for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シティグループ・インク

C.N

現在値

69.90USD

変化

-0.75(-1.06%)

出来高

1,582,904

本日のレンジ

69.68

 - 

70.74

52週レンジ

38.77

 - 

76.13

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
70.65
始値
70.25
出来高
1,582,904
3か月平均出来高
407.48
高値
70.74
安値
69.68
52週高値
76.13
52週安値
38.77
発行済株式数
2,086.69
時価総額
147,424.40
予想PER
7.83
配当利回り
2.89

次のエベント

Citigroup Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Citigroup Inc Files For Mixed Shelf - SEC Filing

Citigroup Says Allowance For Credit Losses On Loans Was $21.6 Bln At Quarter End

Citi Says It Intends To Pursue Exits From Consumer Franchises In Thirteen Markets

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シティグループ・インクとは

シティグループ(Citigroup Inc)は、多角的な金融サービスを提供する持株会社である。【事業内容】コンシューマーバンキングとクレジット、コーポレートとインベストメントバンキング、証券仲介、貿易と証券サービス、及びウェルスマネジメントを含む金融商品とサービスを提供する。3つの事業セグメントを通じて運営する。グローバルコンシューマーバンキング(GCB)セグメントは、リテールバンキング、シティブランドのカード、シティリテールサービスを通じて、伝統的なバンキングサービスをリテール顧客に提供する。インスティテューショナルクライアントグループ(ICG)セグメントは、企業、機関、公共部門、および富裕層のクライアントに、債券および株式の販売と取引、外国為替、プライムブローカー、デリバティブサービス、企業向け融資、投資銀行業務、アドバイザリーサービス、プライベートバンキング、および証券サービスを提供する。コーポレート・その他セグメントには、コーポレート・トレジャリー、オペレーションとテクノロジー、および消費者ローンが含まれる。

業種

Regional Banks

連絡先

388 Greenwich St

NEW YORK, NY

10013-2375

United States

+1.212.5591000

http://www.citigroup.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John Cunningham Dugan

Independent Chairman of the Board

Jane Nind Fraser

Chief Executive Officer, Director

Mark A.L. Mason

Chief Financial Officer

Peter Babej

Chief Executive Officer - Asia Pacific

David Livingstone

Chief Executive Officer - Europe, Middle East and Africa

統計

2.07 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

72.9K

2019

74.3K

2020

74.3K

2021(E)

71.3K
EPS (USD)

2018

6.650

2019

8.040

2020

4.870

2021(E)

9.024
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.02
株価純資産倍率(四半期)
0.80
株価キャッシュフロー倍率
13.27
総負債/総資本(四半期)
250.60
長期負債/資本(四半期)
126.55
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.74

最新ニュース

最新ニュース

金融業界の気候変動対策支援へ、国連・米が新たな枠組み公表

国連のカーニー気候変動問題担当特使と米政権で同問題を担当するケリー大統領特使は21日、温室効果ガスの排出量をネット(実質)ゼロにする世界の取り組みで、金融業界の行動を支援する新たな枠組みを発表した。

米株続落、コロナ感染拡大が旅行株の打撃に

米国株式市場は続落して取引を終えた。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により旅行関連株が打撃を受けたほか、先週発表された米銀行の好決算に対する見直しが広がった。

MUFGなど、シティのアジア個人金融の部分買収提案へ=関係筋

米シティグループのアジア個人金融事業の一部について、DBSグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、OCBC、スタンダード・チャータード(スタンチャート)などの銀行が買収案を提示しようとしている。事情を直接知る複数の関係筋がロイターに明らかにした。売却プロセスは2週間以内に始まる見込みという。

EXCLUSIVE-MUFGなど、シティのアジア個人金融の部分買収提案へ=関係筋

米シティグループのアジア個人金融事業の一部について、DBSグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、OCBC、スタンダード・チャータード(スタンチャート)などの銀行が買収案を提示しようとしている。事情を直接知る複数の関係筋がロイターに明らかにした。売却プロセスは2週間以内に始まる見込みという。

シティグループ、中国の投資銀行業務を拡大へ=関係筋

関係筋によると、米シティグループは中国で投資銀行業務を拡大する計画だ。引き受け、セールス&トレーディング、先物取引部門を6月末までに設立するため、近く規制当局に申請する方針という。

モルガンS、アルケゴス問題で10億ドルの損失 第1四半期は増益

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)は16日、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る巨額損失問題に絡み、約10億ドルの損失を計上したと明らかにした。

