for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クレディ・アグリコル SA

CAGR.PA

現在値

8.43EUR

変化

-0.33(-3.71%)

出来高

2,826,334

本日のレンジ

8.41

 - 

8.79

52週レンジ

8.41

 - 

14.27

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8.75
始値
8.75
出来高
2,826,334
3か月平均出来高
173.48
高値
8.79
安値
8.41
52週高値
14.27
52週安値
8.41
発行済株式数
3,025.15
時価総額
26,488.75
予想PER
6.98
配当利回り
9.71

次のエベント

Half Year 2022 Credit Agricole SA Earnings Release

適時開示

その他

Credit Agricole Flags Risks To 2025 Medium-Term Plan Targets

BRIEF-Monte dei Paschi's capital hike can start at end-October, CEO says

Credit Agricole is capable of strong growth in Italy-deputy CEO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クレディ・アグリコル SAとは

クレジット・アグリコル(Credit Agricole SA)は、地域、地方の銀行および支店のネットワークを通じて銀行および保険サービスを提供するフランスの銀行グループである。【事業内容】5つの事業セグメントを通じて運営する。資産収集セグメントには、保険、アムンディグループの資産管理活動、資産管理が含まれる。フランスのリテールバンキングLCLセグメントは、個人顧客向けのリテールバンキング、中小企業向けのリテールバンキング、プライベートバンキング、コーポレートバンキングの4つのビジネスラインで構成される。国際リテールバンキングセグメントには、ヨーロッパおよび地中海周辺にある海外子会社が含まれる。専門の金融サービスセグメントは、個人の顧客、中小企業、企業、およびフランスおよび海外の地方自治体に金融商品およびサービスを提供する。大口顧客ビジネスセグメントには、企業および投資銀行が含まれる。

業種

Regional Banks

連絡先

12 place des Etats-Unis

92127

France

+33.1.43235202

https://www.credit-agricole.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Dominique Lefebvre

Chairman of the Board

Philippe Brassac

Chief Executive Officer, Member of the Executive Committee

Valerie Baudson

Deputy General Manager, Head of Asset Management, Member of the Executive Committee

Xavier Musca

Deputy Chief Executive Officer, Member of the Executive Board Committee

Raphael Paul Raymond Appert

Deputy Chairman of the Board, Representative of SAS Rue La Boetie

統計

2.65 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

20.3K

2020

20.8K

2021

22.7K

2022(E)

22.9K
EPS (EUR)

2019

1.390

2020

1.200

2021

1.690

2022(E)

1.254
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.29
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
0.39
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
295.13
長期負債/資本(四半期)
295.13
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.31

最新ニュース

最新ニュース

仏クレディ・アグリコル第1四半期は大幅減益、ロシア関連で引当金

仏大手銀行クレディ・アグリコルが5日発表した第1・四半期決算は、ロシアとウクライナへのエクスポージャーに対する5億ユーロ超の引当金計上が響いて大幅減益となった。

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。英経済 の成長鈍化を示す経済指標を受けて生活費圧迫に対する懸念が強まり、売り注文が優勢と なった。 2月の英国内総生産(GDP)は前月比0.1%増と、市場予想の0.3%増を下回 った。1月は0.8%増えていた。 INGのエコノミスト、ジェームズ・スミス氏は顧客向けメモで「英国で新型コロナ ウイルスワクチンの追加接種や検査のキャンペーンが終了したことが2月の経済成長の重 しとなり、それが今後数カ月間継続する」とし、「生活費の危機や信頼感の低下に加え、 追加のバンクホリデーがあることから、第2・四半期...

欧州株式市場=続落、テクノロジー株下落 仏大統領選に懸念も

週明けの欧州株式市場は続落して取引を 終えた。債券利回りの急上昇を背景に、割高感が意識されたテクノロジ ー株が下落。フランス大統領選の決選投票で現職のマクロン候補と極右 候補のルペン氏が接戦となるとの見通しからフランス株が乱高下した。 STOXX欧州600種テクノロジー株指数は2.04% 下落し、相場を押し下げた。 フランスのCAC40指数は0.12%上昇。10日の大 統領選の第1回投票でマクロン氏が首位となった。しかしIfopの予 測によると、24日に実施される決選投票の得票率はマクロン氏が51 %、ルペン氏が49%と接戦が見込まれる...

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。商品株や銀行株が買われたのが相場を押し上げた。

欧州株式市場=反発、商品関連株が上昇 仏大統領選に注目

欧州株式市場は反発して取引を終えた。銀 行株と商品関連株の上昇が相場を押し上げた。投資家は今週末のフラン ス大統領選を巡り、極右政党、国民連合(RN)のルペン候補と現職の マクロン候補の接戦の行方に注目している。  STOXX欧州600種銀行株指数は2.22%、石油・ ガス株指数は3.36%、資源株指数は1.98%それ ぞれ上昇し、相場をけん引した。 STOXX欧州600種指数はほぼ全ての主要セクターが プラスとなった。週間ベースで0.57%上昇し、うちヘルスケア指数 が6.18%と最も好調だった。 8日の個別銘柄では、イタリア第3位の...

