for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BioNTech SE - ADR

BNTX.O

現在値

110.61USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

2,882,590

本日のレンジ

105.14

 - 

110.98

52週レンジ

28.00

 - 

131.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
110.61
始値
108.00
出来高
2,882,590
3か月平均出来高
83.18
高値
110.98
安値
105.14
52週高値
131.00
52週安値
28.00
発行済株式数
232.67
時価総額
26,110.79
予想PER
-71.87
配当利回り
--

適時開示

その他

Pfizer And Biontech Reach Agreement With Covax

Pfizer And Biontech Publish Results Of Study

Canada says Pfizer to slow deliveries of COVID-19 vaccines - procurement minister

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BioNTech SE - ADRとは

バイオエヌテック(BioNTech SE)は、ドイツに拠点を置く臨床段階のバイオテクノロジー企業である。【事業内容】がんやその他の深刻な疾患の治療のための患者固有の免疫療法に焦点を当てる。科学的アプローチと技術プラットフォームを使用し、個別のmRNAベースの製品候補、キメラ抗原受容体T細胞、チェックポイント免疫調節剤、標的がん抗体、小分子などを含む幅広い製品パイプラインを開発する。また、感染症、アレルギー、自己免疫疾患を含む他の治療分野向けの診断製品と創薬サービスを提供する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

An der Goldgrube 12

55131

Germany

+49.6131.90840

https://biontech.de/

統計

2.20 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

0.1K

2020(E)

0.5K
EPS (EUR)

2019

-0.850

2020(E)

-1.246
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
22.35
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
33.50
長期負債/資本(四半期)
18.93
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

原油先物は上昇、米原油在庫減少やコロナワクチンへの期待が支援

アジア時間の原油先物は上昇。新型コロナウイルスのワクチンを巡る期待感に支援される中、米原油在庫が予想以上に減少した。

豪政府、新型コロナワクチンを追加購入 計1.35億回分に

オーストラリアのモリソン首相は5日、新型コロナウイルス感染症のワクチンを追加で2種類購入する契約を結んだことを明らかにした。合計で1億3500万回分のワクチンを購入することになる。

チリとペルー、英アストラゼネカなどのコロナワクチン治験を認可

チリのピニェラ大統領は4日、同国保健当局が英製薬大手アストラゼネカによるCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)ワクチンの治験を認可したと明らかにした。

英オックスフォード大のコロナワクチン、納期に遅れ=英当局者

新型コロナウイルスのワクチン開発で英政府の作業部会トップを務めるケイト・ビンガム氏は4日、英オックスフォード大学と製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>が共同開発している新型コロナワクチンの納期が遅れており、年内は400万回分を受け取る見込みとした。

英オックスフォード大学、コロナワクチン治験結果の年内公表可能

英オックスフォード大学は、製薬大手アストラゼネカと共同開発する新型コロナウイルスワクチンについて、後期臨床試験(治験)の結果を年内にも公表できると明らかにした。

独キュアバックのコロナワクチン、第1相治験で抗体反応確認

ドイツのバイオ製薬会社キュアバック<5CV.DE>は2日、開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンを使った第1相臨床試験(治験)の中間データで、被験者の抗体反応が確認されたと発表した。年内に約3万人を対象とした大規模な最終試験を開始するという。

米ファイザー、コロナワクチンの治験データ「まだ公表できず」

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は27日、独バイオ医薬ベンチャーのビオンテック<22UAy.F> <BNTX.O>と共同開発する新型コロナウイルスワクチンについて、臨床試験(治験)モニターはまだ中間的な有効性分析を行っておらず、後期治験のデータをまだ公表する段階でないと表明した。

ファイザーとJ&J、ワクチン試験参加者維持でFDAと協議

米製薬大手ファイザー<PFE.N>とジョンソン・エンドジョンソン(J&J)<JNJ.N>は、米食品医薬品局(FDA)から新型コロナウイルスワクチンがいったん何らかの使用を承認された後も、臨床試験に向けて集めていたボランティアをそのまま維持したり、新たに集めたりすることについて、FDA諮問委員会から見解を求める構えだ。

