for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BP plc

BP.L

前日終値

492.75GBp

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

479.55

 - 

583.41

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
492.75
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
726.83
高値
--
安値
--
52週高値
583.41
52週安値
479.55
発行済株式数
20,390.61
時価総額
100,842.70
予想PER
12.12
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2019 BP PLC Earnings Release

適時開示

その他

UK's Unite Says Members At Sullom Voe Terminal Reject Proposals By Enquest To Restructure Company

BP To Complete $10 Bln Divestment Programme Ahead Of Schedule, Sees $2-3 Bln Charge

BP Says Bernard Looney To Succeed Bob Dudley As CEO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BP plcとは

ビー・ピー(BP p.l.c.)は総合石油・ガス企業。【事業内容】同社は顧客向けに運送用燃料、光熱用エネルギー、潤滑剤、並びに塗料、衣類や包装などの日用品の製造で使用される石油化学製品等を提供する。同社は探査・生産事業区分、及び精製・マーケティング事業区分という2事業区分を通して運営する。探査・生産事業区分は石油・天然ガスの探査、油田開発と生産、中流輸送、ストレージと処理、並びに液化天然ガス、液化電力と天然ガスが含まれる天然ガスのマーケティングと貿易に従事する。精製・マーケティング事業区分は原油、石油、石油化学製品の精製、製造、販売、輸送、供給と貿易、および卸売・小売業の顧客に関連するサービスの提供に従事する。精製・マーケティング事業区分は燃料、潤滑油、石油化学製品を主として事業を行う。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

1 St. James's Square

+44.20.74962107

https://www.bp.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Helge Lund

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Robert W. Dudley

Group Chief Executive, Executive Director

Lamar McKay

Deputy Group Chief Executive

Brian Gilvary

Group Chief Financial Officer, Executive Director

Susan Dio

Chairman and president - BP America

統計

2.00 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

183.0K

2017

240.2K

2018

298.8K

2019(E)

279.7K
EPS (USD)

2016

0.140

2017

0.310

2018

0.640

2019(E)

0.515
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.17
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.43
株価純資産倍率(四半期)
1.25
株価キャッシュフロー倍率
4.92
総負債/総資本(四半期)
76.79
長期負債/資本(四半期)
66.18
投資利益率(過去12カ月)
4.24
自己資本利益率(過去12カ月)
3.19

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。石油株が 買われ全体水準を押し上げた。 原油の値上がりに伴い石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは 1.0%と1.5%それぞれ上昇した。 米中が通商協議で合意に至るとの期待も相場を押し上げた。トランプ米大統領は中国 と妥結する「可能性は大いにある」と述べた。 ポンド安に伴い酒造大手のディアジオや製薬大手グラクソ・スミスクライン (GSK)などの国際的な銘柄も値を上げた。英国の欧州連合(EU)離脱案で 英・EUの隔たりが大きいとの不安がポンドを押し下げた。 中型株で構成するFTSE250種は...

ロンドン株式市場=続伸、石油株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7197.88 +42.50 +0.59 7155.38 週明けロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。石油株が買われ 全体水準を押し上げた。 原油の値上がりに伴い石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa. L>とBPは1.0%と1.5%それぞれ上昇した。 米中が通商協議で合意に至るとの期待も相場を押し上げた。トラン プ米大統領は中国と妥結する「可能性は大いにある」と述べた。 ポンド安に伴い酒造大手のディアジオや製薬大手グラクソ ・スミスクライン(GSK)などの...

欧州市場サマリー(4日)

マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「米雇用統計は米連 邦準備理事会(FRB)の姿勢をあまり変えないだろう。利下げを考え直すほど良くもな く、より積極的な利下げを後押しするような悪い内容でもない」と述べた。 BPは2.1%高だった。上流部門トップのバーナード・ルーニー氏が、ボブ・ダド リー最高経営責任者(CEO)の後任となると発表したことが買い材料だった。 中型株で構成するFTSE250種は0.68%上昇した。発電会社のドラ ックスが13.9%上昇し、全体水準を押し上げた。英国で非常時の電源を確保 する約10億ポンド...

ロンドン株式市場=反発、週間ベースは1年ぶり大幅安

マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「米雇用統計は米連 邦準備理事会(FRB)の姿勢をあまり変えないだろう。利下げを考え直すほど良くもな く、より積極的な利下げを後押しするような悪い内容でもない」と述べた。 BPは2.1%高だった。上流部門トップのバーナード・ルーニー氏が、ボブ・ダド リー最高経営責任者(CEO)の後任となると発表したことが買い材料だった。 中型株で構成するFTSE250種は0.68%上昇した。発電会社のドラ ックスが13.9%上昇し、全体水準を押し上げた。英国で非常時の電源を確保 する約10億ポンド...

