for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bouygues SA

BOUY.PA

現在値

40.91EUR

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

30.85

 - 

41.32

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
40.91
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
19.51
高値
--
安値
--
52週高値
41.32
52週安値
30.85
発行済株式数
379.83
時価総額
15,538.77
予想PER
--
配当利回り
4.16

次のエベント

Bouygues SA Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

BRIEF-Colas FY Current Operating Profit Up At 433 Million Euros

Bouygues ‍​FY Net Income Group Share Rises To 1.18 Billion Euros

Alstom CEO: Alstom-Bombardier Transportation deal no threat to jobs

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bouygues SAとは

ブイグ(Bouygues SA)は、多種サービスを提供するフランスに拠点を置く会社である。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。建設セグメントは、子会社を通じて事業を行う。Bouygues Constructionは、建物、インフラストラクチャ及び産業プロジェクトの設計・建設・運営を行う。Bouygues Immobilierは、私有不動産開発会社であり、住宅、オフィスビル、小売及び持続可能な近隣プロジェクトを行う。Colasは、輸送インフラストラクチャの構築・保守を行う。メディアセグメントは、子会社TF1を通じて、各種エンターテイメントコンテンツ及び関連サービスを提供し、テレビ(TV)制作やデジタルセクターで事業を行う。テレコムセグメントは、子会社Bouygues Telecomを通じてフランスの電子通信市場で事業を行う。世界中で事業を行う。

連絡先

32 avenue Hoche, Paris Cedex 08

+33.1.44201000

https://www.bouygues.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Martin Bouygues

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Philippe Marien

Deputy Chief Executive Officer, Chief Financial Officer, Senior Vice President Human Resources, Information Systems and Innovation

Olivier Bouygues

Deputy Chief Executive Officer, Director

Olivier Roussat

Deputy Chief Executive Officer

Philippe Frank Bonnave

Chairman and Chief Executive Officer - Bouygues Construction

統計

2.00 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

32.9K

2018

35.6K

2019

37.9K

2020(E)

37.5K
EPS (EUR)

2017

3.010

2018

2.830

2020(E)

3.049
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.91
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.41
株価純資産倍率(四半期)
1.49
株価キャッシュフロー倍率
5.66
総負債/総資本(四半期)
71.48
長期負債/資本(四半期)
53.63
投資利益率(過去12カ月)
5.21
自己資本利益率(過去12カ月)
2.47

最新ニュース

最新ニュース

世界の鉄道産業、「今後数年」で統合が起きる=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は23日、世界の鉄道産業の統合が「今後数年」で起きるだろうと述べた。

5G通信網整備からファーウェイ排除せず=仏副経済相

フランスのパニエリュナシェ経済・財務副大臣は25日、同国は米国の後追いはせず、次世代通信規格「5G」の通信網整備から中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)<HWT.UL>を排除することはしないと述べた。その一方で、政府は安全保障上の脅威に関して全ての通信機器メーカーを入念に調べる権限を持つ見込みだと付け加えた。

欧州市場サマリー(29日)

ジョンソン首相が議会を一時的に閉鎖すると発表したことを受け、合意なきEU離脱 を回避するための期間が短くなると反発が広がった。ポンドが下落し、金融大手HSBC や製薬のアストラゼネカなどの輸出銘柄が買われた。 一方、ソフトウエア会社マイクロフォーカス・インターナショナルは32. 4%下落した。軟調な通期売上高見通しが嫌気された。 中型株で構成するFTSE250種は0.47%上昇した。消費者金融のア ミーゴ・ホールディングスが51.6%急落したことから、上昇幅は限定的だっ た。アミーゴは通期の業績見通しを引き下げたことが嫌気された。 石油開発大手...

欧州株式市場=反発、貿易摩擦解消に期待高まる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 376.74 +3.88 +1.04 372.86 FTSEユーロファース 1482.45 +15.35 +1.05 1467.10 ト300種 DJユーロSTOXX5 3411.33 +45.95 +1.37 3365.38 <.STOXX50E 0種 > 欧州株式市場は約1カ月ぶりの高値に反発して取引を終えた。米中貿易摩擦解消への 期待が高まり、相場を押し上げた。イタリアで新しい連立政権が発足する見込みから同国 株が値上がりした。 中国商務省が9月に予定...

