for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Blackstone Group Inc

BX.N

前日終値

51.62USD

変化

-0.35(-0.67%)

出来高

1,170,518

本日のレンジ

51.44

 - 

52.14

52週レンジ

26.89

 - 

55.16

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
51.97
始値
51.79
出来高
1,170,518
3か月平均出来高
134.89
高値
52.14
安値
51.44
52週高値
55.16
52週安値
26.89
発行済株式数
659.35
時価総額
61,464.30
予想PER
23.15
配当利回り
3.69

次のエベント

Q4 2019 Blackstone Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Invitation Homes Announces Secondary Offering Of 57,600,000 Shares Of Common Stock

Blackstone Invests $244 Mln In India's Future Lifestyle, Takes 6% Stake

Soros Fund Management Dissolves Share Stake in Conagra Brands, Allergan

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Blackstone Group Incとは

ブラックストーン・グループ(Blackstone Group Inc.)(旧名:The Blackstone Group L.P.)は、代替資産運用会社である。【事業内容】同社の代替資産運用事業には、プライベート・エクイティ、非投資適格クレジット、セカンダリー・プライベート・エクイティ・ファンド、多資産クラス戦略を含む。同社は、4つのセグメントを通じて運営する。プライベート・エクイティセグメントは、コーポレート・プライベート・エクイティ・ファンド、ブラックストーン・キャピタル・パートナーズ・ファンド、セクター重視のコーポレート・プライベート・エクイティ・ファンドを含める。セクター重視のコーポレート・プライベート・エクイティ・ファンドは、エネルギー重視のファンド、ブラックストーン・エナジー・パートナーズ・ファンド、中核プライベート・エクイティ・ファンドを含める。ブラックストーン不動産パートナーズファンドは、一連の日和見主義的な不動産と不動産関連投資を対象とする。ヘッジファンドソリューションセグメントは、ブラックストーン代替資産管理を含める。クレジットセグメントは、主にGSO Capital Partners LPから構成される。

業種

Investment Services

連絡先

345 Park Ave

+1.212.5835000

https://www.blackstone.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Stephen A. Schwarzman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Founder; Chairman of the General Partner

Jonathan D. Gray

President, Chief Operating Officer, Director of the General Partner

Hamilton E. James

Executive Vice Chairman, Director of the General Partner

Michael S. Chae

Chief Financial Officer of the General Partner

Christopher Striano

Principal Accounting Officer of the General Partner

統計

2.12 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

5.1K

2017

6.8K

2018

6.8K

2019(E)

5.3K
EPS (USD)

2016

2.000

2017

2.810

2018

2.360

2019(E)

2.262
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.60
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.69
株価純資産倍率(四半期)
5.16
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
170.28
長期負債/資本(四半期)
167.85
投資利益率(過去12カ月)
15.87
自己資本利益率(過去12カ月)
8.94

最新ニュース

最新ニュース

フォートレス、ユニゾHDのTOB価格を4100円に引き上げ

ユニゾホールディングス<3258.T>にTOBを提案している投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループは15日、TOB価格を1株4100円に引き上げるとともに、買い付け期間を11月29日まで延長すると発表した。

BRIEF-フォートレス、ユニゾHDのTOB価格を4100円に引き上げ=届出書

* フォートレス、ユニゾHDのTOB価格を4100円に引き上げ=届出書 * フォートレス、ユニゾHDのTOB期間を11月29日までに変更=届出書 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

独ティッセンのエレベーター事業売却、3連合が名乗り=関係筋

ドイツの鉄鋼大手ティッセンクルップ<TKAG.DE>は、傘下のエレベーター事業ティッセンクルップ・エレベーター・テクノロジー(ET)の売却で少なくとも3グループから名乗りを得た。事情に詳しい4人の関係者が明らかにした。

トムソン・ロイター、営業利益が予想超え 自社株買い拡大へ

ニュース・情報サービスのトムソン・ロイター<TRI.N><TRI.TO>が31日発表した第3・四半期決算は営業利益が市場予想を上回った。自社株買いを拡大し、配当性向を引き上げる方針も合わせて発表した。

焦点:サウジ投資会議、人権問題やアラムコ上場遅れで存在感低下

サウジアラビアの首都リヤドで来週29─31日に、年次投資会議「フューチャー・インベストメント・イニシアチブ(FII)」が開催される。

ブラックストーン、TOB巡るユニゾとの合意期限を再延長

米ファンドのブラックストーンは28日、ユニゾホールディングスへのTOB(株式公開買い付け)を前提とするユニゾとの合意書締結の期限を11月6日午後5時に再延長すると発表した。

ブラックストーン、ユニゾHDへのTOBに関する合意書の期限を28日まで延長

米ブラックストーンは、ユニゾホールディングス<3258.T>に対する株式公開買い付け(TOB)に関するユニゾHD側の同意および合意書の期限を28日の日本時間午後5時まで延長したと発表した。この期限までにユニゾHDがTOB開始に同意しない、または合意書を締結しない場合、ブラックストーンはその段階でTOB実施の可否を含むあらゆる選択肢を検討するとしている。

