for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バークシャー・ハサウェイ・インク

BRKb.N

現在値

218.21USD

変化

0.16(+0.07%)

出来高

6,512,673

本日のレンジ

217.86

 - 

221.00

52週レンジ

159.51

 - 

231.60

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
218.05
始値
218.80
出来高
6,512,673
3か月平均出来高
0.01
高値
221.00
安値
217.86
52週高値
231.60
52週安値
159.51
発行済株式数
1.60
時価総額
520,306.90
予想PER
23.68
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Berkshire Hathaway Inc Earnings Release

適時開示

その他

Snowflake Inc Sees IPO Of 28 Mln Class A Shares Priced To Be Between $75-$85 Per Share

Berkshire Hathaway Cuts Stake In Wells Fargo, Takes Stake In Barrick Gold

Berkshire Hathaway Dissolves Share Stake In Goldman Sachs, Occidental Petroleum; Cuts Inc JPMorgan

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バークシャー・ハサウェイ・インクとは

バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc.)は多様な事業を運営する持株会社所有の子会社である。【事業内容】同社の事業は、GEICO、Berkshire Hathaway Primary Group、General Re Corporation、Berkshire Hathaway Reinsurance Groupなどの保険事業、鉄道システムの運営に行うBurlington Northern Santa Fe, LLC事業、規制電気およびガス会社を含むBerkshire Hathaway Energy事業、工業用・民生用・建築用製品を含む多様な製品の製造業者を含む製造事業、食料品と非食料品の卸売販売に行うMcLane Company事業、小規模航空機所有権プログラム、航空パイロット訓練及び各小売業を含む多様なサービスの提供者を含むサービスおよび小売業、並びに製造住宅および関連消費者金融、輸送機器、製造およびリース、及び家具リースを含む金融と金融商品事業を含む。

業種

Insurance (Prop. & Casualty)

連絡先

3555 Farnam St

OMAHA, NE

68131-3311

United States

+1.402.3461400

http://www.berkshirehathaway.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Warren Edward Buffett

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Charles T. Munger

Vice Chairman of the Board

Marc D. Hamburg

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Gregory E. Abel

Vice Chairman – Non Insurance Operations, Director

Ajit Jain

Vice Chairman – Insurance Operations, Director

統計

2.25 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

242.1K

2018

225.4K

2019

327.2K

2020(E)

232.7K
EPS (USD)

2017

5.860

2018

10.050

2019

9.780

2020(E)

9.413
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.84
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.09
株価純資産倍率(四半期)
1.33
株価キャッシュフロー倍率
15.82
総負債/総資本(四半期)
27.11
長期負債/資本(四半期)
26.31
投資利益率(過去12カ月)
3.21
自己資本利益率(過去12カ月)
2.92

最新ニュース

最新ニュース

焦点:バークシャーの日本商社株取得、インフレとドル安の投資妙味期待か

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は30日、日本の5大商社の株式をそれぞれ5%超取得し、持ち分を最大9.9%まで引き上げる可能性があると表明した。これはバフェット氏が、インフレ進行とドル安に伴う外国株の投資妙味増大を期待している表れかもしれない。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、「コマ」の形状で方向感定まらず

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、「コマ」の形状で方向感定まらず 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。気迷いを示す「コマ」の形状となり、方向感が定 まらない様子がうかがえる。終値で5日移動平均線(2万3132円04銭=1日現在)をわずかに上回っ たものの、強さは感じられない。 直近の動きをみると、8月25日高値2万3431円01銭を付けた後、イレギュラー的な下げとなっ た同28日を除いて、100─200円の狭いレンジの右肩下がりの波動を描いている。このことが改めて 2万3000円台は重いとの印象を与えており、相場が...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、直近IPOを買う動きが活発化

<15:10> 新興株式市場はしっかり、直近IPOを買う動きが活発化 新興株式市場はしっかり。東証マザーズ指数、日経ジャスダックが堅調に推移した。「全体的に方向感 が定まらない中で、直近IPOを買い直す動きが活発化している」(国内証券)という。 東証マザーズ指数は続伸。2.93%高で取引を終えた。ティアンドエス が続騰したほか、B ASE が商いを伴って上昇し1万円を回復。駅探 、Sun Asterisk な どがストップ高となったが、アンジェス はさえない。 日経ジャスダック平均は0.33%高で終了。出前館 が商いを伴い一時ストップ高...

