for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Carrefour SA

CARR.PA

現在値

16.55EUR

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

13.85

 - 

21.37

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
16.55
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
44.97
高値
--
安値
--
52週高値
21.37
52週安値
13.85
発行済株式数
730.61
時価総額
12,364.34
予想PER
10.79
配当利回り
3.12

次のエベント

Full Year 2022 Carrefour SA Earnings Release

適時開示

その他

Carrefour Partners With Goggo Network On Autonomous Delivery

Carrefour CEO: Our geographic footprint is the right one

Carrefour strategy plan to 2026 to allow sustained growth in recurring operating income - CEO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Carrefour SAとは

カルフール(Carrefour SA)は、小売流通業を行うフランスを拠点とする会社である。【事業内容】フランス、その他のヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジアの4つの地域別セグメントで構成される。世界中の30か国以上で12000以上の店舗及び電子商取引サイトを運営する。店舗には、ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、キャッシュ・キャリーストア、ハイパーキャッシュストア、ドライブ及び電子商取引等の形式とチャネルがある。製品には、地元の食材、現地で調理された肉、魚及びベーカリー製品、消費財、非食品製品等が含まれる。また、パッケージの受け取り、キーのコピー、車のレンタル、薬局と健康・美容ケア、燃料油の配達、金融及び保険サービス等の補足サービス、並びに旅行代理店、ショーのチケットの提供、写真サービス等のレジャーサービスも提供する。

業種

Retail (Grocery)

連絡先

93 Avenue de Paris

91300

France

+33.1.64505000

https://www.carrefour.com/en/

エグゼクティブリーダーシップ

Alexandre Bompard

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Philippe Houze

Vice Chairman of the Board

Matthieu Malige

Member of the Group Executive Committee, Chief Financial Officer

Jerome Nanty

Member of the Group Executive Committee, Executive Director, Human Resources and Assets for the Group and France

Laurent Vallee

Member of the Group Executive Committee, General Secretary

統計

2.10 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

72.4K

2020

70.7K

2021

73.0K

2022(E)

82.8K
EPS (EUR)

2019

1.140

2020

1.260

2021

1.470

2022(E)

1.537
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.78
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.16
株価純資産倍率(四半期)
1.21
株価キャッシュフロー倍率
3.54
総負債/総資本(四半期)
191.03
長期負債/資本(四半期)
119.07
投資利益率(過去12カ月)
4.90
自己資本利益率(過去12カ月)
2.51

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(22日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。生活費 危機の悪化や、それに対処するための主要中央銀行による積極的な利上げへの懸念から売 り注文が優勢となった。 中型株で構成するFTSE250種指数は1.95%下落し、約1カ月ぶり の安値水準となった。特に航空、工業、住宅建設、小売株が低調だった。 FTSE100種も下げて引けたが、英ポンドの下落を好感した買いに下支 えされたため下げ幅は限られた。 主要な中央銀行がタカ派的な姿勢を示していることや、欧州でのエネルギー価格高騰 、英国のコンテナ港での労働者による8日間のストライキ実施などさまざまな...

再送-欧州株式市場=続落、3週間超ぶり安値 ガス供給懸念で

(誤字を修正して再送します) [22日 ロイター] - 週明けの欧州株式市場は続落して取引を 終えた。ロシア産ガス供給の逼迫懸念や欧州中央銀行(ECB)当局者 のタカ派的発言、弱い経済見通しが売り材料となった。STOXX欧州 600種指数は7月28日以来の安値を付けた。 ロシア国営ガスプロムは19日、今月末から3日間ガス 供給を停止すると発表。冬期に備えて燃料補給に努める欧州への圧力と なっている。 ドイツのガス・電力会社ウニパーは7.7%下落。ウニ パーの親会社のフィンランドの政府系電力大手フォータム も4.4%下げた。 ECB理事会...

仏カルフール、商品100点の価格凍結 インフレ対策

フランスの小売り大手カルフールは、インフレ対策の一環で商品100点の価格を凍結すると発表した。

欧州市場サマリー(6日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米連邦準 備理事会(FRB)が前日公表した昨年12月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要 旨で、利上げに向けたタカ派的な姿勢を示したことを嫌気した世界的な株安の流れを引き 継いだ。 FTSE350種工業株指数、製薬・バイオテクノロジー株指数<.FT NMX201030>がそれぞれ2.60%、1.31%下落し、相場を圧迫した。 昨年12月開催のFOMCで、労働市場が「非常にタイト」で、高インフレによりF RBは予想より早く利上げに踏み切る必要があるとの見解が参加者から示されたことが明 らかとなり...