ユニゾHD、引き続きフォートレスおよびブラックストーンと協議

ユニゾホールディングス<3258.T>は21日、同社に対する株式公開買い付け(TOB)への対応について、フォートレス・インベストメント・グループおよびブラックストーンの双方と引き続き協議することを決議したと発表した。それぞれのTOBが株主共同利益や企業価値の向上につながるかを慎重に検討する。

ユニゾHD、引き続きフォートレスおよびブラックストーンと協議

ユニゾホールディングスは21日、同社に対する株式公開買い付け(TOB)への対応について、フォートレス・インベストメント・グループおよびブラックストーンの双方と引き続き協議することを決議したと発表した。

コラム:ユニゾ、ブラックストーンTOBは「うに」並みの美味

「うに」に手を伸ばさずにいられる日本人は少ない。しかしホテル運営のユニゾホールディングス<3258.T>は、米ブラックストーン<BX.N>がアーチン(うに)・ホールディングスという名の特別法人を通じて示した16億ドル(約1740億円)の株式公開買い付け(TOB)提案に抵抗している。よだれが出そうな条件だけに驚きだ。

ロンドン証取、第3四半期は増収増益 デリバティブ清算部門が好調維持

英ロンドン証券取引所(LSE)グループ<LSE.L>が発表した第3・四半期(7─9月)決算は、増収増益だった。デリバティブ清算機関LCHが19%の増益となり、英国の欧州連合(EU)離脱を控えて、ユーロの中央清算機関としての存在感を示した。

ユニゾ、TOB「確定事項なし」 エリオットの追加質問には回答せず

ユニゾホールディングス<3258.T>は16日、投資ファンドのブラックストーンが前日、ユニゾHD対して株式公開買い付け(TOB)を検討していると発表したことを受けて、「連絡を受けていない」とした上で、今回のTOB表明について同社の特別委員会に諮問する予定であるため、今後の対応で現時点で確定した事項はないと表明した。

ユニゾHD、現時点で対応の確定事項ない=ブラックストーンのTOB表明で

ユニゾホールディングスは16日、投資ファンドのブラックストーンが前日、ユニゾHD対して株式公開買い付け(TOB)を検討していると発表したことを受けて、「連絡を受けていない」とした上で、今回のTOB表明について同社の特別委員会に諮問する予定であるため、今後の対応で現時点で確定した事項はないと表明した。

米PEの年初からの資金調達、既に18年通年水準近辺=調査会社

調査会社ピッチブックによると、米国のプライベートエクイティ(PE)の2019年1─9月の資金調達は1910億ドルで、既に2018年通年の水準に近づいている。

ユニゾ、9月に買収提示したのはブラックストーン 修正案にも応諾せず

ユニゾホールディングス<3258.T>は10日、9月に公表した買収提案について、第三者としていた提案元がブラックストーンだったことを明らかにした。修正提案を受けたものの、引き続き応諾しないことを決めた。

政府系ファンドの企業買収、第3四半期は246億ドルに増加

リフィニティブのデータによると、政府系ファンドによる第3・四半期の企業買収は、総額246億ドルと、前四半期の155億ドルから増加した。シンガポールの政府系ファンドGICやテマセク・ホールディングス、中国投資有限責任公司(CIC)による大型案件が全体を押し上げた。

独ティッセン、エレベーター事業売却で日立などに資料開示へ=関係筋

独ティッセンクルップ<TKAG.DE>は、エレベーター事業の売却入札を巡り、数日中に関連資料へのアクセスを買い手候補に認める方針だ。複数の関係筋が明らかにした。

BRIEF-アリアンツ、日本でブラックストーンのファンドから不動産取得へ 11億ユーロ

ドイツの保険会社アリアンツの不動産部門アリアンツ・リアル・エステートは4日、米ブラックストーン・グループのファンドから、日本の不動産資産を取得する契約を締結したと発表した。取得額は11億ユーロ相当。

世界のM&A総額、第3四半期は3年ぶり低水準 米中貿易戦争で不透明感

リフィニティブのデータによると、第3・四半期の世界の合併・買収(M&A)総額は、前年比16%減の7290億ドルと、四半期ベースでは2016年以降で最低となった。

コラム:米ハイテク投資で陰るソフトバンクの威光、ライバルに好機

ソフトバンクグループ<9984.T>の米ハイテク業界向け投資における影響力が陰りつつある。同社と傘下の1000億ドル規模に上るビジョン・ファンドはこれまで、新興企業に数十億ドルを投じ、時には強引な出資者として割り込んできた。ただシェアオフィス「ウィーワーク」を運営するウィーカンパニーなど株式保有先の問題が、今後の投資ペースを鈍らせるかもしれない。それはセコイア・キャピタルをはじめとするライバルの投資企業の活動余地が広がることを意味する。ブラックストーン<BX.N>が立ち上げた新成長ファンドにとってもプラスだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up