for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Beyond Meat Inc

BYND.O

現在値

14.30USD

変化

-0.02(-0.14%)

出来高

1,483,029

本日のレンジ

13.55

 - 

14.35

52週レンジ

11.56

 - 

75.49

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
14.32
始値
13.98
出来高
1,483,029
3か月平均出来高
68.87
高値
14.35
安値
13.55
52週高値
75.49
52週安値
11.56
発行済株式数
63.74
時価総額
912.79
予想PER
-2.52
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2022 Beyond Meat Inc Earnings Release

適時開示

その他

Beyond Meat Reports Third Quarter 2022 Financial Results

Beyond Meat Inc Says Global Chief Growth Officer And President of North America, Deanna Jurgens, Will Leave

Beyond Meat Targets Cash Flow Positive Operations Within H2 Of 2023

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Beyond Meat Incとは

ビヨンド・ミート(Beyond Meat Inc)は、植物由来の肉を提供する食品会社である。【事業内容】製品には、ビヨンドバーガー、ビヨンドソーセージ、ビヨンドビーフ、ビヨンドミートボール、ビヨンドブレックファーストソーセージパティ、ビヨンドブレックファーストソーセージリンク、ビヨンドビーフクランブル、ビヨンドイタリアンソーセージクランブルがある。牛肉、豚肉、鶏肉の3つの主要な肉プラットフォームで多様な植物ベースの製品を販売する。製品は、食料品店、マーチャンダイザー、クラブ、コンビニエンスストア、自然小売店のチャネル全体の約122000の小売店とフードサービス店、およびレストラン、フードサービス店、学校などのその他の外食店で購入できる。また、eコマースサイトを通じて製品を提供する。

業種

Food Processing

連絡先

119 Standard St

EL SEGUNDO, CA

90245-3833

United States

+1.949.5101760

https://www.beyondmeat.com/en-GB

エグゼクティブリーダーシップ

Seth Goldman

Chairman of the Board

Ethan Brown

President, Chief Executive Officer, Director

Lubi Kutua

Chief Financial Officer, Treasurer

Margaret Trask

Chief People Officer

Dariush Ajami

Chief Innovation Officer

統計

3.30 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

0.3K

2020

0.4K

2021

0.5K

2022(E)

0.4K
EPS (USD)

2019

-0.290

2020

-0.600

2021

-2.870

2022(E)

-5.678
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.08
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-30.47
自己資本利益率(過去12カ月)
-28.52

最新ニュース

最新ニュース

米ビヨンド・ミート、第3四半期は赤字拡大 需要鈍化見込む

[9日 ロイター] - 植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミートが9日発表した第3・四半期決算は、市場予想よりも大幅な赤字となった。輸送・原材料コストの上昇が利益率を圧迫した。同社製品への需要がさらに鈍化するとの見通しも示した。

ビヨンド・ミートCOO逮捕、口論相手の鼻をかんだ疑い 停職に

[20日 ロイター] - 植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミートのダグ・ラムジー最高執行責任者(COO)が、男性と口論中に相手の鼻をかんだ疑いで逮捕された。これを受け、同社は20日、ラムジー氏を直ちに職務停止にしたと発表した。

訂正:米国株式市場=乱高下、S&P・ダウ小幅安 インフレ長期化を懸念

米国株式市場は荒い値動きの中、S&P総合500種とダウ工業株30種が小幅安で取引を終えた。インフレが予想以上に長期化し、米連邦準備理事会(FRB)がこれまで以上に積極的な利上げに踏み切るとの懸念が重しとなった。

マクドナルド、代替肉バーガー試験販売拡大へ 2月から米600店で

米ファストフードチェーン大手マクドナルドは20日、植物由来の代替肉を手掛けるビヨンド・ミートと開発した代替肉バーガー「マックプラント」について、米国内で実施している試験販売を2月から拡大すると発表した。

KFC、代替肉「フライドチキン」販売へ ビヨンド・ミート製

米外食大手ヤム・ブランズ傘下のケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は4日、米ビヨンド・ミートが手掛ける植物由来の代替肉を使った「フライドチキン」を全米各地で10日から期間限定で販売すると発表した。

