for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シティグループ・インク

C.N

現在値

66.71USD

変化

-0.22(-0.33%)

出来高

2,677,349

本日のレンジ

66.53

 - 

67.75

52週レンジ

40.49

 - 

80.28

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
66.93
始値
67.50
出来高
2,677,349
3か月平均出来高
433.62
高値
67.75
安値
66.53
52週高値
80.28
52週安値
40.49
発行済株式数
2,026.80
時価総額
140,331.90
予想PER
6.79
配当利回り
3.00

次のエベント

Citi Asia Singularity Symposium (Virtual)

適時開示

その他

Citigroup Inc's Long Position In HKEx Raises To 5.10% - HKEX Filing

Citibank Says Working With Partner Mastercard, Assessing Impact of India Cenbank Decision

Citigroup Inc Says Allowance For Credit Losses On Loans Was $19.2 Billion At Quarter End, Or 2.88% Of Total Loans

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シティグループ・インクとは

シティグループ(Citigroup Inc)は、多角的な金融サービスを提供する持株会社である。【事業内容】コンシューマー・バンキングおよびクレジット、コーポレート・バンキングおよびインベストメント・バンキング、証券ブローカレッジ、トレードおよび証券サービス、ウェルス・マネジメントなど、さまざまな金融商品およびサービスを提供する。事業セグメントは、グローバル・コンシューマー・バンキング(GCB)、インスティテューショナル・クライアンツ・グループ(ICG)、コーポレート/その他である。GCB事業は、グローバルに展開するフルサービスのコンシューマー・フランチャイズで、支店・営業所のネットワークや電 子配信システムを通じて、銀行業務、クレジットカード、融資、投資などのサービスを提供する。ICG事業は、銀行・証券サービス事業からなり、法人・機関投資家・公的機関・富裕層の顧客に様々な銀行・金融商品・サービスを提供する。コーポレート/その他事業は、グローバルスタッフ機能にかかる未配分の費用、その他のコーポレート費用、グローバルオペレーションおよびテクノロジーにかかる未配分の費用が含まれる。

業種

Regional Banks

連絡先

388 Greenwich St

NEW YORK, NY

10013-2375

United States

+1.212.5591000

http://www.citigroup.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John Cunningham Dugan

Independent Chairman of the Board

Jane Nind Fraser

Chief Executive Officer, Director

Mark A.L. Mason

Chief Financial Officer

Peter Babej

Chief Executive Officer - Asia Pacific

David Livingstone

Chief Executive Officer - Europe, Middle East and Africa

統計

2.08 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

72.9K

2019

74.3K

2020

74.3K

2021(E)

70.8K
EPS (USD)

2018

6.650

2019

8.040

2020

4.870

2021(E)

9.995
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.05
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.99
株価純資産倍率(四半期)
0.75
株価キャッシュフロー倍率
8.05
総負債/総資本(四半期)
256.16
長期負債/資本(四半期)
130.97
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.94

最新ニュース

最新ニュース

アングル:米企業、コロナ後の通勤再開計画はCEO次第

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、IT業界としては珍しく、職員に早く通勤を再開するよう求めている。かたや米シティグループのジェーン・フレーザーCEOは金融業界の潮流に逆らい、コロナ後も柔軟な働き方を認める方針だ。

ドイツ銀、ジュニア級アナリストの給与引き上げ=関係者

ドイツ銀行 は、投資銀行部門で中堅以下のアナリストの給与を引き上げる。関係者が20日夜にロイターに明らかにした。

米ナスダック、未公開株取引プラットフォーム分離で大手行と提携

米取引所運営ナスダックは20日、新規株式公開(IPO)前の未公開株を取引できるプラットフォームを分離・独立させるため、ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーなど米大手銀行と提携した。

印ペイティーエムがIPO申請、最大22.3億ドル調達へ

ソフトバンクグループが出資するインドの決済サービス会社ペイティーエムは、国内規制当局に新規株式公開(IPO)を申請した。最大1660億ルピー(22億3000万ドル)を調達する。提出された草案文書で16日明らかになった。

米国株式市場=ナスダック続落、アップルやアマゾンなど安い

米国株式市場は、ナスダック総合が続落。アップルやアマゾン・ドット・コムなどのハイテク大手の下げが圧迫した。朝方発表された週間の新規失業保険申請件数が昨年3月以来の水準に改善したことを受け、インフレ高進を巡る懸念が強まった。