5G事業者、安全保障と技術力の観点から判断=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は、次世代通信規格5G通信網整備について、安全保障と通信網のパフォーマンスに基づき決定し、特定の事業者を排除しない方針を示した。

5G事業者、安全保障と技術力の観点から判断=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は、次世代通信規格5G通信網整備について、安全保障と通信網のパフォーマンスに基づき決定し、特定の事業者を排除しない方針を示した。

コラム:ノートルダムが温めたフランス人の冷たい慈善家精神

フランスの国家的悲劇は、国民の慈善の心を呼び覚ましたようだ。大富豪の実業家や名だたる大手企業は16日、前日に大規模火災に見舞われたノートルダム寺院を修復するための寄付を続々と申し出た。他国に比べて企業による目立った慈善活動が少ないフランスでは珍しいことだ。

仏「黄色いベスト」運動が企業業績圧迫、小売りや観光に打撃

フランスで政権に抗議する「黄色いベスト」運動のデモなどの影響で、企業の業績が圧迫されている。今週発表された企業2社の業績見通しだけでも、抗議運動は合計で約6000万ユーロ(6900万ドル)の減収要因となっている。

欧州市場サマリー(19日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。ドル高ポンド安に伴いFTSE100種でウェートが最も大きい輸出銘柄が買われた。また原油高によって石油銘柄が値を上げたほか、先行き不透明感が漂う中で比較的安全な資産とされる公益事業株などディフェンシブ銘柄も好調だった。

欧州株式市場=ほぼ横ばい、イタリア予算懸念で不安定な相場展開

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 361.24 -0.43 -0.12 361.67 種 FTSEユーロファー 1420.93 +1.26 +0.09 1419.67 スト300種 DJユーロSTOXX 3210.82 -0.77 -0.02 3211.59 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。予算案を巡るイタリアと欧州委員会の対 立が激化し、不安定な相場展開だった。 STOXX欧州600種指数は週間ベースで0.64%上昇し、辛うじてプ ラスとなった。 欧州委員会...

欧州株式市場=反落、米中貿易摩擦を不安視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 385.36 -1.22 -0.32 386.58 FTSEユーロファースト3 1507.26 -5.08 -0.34 1512.34 00種 DJユーロSTOXX50種 3430.99 -25.14 -0.73 3456.13 欧州株式市場は反落して取引を終えた。中国市場が弱含んでいる兆しのほか、米中貿 易摩擦が意識され、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡る期待のプラス効果が薄 れた。 NAFTA再交渉が期日の31日までに合意に至るとの前向きな見方がある...

欧州市場サマリー(6日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。米国が中国からの輸入品340億ドルへの追加関税を発動したことは大きな懸念材料とならなかったもようだ。

欧州株式市場=続伸、米中貿易摩擦は織り込み済み

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 382.36 +0.77 +0.20 381.59 FTSEユーロファースト30 1498.22 +2.98 +0.20 1495.24 0種 DJユーロSTOXX50種 3448.49 +7.57 +0.22 3440.92 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。投資家らは米中貿易摩擦が緊迫化したことに ついて、織り込み済みだとの見方を示した。 米国はこの日、中国からの340億ドル規模の輸入品に追加関税を課した。中国は即 座に報復措置に出た。メイカー・キャピタル...

欧州市場サマリー(22日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。過去最高値を更新した。金融や鉱工業銘柄の値上がりが押し上げ要因だった。近く8000ポイントの大台を超えるとの見方が浮上した。

欧州株式市場=上昇、自動車銘柄とイタリア株値上がり

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 396.94 +1.07 +0.27 395.87 FTSEユーロファースト 1557.00 +4.46 +0.29 1552.54 300種 DJユーロSTOXX50 3587.25 +14.68 +0.41 3572.57 種 欧州株式市場は上昇して取引を終えた。中国が自動車関税の引き下げを発表したこと で自動車銘柄が買われたほか、前日に低迷したイタリア株が持ち直した。 中国は輸入乗用車・自動車部品に対する関税を7月1日から引き下げると発表。ドイ ツの自動車大手...

パリの地下鉄延伸計画、24年五輪に間に合わない見通し

パリ市当局は22日、2024年の五輪で全会場に容易にアクセスできる公共交通網を整備するとの公約の一環だった地下鉄の延伸計画について、建設の遅延が生じると認めた。

欧州市場サマリー(16日)

<為替> ドルが対主要6通貨バスケットで小動き。前日に大きく値下がりしたが、リスク選好の改善に伴い持ち直した。ただ、米税制改革法案を巡る懸念が広がるなか上値は重い。

欧州株式市場=反発、石油株は低迷

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 384.93 +2.97 +0.78 381.96 FTSEユーロファースト3 1513.42 +9.84 +0.65 1503.58 00種 DJユーロSTOXX50種 3564.80 +19.08 +0.54 3545.72 欧州株式市場は反発して取引を終えた。前日まで売り物が集中していた景気循環株が 持ち直した。ただ、石油関連銘柄は低迷した。 金融サービスと自動車、テクノロジー部門が好調だった。 バーンスタインの欧州株ストラジストらは、最近みられたリスク...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up