for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Carrefour SA

CARR.PA

現在値

13.64EUR

変化

0.30(+2.25%)

出来高

2,519,056

本日のレンジ

13.35

 - 

13.76

52週レンジ

12.10

 - 

16.91

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
13.34
始値
13.38
出来高
2,519,056
3か月平均出来高
56.81
高値
13.76
安値
13.35
52週高値
16.91
52週安値
12.10
発行済株式数
808.17
時価総額
10,907.10
予想PER
10.91
配当利回り
1.72

次のエベント

Q3 2020 Carrefour SA Corporate Sales Release

適時開示

その他

Supermarket retailer Carrefour signs E-commerce deal with Food-X Technologies

Credit Agricole CIB successfully places 3.1% of Carrefour's shares

Carrefour AEO Bookrunner Says Price Guidance Of 13.80 Euros - €13.90 Euros

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Carrefour SAとは

カルフール(Carrefour SA)は、小売流通業を行うフランスを拠点とする会社である。【事業内容】フランス、その他のヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジアの4つの地域別セグメントで構成される。世界中の30か国以上で12000以上の店舗及び電子商取引サイトを運営する。店舗には、ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、キャッシュ・キャリーストア、ハイパーキャッシュストア、ドライブ及び電子商取引等の形式とチャネルがある。製品には、地元の食材、現地で調理された肉、魚及びベーカリー製品、消費財、非食品製品等が含まれる。また、パッケージの受け取り、キーのコピー、車のレンタル、薬局と健康・美容ケア、燃料油の配達、金融及び保険サービス等の補足サービス、並びに旅行代理店、ショーのチケットの提供、写真サービス等のレジャーサービスも提供する。

業種

Retail (Grocery)

連絡先

93 Avenue de Paris

91300

France

+33.1.64505000

http://www.carrefour.com

エグゼクティブリーダーシップ

Alexandre Bompard

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Chairman of the Executive Committee

Matthieu Malige

Member of the Group Executive Committee, Chief Financial Officer

Jerome Nanty

Member of the Group Executive Committee, Executive Director, Human Resources and Assets for the Group and France

Laurent Vallee

Member of the Group Executive Committee, General Secretary

Rami Baitieh

Member of the Group Executive Committee, Executive Director - Spain

統計

1.91 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

78.9K

2018

76.0K

2019

72.4K

2020(E)

71.8K
EPS (EUR)

2017

1.020

2018

1.040

2019

1.140

2020(E)

1.220
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.31
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.15
株価純資産倍率(四半期)
1.16
株価キャッシュフロー倍率
3.67
総負債/総資本(四半期)
183.78
長期負債/資本(四半期)
118.77
投資利益率(過去12カ月)
2.61
自己資本利益率(過去12カ月)
1.31

最新ニュース

最新ニュース

仏小売売上高、3月は前月比24%減=中銀

フランス中央銀行が15日公表した統計によると、3月の小売売上高は前月比24%減となった。新型コロナウイルス感染拡大を抑えるための都市封鎖(ロックダウン)で多くの店舗が閉鎖された影響がみられた。

コラム:出前サービスが生鮮食品も配達、新型コロナ生き残り策

最高の料理は、裏メニューに隠れていることがある。出前サービスの英デリバルーや米配車大手ウーバー<UBER.N>傘下のウーバーイーツは、新型コロナウイルスの世界的流行で取引先の飲食店が苦境にあえぐ中、抜け道を探ろうとしている。自宅待機している顧客に対し、料理だけでなく生鮮食品や食品雑貨を届けることで生き残りを図ろうというのだ。

料理宅配大手が食品雑貨に配達拡大 コロナの在宅需要で

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>傘下の料理宅配ウーバーイーツや、同様の事業をドイツを拠点にオンライン展開するデリバリー・ヒーロー<DHER.DE>は、食料雑貨配達に事業を広げている。新型コロナウイルスの感染拡大による外出制限などで、在宅を強いられる顧客に対応する。

米インスタカートやアマゾン従業員がスト、新型コロナ巡り不安訴え

米食品宅配オンラインサービスのインスタカートやインターネット通販大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の従業員が30日、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、労働環境の安全性や賃金への懸念を訴え、ストライキを実施した。

米インスタカートやアマゾン従業員がスト、新型コロナ巡り不安訴え

米食品宅配オンラインサービスのインスタカートやインターネット通販大手アマゾン・ドット・コムの従業員が30日、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、労働環境の安全性や賃金への懸念を訴え、ストライキを実施した。

今年の仏オンライン支出、1000億ユーロ突破へ=業界団体

フランスの通信販売事業者協会(FEVAD)は、2019年の同国におけるオンラインショッピングの支出額が1000億ユーロ超となり、前年比で少なくとも8%増加するとの予想を示した。

ファッション大手、G7サミットに環境保護対策を提出へ

大手ファッションメーカー32社は23日、今週開幕する7カ国(G7)首脳会議(サミット)に提出する環境保護対策に署名したことを明らかにした。

欧州市場サマリー(27日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。米中貿易摩擦を巡る先行き不透明感が重しとなった。鉱山の崩壊事故が不安視されたスイスの商品取引・資源大手グレンコアも相場を押し下げた。

ロンドン株式市場=続落、米中貿易摩擦の先行き不透明感で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7402.33 -14.06 -0.19 7416.39 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。米中貿易摩擦を巡る先行き不透明感が重 しとなった。鉱山の崩壊事故が不安視されたスイスの商品取引・資源大手グレンコア<GLE N.L>も相場を押し下げた。 20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を控え、米中が暫定的な貿易戦争の 停戦で合意したと香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが伝え、相場は当初上昇し た。その後、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが、通商合意...