マクドナルド、来年米国で代替肉バーガーの販売拡大へ

米マクドナルドは来年、植物由来の代替肉を提供する米ビヨンド・ミートと提携し、米国内で代替肉バーガーの販売を大きく拡大する計画だ。金融機関のアナリスト2人が明らかにした。

NY市場サマリー(14日)ドル上昇、株式続落 利回り上昇

<為替> ニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)がタカ派姿勢を維持するとの観測からドル指数が1週間ぶりの高値を付けた。

米国株式市場=続落、インフレやオミクロン株を警戒

米国株式市場は続落して取引を終えた。11月の卸売物価指数(PPI)上昇率が市場予想を上回り、14─15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で資産買い入れペースのさらなる縮小が発表されるとの見方が強まった。

ネスレ、植物由来の卵とエビ代替食品発売へ  ビーガン市場での展開拡大

スイス食品大手ネスレは6日、植物を原料とした卵とエビの代替食品を発売すると発表した。味、栄養価と出来栄えが本物とそっくりだという。急速に拡大するビーガン(完全菜食主義者)向け食品の品揃えを拡充する。

ペプシコ、プラスチックの利用削減へ 植物由来のスナックも開発

米飲料・食品大手のペプシコは15日、すべてのブランドで1商品当たりの未使用プラスチックの利用を2030年までに半減し、再生プラスチックを利用する方針を示した。気候変動対策の一環。

スウェーデンのオートリー、ビーガン向け需要増で今年の売上増見込む

スウェーデンに拠点を置くオーツ麦由来ミルク製造オートリー・グループは16日、今年の売上高が少なくとも64%増の6億9000万ドルと、想定の6億8140万ドルを上回るとの見込みを示した。

米ビヨンド・ミート、売上高見通しが予想下回る コロナ再拡大で

植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミートが5日に示した第3・四半期の売上高見通しは、新型コロナウイルスの感染再拡大で外食需要が脅かされる中、市場予想を下回った。

米ヤム・ブランズ、第2四半期決算は予想上回る KFCなど好調

新メニューの導入やオンライン販売の安定した需要を背景に、傘下の「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」や「ピザハット」の米国販売が増加した。

米タイソン・フーズ、アジア太平洋地域で植物由来食品発売へ

米食肉加工最大手のタイソン・フーズは今月から、アジア太平洋地域の一部市場で植物由来の食品を発売する。同地域で高まっている代替肉需要の取り込みを目指す。

ビヨンド・ミート、マクドナルドやヤム・ブランズと複数年契約

植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミートは25日、マクドナルド、ヤム・ブランズの両社と複数年契約を締結したことを明らかにした。

イート・ジャストの人工鶏肉、シンガポールが初の販売認可

販売許可を出したのはシンガポールが初めて。共同創業者のジョシュ・テトリック最高経営責任者(CEO)によると、人工鶏肉はナゲット状で販売、「かなり近いうちに」シンガポールのレストランで提供し始める予定で、価格は高級鶏肉並みになるという。

ビヨンド・ミート、中国で植物由来の「豚のひき肉」発売

植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミート<BYND.O>は17日、植物由来の材料で作る「豚のひき肉」を中国で発売した。アジア市場で拡大する需要を取り込む。

米マクドナルド、第3四半期決算が改善 ドライブスルーなど後押し

米マクドナルド<MCD.N>が9日に発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、世界売上高が2.2%減少したものの、新型コロナウイルス禍の打撃で約24%落ち込んだ前四半期からは大きく改善した。

米インポッシブル・フーズ、今週カナダの小売店でバーガー販売開始

植物由来の人工肉を製造・販売している米インポッシブル・フーズは26日、同社の「インポッシブル・バーガー」について、今週からカナダの大手スーパー「ソビーズ」の600近い店舗とソビーズのオンライン宅配サービスでの販売を開始すると発表した。

決算発表が本格化、ガイダンスに注目=今週の米株式市場

26日からの週の米株式市場は、決算発表が本格化し、企業の新型コロナウイルス禍への対応ぶりが明らかになる見通し。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up