ドイツ、年内の新型コロナワクチン提供へ準備=現地紙

ドイツは、新型コロナウイルスのワクチン接種を年末までに開始する準備を進めている。独紙ビルトが23日報じた。

米ファイザー、新型コロナワクチンの臨床試験を日本で開始

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は20日、ドイツのバイオ医薬品ビオンテック<22UAy.F>と共同で開発している新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、日本での第1/2相臨床試験を開始したと発表した。

欧州株式市場=反落、コロナ感染急増で制限措置懸念高まる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 366.81 -0.67 -0.18 367.48 FTSEユーロファース 1418.02 -4.17 -0.29 1422.19 ト300種 ユーロSTOXX50種 3242.51 -2.96 -0.09 3245.47 <.STOXX50E > 週明け欧州株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルス 感染の急増により制限措置が強化されることへの懸念が高まった。 イタリアでは週末、新型コロナの1日の新規感染件数が過去最高に 達した。各市町は夜9時以降...

ロンドン株式市場=反落、製薬や嗜好品株売られる 中型株は上昇

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5884.65 -34.93 -0.59 5919.58 週明けロンドン株式市場は反落して取引を終えた。FTSE350 製薬・バイオテクノロジー株指数や嗜好品株指数<.FTNMX3 760>が値を下げたほか、ポンド高により輸出銘柄が売られた。 一方、中型株で構成するFTSE250種指数は0.24 %上昇した。英国と欧州連合(EU)はこの日、通商交渉を強化し協定 の法的文書を進めることで合意。交渉は前週末、何週間も行き詰まって いた末にジョンソン英首相が交渉を打ち切...

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは105円前半、人民元高や弱材料意識され伸び悩み

正午のドル/円は、16日ニューヨーク市場午後5時時点(105.40/44円)に比べ、わずかにドル安/円高の105.38/40円。

〔マーケットアイ〕外為:ドル105円前半で軟化、中国指標はGDP以外予想上回る

人民元はGDPを受けて上げ幅を縮小したものの、対ドルでの人民元高基調に変化はなく、ドルは目下、主要通貨に対して小幅安となっている。

〔マーケットアイ〕外為:ドル105円前半、105円半ばでは利益確定売りなどに押される

午前9時40分ごろに105.50円と、前週末のニューヨーク市場高値105.44円を上抜けたものの、まもなく反落に転じ、仲値付近では105.37円まで下落した。短期筋の利益確定売りや実需のドル売りフローに押されたとみられる。

〔マーケットアイ〕外為:ドル105円前半、「乱高下体質」の英ポンドは136円前半

ドルは105.45円付近で底堅さを見せている。105円半ばをすっきりと上抜けできれば、106円台を目指す機運が高まるとみられる。

〔マーケットアイ〕外為:ドル105円前半、IMMでは円とユーロの買い持ち縮小

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(10月13日までの週)に基づくロイターの算出によると、ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する売り越し額は272億4000万ドルで、前週の283億5000万ドルから減少した。 売り越し額は7月下旬以降で最低。8月下旬には約9年ぶり高水準の336億8000万ドルに達していた。

今日の株式見通し=強含み、米株堅調受け買われた後は模様眺めに

きょうの東京株式市場で日経平均株価は強含みが想定されている。前週末の米国株式市場が堅調だったことを受けて買い優勢となり、シカゴ日経平均先物の終値にサヤ寄せして始まりそうだ。ただ、米大統領候補者テレビ討論会などのイベントを控える中で、方向性を示す材料が見当たらず、買い一巡後は模様眺めになるとみられる。

〔マーケットアイ〕外為:ドル105.00─105.80円の見通し、下がらず上がらずのイメージ

きょうの予想レンジはドル/円が105.00―105.80円、ユーロ/ドルが1.1670─1.1770ドル、ユーロ/円が123.00―124.00円とみられている。

S&Pとダウ上昇、コロナワクチン巡る好材料で

米国株式市場はS&P総合500種が上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチン開発に関する前向きなニュースのほか、予想を大幅に上回った米小売売上高を受け買いが強まった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up