〔マーケットアイ〕株式:もみあい、新たな材料待ちで模様眺めに

<14:35> もみあい、新たな材料待ちで模様眺めに 日経平均はもみあい。商いも細っている。市場では「後継首相に菅官房長官というところまで織り込ん だ段階で、手掛かりがなくなった状態。新たな材料待ちで全体は模様眺めとなっている」(国内証券)との 声が聞かれた。 <13:15> 日経平均は弱もちあい、2万3000円台の重さを再認識 弱もちあい。日経平均は、前日比変わらずの水準で一進一退となっている。市場では「上値を新たな材 料が見当たらない。そうした中で、前週末の安倍首相の辞意表明でイレギュラー的な動きを除くと、直近1 週間の相場はじり安...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もちあい、2万3000円台の重さを再認識

<13:15> 日経平均は弱もちあい、2万3000円台の重さを再認識 弱もちあい。日経平均は、前日比変わらずの水準で一進一退となっている。市場では「上値を新たな材 料が見当たらない。そうした中で、前週末の安倍首相の辞意表明でイレギュラー的な動きを除くと、直近1 週間の相場はじり安。2万3000円台の重さを再認識させている」(国内証券)との声が出ていた。 <11:50> 前場の日経平均は続伸、6円高 プラス圏とマイナス圏を行き来 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比6円10銭高の2万3145円86銭となり、小幅に続 伸した。オーバーナイト...

午前の日経平均は続伸、6円高 プラス圏とマイナス圏を行き来

1日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比6円10銭高の2万3145円86銭となり、小幅に続伸した。オーバーナイトの米国株市場でダウとS&P総合500種が下落するなど買い材料に乏しく、マイナス圏とプラス圏を行き来する方向感に欠ける展開となった。

商社株が堅調、米バークシャーによる株式取得を引き続き材料視

1日の株式市場で、三菱商事<8058.T>、三井物産<8031.T>、住友商事<8053.T>、丸紅<8002.T>、伊藤忠商事<8001.T>など商社5社が買われている。

米バークシャー、日本の5大商社株約5%取得 市場に驚きの声

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は30日、日本の5大商社の株式をそれぞれ5%超取得したと発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、中期トレンドは上向き

<16:07> 日経平均・日足は「小陰線」、中期トレンドは上向き 日経平均・日足は「小陰線」、ほぼ実体がない「十字線」に近い形状で、投資家の気迷い心理を表して いる。25日移動平均線(2万2793円94銭=31日)や75日移動平均線(2万2335円22銭= 同)は右肩上がりで、中期トレンドは上向きを示唆する一方、2万3300円台での上値の重さも確認され ており、一段の上昇には追加の買い材料が必要との見方が多い。 <15:51> 新興株市場は3日ぶり反発、マザーズ指数は3%超上昇 新興株市場で、東証マザーズ指数は3日ぶり反発。3.70%高...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は3日ぶり反発、マザーズ指数は3%超上昇

<15:51> 新興株市場は3日ぶり反発、マザーズ指数は3%超上昇 新興株市場で、東証マザーズ指数は3日ぶり反発。3.70%高で取引を終えた。前週末は高値警戒感 がくすぶる中、安倍晋三首相の辞任の意向のニュースを受けて手じまい売りが加速したが、きょうは落ち着 きを取り戻し、時価総額の高い銘柄を中心に堅調に推移した。メルカリ 、BASE 、アン ジェス などが高く、直近IPOのティアンドエス がストップ高比例配分となった。 日経ジャスダック指数も3日ぶり反発した。ワークマン 、日本マクドナルドホールディングス が堅調。日本テレホン はストップ...