欧州株式市場=反落、FRBのタカ派的な議事要旨公表で急落

欧州株式市場は反落して取引を終えた。5 日公表された米連邦準備理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FO MC)の昨年12月会合の議事要旨で、労働市場の逼迫とインフレ高進 を受けて予想より早く利上げし、保有資産全体の縮小が必要になる可能 性が示された。このタカ派的な内容により、金利上昇の見込みからテク ノロジー関連株が下落し、STOXX欧州600種指数は前日 の過去最高値から急落した。 テクノロジー株指数は2.36%下落した。利上げが見込 まれる中で、今後の収益性の魅力が薄れたと受け止められた。 OANDAのシニア市場アナリスト、クレイグ・アーラム...

欧州スーパー6社、ブラジル産牛肉の販売中止 アマゾン森林破壊で

欧州のスーパーマーケット6社は15日、アマゾンの森林破壊を理由にブラジル産牛肉の販売を中止すると発表した。

欧州株式市場=横ばい、鉱業・高級品株が重し

欧州株式市場は横ばいで取引を終えた。 鉱業や銀行、高級品株が足を引っ張り、米インフレ率の鈍化による楽観 的な見方は長続きしなかった。 STOXX欧州600種資源株指数は1.94%下落。銀 行株指数は1.07%下がった。 中国での新型コロナウイルス感染拡大への懸念から、フランスの高 級ブランドLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)や ケリング、英高級ブランド会社バーバリー、スイス の高級ブランド、リシュモンは1.6─3.5%下落した。高 級品銘柄が多いフランスのCAC40指数は0.36%下げた 。 8月の米消費者物価指数(CPI)で基調的...

欧州株式市場=反発、石油株や銀行株の上昇で

欧州株式市場は5営業日ぶりに反発し、 取引を終えた。ユーロ圏の力強い経済回復への期待感が世界的な景気減 速リスクを上回り、石油株や銀行株、公益事業銘柄が買われた。 欧州中央銀行(ECB)が先週、今年以降の経済成長率とインフレ 率の予測を引き上げたのを背景に、ユーロ圏経済の新型コロナウイルス 禍からの回復が予想より早まるとの見方が投資家の買い安心感を誘った 。 IGのシニアマーケットアナリスト、ジョシュア・マホニー氏は「 米国市場が経済をリードするのはよくあることだが、新型コロナワクチ ン接種率が高いために死者数を比較的抑えられている欧州...

欧州市場サマリー(6日)

<欧州外為市場> 世界的な景気減速への懸念から安全通貨として のドルに買いが入った。ただ、米金融市場がレーバーデーの祝日で休場 となる中、商いは薄かった。 米労働省が前週3日に発表した8月の雇用統計が予想を大きく下回 ったことで、連邦準備理事会(FRB)が今月の連邦公開市場委員会( FOMC)でタカ派的なスタンスを示すとの観測が後退した。ただアナ リストは、世界的な経済成長が失速しつつあることが改めて示されたと 指摘。ドルに安全買いが入る一方、豪ドルなどのリスク通貨に売りが出 た。 主要6通貨に対するドル指数は0.2%高の92.25。前...

欧州株式市場=上昇、独指標受けハイテク株中心に買い

欧州株式市場は、ドイツの鉱工業受注が予 想に反して増加したことを受けハイテク株を中心に買いが入り、上昇し て終了した。ただ米市場が祝日のため休場となっていることで、商いは 薄かった。  独連邦統計庁が発表した7月の鉱工業受注指数は、季節調整済みで前 月比3.4%上昇。ロイターがまとめたアナリストの予想は同1.0% 低下だった。 これを受け、ドイツのクセトラDAX指数は1.0%上昇 した。 市場は欧州中央銀行(ECB)が週内に開く理事会に注目。ウニク レディトのアナリストは 「ECBは第4・四半期に資産買い入れの縮 小を発表する」との予想...

欧州株式市場=反落、米雇用減速を懸念

欧州株式市場は反落して取引を終えた。減 速した米雇用統計の結果を受けて、米市場に展開する小売りや旅行関連 の株式が売り込まれた。STOXX欧州600種の下落率は約2週間ぶ りの大きさだった。 米雇用統計で非農業部門雇用者数が7カ月ぶりに低い伸びとなり、 世界的に株価が下落した。 STOXX欧州600種小売株指数は0.87%下落。書 籍販売のWHスミスが3.4%下がた。米国で収益の4分の1 以上を稼いでおり、セクターの中で最も不振だった。旅行・娯楽関連株 指数は0.97%下落した。 米雇用統計の鈍化は、感染力が強い新型コロナウイルスのデルタ...

