for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Blackstone Inc

BX.N

現在値

92.04USD

変化

-1.48(-1.58%)

出来高

611,862

本日のレンジ

90.23

 - 

92.70

52週レンジ

81.69

 - 

149.78

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
93.52
始値
91.17
出来高
611,862
3か月平均出来高
82.30
高値
92.70
安値
90.23
52週高値
149.78
52週安値
81.69
発行済株式数
701.67
時価総額
104,911.00
予想PER
15.08
配当利回り
6.74

次のエベント

Q3 2022 Blackstone Inc Earnings Release

適時開示

その他

Blackstone Reports Qtrly Fee Related Earnings Of $1.0 Bln ($0.84/Share)

Crown Resorts Says Steve McCann Will Step Down As CEO Of Co & Crown Melbourne

Skillz Hires Blackstone Executive Jason Roswig As President And CFO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Blackstone Incとは

ブラックストーン(Blackstone Inc)(旧名:Blackstone Group Inc)は、投資会社である。【事業内容】オルタナティブ・アセット・マネジメント事業には、プライベート・エクイティ、不動産、公的債務およびエクイティ、ライフサイエンス、グロース・エクイティ、オポチュニスティック、非投資適格クレジット、リアル・アセット、セカンダリー・ファンドに焦点を当てた投資ビークルが含まれる。4つのセグメントで事業を展開する。プライベート・エクイティ事業には、企業向けプライベート・エクイティ・ファンドであるBlackstone Capital Partnersファンド、セクターに特化した企業向けプライベート・エクイティ・ファンド(エネルギーに特化したファンドであるBlackstone Energy Partnersファンドを含む)およびコア・プライベート・エクイティ・ファンドが含まれる。不動産事業は、オポチュニスティックな不動産および不動産関連投資を対象とするBlackstone Real Estate Partners ファンドが含まれる。ヘッジファンド・ソリューション事業は、Blackstone Alternative Asset Managementで構成される。クレジット・保険事業は、主にBlackstone Creditで構成される。

業種

Investment Services

連絡先

345 Park Ave

NEW YORK, NY

10154-0004

United States

+1.212.5835000

https://www.blackstone.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Stephen A. Schwarzman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Founder

Jonathan D. Gray

President, Chief Operating Officer, Director of the General Partner

Michael S. Chae

Chief Financial Officer of the General Partner

Simon Hayden

Senior Managing Director - Credit

John G. Finley

Chief Legal Officer of the General Partner

統計

2.19 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

5.6K

2020

6.5K

2021

11.7K

2022(E)

13.0K
EPS (USD)

2019

2.310

2020

2.650

2021

4.770

2022(E)

5.182
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.79
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.91
株価純資産倍率(四半期)
7.08
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
110.59
長期負債/資本(四半期)
108.51
投資利益率(過去12カ月)
52.43
自己資本利益率(過去12カ月)
22.39

最新ニュース

最新ニュース

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は世界最大

コーヒー業界の技術者でオーストラリアのシドニーに住むリース・ウェアハムさん(31)は、2020年に新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)が始まると自宅にこもっただけでなく、毎日午後にパブを訪れてポーカーマシンで遊ぶこともやめてしまった。その代わりにはまったのがスマートフォンのギャンブルアプリで、どこにいようとお気に入りのスポーツである野球に賭けている。

米AIG生保・退職事業部門、今年最大の米IPO 16.8億ドル調達

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の生命保険・退職事業部門コアブリッジ・ファイナンシャルは14日に新規株式公開(IPO)し、ニューヨーク証券取引所に上場した。資金調達規模は16億8000万ドルで、今年の米IPOでは1月のエクイティ企業TPGの11億ドルを抜いて最大となった。

ブラックストーン、第2四半期86%増益 今後は資産売却鈍化と警告

オルタナティブ資産運用世界最大手のブラックストーンが21日発表した第2・四半期決算は、分配可能利益が20億ドルと前年同期比で86%増加した。リフィニティブのデータに基づくアナリスト予想平均の10億3000万ドルも大幅に上回った。

東芝の経営再建案、米ベインが2次入札へ 4陣営通過と日経

東芝の経営再建策に応募したファンドのうち、米ベインキャピタルが2次入札に進んだことが分かった。事情を知る関係者2人が明らかにした。日本経済新聞は19日夜、ベインや日本産業パートナーズなど4陣営が1次入札を通過したと報じた。

KKR、東芝の買収提案主導せず 政府や経営陣の方針見極め=関係者

東芝の再建策を巡り、米プライベート・エクイティ大手のコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が、主導的な立場では買収提案しない方針であることが分かった。事情を知る関係者3人が明らかにした。