欧州市場サマリー(25日)

<ロンドン株式市場> 小幅続伸して取引を終えた。米国がイランへの経済制裁を強 化したことや、米中首脳会談を控えていることで市場は神経質になっているものの、鉱業 や石油株が買われて相場を下支えした。 チリの主要な鉱山でストライキが起きたことで、供給が逼迫するとの見方から銅が値 を上げた。FTSE350種鉱業株指数は0.46%上昇した。米原油在庫 の統計発表を控え、石油株も買われた。 トランプ米大統領がイランの最高指導者ハメネイ師やその他高官に経済制裁を科すこ とを決めたことで中東の地政学的緊張感が高まった。これを受け株価は大半の取引時間中...

欧州株式市場=3営業日続落、米・イランの緊張激化を不安視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 383.40 -0.39 -0.10 383.79 種 FTSEユーロファー 1509.95 -1.79 -0.12 1511.74 スト300種 DJユーロSTOXX 3444.36 -11.21 -0.32 3455.57 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は3営業日続落して取引を終えた。米国とイランの緊張感が高まってい ることや、米中首脳会談への不安が相場の重しとなっている。 今週末開かれる米中通商協議を控えて相場は抑制されてきた。さらに、トランプ...

欧州市場サマリー(23日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。世界 経済への懸念が再燃し、相場の重しとなった。ポンド高も国際的な銘柄の押し下げ要因と なった。 トランプ米大統領が、中国と翌週に予定している閣僚級の通商協議に先立って中国側 から提案された実務者協議の開催を断ったとするフィナンシャル・タイムズの報道で、米 中摩擦が再び不安視された。米国の緩慢な中古住宅販売と日本の輸出の予想を上回る落ち 込み、カナダの軟調な製造業売上高の統計も市場心理悪化の原因だった。 英国が合意なしに欧州連合(EU)を離脱することを回避する案を英最大野党・労働 党が支持するとの...

欧州株式市場=まちまち、軟調な業績発表で世界経済鈍化と米中摩擦を意識

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 354.89 -0.20 -0.06 355.09 種 FTSEユーロファー 1393.93 -0.93 -0.07 1394.86 スト300種 DJユーロSTOXX 3112.13 -0.67 -0.02 3112.80 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は不安定な相場展開の末、まちまちで取引を終えた。軟調な業績発表を 受け、世界経済の成長鈍化と米中貿易摩擦が改めて意識された。 フランスの決済端末大手インジェニコは13.6%急落し、6年ぶりの安...

仏「黄色いベスト」運動が企業業績圧迫、小売りや観光に打撃

フランスで政権に抗議する「黄色いベスト」運動のデモなどの影響で、企業の業績が圧迫されている。今週発表された企業2社の業績見通しだけでも、抗議運動は合計で約6000万ユーロ(6900万ドル)の減収要因となっている。

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米中通商協議への期待で市場心理が 好転したほか、年末商戦の売り上げが好調だった小売り最大手テスコが買われた 。FTSE100種は取引時間中、2018年12月13日以来、約1カ月ぶりの高値を つけた。中型株で構成するFTSE250種は1.11%上昇し、12月5日以 来の高値となった。 中国へのエクスポージャーが高い銘柄が買われた。金融大手HSBCは1. 1%、スタンダード・チャータード銀行(スタンチャート)は3.1%、保険大 手プルーデンシャルは2.2%それぞれ値を上げた。 ただ英国の欧州連合(...

欧州株式市場=上昇、米中通商協議への期待で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 345.85 +2.97 +0.87 342.88 種 FTSEユーロファー 1361.85 +10.97 +0.81 1350.88 スト300種 DJユーロSTOXX 3054.94 +21.30 +0.70 3033.64 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は上昇して取引を終えた。米中通商協議で打開策が見出されるとの期待 からSTOXX欧州600種指数は3週間超ぶりの高値を付けた。 輸出銘柄が多いドイツのクセトラDAX指数は0.52%上昇した...

仏大統領、デモ受け最低賃金引き上げなど発表 改革路線は堅持

フランスのマクロン大統領は10日、政権に反発する抗議デモの激化後、初めてのテレビ演説を行い、最低賃金の引き上げや年金生活者を対象とした減税などの対策を発表し、事態の沈静化に努めた。

仏大統領、最低賃金引き上げなど発表 デモ激化後初のテレビ演説

フランスのマクロン大統領は10日、政権に反発する抗議デモの激化後、初めてのテレビ演説を行い、最低賃金の引き上げや年金生活者を対象とした減税などの対策を発表し、事態の沈静化に努めた。

フランス抗議デモ、国内経済に深刻な影響及ぼす見通し=財務相

フランスのルメール財務相は9日、燃料税引き上げへの抗議に端を発した「黄色いベスト」運動について、国内経済に深刻な影響を与えるとの見通しを示した。

欧州市場サマリー(18日)

ドイツのセメントメーカー、ハイデルベルグセメント<HEIG.DE>が利益見通しを引き下げたことで資材株が売られ、アイルランドの建材大手CRH<CRH.I>が4.1%下落した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up