for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Beyond Meat Inc

BYND.O

現在値

112.23USD

変化

-0.04(-0.04%)

出来高

1,310,048

本日のレンジ

111.69

 - 

113.87

52週レンジ

99.86

 - 

221.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
112.27
始値
112.81
出来高
1,310,048
3か月平均出来高
46.21
高値
113.87
安値
111.69
52週高値
221.00
52週安値
99.86
発行済株式数
63.25
時価総額
7,144.59
予想PER
-98.95
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Beyond Meat Inc Earnings Release

適時開示

その他

Pizza Hut Expands Partnership With Beyond Meat To Test New Plant-Based Beyond Pepperoni Pizza Topping

Beyond Meat Inc Says Phil Hardin Joins As Chief Financial Officer

Beyond Meat Inc Says This June, Beyond Meatballs Will Be Available For First Time At 2,100 Walmart Stores

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Beyond Meat Incとは

ビヨンド・ミート(Beyond Meat Inc)は、植物由来の肉を提供する食品会社である。【事業内容】製品には、ビヨンドバーガー、ビヨンドソーセージ、ビヨンドビーフ、ビヨンドミートボール、ビヨンドブレックファーストソーセージパティ、ビヨンドブレックファーストソーセージリンク、ビヨンドビーフクランブル、ビヨンドイタリアンソーセージクランブルがある。牛肉、豚肉、鶏肉の3つの主要な肉プラットフォームで多様な植物ベースの製品を販売する。製品は、食料品店、マーチャンダイザー、クラブ、コンビニエンスストア、自然小売店のチャネル全体の約122000の小売店とフードサービス店、およびレストラン、フードサービス店、学校などのその他の外食店で購入できる。また、eコマースサイトを通じて製品を提供する。

業種

Food Processing

連絡先

119 Standard St

EL SEGUNDO, CA

90245-3833

United States

+1.949.5101760

http://beyondmeat.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Seth Goldman

Chairman of the Board

Ethan Brown

President, Chief Executive Officer, Director

Philip E. Hardin

Chief Financial Officer

Jonathan P. Nelson

Chief Operating Officer

Margaret Trask

Chief People Officer

統計

3.00 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

0.3K

2020

0.4K

2021(E)

0.5K
EPS (USD)

2019

-0.290

2020

-0.600

2021(E)

-1.128
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.74
株価純資産倍率(四半期)
27.96
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
441.69
長期負債/資本(四半期)
441.61
投資利益率(過去12カ月)
-9.82
自己資本利益率(過去12カ月)
-9.14

最新ニュース

最新ニュース

ペプシコ、プラスチックの利用削減へ 植物由来のスナックも開発

米飲料・食品大手のペプシコは15日、すべてのブランドで1商品当たりの未使用プラスチックの利用を2030年までに半減し、再生プラスチックを利用する方針を示した。気候変動対策の一環。

スウェーデンのオートリー、ビーガン向け需要増で今年の売上増見込む

スウェーデンに拠点を置くオーツ麦由来ミルク製造オートリー・グループは16日、今年の売上高が少なくとも64%増の6億9000万ドルと、想定の6億8140万ドルを上回るとの見込みを示した。

米ビヨンド・ミート、売上高見通しが予想下回る コロナ再拡大で

植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミートが5日に示した第3・四半期の売上高見通しは、新型コロナウイルスの感染再拡大で外食需要が脅かされる中、市場予想を下回った。

米ヤム・ブランズ、第2四半期決算は予想上回る KFCなど好調

新メニューの導入やオンライン販売の安定した需要を背景に、傘下の「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」や「ピザハット」の米国販売が増加した。

米タイソン・フーズ、アジア太平洋地域で植物由来食品発売へ

米食肉加工最大手のタイソン・フーズは今月から、アジア太平洋地域の一部市場で植物由来の食品を発売する。同地域で高まっている代替肉需要の取り込みを目指す。

ビヨンド・ミート、マクドナルドやヤム・ブランズと複数年契約

植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミートは25日、マクドナルド、ヤム・ブランズの両社と複数年契約を締結したことを明らかにした。