英BP次期CEOに上流部門トップのルーニー氏、ダドリー氏後任

英石油大手BP<BP.L>は4日、上流部門トップのバーナード・ルーニー氏が、ボブ・ダドリー最高経営責任者(CEO)の後任となると発表した。10年近くCEOを務めているダドリー氏は来年退任する。

欧州市場サマリー(3日)

また、米ISM非製造業総合指数は2016年8月以来の低水準となり、中でも雇用 指数は14年2月以来の水準に低下した。 ユーロ圏各国の10年債利回りは4─7ベーシスポイント(bp)低下。<FR10YT=RR > フランスやスペインでの国債入札も利回り低下の一因となった。 ドイツ10年債利回りはマイナス0.59bpと、1週間超ぶりに低下 。低下幅は5bpで、1週間半ぶりの大きさとなった。 INGのシニア金利ストラテジスト、ベンジャミン・シュレーダー氏は「この1週間 の利回り上昇には驚いたが、欧州中央銀行(ECB)の緩和策を踏まえると、トレンド...

ロンドン株式市場=続落、軟調な指標で市場心理悪化

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7077.64 -44.90 -0.63 7122.54 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。これまでの軟調な製造業指標で世界経済 が不安視されていたところ、この日発表された米サービス業の指標が振るわず、市場心理 が一段と悪化した。 世界経済懸念から原油が値下がりし、石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル とBPがFTSE100種の最大の押し下げ要因となった。 今週は、一連の軟調な米経済指標と米中貿易摩擦への懸念、英国の合意なき欧州連合 (EU)離脱のリスクが相場...

英BPのダドリーCEO、来年退任の意向を確認

英石油大手BP<BP.L>のダドリー最高経営責任者(CEO)は2日、モスクワで開かれたエネルギー関連の会合に出席した際、記者団に対し、2020年に退任する意向を改めて表明した。

欧州市場サマリー(2日)

CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「製造業指数の悪化がよ り広範なサービス業に波及する懸念が高まる中で、株価の値下がりは加速しているようだ 」と指摘する。 ジョンソン英首相は欧州連合(EU)に離脱条件の「最終提案」を提示した。EUが 譲歩しなければ10月31日に合意なしに離脱すると主張した。 CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マデン氏は「合意なき離脱の可能性が 金融株の重しとなっている。合意なしに離脱した場合、イングランド銀行(英中銀)が利 下げする可能性が高いからだ」と述べる。中銀が利下げした場合、銀行の利幅...

ロンドン株式市場=大幅続落、世界経済と英EU離脱への不安で

CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「製造業指数の悪化がよ り広範なサービス業に波及する懸念が高まる中で、株価の値下がりは加速しているようだ 」と指摘する。 ジョンソン英首相は欧州連合(EU)に離脱条件の「最終提案」を提示した。EUが 譲歩しなければ10月31日に合意なしに離脱すると主張した。 CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マデン氏は「合意なき離脱の可能性が 金融株の重しとなっている。合意なしに離脱した場合、イングランド銀行(英中銀)が利 下げする可能性が高いからだ」と述べる。中銀が利下げした場合、銀行の利幅...

欧州市場サマリー(30日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米中貿 易摩擦が続く中、世界最大の原油輸入国である中国経済の見通しが軟調で原油が値下がり し、石油株が売られた。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPがFTSE100種の最 大の押し下げ要因だった。 FTSE350種鉱業株指数は0.98%低下した。 英国の欧州連合(EU)離脱もリスク志向を抑制している。離脱日まで1カ月となっ たが、大きな動きは見られない。英国のEU離脱問題は既に混沌としており、市場関係者 は次の動きに注目している。マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン 氏...

ロンドン株式市場=反落、石油株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7408.21 -18.00 -0.24 7426.21 週明けロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米中貿易摩擦が続く中、世界最大 の原油輸入国である中国経済の見通しが軟調で原油が値下がりし、石油株が売られた。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPがFTSE100種の最 大の押し下げ要因だった。 FTSE350種鉱業株指数は0.98%低下した。 英国の欧州連合(EU)離脱もリスク志向を抑制している。離脱日まで1カ月となっ たが、大きな動きは見られない。英国...

