for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BP plc

BP.L

現在値

469.35GBp

変化

6.10(+1.32%)

出来高

30,571,922

本日のレンジ

462.35

 - 

471.80

52週レンジ

462.35

 - 

583.41

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
463.25
始値
463.05
出来高
30,571,922
3か月平均出来高
712.08
高値
471.80
安値
462.35
52週高値
583.41
52週安値
462.35
発行済株式数
20,273.70
時価総額
95,050.74
予想PER
12.44
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For BP_pb.L - 4.5000 GBX

適時開示

その他

BP Signs Sustainable Energy Agreements With Amazon Web Services

Bunge Ltd And BP PLC Completed Formation Of Joint Venture BP Bunge Bioenergia

BP Appoints New Chair Of Safety, Environment And Security Assurance Committee

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BP plcとは

ビー・ピー(BP p.l.c.)は総合石油・ガス企業。【事業内容】同社は顧客向けに運送用燃料、光熱用エネルギー、潤滑剤、並びに塗料、衣類や包装などの日用品の製造で使用される石油化学製品等を提供する。同社は探査・生産事業区分、及び精製・マーケティング事業区分という2事業区分を通して運営する。探査・生産事業区分は石油・天然ガスの探査、油田開発と生産、中流輸送、ストレージと処理、並びに液化天然ガス、液化電力と天然ガスが含まれる天然ガスのマーケティングと貿易に従事する。精製・マーケティング事業区分は原油、石油、石油化学製品の精製、製造、販売、輸送、供給と貿易、および卸売・小売業の顧客に関連するサービスの提供に従事する。精製・マーケティング事業区分は燃料、潤滑油、石油化学製品を主として事業を行う。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

1 St. James's Square

+44.20.74962107

https://www.bp.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Helge Lund

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Robert W. Dudley

Group Chief Executive, Executive Director

Lamar McKay

Deputy Group Chief Executive

Brian Gilvary

Group Chief Financial Officer, Executive Director

Susan Dio

Chairman and president - BP America

統計

1.96 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

183.0K

2017

240.2K

2018

298.8K

2019(E)

279.1K
EPS (USD)

2016

0.140

2017

0.310

2018

0.640

2019(E)

0.495
株価売上高倍率(過去12カ月)
26.24
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.44
株価純資産倍率(四半期)
1.29
株価キャッシュフロー倍率
5.61
総負債/総資本(四半期)
77.11
長期負債/資本(四半期)
67.34
投資利益率(過去12カ月)
2.30
自己資本利益率(過去12カ月)
1.74

最新ニュース

最新ニュース

石油・ガス会社、米天然ガス資産で数十億ドル規模の評価損計上も

アナリストらは11日、石油・ガス生産会社が米国にある天然ガス資産について、今後数カ月以内に数十億ドル規模で評価損を計上する可能性があるとの見方を示した。

ロスネフチ、北極圏の油田開発で日本企業に出資打診=関係筋

複数の関係筋によると、ロシアの国営石油会社ロスネフチ<ROSN.MM>のイーゴリ・セチン最高経営責任者(CEO)は、北極圏の油田開発で日本の商社や石油会社に出資を打診した。

欧州市場サマリー(3日)

仏高級ブランドメーカー、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン) とケリング、エルメスの値下がりが目立った。仏CAC40指数<.FC HI>は1.03%低下した。 こうした中、ドイツのクセトラDAX指数は0.19%上昇した。独ソフト ウエア大手SAPが0.6%、航空機部品メーカーのMTUエアロ・エンジン ズが3.6%それぞれ上昇したことが全体を押し上げた。MTUはバンク・オ ブ・アメリカ・メリルリンチが投資判断を「買い」に引き上げたことが買い材料だった。 欧州株式市場: <ユーロ圏債券> トランプ米大統領が中国との通商合意は来年11月...

