for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インク

CAT.N

現在値

209.07USD

変化

3.32(+1.61%)

出来高

1,002,466

本日のレンジ

206.16

 - 

210.50

52週レンジ

160.65

 - 

266.04

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
205.75
始値
207.68
出来高
1,002,466
3か月平均出来高
66.60
高値
210.50
安値
206.16
52週高値
266.04
52週安値
160.65
発行済株式数
515.36
時価総額
106,034.40
予想PER
11.74
配当利回り
2.33

次のエベント

Caterpillar Inc at Sanford C Bernstein Strategic Decisions Conference

適時開示

その他

Cat Financial Announces First-Quarter 2023 Results

Caterpillar Reports First-Quarter 2023 Results

Caterpillar Beats Q1 Profit and Revenue Estimates

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インクとは

キャタピラー(Caterpillar Inc)は、建設・採鉱設備、ディーゼルと天然ガスエンジン、産業用ガスタービン、ディーゼル電気機関車のメーカーである。【事業内容】3つのセグメントを通じて事業を行う。また、金融商品セグメントを通じて金融および関連サービスを提供する。建設産業セグメントは、インフラストラクチャ、林業、建築建設で機械を使用する顧客のサポートを行う。資源産業セグメントは、鉱業、重建設、採石場および骨材で機械を使用する顧客のサポートを行う。エネルギーと輸送セグメントは、石油・ガス、発電、船舶、鉄道、キャタピラー社の機械を含む産業用アプリケーションの顧客をサポートする。その他のすべての事業セグメントは、製品管理と開発、フィルターと流体の製造、車台、地面に係合するツールなどの活動を含む。

業種

Constr. & Agric. Machinery

連絡先

5205 N. O'connor Boulevard, Suite 100

IRVING, TX

75039

United States

+1.972.8917700

https://www.caterpillar.com

エグゼクティブリーダーシップ

Donald James Umpleby

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Joseph E. Creed

Group President

Bob De Lange

Group President

Anthony D. Fassino

Group President

Denise C. Johnson

Group President

統計

2.68 mean rating - 31 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

41.7K

2021

51.0K

2022

59.4K

2023(E)

65.0K
EPS (USD)

2020

6.560

2021

10.810

2022

14.240

2023(E)

17.886
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.21
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.72
株価純資産倍率(四半期)
5.85
株価キャッシュフロー倍率
11.43
総負債/総資本(四半期)
204.08
長期負債/資本(四半期)
137.05
投資利益率(過去12カ月)
13.55
自己資本利益率(過去12カ月)
8.54

最新ニュース

最新ニュース

再送-環境データ開示を求めるキャンペーン、ガス排出企業1600社に

非政府組織のCDPは、環境に最も大きな影響を与える企業として特定した1600社以上が環境データを開示していないとし、約29兆ドルの資産を持つ288の金融機関が、書簡でデータ開示を企業に働きかけるキャンペーンを展開すると明らかにした。

米大手企業、中国事業に慎重姿勢 ゼロコロナ解除後の回復鈍く

ペプシコやクアルコム、カミンズなど中国で本格的に事業を展開している米大手企業は、中国における自社事業の成長に慎重な見方を示している。懸念しているのは「ゼロコロナ」政策解除後の中国の回復ペースが想定より遅い点で、需要がコロナ禍前の水準に戻っていないとの声が聞かれる。

訂正-UPDATE 1-NY市場サマリー(27日)ドル小幅高、1カ月物利回り急上昇 株急反発

(株のリポートで、第4段落の「下落率」を「上昇率」に訂正しました) [27日 ロイター] - <為替> ドルが小幅上昇した。4月22日までの1週間の新規失業保険申請件数が 減少したことで、米連邦準備理事会(FRB)が来週の米連邦公開市場委員会(FOMC )で利上げを停止する可能性は低いとの見方が強まった。 ドル指数は0.1%高の101.50だった。 また、米商務省が27日発表した第1・四半期の実質国内総生産(GDP)速報値は 年率換算で前期比1.1%増と、伸びは昨年第4・四半期の2.6%から縮小した。[nL4 N36U4RE] しかし、...

訂正米国株式市場=急反発、ナスダック2%超高 好決算が景気懸念を相殺

米国株式市場は急反発。メタ・プラットフォームズの好決算が米経済減速を巡る懸念を相殺する中、ナスダック総合は2%超高で終了した。

米キャタピラー、第1四半期は増益も受注残横ばいで株価下落

[27日 ロイター] - 米重機械メーカーのキャタピラーが27日に発表した第1・四半期(3月31日まで)決算は31%増益となり市場予想を上回った。ただ受注残高が横ばいだったことで需要がピークに達したとの見方が広がり、株価は下落した。

NY市場サマリー(6日)ドル下落・株上昇、雇用統計に注目

<為替> ドルが下落。米連邦準備理事会(FRB)の金利の道筋に影響する可能性のある米雇用統計の発表を7日に控えポジションを調整する動きが出た。

米国株式市場=上昇、アルファベットに買い 雇用統計に注目

米国株式市場は上昇して終了した。景気減速への懸念から7日に発表される3月の雇用統計に注目が集まる中、グーグルを傘下に持つアルファベットに買いが入ったことで押し上げられた。

UPDATE 1-米国株式市場=S&P・ナスダック続落、景気後退懸念が圧迫

(内容を追加し、表を更新しました) [5日 ロイター] - 米国株式市場はS&P総合500種<.S PX>とナスダック総合が続落。朝方発表された低調な米指標を受 け、景気後退(リセッション)懸念が強まった。 グーグルのスーパーコンピューターを巡り、半導体大手エヌビディ アが2.1%下落し、S&Pの重しとなった。グーグルは4日 公表した論文で、自社の人工知能(AI)のトレーニングに使っている スパコンの詳細を公表。エヌビディア製半導体を搭載したスパコンより も高速で消費電力が少ないと主張した。 テスラは3.7%、アマゾン・ドット・コム は...

