for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カールスバーグ

CARLb.CO

現在値

904.20DKK

変化

6.60(+0.74%)

出来高

151,311

本日のレンジ

890.80

 - 

907.40

52週レンジ

769.40

 - 

1,190.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
897.60
始値
903.00
出来高
151,311
3か月平均出来高
5.07
高値
907.40
安値
890.80
52週高値
1,190.50
52週安値
769.40
発行済株式数
138.49
時価総額
131,792.50
予想PER
19.02
配当利回り
2.67

次のエベント

Carlsberg A/S at UBS Sustainable Finance Conference

適時開示

その他

Carlsberg CFO Resigns

Carlsberg Makes Bio-Based And Fully Recyclable Bottles Available To Consumers In Its Largest Ever Trial

Carlsberg Q1 Reported Revenue Growth of 26.5% To DKK 14.9 Bln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カールスバーグとは

カールスバーグ(Carlsberg A/S)は、デンマークを拠点とする醸造業を行う会社である。【事業内容】主にビールやソフトドリンクの製造、販売、販売を行う。ビールポートフォリオは、コアビールブランド、クラフトとスペシャリティブランド、アルコールフリーのビールにまたがる。その事業は、西ヨーロッパ、アジア、東ヨーロッパと中央ヨーロッパの地理的セグメントに分かれる。また、ライセンス事業および輸出を通じて、醸造所を運営していない多くの市場に存在する。

業種

Beverages (Alcoholic)

連絡先

J.C. Jacobsens Gade 1, Copenhagen V

1799

Denmark

+45.null.33210112

https://carlsberggroup.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Cees 't Hart

Chief Executive Officer, Member of the Executive Committee, Member of the Executive Board

Henrik Poulsen

Independent Deputy Chairman of the Supervisory Board

Heine Dalsgaard

Chief Financial Officer, Member of the Executive Committee

Joris Huijsmans

Chief Human Resource Officer, Member of the Executive Committee

Soren Brinck

Executive Vice President - Group Strategy and Digital, Member of the Executive Committee

統計

2.25 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, DKK)

2019

65.9K

2020

58.5K

2021

66.6K

2022(E)

67.3K
EPS (DKK)

2019

41.000

2020

43.600

2021

48.300

2022(E)

47.142
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.91
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.98
株価純資産倍率(四半期)
2.90
株価キャッシュフロー倍率
10.44
総負債/総資本(四半期)
65.82
長期負債/資本(四半期)
51.79
投資利益率(過去12カ月)
9.73
自己資本利益率(過去12カ月)
6.53

最新ニュース

最新ニュース

シーメンス、ロシア市場撤退へ 1─3月期に6億ユーロの損失計上

独エンジニアリング・グループのシーメンスは12日、ウクライナ侵攻を理由にロシア市場から撤退すると発表した。第2・四半期(1─3月)に6億ユーロ(6億3018万ドル)の損失を計上した。

ABインベブ、ロシア合弁の持ち分売却へ 特損11億ドル

世界最大のビール会社アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は22日、ロシアの合弁会社ABインベブ・エフェスの持ち分を売却すると明らかにした。これに伴い第1・四半期に11億ドルの特別損失を計上する。

カールスバーグ、14億ドルの評価損計上へ ロシア事業売却決定で

デンマークのビール大手カールスバーグは21日、ロシア事業売却決定により、約95億デンマーククローネ(13億9000万ドル)の評価損を計上する見通しだと発表した。

欧州株式市場=続伸、ロシアとウクライナの停戦協議進展の兆しで

欧州株式市場は3営業日続伸して取引を 終えた。ロシアとウクライナの停戦に向けた協議で具体的な進展が見ら れたことが投資家心理を明るくし、アジア市場やウォール街の上昇に続 いた。 債券の売りが続く中、STOXX欧州600種指数は1カ 月超ぶりの高値を付けた。 自動車・部品株指数は5.85%、銀行株指数は3 .80%それぞれ上昇した。 29日にロシアは信頼関係構築の第一歩としてウクライナの首都キ エフと同国北部周辺の軍事作戦を縮小することを約束。約5週続いてき た紛争の解決に向けて提示された中で最も具体的な方法となり、ウクラ イナは中立的な...