日経平均は4日ぶり反発、政策継続見通しと商社株買いを好感

東京株式市場で日経平均は4日ぶり反発した。前週末に退陣を表明した安倍晋三首相の後継に関して政策継続の期待が高まってきたことや、米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>が日本の5大商社の株式を取得したと発表したことなどが支援材料となった。朝方から幅広い業種が買われ、一時上げ幅を450円超に拡大した。その後は伸び悩み、大引けにかけて上げ幅を縮小した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、自民党総裁に菅官房長官を織り込む動き

<14:11> 日経平均は小動き、自民党総裁に菅官房長官を織り込む動き 日経平均は2万3200円台半ば。後場は小動きが続き、値幅は上下76円程度にと どまっている。 市場からは「菅官房長官を次期の自民党総裁として織り込みに行っている。政策の継 続性への安心感から指数が上昇している一方、携帯大手の株価は値下がりしていることが 証左」(外資系運用会社)との声が出ていた。 共同通信などは30日、菅官房長官が自民党総裁選へ出馬する意向を固めたと報じた が、菅氏は31日午前の会見でコメントを控えた。 <11:40> 前場の日経平均は急反発、政策継続...

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは105円半ば、買い戻し一巡で落着きどころ模索

正午のドル/円は、28日のニューヨーク市場午後5時時点(105.34/37円)に比べ、若干ドル高/円安の105.50/52円。

前場の日経平均は急反発、政策継続への期待から買い安心感

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比446円82銭高の2万3329円47銭となり、急反発。前週末の米国株式市場が上昇したことが好感されたほか、安倍首相の後継に関して政策継続の期待が高まってきたことが買い安心感を誘った。

〔マーケットアイ〕株式:高値もみあい、テクニカルで8月25日の戻り高値を意識

<11:10> 高値もみあい、テクニカルで8月25日の戻り高値を意識 日経平均は高値もみあい。テクニカル的には8月25日の高値2万3431円04銭 が意識され、上値に対して徐々に慎重な動きになっているという。市場では「地合いは落 ち着いたものの、時価水準より上値は戻り売りが警戒され、上げ足が鈍っている」(国内 証券)との声が出ていた。 <10:30> 日経平均はしっかり、400円超高 安倍首相の後任候補巡り安心感 日経平均は前営業日比430円ほど高い2万3300円台前半での推移となっている 。市場では「前週末の日経平均は安倍首相辞任のニュース...

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均はしっかり、400円超高 安倍首相の後任候補巡り安心感

(見出しを修正しました) [東京 31日 ロイター] - <10:30> 日経平均はしっかり、400円超高  安倍首相の後任候補巡り安心感 日経平均は前営業日比430円ほど高い2万3300円台前半での推移となっている 。市場では「前週末の日経平均は安倍首相辞任のニュースで急落となったが、週末明けし 、後任は基本的には今の政策路線を継続し、特段大きな方向転換はしないとの見方が優勢 となった。市場で安心感が広がっているのだろう」(国内証券)との声が出ている。 東証33業種では全業種が値上がりとなっているが、個別ではKDDI 、N TTドコモ...

商社株に買い、米バークシャーによる株式取得を材料視

31日の東京株式市場で、丸紅<8002.T>、住友商事<8053.T>、三菱商事<8058.T>、三井物産<8031.T>、伊藤忠商事 <8001.T>など商社5社が買われている。著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>が、日本の5大商社の株式をそれぞれ5%超取得したと発表したことが材料視されている。

寄り付きの日経平均は反発、米国株高を好感 商社株は大幅高

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比264円49銭高の2万3147円14銭となり、反発した。その後も2万3200円台をつけるなどしっかりとした動きとなっている。

米バークシャー、日本の5大商社の株式をそれぞれ約5%取得

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイは30日、日本の5大商社の株式をそれぞれ5%超取得したと発表した。

コラム:投資の神様バフェット氏、お得意の危機対処術にほころび

もし著名投資家ウォーレン・バフェット氏が株式を売ったり買ったりすれば、他の投資家に注目される。だから、カナダの産金大手バリック・ゴールド<ABX.TO>株を5億6400万ドル弱で取得したことと、JPモルガン・チェース<JPM.N>やウェルズ・ファーゴ<WFC.N>といった大手行の持ち株を削減したことを同氏の投資会社バークシャー・ハサウェイ<BRKa.N>が公表したとあれば、今回の景気下降局面をどう乗り切るかの教訓を引き出したい誘惑にかられるところだ。しかし、バフェット氏の危機対処術は、今回はうまくいかないかもしれない。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up