for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カーディナル・ヘルス・インク

CAH.N

現在値

51.55USD

変化

-1.02(-1.94%)

出来高

1,071,676

本日のレンジ

51.01

 - 

52.32

52週レンジ

44.71

 - 

62.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
52.57
始値
52.00
出来高
1,071,676
3か月平均出来高
51.89
高値
52.32
安値
51.01
52週高値
62.94
52週安値
44.71
発行済株式数
290.44
時価総額
15,268.50
予想PER
9.11
配当利回り
3.73

次のエベント

Dividend For CAH.N - 0.4908 USD

適時開示

その他

Drug Distributors Announce Proposed Opioid Settlement Will Proceed To Next Phase

NRx Pharmaceuticals To Work With Cardinal Health To Ensure Efficient Distribution Of Potential Therapies

Cardinal Health Issued Voluntary Medical Device Correction Notice On June 16, 2021 For Argyle Uvc Insertion Tray Containing Safety Scalpel N11

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カーディナル・ヘルス・インクとは

カーディナル・ヘルス(Cardinal Health Inc)は、ヘルスケアサービスおよび製品の会社である。【事業内容】医薬品と医療の2つのセグメントで事業を展開する。医薬品セグメントは、ブランド医薬品およびジェネリック医薬品、特殊医薬品、市販のヘルスケアおよび消費者向け製品を販売する。このセグメントはまた、特殊医薬品の製薬会社およびヘルスケアプロバイダーにサービスを提供する。核薬局と放射性医薬品製造施設を運営する。病院に薬局管理サービスを提供する。ジェネリック医薬品と市販のヘルスケア製品を再パッケージ化する。医療セグメントは、米国、カナダ、ヨーロッパ、アジア、およびその他の市場で販売されているさまざまな医療、外科、および実験用製品を製造、調達、および販売する。このセグメントはまた、さまざまなナショナルブランド製品を配布し、病院やその他の医療提供者にサプライチェーンサービスとソリューションを提供する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

7000 Cardinal Pl

DUBLIN, OH

43017-1091

United States

+1.614.7573033

https://www.cardinalhealth.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Gregory B. Kenny

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Michael C. Kaufmann

Chief Executive Officer, Director

Jason M. Hollar

Chief Financial Officer

Victor L. Crawford

Chief Executive Officer - Pharmaceutical Segment

Stephen M. Mason

Chief Executive Officer - Medical Segment

統計

2.87 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

145.5K

2020

152.9K

2021

162.5K

2022(E)

173.4K
EPS (USD)

2019

5.280

2020

5.450

2021

5.570

2022(E)

5.770
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.42
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.09
株価純資産倍率(四半期)
8.54
株価キャッシュフロー倍率
10.60
総負債/総資本(四半期)
348.19
長期負債/資本(四半期)
299.55
投資利益率(過去12カ月)
3.60
自己資本利益率(過去12カ月)
1.44

最新ニュース

最新ニュース

米オピオイド訴訟、州司法長官が合計260億ドルの和解案公表

医療用麻薬「オピオイド」を含む鎮痛剤の中毒問題を巡る米国の訴訟で、州司法長官らは21日、医薬品卸売会社3社と製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が合計260億ドルを支払う和解案を発表した。

米薬品卸売3社、11.8億ドル支払いでNY州と和解 オピオイド訴訟

米ニューヨーク州司法長官は20日、医療用麻薬「オピオイド」を含む鎮痛剤の中毒問題を巡る訴訟で、医薬品卸売大手3社が最大11億8000万ドル支払い、同州および同州ナッソー、サフォーク両郡と和解することで合意したと発表した。

米J&J、オピオイド問題でNY州に和解金2億6300万ドル

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は26日、医療用麻薬「オピオイド」の中毒問題を巡り、ニューヨーク州と同州の2つの郡と和解し、2億6300万ドルを支払うことで合意したと発表した。

アマゾン、米国でオンライン薬局 プライム会員に割引

米アマゾン・ドット・コムは17日、米国内で処方箋薬を配送するオンライン薬局を立ち上げると発表した。ドラッグチェーンのウォルグリーン・ブーツ・アライアンス<WBA.O>、CVSヘルス<CVS.N>、ウォルマート<WMT.N>などと競合する。

米州当局、オピオイド訴訟和解へ4社に総額264億ドル要求=WSJ

米国で社会問題になっている麻薬入り医療用鎮痛剤「オピオイド」中毒を巡る訴訟で、約12の州が和解に向けてジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>と医薬品卸大手3社に総額264億ドルの支払いを求めている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が18日、関係筋の話として報じた。

NY市場サマリー(11日)=米株まちまち、ドル上昇

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが上昇。株式が買われ、国債が売られるリスク相場の中でも、安全資産とされるドルが買われた。

米株まちまち、コロナ第2波巡る警戒感と経済再開への期待が交錯

米国株式市場はS&P500<.SPX>が小幅続伸。ダウ平均<.DJI>は反落した。新型コロナウイルス感染の第2波を巡る警戒感と経済活動再開への期待が入り交じる展開となった。

米オピオイド訴訟で大手4社が2.6億ドルで和解、審理取りやめ

米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、医薬関連大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。これによりオハイオ州クリーブランド連邦地裁で21日に開始される予定だった審理は取りやめになった。

米オピオイド訴訟で大手4社が2.6億ドルで和解、連邦地裁の審理取りやめ

米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、製薬会社大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。これによりオハイオ州クリーブランド連邦地裁で21日に開始される予定だった審理は取りやめになった。

製薬・卸売の5社、オピオイド訴訟で総額500億ドルの和解提案

米国のオピオイド中毒訴訟の和解に向けて、医薬品メーカーと卸売り計5社が、現金計220億ドルの支払いと280億ドル相当の医薬品と医療サービスの提供を申し出ている。事情に詳しい関係筋2人が16日、ロイターに明らかにした。

米地裁、10月21日にオピオイド中毒巡る審理決定 和解勧告も

処方鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、米オハイオ州北部地区の連邦地裁は3日、米製薬大手パーデュー・ファーマら被告側による手続き無効の申し立てを棄却し、10月21日に審理を行うことを決定した。同時に双方に和解勧告も提案した。

オピオイド危機対処で進展、製薬大手の責任追及へ=米大統領

トランプ米大統領は24日、医療用鎮痛剤「オピオイド」の乱用問題への対処で進展していると強調し、製薬大手の責任を追及すると表明した。

NY市場サマリー(2日)

<為替> ニューヨーク外為市場では、英国のメイ首相が欧州連合(EU)に離脱交渉期限の延長を要請することを明らかにしたことを受け、英ポンドが上昇した。

米株は上昇一服、ダウ79ドル安 ウォルグリーン急落

米国株式市場は前日までの上げが一服する中、ダウ平均株価<.DJI>が79ドル下落したほか、ナスダックは小幅高、S&P総合500種はほぼ横ばいで取引を終了した。ドラッグストアチェーン大手、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス<WBA.O>が急落し相場の重しとなった。この日発表された経済指標は景気減速懸念を和らげるには至らなかった。

EXCLUSIVE-テバの「エピペン」後発薬、米国で品薄 認可から5カ月

イスラエルのジェネリック医薬品(後発薬)大手テバ・ファーマスーティカル・インダストリーズが製造する「エピペン」のジェネリック(後発医薬品)は、米国での販売認可が5カ月前におりたが、米国内の大手薬局で入手困難な状態となっている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up