欧州株式市場=続伸、石油株買われる

欧州株式市場は続伸して取引を終えた。経 済成長への期待からエネルギー株が上昇し、全体を押し上げた。 STOXX欧州600種石油・ガス株指数は1.84%上 昇した。景気回復への楽観論や米原油在庫の減少、ドル安により原油価 格が急上昇した。 スウェーデンの希少疾患向け医薬品メーカー、スウェディッシュ・ オーファン・バイオビトラム(SOBI)は25.8%急騰 。米プライベートエクイティ(PE)のアドベント・インターナショナ ルとシンガポール政府系投資会社GICから、買収提案を受けたと発表 した。 旅行・娯楽関連株指数は0.76%上昇。新型コロナウイ...

欧州市場サマリー(1日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を 終えた。旅行や小売株の上昇がけん引した。中型株指数のFTSE25 0種指数は過去最高値を更新した。 FTSE100種の伸び率は3週ぶりの大きさとなった。今年に入 ってから10.67%上昇したが、世界各地での新型コロナウイルス感 染再拡大に伴う世界経済の成長鈍化懸念が足を引っ張っている。 IHSマークイットが発表した8月の英国の製造業購買担当者景気 指数(PMI)改定値は6カ月ぶりの低水準となり、サプライチェーン (供給網)の問題が新型コロナ禍からの回復の重荷となった。 スイスクオートのシニアアナリスト...

欧州株式市場=反発、景気刺激策に期待

欧州株式市場は反発して取引を終えた。景 気刺激策への期待が支えとなり、アジア経済の鈍化への懸念を打ち消し た。投資家の物価上昇への不安も後退した。 STOXX欧州600種小売株指数と旅行・娯楽関連株指 数はともに1.83%上昇し、業種別で上位を占めた。  消費関連セクターは、7月のユーロ圏の失業率が市場予想通りに低下 したことを好感した。 「ザラ」などのブランドを傘下に置くスペインのアパレル大手イン ディテックスは3.1%高。JPモルガンが第2・四半期の決 算が好調との予想を示した。 8月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値...

台湾、コロナ警戒水準を引き上げ 当局は市民に買いだめ控えるよう訴え

台湾は15日、台北市などで新型コロナウイルスの警戒水準を引き上げた。蔡英文総統を含む当局は同日遅くに市民に対し、即席めんやトイレットペーパーなどの買いだめを控えるよう促した。

仏カルフール、ブラジルのグルポBIG買収 13億ドル

フランスの小売り大手カルフールは24日、ブラジルの食品小売り3位のグルポBIGを買収することで合意したと発表した。

加クシュタール、仏政府次第ではカルフール買収再提案も=CEO

カナダのコンビニエンスストア大手アリマンタシオン・クシュタールのブライアン・ハンナッシュ最高経営責任者(CEO)は18日、仏小売大手カルフール買収案への仏政府の反対姿勢が変わるなら、再提案するのに前向きとの立場を表明した。

欧州市場サマリー(18日)

<欧州外為> ドルが3日続伸し4週間ぶりの高値を付けた。リスク回避の動きが強 まり、豪ドルやポンドが下落した。 この日の米国市場は祝日のため休場。20日の大統領就任式を控え、バイデン新政権 の為替に対する姿勢をにらみ、主要通貨はレンジ内で推移している。 トランプ大統領は数年間にわたりドル高に苦言を呈してきたが、米紙ウォール・スト リート・ジャーナル(WSJ)によると、バイデン次期大統領が財務長官に指名したイエ レン連邦準備理事会(FRB)前議長は、19日の上院指名承認公聴会で、市場が決定す る為替レートへのコミットメントを確認するとともに...

欧州株式市場=小反発、ステランティスや高級株が押し上げ

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 408.68 +0.83 +0.20 407.85 FTSEユーロファースト30 1575.71 +1.81 +0.12 1573.90 0種 ユーロSTOXX50種 3602.67 +3.12 +0.09 3599.55 欧州株式市場は小反発。景気回復を巡る懸念から一時下落していた ものの、自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(F CA)とPSAの合併で誕生したステランティスや 高級品株が上昇し、仏小売大手カルフールの下げを補った。 米市場...

加コンビニ大手クシュタール、仏カルフール買収を断念 提携模索へ

カナダのコンビニエンスストア大手アリマンタシオン・クシュタールは仏小売大手カルフールへの買収提案を取り下げた。仏政府が食料安全保障を理由に反対したため。両社は16日に共同発表文を出し、提携を模索する考えを示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up