欧州市場サマリー(28日)

<ロンドン株式市場> 週明けロンドン株式市場は反落 して取引を終えた。原油価格の下落を背景にエネルギー株が売られたのが相場を押し下げ た。 石油大手のBP、シェルはそれぞれ2.8%、2.3%下落した。新 型コロナウイルス感染者の増加を受けて中国の上海市でロックダウン(都市封鎖)が始ま ったことから燃料需要減少への懸念が広がり、原油価格が値下がりした。 一方、ポンドの下落が好感されて生活必需品株が買われたため、相場の下げ幅は限ら れた。英日用品のユニリーバ、レキット・ベンキーザーはそれぞれ1. 2%、2.9%上げた。 投資家は、対面形式で...

UPDATE 1-欧州株式市場=続伸、自動車株が押し上げ 石油株は下落

(表を追加しました) [28日 ロイター] - 週明けの欧州株式市場は続伸して取引を 終えた。ロシアとウクライナの和平合意への期待感から投資家心理が改 善し、自動車株やディフェンシブ銘柄が買われたのが相場を押し上げた 。一方、原油価格が下落したことで石油株は下げた。 STOXX欧州600種自動車・部品株指数は0.76% 上昇。ともに景気循環銘柄で構成する公益事業株指数は1.0 1%高、建設・資材株指数は0.50%上げた。 エクイティ・キャピタルの首席マクロエコノミスト、スチュアート ・コール氏は「債券市場は現在、投資家からいくらか危険と...

欧州株式市場=続伸、自動車株が押し上げ 石油株は下落

週明けの欧州株式市場は続伸して取引を終えた。ロシアとウクライナの和平合意への期待感から投資家心理が改善し、自動車株やディフェンシブ銘柄が買われたのが相場を押し上げた。一方、原油価格が下落したことで石油株は下げた。

ハイネケン、ロシア撤退へ 費用4億ユーロの見通し

オランダのビール大手ハイネケンは28日、ロシア事業からの撤退を決めたと発表した。4億ユーロ(4億3800万ドル)の費用がかかる見通し。

ABインベブ、ロシアでバドワイザー販売停止目指す

ビール大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は11日、ロシアでバドワイザーの販売停止を目指す方針を示した。ロシアの合弁事業で得られる金銭的な利益を全て失う見通しという。

欧州市場サマリー(10日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。時価総 額の大きい銀行株や石油株が売られて、相場を押し下げた。 資源大手のリオ・ティントは4.7%安。資源大手として初めて、ロシア企 業との全ての商業的関係を終了すると発表したほか、配当落ちしたことも嫌気された。 石油大手のシェル、BPはそれぞれ2.4%、2.2%下落。シェル は、ロシアからの撤退でさらなる評価損に直面していると明らかにしたことが売り材料だ った。 金融大手HSBC、保険大手プルーデンシャルはそれぞれ2.8% 、3.5%下げた。銀行株は、英国の短期債や長期債利回りの低下が重しとなった...

欧州株式市場=反落、予想に反するECBの緩和策終了前倒しで

欧州株式市場は反落して取引を終えた。 市場の予想に反し、欧州中央銀行(ECB)が新型コロナウイルスのパ ンデミック(世界的大流行)対策の量的緩和策終了を前倒しすると発表 したのが売りを誘った。 ユーロ圏の主要銘柄が対象のユーロSTOXX指数は2 .50%安。DJユーロSTOXX50種指数は3.04 %下げた。 ロシアのウクライナ侵攻による経済的影響が懸念されているものの 、ECBはインフレ高進を受け、予想されていたより早い今年第3・四 半期に資産買い入れ策を終える方針を示した。ユーロ圏の債券利回りは 急騰し、STOXXユーロ圏銀行株指数...

