for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インク

CAT.N

現在値

202.21USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

149.67

 - 

246.58

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
202.21
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
73.74
高値
--
安値
--
52週高値
246.58
52週安値
149.67
発行済株式数
547.47
時価総額
109,850.10
予想PER
19.99
配当利回り
2.21

次のエベント

Q3 2021 Caterpillar Inc Earnings Release

適時開示

その他

Chevron, Caterpillar Announce Collaboration Agreement On Hydrogen

Champion Iron Signs Letter Of Intent With Caterpillar Inc

Caterpillar Exec Says Supply Chain Disruption Was Relatively Modest In Q2 - Conf Call

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インクとは

キャタピラー(Caterpillar Inc.)は、建設・鉱山機械、ディーゼルエンジン、天然ガスエンジン、産業用ガスタービン、ディーゼル電気機関車のメーカーである。【事業内容】セグメントで事業を展開する。建設事業は、インフラストラクチャー、林業、建築物の建設に機械を使用する顧客のサポートに従事する。資源事業は、鉱業、重建設、採石、廃棄物、マテリアルハンドリング用途の機械を使用する顧客のサポートに従事する。エネルギー・輸送事業は、石油・ガス、発電、船舶、鉄道、産業用機械などの分野で顧客をサポートする。金融商品事業は、金融および関連サービスを提供する。その他の事業は、製品管理・開発などの活動や、フィルター・流体、足回り、地上作業用工具、流体移送製品、Cat製品用のシール・接続部品などの製造を行う。

業種

Constr. & Agric. Machinery

連絡先

510 Lake Cook Rd Ste 100

DEERFIELD, IL

60015-4971

United States

+1.224.5514000

https://www.caterpillar.com/en.html

エグゼクティブリーダーシップ

donald James Umpleby

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Joseph E. Creed

Group President

Bob De Lange

Group President

Anthony D. Fassino

Group President

Denise C. Johnson

Group President

統計

2.61 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

54.7K

2019

53.8K

2020

41.7K

2021(E)

49.9K
EPS (USD)

2018

11.220

2019

11.060

2020

6.560

2021(E)

10.036
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.64
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.39
株価純資産倍率(四半期)
6.53
株価キャッシュフロー倍率
16.46
総負債/総資本(四半期)
223.28
長期負債/資本(四半期)
155.67
投資利益率(過去12カ月)
8.14
自己資本利益率(過去12カ月)
5.42

最新ニュース

最新ニュース

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の重しに

この街でテント製造工場を経営するローレン・ラッシュ氏にとって、製造の停滞を招いているのは、一見すると些細なことだ。たとえば、黒のベルクロの色合いがバラバラで合わないといった問題である。

NY市場サマリー(11日)ダウ・S&P最高値、ドル下落

<為替> ドルが下落。朝方発表された7月の米消費者物価指数の伸びが前月比で鈍化し、米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和の縮小(テーパリング)開始への圧力が一部和らいだ。

米国株式市場=ダウとS&P最高値、インフレ率の伸び鈍化で

米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が終値ベースの最高値を更新した。米インフレ率の伸びがピークを付けたことを示唆する経済指標を受けた。一方、大規模なインフラ法案が可決されたことで、経済成長に関連するセクターが買われた。

NY市場サマリー(10日)ダウ・S&P最高値更新、ドル小幅高

<為替> ドルが小幅高。対ユーロでは4カ月超ぶりの高値を付けた。堅調な内容だった前週末の米雇用統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)が早期にテーパリング(量的緩和の縮小)に着手するとの見方が引き続きドルの買い手掛かりとなった。

米国株式市場=ダウ・S&P最高値更新、インフラ法案可決で

米国株式市場は、ダウ工業株30種とS&P総合500種が上昇し、終値としての最高値を更新した。議会上院で超党派による1兆ドル規模のインフラ投資法案が可決されたことを受け、バリュー株に買いが入った。

NY市場サマリー(10日)ダウ・S&P最高値更新、ドル小幅高

<為替> ドルが小幅高。対ユーロでは4カ月超ぶりの高値を付けた。堅調な内容だ った前週末の米雇用統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)が早期にテーパリング(量 的緩和の縮小)に着手するとの見方が引き続きドルの買い手掛かりとなった。 ドル指数は3日続伸し、約3週間ぶりの高値を付けた。終盤では0.1%高。 暗号資産(仮想通貨)では、ビットコインが1.7%安の4万5530. 05ドル。オーバーナイトでは4万6759ドルと3カ月ぶりの高値を付けていた。イー サは0.9%安の3139.15ドル。 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は9日、あと...

