間接的に続けているとの報告をまとめた。関連融資すべてを断つように要請している。ロイターが5日、NGOから報告書を入手した。

仏当局、気候変動巡る銀行ストレステスト実施へ=中銀総裁

仏中銀のビルロワドガロー総裁は29日、国内の銀行と保険会社に対し気候変動に関するストレステスト(健全性審査)を来年から実施すると明らかにした。

仏銀と保険会社、石炭業界との関係停止が必須=中銀総裁

フランス中央銀行のビルロワドガロー総裁は29日、同国の銀行と保険会社は石炭業界との関係を断つ必要があるとの見解を示した。ラクロワ紙とのインタビューで述べた。

仏BNPパリバ、第3四半期は8.8%減益 予想上回る

仏銀行大手BNPパリバ<BNPP.PA>が発表した第3・四半期決算は8.8%の減益と、市場予想よりも良好な内容となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up