ドイツテレコム、通信塔事業51%を米加企業連合に売却 175億ドル

ドイツテレコムは通信塔事業の株式51%を175億ユーロ(175億ドル)で売却することに合意した。

東芝総会、「物言う株主」の2人選任 再建へ戦略案絞り込み

東芝が28日に開いた定時株主総会は、同社が提案した取締役候補13人全員を選任した。うち2人は非上場化を求める「物言う株主(アクティビスト)」の出身。現職の社外取締役が2人の選任に反対を表明する異例の展開の中、株主の判断が注目されていた。東芝は新たな取締役体制のもと、再建に向けた戦略案を絞り込む。

ブラックストーンなどPE大手、中絶制限巡り米従業員の旅費負担へ

プライベートエクイティ(PE)大手のブラックストーン、アポロ・グローバル・マネジメント、カーライル・グループは、米従業員が中絶を禁止・制限する州から他の州に中絶関連の医療サービスを受けに行く際の旅費を負担する方針を明らかにした。

東芝きょう総会、「物言う株主」の取締役選任が焦点

東芝は28日午前に定時株主総会を開き、経営再建の舵取りを担う取締役候補13人の選任案を諮る。うち2人は、非上場化を求める「物言う株主(アクティビスト)」の出身者。現職の社外取締役が2人の選任に反対を表明する異例の展開で、株主の判断が注目される。

再送-東芝あす株主総会、取締役選任案 アクティビスト幹部2人が焦点

東芝は28日に定時株主総会を開き、非上場化を含めた今後の経営再建の舵取りを担う取締役候補13人の選任案を諮る。うち2人は「物言う株主(アクティビスト)」の出身者。現職の社外取締役が2人の選任に反対を表明する異例の展開で、株主の判断が注目される。

豪クラウン・リゾーツ、シドニーでようやくカジノ開業へ

豪ニューサウスウェールズ(NSW)州当局は、豪クラウン・リゾーツがシドニーで運営するリゾート施設について、カジノ開業を認める決定を下した。同社に関する資金洗浄(マネーロンダリング)疑惑で約1年半前にカジノ運営免許が停止となり、カジノを除いた営業を続けていた。

東芝の非公開化、買収額1株最大7000円を検討 総額3兆円=関係者

東芝に非公開化を提案しているファンドのうち、少なくとも1社が最大1株7000円で買収を検討していることが分かった。事情に詳しい複数の関係者がロイターに明らかにした。22日の東芝終値を27%上回る価格で、実現すれば買収総額は3兆円になる。

アジア株式市場サマリー:引け(15日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [15日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み下落。値動きの荒い取引とな る中、大半の市場で大きく下げた。 0.75%の大幅利上げが予想されている米連邦準備理事会(FRB)の金融政策会 合の結果発表に注目。積極的な政策運営が世界景気の後退を招きかねないとして懸念を強 めている。 中国株は続伸。5月の鉱工業生産が予想外のプラスとなったことを好感し、海外資金 が流入した。 上海総合指数と上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構 成するCSI300指数はともに3月8日以来、約3カ月ぶりの...

豪裁判所、米ブラックストーンの豪クラウン買収を承認

豪連邦裁判所は15日、米プライベートエクイティ(PE)大手ブラックストーンによる豪カジノ運営大手クラウン・リゾーツの買収を承認した。

豪クラウン買収前進、米ブラックストーンが一部カジノ運営可能に

オーストラリア賭博規制当局は、一連の不祥事などで苦境に陥っているカジノ運営大手クラウン・リゾーツがシドニーとメルボルンに保有するカジノについて、米プライベートエクイティ(PE)大手ブラックストーンによる運営を許可した。

豪クラウンの株主、ブラックストーンによる買収を承認

豪カジノ運営大手クラウン・リゾーツは20日の臨時株主総会で米プライベートエクイティ(PE)大手ブラックストーンによる買収を諮り、ほぼ全会一致で承認された。

ベネトン一族のアトランティア、崩落起こした道路運営会社の売却完了

イタリアのベネトン一族が主導するインフラグループのアトランティアは5日、傘下の高速道路運営アウトストラーデの株式売却を完了したと発表した。売却額は81億9900万ユーロ(86億ドル)相当。43人の死者を出した2018年の北部ジェノバでの高速道路高架橋の崩落から約4年たち、アトランティアの高速道路事業からの撤退がようやく完了した。

米ブラックストーン、不動産投信PSビジネス買収へ 76億ドル

米投資会社・ブラックストーンは25日、米不動産投資信託(REITPS)を主業務とするPSビジネス・パークスを76億ドルで買収することで合意した。

伊アトランティア、ベネトン一族とブラックストーンが買収提案

イタリアのベネトン一族と米投資会社ブラックストーンは14日、伊インフラ企業アトランティアについて、最大127億ユーロの現金による買収案を提示した。

豪クラウンのカジノ免許、州政府が不適切と判断 改善に2年猶予

西オーストラリア州政府は24日、豪カジノ運営大手クラウン・リゾーツによるカジノ営業免許保持は不適切との判断を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up