for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インク

CAT.N

現在値

140.24USD

変化

-0.43(-0.31%)

出来高

196,309

本日のレンジ

138.82

 - 

140.86

52週レンジ

87.50

 - 

150.55

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
140.67
始値
139.45
出来高
196,309
3か月平均出来高
74.09
高値
140.86
安値
138.82
52週高値
150.55
52週安値
87.50
発行済株式数
541.51
時価総額
77,202.59
予想PER
28.33
配当利回り
2.89

次のエベント

Q3 2020 Caterpillar Inc Earnings Release

適時開示

その他

Caterpillar And Calamp Extend Relationship On Industrial Iot Solutions

Cat Financial Q2 Revenue $641 Million, A Decrease Of 15%

Caterpillar Reports Q2 Earnings Per Share $0.84

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インクとは

キャタピラー(Caterpillar Inc.)は建設・鉱山機械、ディーゼルと天然ガス・エンジン、産業用ガスタービンとディーゼル電気機関車のメーカーである。【事業内容】同社はインフラストラクチャー、林産物と建材にある機械を使用する顧客をサポートする建設事業、鉱業・クオリー・廃棄物・材料処理アプリケーションにある機械を使用する顧客をサポートする資源事業、石油・ガス・発電・海洋・鉄道・産業アプリーケーションの顧客をサポートするエネルギー・輸送事業、金融と関連サービスを提供する金融商品事業、並びに製品管理・開発とフィルター・液体・着陸装置・タイヤ・リム・工具・流体輸送製品・接続部品の製造を行う他の事業を運営する。

業種

Constr. & Agric. Machinery

連絡先

510 Lake Cook Rd Ste 100

DEERFIELD, IL

60015-4971

United States

+1.224.5514000

https://www.caterpillar.com/en.html

エグゼクティブリーダーシップ

donald James Umpleby

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Andrew Robert John Bonfield

Chief Financial Officer

William P. Ainsworth

Group President of Energy and Transportation

Bob De Lange

Group President of Customer and Dealer Support

Denise C. Johnson

Group President

統計

2.42 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

45.5K

2018

54.7K

2019

53.8K

2020(E)

41.6K
EPS (USD)

2017

6.880

2018

11.220

2019

11.060

2020(E)

5.191
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.20
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.66
株価純資産倍率(四半期)
5.62
株価キャッシュフロー倍率
11.68
総負債/総資本(四半期)
281.21
長期負債/資本(四半期)
195.92
投資利益率(過去12カ月)
7.98
自己資本利益率(過去12カ月)
5.26

最新ニュース

最新ニュース

米キャタピラー、コロナ打撃で第2四半期70%減益 予想は上回る

米重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>が31日発表した第2・四半期決算は、利益が予想ほど落ち込まなかった。新型コロナウイルス危機を受け、顧客は大規模な投資に慎重になっているが、コスト削減などが寄与した。

UPDATE 1-〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(29日現在)

英銀バークレイズが発表した第1・四半期決算は、税引き前利益が前年比38%減少した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、融資の焦げ付きが増える見通しで、貸倒引当金を21億ポンド(26億ドル)積み増した。 > エアバス、コア利益が49%減 新型コロナが打撃

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(29日現在)

格付け会社フィッチ・レーティングスは28日、イタリアの信用格付けを「BBBマイナス」に引き下げた。格付け見通しは「ネガティブ」から「安定的」に変更した。

米キャタピラー、第1四半期決算は46%減益 全地域で減収

米重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>が28日発表した第1・四半期決算は前年同期比46%減益となった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による経済への悪影響を背景に、全ての地域および主要事業セグメントで減収となった。

米株上昇、ダウは358ドル高 経済活動再開に期待

米国株式市場は上昇。ダウ平均株価<.DJI>は1.5%高の358ドル高で取引を終えた。企業の決算発表が本格化する中、経済活動の一部再開に期待感が広がった。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(10日現在)

仏自動車大手ルノー<RENA.PA>のスナール会長は10日、40億─50億ユーロ(44億─54億ドル)の銀行融資を求める可能性があると述べた。

キャタピラー、融資枠30億ドルの設定を協議=ブルームバーグ

ブルームバーグが関係筋の話として報じたところによると、米重機大手キャタピラーは新たに30億ドルの融資枠を設定することについて銀行側と協議を進めている。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(1日現在)

ドイツ連邦統計庁が発表した2月の小売売上高(実質ベース)は、前年比6.4%増で、アナリスト予想の1.5%増を大幅に上回った。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた移動等の制限措置を前にした「パニック買い」に押し上げられた。