ロンドン株式市場=続落、トランプ氏発言で米中協議への期待後退

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7158.76 -127.18 -1.75 7285.94 ロンドン株式市場は4営業日続落して取引を終えた。トランプ米大統領が中国との合 意について、2020年11月の米大統領選の後に結論を持ち越す可能性があると発言し 、米中通商合意に関する期待が後退した。 アジアへのエクスポージャーが高い金融大手HSBCは2.3%下落した。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPも値を下げた。 今週は既に貿易摩擦を巡る懸念が出ていた。トランプ氏は前日、ブラジルとアルゼン チン...

欧州市場サマリー(20日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米中関係の緊迫化で両国が通商合意に至ることに懐疑的な見方が出た。第3・四半期決算が嫌気された欧州ホームセンター大手キングフィッシャー<KGF.L>も相場の重しとなった。

ロンドン株式市場=反落、米中関係緊迫化で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7262.49 -61.31 -0.84 7323.80 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米中関係の緊迫化で両国が通商合意に至 ることに懐疑的な見方が出た。第3・四半期決算が嫌気された欧州ホームセンター大手キ ングフィッシャーも相場の重しとなった。 トランプ米大統領は米中が通商合意に至らなければ中国製品の関税を引き上げると述 べた。また、米議会上院は香港での反政府デモ隊を支援する法案を可決した。米中関係が 不安視され、世界的に株式が売られた。ロンドン株式市場...

欧州市場サマリー(15日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。英総選挙で与党・保守党が勝利する可能性が高まったとの見方から、国内経済に左右されやすい銘柄が買われた。米中通商協議に関する明るい兆しも買い材料だった。

ロンドン株式市場=反発、国内銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7302.94 +10.18 +0.14 7292.76 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。英総選挙で与党・保守党が勝利する可能 性が高まったとの見方から、国内経済に左右されやすい銘柄が買われた。米中通商協議に 関する明るい兆しも買い材料だった。 英野党・ブレグジット党は、与党保守党が議席を持っていない選挙区で立候補者を立 てない方針を示した。12月12日の総選挙で過半数確保を目指す保守党に追い風となる 可能性がある。保守党の勝利が、英国の欧州連合(EU)離脱...

コラム:サウジアラムコ株、ESG視点で投資できない理由

サウジアラビア国営石油会社・サウジアラムコ<IPO-ARMO.SE>が新規公開する株式を買うかどうか思案中の外国投資家にとって、最も重要な意味を持つ書類は、アラムコの目論見書ではない。

南アの新製油所、サウジ支援で28年までに操業開始 100億ドル投入

南アフリカ・エネルギー省傘下の中央エネルギー基金(CEF)は7日、サウジアラビアの支援を受け計画中の東沿岸部リチャーズ・ベイの新製油所(原油処理能力日量30万バレル)は、2028年までに操業を開始するとの見通しを示した。

欧州市場サマリー(5日)

こうした中、資金が安全資産とされる国債から株式に流れたほか、オフショア市場で 人民元相場が上昇するなどの動きが出た。 米供給管理協会(ISM)がこの日に発表した10月の非製造業総合指数(NMI) が54.7と、前月の52.6から上昇したほか市場予想も上回ったことも支援要因とな り、ユーロ圏では大部分の10年債利回りが3ベーシスポイント(bp)程度上昇し、7 月中旬以来の高水準を付けた。 独20年債利回りは一時0.001%まで上昇。ただその後は マイナス 0.02%に戻した。同利回りは9月初旬以来40bp上昇。独30年債利回りは10月 に...

ロンドン株式市場=続伸、石油・鉱業株が高い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7388.08 +18.39 +0.25 7369.69 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。米中貿易協議進展への期待感を背景に石 油株や鉱業株が上昇し、相場を支えた。 FTSE100種総合株価指数は0.25%上昇し、1カ月超ぶりの高値を付けた。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.22%上げた。 衣料品・食品大手のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABフーズ)<ABF .L>が5.6%高となった。上昇率は10カ月超ぶりの大きさ。良好な通期決算を...