ロシア事業の縮小・停止相次ぐ、ネスレやフィリップ・モリスなど

ウクライナ侵攻を受けて多国籍企業がロシア事業を修正する動きは9日も続き、食品大手ネスレやたばこ大手フィリップ・モリスが事業の縮小や停止を発表した。ロシアによる侵攻に反対する立場を明確にするよう求める消費者からの圧力が強まっている。

ウクライナ進出企業の事業停止相次ぐ、資源供給に不安も

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ウクライナに進出している企業の間で操業停止などの動きが広がっている。一方、ロシア事業を持つ企業は、米欧日など西側諸国が発表したロシアに対する制裁の影響を見極めるともに、より詳細な情報を待っている。

国際企業各社、ウクライナでの事業停止 一段の対ロ制裁に身構え

デンマークのビール大手カールスバーグや清涼飲料ボトラーのコカ・コーラHBCなど国際企業各社が、ウクライナでの事業を停止した。ロシアによるウクライナ侵攻を受け、西側諸国による一段の対ロ制裁に備える動きが出ている。

欧州株式市場=反発、資源株上昇や好決算で

- 週明けの欧州株式市場は反発して取引を終 えた。資源株の上昇や好決算が金融引き締めや地政学的緊迫への懸念を 後退させた。 STOXX欧州600種指数は週間ペースで前週まで5週 連続で下落している。 資源株指数は1.72%上昇した。主要な商品輸入国であ る中国の前向きなコメントで需要への期待感が高まり、金属価格が上が ったのが要因。 JFDグループのリサーチ部門責任者シャラランボス・ピスーラス 氏は、欧州中央銀行(ECB)が「結局、2022年に利上げを決定す る可能性がある。(ECB総裁の)ラガルド氏や当局者は以前の発言で 今年の利上げはないと...

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。銀行株が 売られて相場の重しとなった。中型株で構成するFTSE250種指数も1.1 6%下落した。 ただ、週間ではFTSE100種は0.67%高と3週ぶりに上昇。中型株 は0.32%上げて、5週ぶりにプラスとなった。 4日は、FTSE350種銀行株指数が1.22%下落。イングラン ド銀行(英中央銀行)による利上げを背景に前日まで上昇していた反動で売り注文が優勢 となった。週間では2.44%上げた。 フォート・セキュリティーズのセールストレーダー、キース・テンパートン氏は「経 済が弱体化する中での...

欧州株式市場=続落、排ガス規制強化懸念で自動車・部品株下落

- 欧州株式市場は続落して取引を終えた。自 動車・部品株は排ガス試験の強化の報道を受けて1カ月ぶりの安値を記 録したほか、欧州中央銀行(ECB)のタカ派的な姿勢が引き続き市場 を揺さぶった。 STOXX欧州600種指数は週間ベースでは0.73% 下落した。 自動車・部品株指数は4日に3.19%下落。欧州連合( EU)がプラグインハイブリッド車の二酸化炭素排出量の測定方法を厳 しくする計画をロイターが報じたことが背景にある。自動車メーカーは 排出目標を達成するため、より多くのバッテリー駆動車の販売増が求め られることになる。 1月の米雇用統計...

インド競争当局、価格カルテルでビール2社に罰金

インド競争委員会(CCI)は24日、国内のビール価格に関するカルテルを結んでいたとして、オランダの大手ハイネケン傘下のユナイテッド・ブリュワリーズと、デンマーク大手カールスバーグのインド現地法人に罰金を科した。

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。石油事 業の売却が懸念材料となった英豪系資源大手BHPグループの値下がりが全体の重しとな った。 BHPは5.9%安だった。石油事業を豪石油・天然ガス大手ウッドサイド ・ペトロリアムに売却する取引への期待感から当初は過去最高値を付けたものの 、その後反落した。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.60%上昇し、過去最高値を 付けた。英国の7月の消費者物価指数(CPI)が予想以上に縮小し、イングランド銀行 (英中央銀行)の目標である2.0%と一致した。統計を受け中銀の金融引き締めへの懸 念...

欧州株式市場=小幅続伸、ディフェンシブ株買われる

欧州株式市場は小幅に続伸して取引を終 えた。新型コロナウイルス感染が世界的に急増する中、景気循環株が売 られる一方で公益事業やヘルスケア株などのディフェンシブ銘柄が買わ れた。 STOXX欧州600種自動車・部品株指数と資源株指数< .SXPP>が最大の押し下げ要因だった。 一方、ヘルスケア株指数や公益事業株指数など、景 気に先行き不透明感がある際に安全な投資先と見なされる部門が値を上 げた。旅行・娯楽関連株指数も上昇し、週初めの落ち込みを一 部取り戻した。 7月の英消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.0%上昇した 。伸び率は前月から...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up