NY市場サマリー(14日)ドル下落・債券利回り低下、FRB議長証言受け

<為替> ドルが下落。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が下院委員会での証言でハト派姿勢を維持したことが材料視された。

米国株式市場=S&P上昇、FRB議長証言消化

米国株式市場は、S&P総合500種が日中最高値を付け、プラス圏で終了した。インフレ懸念と米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の議会証言の内容とのバランスを取ろうとする動きが出る中、不安定な取引となった。

米銀大手4行、経済回復受け第2四半期は好決算に

今週発表された米銀大手4行の第2・四半期決算は軒並み好調な内容となった。米経済が回復し始めている上、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う貸倒損失が顕在化しなかったことが寄与した。

米Wファーゴ、第2四半期利益が予想超え 貸倒引当金戻し入れで

米金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が14日発表した第2・四半期決算は利益が市場予想を上回った。貸倒引当金16億ドルの戻し入れが利益を押し上げた。

米シティ、第2四半期利益が予想上回る 貸倒引当金戻し入れ寄与

米金融大手シティグループが14日発表した第2・四半期利益(6月30日まで)は市場予想を上回った。景気回復に伴う貸倒引当金の戻し入れがトレーディング収入やクレジットカード部門の落ち込みを相殺した。

焦点:JPモルガンとゴールドマン、デジタル技術で英消費者金融に挑戦

英国の消費者金融市場はこれまで幾多の外国勢が進出を目指しながらも、結局は撤退の憂き目を見てきた。そこに対し、米大手銀行JPモルガン・チェースとゴールドマン・サックスがデジタル技術を武器に、足場を確保しようと挑戦している。

NY市場サマリー(13日)長期債利回り上昇、米株下落

ドルは通貨バスケットに対し0.59%高の92.762と、今月8日以来の高値。先週付けた3カ月ぶり高値の92.844に迫った。

米国株式市場=下落、S&Pとナスダックは日中に最高値更新

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が取引時間中に過去最高値を更新した後、小幅安で取引を終えた。6月の米消費者物価指数(CPI)の大幅な伸びやJPモルガンおよびゴールドマン・サックスの決算を消化した。

JPモルガン、第2四半期利益が倍増超 トレーディング事業は低調

米金融大手JPモルガン・チェースが13日発表した第2・四半期決算は、純利益が前年同期比155%増の119億ドル(1株当たり3.78ドル)となった。トレーディング事業が振るわなかったものの、貸倒引当金の戻し入れやディールメーキングの活況が追い風となった。

ゴールドマン、第2四半期は利益予想上回る ディールメーキング活況

米ゴールドマン・サックス・グループが13日に発表した第2・四半期決算は、世界的なディールメーキングの活性化でトレーディング部門の減速が相殺され、利益がアナリスト予想を上回った。

JPモルガン、第2四半期利益が倍増超 トレーディング事業は低調

米金融大手JPモルガン・チェースが13日発表した第2・四半期決算は、純利益が前年同期比155%増の119億ドル(1株当たり3.78ドル)となった。トレーディング事業が振るわなかったものの、貸倒引当金の戻し入れやディールメーキングの活況が追い風となった。

ゴールドマン、第2四半期は利益予想上回る ディールメーキング活況

米ゴールドマン・サックス・グループが13日に発表した第2・四半期決算は、世界的なディールメーキングの活性化でトレーディング部門の減速が相殺され、利益がアナリスト予想を上回った。

外為取引不正の賠償求める集団訴訟、英審判所で可否判断へ

世界の大手金融機関による外国為替取引の不正疑惑で、巨額の損害賠償を請求する訴えを集団で起こせるか否かについての審理が12日、英競争審判所(CAT)で5日間の日程で始まった。

20年の外為市場取引高、上位3行でシェア30%=調査

ユーロマネーFX調査によると、2020年の外国為替市場の取引高シェアはJPモルガン、UBS、ドイツ銀行の上位3行で計30%を占めた。新型コロナウイルス流行下で電子取引やアルゴリズム取引に力を入れているベンダーに投資家が流れた。

独VW、米充電インフラ子会社の一部株式売却へ=関係筋

ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は電気自動車(EV)充電インフラを手掛ける米子会社エレクトリファイ・アメリカの一部株式を売却する。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。EVインフラの構築で外部の資金を活用したい考え。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up