欧州市場サマリー(1日)

TDセキュリティーズの金利ストラテジスト、プージャ・クムラ氏は前向きな経済指 標が米連邦準備理事会(FRB)による3回目の利下げや米中関係を巡る懸念、月末要因 などを打ち消したと指摘。米中通商協議の手詰まり継続や12月の英選挙などが次のリス ク要因と述べた。 域内の10年債利回りは大半が約2ベーシスポイント(bp)上昇。前日には2週間 ぶりの低水準を付けていた。 この日は米経済指標を背景に売られた米国債に追随した。 独10年債利回りはマイナス0.38%。前日はマイナス0.42%だ った。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終盤 アジア...

ロンドン株式市場=反発、米中の経済指標を好感

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7302.42 +54.04 +0.75 7248.38 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。中国と米国の経済指標を受け市場心理が 好転した。 10月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は予想外に2年超ぶりの高水準と なった。10月の米国の雇用統計は予想ほど減速しなかった。 FTSE350種鉱業株指数は3.13%上昇した。個別銘柄では資源 大手のアングロ・アメリカンとグレンコア、リオ・ティントが3 .1%から3.8%値上がりした。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル...

欧州市場サマリー(29日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。英国で 12月に総選挙が行われる可能性から投資家は慎重な姿勢を示した。軟調な決算が嫌気さ れた石油大手BPも相場を押し下げた。 また、米中通商協議を巡る「第1段階」の合意について、来月の署名が実現しないか もしれないとするロイターの報道を受け売りが加速した。 BPは3.8%値を下げた。原油安と生産減少によって第3・四半期利益が大 幅に減ったことが嫌気された。 EUは28日、英国の離脱期日を最長3カ月間延期することで合意したが、議会は英 国がどのような条件で離脱するのか、いつ離脱するか、離脱するべきか...

ロンドン株式市場=反落、英総選挙の可能性で慎重姿勢

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7306.26 -25.02 -0.34 7331.28 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。英国で12月に総選挙 が行われる可能性から投資家は慎重な姿勢を示した。軟調な決算が嫌気 された石油大手BPも相場を押し下げた。 また、米中通商協議を巡る「第1段階」の合意について、来月の署 名が実現しないかもしれないとするロイターの報道を受け売りが加速し た。 BPは3.8%値を下げた。原油安と生産減少によって第3 ・四半期利益が大幅に減ったことが嫌気された。 EUは...

欧州株式市場=7営業日ぶり反落、軟調な決算を嫌気

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 398.37 -0.62 -0.16 398.99 FTSEユーロファース 1561.87 -3.00 -0.19 1564.87 ト300種 ユーロSTOXX50種 3622.09 -3.60 -0.10 3625.69 <.STOXX50E > 欧州株式市場は7営業日ぶりに反落して取引を終えた。軟調な決算 が相場を押し下げた。 フィンランドの製紙会社ストラエンソは5.1%下落し た。四半期利益が減ったほか、地政学的な先行き不透明感があると述べ たことが不安視...

原油価格、米中貿易戦争の影響で下落の可能性=BP幹部

英エネルギー大手BP<BP.L>のブライアン・ギルバリー最高財務責任者(CFO)は29日、北海ブレント原油価格が1バレル=60ドル付近にあるが、短期的には米中貿易戦争の影響で下落する可能性の方が大きいとの見解を示した。

英BP、資産売却で3年ぶり最終赤字 精製事業は好調

英エネルギー大手BPが発表した第3・四半期決算は、資産売却に伴う特別費用が響き、約3年ぶりの最終赤字となった。原油安が打撃となったものの、精製事業は好調だった。

英BP、ブラジル資産合併で米ブンゲとの契約目指す

英石油大手BP<BP.L>は、2019年にブラジルの砂糖とエタノール資産を合併することについて、米穀物商社ブンゲ<BG.N>との契約締結をなお目指している。実現すれば、2社は、2020年初めに始まるサトウキビの新生産年度に向け、共同事業を進めることができる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up