イート・ジャストの人工鶏肉、シンガポールが初の販売認可

販売許可を出したのはシンガポールが初めて。共同創業者のジョシュ・テトリック最高経営責任者(CEO)によると、人工鶏肉はナゲット状で販売、「かなり近いうちに」シンガポールのレストランで提供し始める予定で、価格は高級鶏肉並みになるという。

ビヨンド・ミート、中国で植物由来の「豚のひき肉」発売

植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミート<BYND.O>は17日、植物由来の材料で作る「豚のひき肉」を中国で発売した。アジア市場で拡大する需要を取り込む。

米マクドナルド、第3四半期決算が改善 ドライブスルーなど後押し

米マクドナルド<MCD.N>が9日に発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、世界売上高が2.2%減少したものの、新型コロナウイルス禍の打撃で約24%落ち込んだ前四半期からは大きく改善した。

米インポッシブル・フーズ、今週カナダの小売店でバーガー販売開始

植物由来の人工肉を製造・販売している米インポッシブル・フーズは26日、同社の「インポッシブル・バーガー」について、今週からカナダの大手スーパー「ソビーズ」の600近い店舗とソビーズのオンライン宅配サービスでの販売を開始すると発表した。

決算発表が本格化、ガイダンスに注目=今週の米株式市場

26日からの週の米株式市場は、決算発表が本格化し、企業の新型コロナウイルス禍への対応ぶりが明らかになる見通し。

アングル:コロナ自粛で米国消費が急変、浮いたお金で高額支出も

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)で米国の消費財市場は様相が一変した。大きな理由は在宅勤務の普及だ。ロイターがさまざまな消費財の需要や価格の動向を分析した結果、衣料や食品まであらゆる消費財で、長年有効だった消費モデルが新型コロナ危機で激変したことが分かった。

米スタバ、中国でビヨンド・ミートの代替肉ランチメニュー提供へ

米コーヒーチェーン大手スターバックス<SBUX.O>は20日、植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミート<BYND.O>の製品を使用した新たなランチメニューの提供を今週から中国で開始すると明らかにした。

米S&P500時価総額、新型コロナや原油急落で5兆ドル消失

新型コロナウイルスの急速な感染拡大とその世界経済への影響を巡る懸念は、9日の原油価格急落と相まって、ここ数週間でS&P総合500種指数<.SPX>の時価総額を5兆ドル超吹き飛ばした。

培養肉のメンフィス・ミーツ、ソフトバンクなどから1.6億ドル調達

人工培養肉製造の米メンフィス・ミーツは22日、ソフトバンクグループ<9984.T>やシンガポールの政府系ファンドのテマセク・ホールディングスなどから1億6100万ドルの資金を調達したと発表した。

植物性ミルクの米カリフィア、2.25億ドル調達

などから2億2500万ドルを調達した。

米インポッシブル・フーズ、バーガーキング朝食サンドに植物肉提供

植物由来の人工肉を手掛ける米インポッシブル・フーズは6日、バーガーキング<QSR.TO>の米国内139店舗で試験的に使われる予定の植物肉ソーセージパティを発表した。この分野で圧倒的なシェアを握る米ビヨンド・ミート<BYND.O>に対抗する。

マクドナルド、人工肉バーガー全米展開なら年2.5億個販売も=UBS

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>がカナダの一部の店舗で行っている試験で、ビヨンド・ミート社<BYND.O>の植物由来の人工肉を使ったバーガーの販売数は1日当たり平均20─30個にとどまる一方、より人口の多い地域では1日100個に達している。スイス金融大手UBSの調査で明らかになった。

アングル:感謝祭に「七面鳥もどき」を、ベジタリアンの切なる夢

今週28日の米感謝祭で、ベジタリアン(菜食主義者)やペスクタリアン(魚介類も食べる菜食主義者)、フレクシタリアン(場合によっては肉類も食べる菜食主義者)がそろって「食卓にあれば感謝したい」ものがある。植物由来のおいしい「七面鳥もどき」だ。

人工肉の米インポッシブル・フーズ、新たな資金調達で評価額倍増も

植物由来の人工肉を製造し、「インポッシブル・バーガー」を販売している米インポッシブル・フーズは、新たな資金調達に向けた投資家との話し合いを続けており、企業価値は5月の前回ラウンドの2倍強になる可能性がある。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up