モルガンS、アルケゴス問題で10億ドルの損失 第1四半期は増益

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)は16日、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る巨額損失問題に絡み、約10億ドルの損失を計上したと明らかにした。

NY市場サマリー(15日)ダウ初の終値3万4000ドル台、利回り一時1カ月ぶり低水準

<為替> ニューヨーク外為市場ではドル指数がほぼ変わらず。朝方発表された好調な米指標が追い風となったものの、米債利回り低下や株高が圧迫した。

米国株は、ダウが初の終値3万4000ドル台、S&Pも最高値

15日の米国株式市場は、米国債利回り低下を受けたハイテク株への買いや好調な経済指標を追い風に、ダウ工業株30種が初めて3万4000ドル台に乗せて終了した。S&P総合500種指数も最高値を更新した。

米シティ、第1四半期は大幅増益 豪中などで消費者事業撤退

米金融大手シティグループが15日発表した第1・四半期決算は、景気回復と投資銀行業務の拡大で利益が予想を上回った。一方、オーストラリアなど一部の海外事業から撤退することを発表した。

JPモルガン、第1四半期利益が5倍増 引当金の戻入れで

米金融大手JPモルガン・チェースが14日に発表した第1・四半期決算(3月31日まで)は、新型コロナウイルス禍に伴い計上していた貸倒引当金を戻し入れたことで、利益が5倍に拡大した。

アングル:米金融業界、富裕層増税ならニューヨーク離れ加速も

ニューヨークのバンカーやファンドマネジャーは、世界有数の金融都市で働くため、これまで高い税率を受け入れてきた。ただ、ニューヨーク州で富裕層の増税が導入されれば、金融業界ではニューヨークから離れる動きが広がる可能性がある。

米国債取引の不正操作疑惑、大手銀行側が勝訴

米国債市場で大手銀行10行が共謀して競争を抑制していたとされる不正操作疑惑訴訟で、米連邦地裁は31日、原告側の訴えを棄却した。国債を取引していた年金基金のほか、組合や銀行、個人・法人など21の原告が反トラスト法(独占禁止法)に基づき、2015年7月に集団訴訟を起こしていた。

米シティが「Zoomなしフライデー」、在宅勤務疲れにCEO配慮

米シティグループが、金曜日に行う内部の打ち合わせでビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を一切使わない方針とし、従業員に労働時間外の電話を抑えるよう促していることが分かった。ジェーン・フレーザー最高経営責任者(CEO)のメモをロイターが入手した。

FRB、大手行の資本規制緩和を延長せず コロナ特例3月末失効

米連邦準備理事会(FRB)は19日、大手行を対象にした自己資本規制である補完的レバレッジ比率(SLR)に関する緩和措置を延長せず、期限の3月末で終了すると発表した。また、同規制が意図どおりに機能していない可能性があるとして見直す考えを示した。

FRB、大手行の資本規制緩和を延長せず コロナ特例3月末に失効

米連邦準備理事会(FRB)は19日、大手行を対象にした自己資本規制である補完的レバレッジ比率(SLR)に関する緩和措置を延長せず、期限の3月末で終了すると発表した。また、同規制が意図どおりに機能していない可能性があるとして見直す考えを示した。

米シティ、20年第4四半期利益を下方修正 誤送金巡る敗訴受け

米シティグループ は26日、化粧品大手レブロンの債権者に誤送金した約9億ドルの返還を求めて起こした訴訟で敗訴したのを受け、2020年第4・四半期の経費を3億9000万ドル追加計上したと発表した。

台湾中銀、為替投機への関与巡りドイツ銀など処罰

台湾の中央銀行は7日、ドイツ銀行の台北支店に対し、台湾ドルのデリバラブルとノンデリバラブルのフォワード(先渡し)取引を禁止し、為替デリバティブ取引も2年間停止する措置を取ったと明らかにした。投機取り締まりの一環。

台湾中銀、為替投機への関与巡りドイツ銀など処罰

台湾の中央銀行は7日、ドイツ銀行の台北支店に対し、台湾ドルのデリバラブルとノンデリバラブルのフォワード(先渡し)取引を禁止し、為替デリバティブ取引も2年間停止する措置を取ったと明らかにした。投機取り締まりの一環。

アリババ、ドル建て債で最大50億ドル調達へ

中国の電子商取引大手アリババ・グループはドル建て債の発行で最大50億ドルを調達する計画。ロイターが3日入手したタームシートで明らかになった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up