米国株式市場=下落、アマゾン7%安 月間ではS&Pが6カ月連続高

米国株式市場は下落して取引を終えた。売上高の伸びが鈍化するとの見通しを示したアマゾン・ドット・コムが値下がりした。指数は週間でも下落したが、月間ではS&P総合500種が6カ月連続で上昇した。

NY市場サマリー(30日)株安・債券高、ドル上昇

<為替> 株安を受けドルが他の安全通貨とともに上昇した。ただ今週は米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長のハト派な発言を受け、約1カ月続いたドルの上昇が腰折れ。週初からの下落率は5月初旬以来の大きさなった。

キャタピラー、第2四半期利益は予想上回る 経済再開で機械需要好調

米重機メーカーのキャタピラーが30日発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。世界の経済活動が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による停滞から回復する中、全ての地域と部門で売上高が増加した。

NY市場サマリー(23日)ダウ3万5000ドル乗せ、ドル2週連続で上昇

<為替> ドル指数がやや上昇した。今週はリスク選好度が揺れ動く中、ボラティリティーが高まったが、ドルは週足では2週間連続で上昇した。

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算でリスク選好

米国株式市場は4日続伸し、主要3株価指数が終値ベースの過去最高値を更新した。好決算と経済回復の兆しが投資家のリスク選好度を高めた。

今日の株式見通し=続伸、米株高が追い風 買い一巡後は伸び悩みも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸すると想定されている。前日の米国株式市場で主要3指数がそろって上昇した流れを引き継いで、買い優勢で始まりそうだ。来週にかけて米国で重要な経済指標の発表予定があるほか、週末でもあり、買い一巡後は伸び悩みも見込まれる。

UPDATE 1-NY市場サマリー(24日)ナスダック・S&P最高値、ドル横ばい

(株のリポートを追加しました) [24日 ロイター] - <為替> ドルが安定的に推移した。市場ではインフレが高止まりした場合に米連邦 準備理事会(FRB)は一段と積極的に対応するのか、探る動きが出ている。 主要6通貨に対するドル指数は91.790と、ほぼ横ばい。 FRBが先週の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ時期の見通しを2024年 から23年に前倒してから、FRB当局者はインフレを巡る様々な見解を表明。この日は フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁が、米経済が昨年の落ち込みから急速に回復す る一方、労働市場については一段の改善...

米国株式市場=ナスダック・S&P最高値、バイデン氏がインフラ投資計画で合意

米国株式市場は、ナスダック総合指数とS&P総合500種指数が最高値を更新。ダウ工業株30種も322ドル値上がりした。バイデン大統領が超党派のインフラ投資計画に同意したことが追い風になった。

NY市場サマリー(24日)ナスダック・S&P最高値、ドル横ばい

<為替> ドルが安定的に推移した。市場ではインフレが高止まりした場合に米連邦 準備理事会(FRB)は一段と積極的に対応するのか、探る動きが出ている。 主要6通貨に対するドル指数は91.790と、ほぼ横ばい。 FRBが先週の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ時期の見通しを2024年 から23年に前倒してから、FRB当局者はインフレを巡る様々な見解を表明。この日は フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁が、米経済が昨年の落ち込みから急速に回復す る一方、労働市場については一段の改善が必要という認識を示した。 このほか、セントルイス地区連銀...

NY市場サマリー(21日)ドル上昇、株はまちまち

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し上昇。堅調な米製造業指標が追い風となった。しかし、米連邦準備理事会(FRB)による緩和縮小(テーパリング)を巡る懸念が和らぐ中、週間では下落する見通し。

米国株式市場=まちまち、ボーイング買われダウ上昇

米国株式市場はインフレ懸念がくすぶる中、まちまちの展開となった。個別銘柄では米ボーイングが買われ、ダウ工業株30種が上昇した。

今日の株式見通し=反発、連休中のダウ高を好感

きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発が想定されている。日本の連休中の米国株式市場でダウが底堅く推移した流れを引き継ぎ、景気敏感株を中心に買い戻しが先行しそうだ。ただ、国内では週内にも緊急事態宣言の延長を決定する可能性があり、上値は限定的とみられている。引き続き企業決算を材料視した個別物色が中心になるとの見方が多い。

NY市場サマリー(5日)ドル伸び悩む、ダウ最高値更新

<為替> ドルが2週間超ぶりの高値を付けた後に伸び悩んだ。米経済指標が予想をやや下回った。投資家は週末の米雇用統計待ちとなっている。

米国株式市場でダウ最高値更新、ナスダックは下落

米国株式市場は、ダウ工業株30種が終値ベースで過去最高値を更新した。ゴールドマン・サックス、キャタピラー、シェブロンなどが買われ、ダウを押し上げた。ナスダック総合は大型テクノロジー株が下落する中、当初の上げから反転し、マイナス圏で終了した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up