キャタピラー、昇給見送り 新型コロナで経費削減

米重機大手のキャタピラー<CAT.N>は31日、新型コロナウイルスの影響に伴い、コストを削減するため、年次昇給を見送ると発表した。上級管理職・ホワイトカラー従業員が対象となる。

米キャタピラー、新型コロナで一部施設停止 業績予想撤回

米重機大手のキャタピラー<CAT.N>は26日、新型コロナウイルスの影響により、一部施設の稼働を停止し、2020年の業績見通しを取り下げると発表した。

米キャタピラー、大半の中国工場で10日に操業再開

米重機大手のキャタピラー<CAT.N>は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて操業を停止していた複数の中国工場について、地元政府の許可を得て大半の工場で10日に操業を再開したと明らかにした。

キャタピラー、20年利益見通し予想割れ 第4四半期は主力減収

米重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>が31日示した2020年通年の利益見通しは、市場予想を下回った。合わせて発表した2019年第4・四半期決算も主力3事業の売上高がすべて減少した。

米国株下落、幅広い銘柄に売り 新型肺炎巡る懸念で

米国株式市場は下落。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念から幅広い銘柄に売りが広がった。

NY市場サマリー(24日)

<為替> 円が対ドルで上昇し、109円台前半で推移した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が懸念される中、安全資産とみられる円が買われた。

独VWの船舶エンジン部門、三菱重工など3社が買収案提示=関係筋

独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>の子会社で船舶用エンジンや発電機などを手掛けるMANエナジー・ソリューションズに対し、欧州のインニオ、三菱重工業<7011.T>、米カミンズ<CMI.N>が買収案を提示したことが、事情に詳しい関係者の話で明らかになった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、バブル後高値到達に現実味

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、バブル後高値到達に現実味 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。新たにマド(2万2648円81銭─2万27 04円33銭)を空けて手で形成した高値もみあいから上放れた。また、戻りの目安として意識されていた 昨年12月3日の戻り高値(2万2698円79銭)を更新。チャート上のフシは、昨年10月2日に付け たバブル崩壊後の最高値2万4448円07銭まで見当たらず、先行き雄大な上昇波動を描くことが期待で きる動きとなっている。バブル後高値到達に現実味が出てきた。 オシレーター系指標に過熱感...

日経平均は4日続伸、連日の年初来高値 半導体株買われる

東京株式市場で日経平均は4日続伸し、連日の年初来高値。戻りの目安として意識されていた昨年12月3日の立会時間中につけた戻り高値2万2698円79銭を10カ月半ぶりに更新した。前日の米国株高や、為替の円安基調を好感して朝方から買いが先行し、高値圏でもみあった。後場は2万2700円台半ばで膠着し、取引を終えた。東証一部の売買代金は2兆円割れでやや薄商いだった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、循環物色がスムーズに

<15:05> 新興株式市場は堅調、循環物色がスムーズに 新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日続伸した。市場では「人 気銘柄の移り変わりが激しいが、それは循環物色がスムーズであることの証拠だ」(国内証券)との指摘も ある。 きょうマザーズに新規上場したインティメート・マージャー は、買いを集めて値が付かず、公 開価格1900円の2.3倍となる4370円買い気配で終了。売り16万1200株に対して買いが19 万5900株で差し引き3万4700株の買いを残して、初値形成を明日以降に持ち越した。 ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は膠着、半導体関連銘柄は戻り歩調

<14:02> 日経平均は膠着、半導体関連銘柄は戻り歩調 日経平均は2万2700円台半ばで膠着。市場からは「今週は地政学リスクも少なく 、為替も安定的に推移している。また、決算を控えているため業績回復期待への買いも入 っている。総じてポジティブなイメージ」(国内エコノミスト)との声が出ていた。 半導体関連銘柄は昨日の下落から一転、東京エレクトロン 、ローム 、ルネサスエレクトロニクス 、SUMCO はプラス圏で推移している。 「きのうの米国株式市場では、米半導体製造装置大手ラムリサーチの見通しが市場予想を 上回り、いったん半導体業界への...

前場の日経平均は続伸、企業業績の回復期待が支え

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比144円20銭高の2万2769円58銭となり、続伸した。前日の米国株高や為替の円安基調を好感して朝方から買いが先行。その後は、次の材料を待ちながら高値圏でもみあいが続いた。市場からは企業業績の回復期待が支えになっているとの指摘も出ている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up