欧州市場サマリー(27日)

CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「ソーンダース氏は従来 、金融政策委員会の中でタカ派的な存在だったため、この日の発言は大きな意味を持つ」 と述べた。 離脱期日が10月31日に迫る中でも、英国の離脱の有無は依然として定かでない。 ジョンソン英首相はEUと合意してもしなくても期日に離脱すると主張しており、議会と 対立している。 ポンドが下落したことで、海外収益が大きい石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル<R DSa.L>やBPのほか、アジアへのエクスポージャーが高い金融大手HSBC<HSBA. L>がFTSE100種の大...

ロンドン株式市場=続伸、英中銀政策委員の発言受けポンド安

CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「ソーンダース氏は従来 、金融政策委員会の中でタカ派的な存在だったため、この日の発言は大きな意味を持つ」 と述べた。 離脱期日が10月31日に迫る中でも、英国の離脱の有無は依然として定かでない。 ジョンソン英首相はEUと合意してもしなくても期日に離脱すると主張しており、議会と 対立している。 ポンドが下落したことで、海外収益が大きい石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル<R DSa.L>やBPのほか、アジアへのエクスポージャーが高い金融大手HSBC<HSBA. L>がFTSE100種の大...

欧州市場サマリー(26日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米中が 通商協議で合意に至るとの期待が相場を押し上げた。 中国商務省は米国と10月の通商協議について緊密に連絡を取っていると述べた。ト ランプ米大統領は前日、近いうちに妥結する可能性があると発言している。 広範な部門が買われた。石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルや英石油大手 BPが相場の主な押し上げ要因だった。金融株やヘルスケア株も値上がりした。 ポンド安は国際的な銘柄の押し上げ材料となった。 一方、たばこのインペリアル・ブランズは12.9%急落し、2011年1 月以来の安値を付けた。売り上げと...

ロンドン株式市場=反発、米中通商合意に期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7351.08 +61.09 +0.84 7289.99 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。米中が通商協議で合意に至るとの期待が 相場を押し上げた。 中国商務省は米国と10月の通商協議について緊密に連絡を取っていると述べた。ト ランプ米大統領は前日、近いうちに妥結する可能性があると発言している。 広範な部門が買われた。石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルや英石油大手 BPが相場の主な押し上げ要因だった。金融株やヘルスケア株も値上がりした。 ポンド安は国際的な銘柄...

サウジアラムコ、顧客向けに不足原油を近隣諸国から購入=関係筋

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、国内の石油施設が攻撃されたことを受けて、顧客への供給を満たすために近隣諸国から石油を買い入れている。関係筋がロイターに明らかにした。

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。石 油大手BPが値下がりした一方、ディフェンシブ銘柄が買われた。 BPは1.4%下落した。サウジアラビア幹部の関係筋がロイターに対して、前週末 の石油施設の攻撃を受けた後、石油生産は数週間以内に復帰すると話したことで原油が値 を下げた。 銀行株も下落。CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マデン氏は「英国のE U離脱の状況を踏まえ、トレーダーは慎重になっている」と話す。「英国の金利は直近で は、上昇より低下の可能性が高いとトレーダーはみている」とした。イングランド銀行( 英中央銀行)は...

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、BP売られる ディフェンシブ株に買い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7320.40 -1.01 -0.01 7321.41 ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。石油大手BPが値下がりした 一方、ディフェンシブ銘柄が買われた。 BPは1.4%下落した。サウジアラビア幹部の関係筋がロイターに対して、前週末 の石油施設の攻撃を受けた後、石油生産は数週間以内に復帰すると話したことで原油が値 を下げた。 銀行株も下落。CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マデン氏は「英国のE U離脱の状況を踏まえ、トレーダーは慎重になっている」...

欧州市場サマリー(16日)

こうした中、ジョンソン英首相は16日、ルクセンブルクを訪問し、欧州委員会のユ ンケル委員長と昼食を取りながら会談した。欧州委は、英国のEU離脱協定案で争点とな っているアイルランド国境問題の解決策「バックストップ(安全策)」を巡り、英国側が なお代替策を提示していないと強調。ジョンソン首相は離脱協定案を巡る協議を加速させ る必要があると前向きな姿勢を示しつつも、離脱期限の延長を要請しない意向を改めて鮮 明にした。 ラボバンクの金利戦略部長、リチャード・マグワイアー氏は「原油が世界的に主要な 材料となったほか、英EU離脱を巡る緊張も影響を...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up