仏クレディ・アグリコル、ロシアのサービス停止 ウクライナ行員支援

フランスの大手銀行クレディ・アグリコルは22日、ロシアでの全サービスを停止したと発表した。ウクライナ侵攻以来、主要銀行がロシアから撤退する動きに歩調を合わせた形。

米欧の銀行株急落、ロシアとの関係断つ動き広がる

米欧の株式市場で7日、銀行株が大きく売り込まれた。ロシアのウクライナ侵攻による景気への悪影響を巡る懸念で米国債利回りが低く抑えられているほか、ロシアとの関係を断つ金融機関が相次いでいることが弱材料となった。

クレディ・アグリコル、ウクライナとロシア債権限定的

仏大手銀行クレディ・アグリコルは、ロシアとウクライナへのエクスポージャーは合計67億ユーロ(72億8000万ドル)と「限られた規模」で、紛争と制裁による配当への影響はないとの見通しを示した。

仏クレディ・アグリコル、1年前倒しで利益目標達成

仏大手銀行クレディ・アグリコルは10日、2022年の利益目標を1年前倒しで達成したと発表した。21年第4・四半期決算は、不良債権関連費用が減少し、事業部門全般に収入が増加したことを受け予想を上回った。同行は25年までの新たな事業戦略を6月22日に発表すると明らかにした。

仏クレディ・アグリコル、1年前倒しで利益目標達成

仏大手銀行クレディ・アグリコルは10日、2021年の調整後純利益が約54億ユーロとなり、22年の目標の50億ユーロを1年前倒しで達成したと発表した。

蘭ING、仏リテール部門から撤退発表 社員460人に影響か

オランダの銀行大手INGグループは21日、フランスのリテールバンキング業務から撤退すると発表した。これにより、従業員460人が影響を受ける可能性がある。ホールセールバンキング部門は営業を継続する。

クレディ・アグリコル、第3四半期は予想上回る増益 資本市場部門低迷

フランスの銀行大手クレディ・アグリコルが10日発表した第3・四半期決算は、市場予想を上回った。

仏ソジェン、第3四半期利益は予想超え CFO交代も発表

仏銀行大手ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)が4日発表した第3・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。法人部門や投資銀行部門が好調だったほか、不良債権の縮小が寄与した。また、新しい最高財務責任者(CFO)も発表した。

焦点:世界のESG債発行、1-9月期に過去最高の7776億ドル

リフィニティブのデータによると、環境改善や社会貢献などの事業に資金の用途が限定されるESG(環境・社会・統治)債の発行は今年1-9月に世界全体で前年同期比57%増えて7776億ドルとなり、過去最高を更新した。気候変動リスクや社会格差に対処する投資への需要が高まった。

仏クレディ・アグリコル、第2四半期は大幅増益 貸倒引当金が減少

フランスの銀行大手クレディ・アグリコルが5日発表した第2・四半期決算は、大幅な増益となった。政府の経済対策で景気が回復し、新型コロナウイルス関連の貸倒引当金が減少した。

仏ソジェン、通期予想を上方修正 第2四半期は黒字転換

貸倒引当金を反映する「コスト・オブ・リスク」は今年、20ー25ベーシスポイント(bp)になる見通し。従来予想は30ー35bpだった。

伊銀モンテ・パスキ、コア資本比率マイナスも=EU健全性審査

欧州連合(EU)の欧州銀行監督機構(EBA)が域内銀行に実施したストレステスト(健全性審査)で、イタリアの銀行、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)のコア資本比率がマイナスに陥る可能性があることが分かった。長期的な経営難が要因という。

伊銀モンテ・パスキ、コア資本比率マイナスも=EU健全性審査

欧州連合(EU)の欧州銀行監督機構(EBA)が域内銀行に実施したストレステスト(健全性審査)で、イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)のコア資本比率がマイナスに陥る可能性があることが分かった。長期的な経営難が要因という。

EU、野村やJPモルガンなど8社の復興債引受シ団除外を解除

欧州連合(EU)の幹部は18日、「復興基金債」の引受シンジケート団から一時的に除外していた野村ホールディングスやJPモルガン・チェースなどの金融機関10社について、うち8社はこれからの発行分には参加が可能になると明らかにした。

仏クレディ・アグリコル、第1四半期は64%増益 貸倒引当金が減少

フランスの銀行大手クレディ・アグリコルが7日発表した第1・四半期決算は純利益が64%急増した。新型コロナウイルス関連の貸倒引当金の減少や資本市場の活況が寄与した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up