米国株式市場=下落、景気後退懸念強まる 低調な指標受け

米国株式市場は下落して取引を終えた。低調な米経済指標を受け、米連邦準備理事会(FRB)が実施してきた積極的な利上げが深刻な景気後退を招く恐れがあるという懸念が強まった。

米国株式市場=S&Pとナスダック続落、製造業データ受け利上げ懸念高まる

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が続落して取引を終えた。製造業データでインフレが高止まりする可能性が示されたことや、米連邦準備理事会(FRB)のタカ派的な政策を支持する当局者発言を受け、米国債利回りが上昇したことが背景。

米国株式市場=反発、ダウ368ドル高 賃金の伸び鈍化受け

米国株式市場は主要株価3指数が1%超反発して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を翌日に控える中、雇用コストの伸びが鈍化し、インフレ抑制に向けた連邦準備理事会(FRB)の積極的な利上げが効果を示しているとの安心感を誘った。

UPDATE 1-NY市場サマリー(31日)ダウ368ドル高、ドル下落

(株式の内容を追加し表を更新しました) [31日 ロイター] - <為替> ドルが下落した。第4・四半期の米雇用コスト指数の伸びが予想を下回っ たことを受けた。 米労働省が31日に発表した2022年第4・四半期の雇用コスト指数(ECI)は 前期比1.0%上昇と、伸びは第3・四半期(1.2%)から鈍化し、21年第4・四半 期以来1年ぶりの低水準となった。また、ロイターがまとめた市場予想(1.1%)を下 回った。 それでも米連邦準備理事会(FRB)による追加利上げが揺らぐ可能性は低いとみら れている。 ドル指数は0.21%安の102.03。...

NY市場サマリー(31日)ダウ368ドル高、ドル下落

<為替> ドルが下落した。第4・四半期の米雇用コスト指数の伸びが予想を下回っ たことを受けた。 米労働省が31日に発表した2022年第4・四半期の雇用コスト指数(ECI)は 前期比1.0%上昇と、伸びは第3・四半期(1.2%)から鈍化し、21年第4・四半 期以来1年ぶりの低水準となった。また、ロイターがまとめた市場予想(1.1%)を下 回った。 それでも米連邦準備理事会(FRB)による追加利上げが揺らぐ可能性は低いとみら れている。 ドル指数は0.21%安の102.03。序盤には102.61と2週間ぶり の高値を付けたが、アナリストによると...

米国株式市場=反発、ダウ368ドル高 賃金の伸び鈍化受け

米国株式市場は主要 株価3指数が反発して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC )の結果発表を翌日に控える中、雇用コストの伸びが鈍化し、インフレ 抑制に向けた連邦準備理事会(FRB)の積極的な利上げが効果を示し ているとの安心感を誘った。 投資家は一連の決算もこなし、石油大手エクソンモービル 、貨物輸送大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS) が発表後に上昇。キャタピラーやマクドナルドの下げを 相殺した。 2022年第4・四半期の米雇用コスト指数(ECI)は前期比1 .0%上昇と、伸びは第3・四半期(1.2%)から鈍化し、21...

米キャタピラー、第4四半期は減益に コスト増と為替が圧迫

[31日 ロイター] - 米重機械メーカーのキャタピラーが31日に発表した第4・四半期決算は1株利益が2.79ドルと前年同期の3.91ドルから約29%減少した。製造コストの増加と為替の影響が利益率の低下につながった。

米ディア、8─10月期利益が予想上回る 来年度見通しも堅調

農業機械などを製造する米ディアが23日発表した第4・四半期(8─10月)決算は、純利益が前年同期比75%増の22億5000万ドルで、1株利益は7.44ドルと、市場予想の7.11ドルを大きく上回った。好調な需要に加え、農機や建設機械の値上げで売上高が一段と膨らんだ。

NY市場サマリー(3日)ドル堅調・利回り上昇、株4日続落 米利上げ継続予想で

<為替> ドルが主要通貨に対して上昇した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が前日、金利のピークはFRB当局者が前回9月の会合で予想した水準を超える可能性があるという認識を示したことが背景。

米国株式市場=4日続落、利上げ長期化巡る懸念で

米国株式市場は4日続落。3日発表された一連の指標は、米連邦準備理事会(FRB)が予想よりも長期間利上げを継続するという観測を変更するには至らなかった。

NY市場サマリー(27日)ユーロ/ドル再び等価割れ、利回り低下 株まちまち

<為替> ユーロが1%超下落し、対ドルで再びパリティ(等価)割れとなった。欧州中央銀行(ECB)理事会や米国内総生産(GDP)を受けた。

米国株式市場=ナスダックとS&P下落、企業決算まちまち

米国株式市場は、経済指標は底堅かったものの、企業決算がまちまちとなったことでハイテク株などが多いナスダック総合とS&P総合500種が下落して終了した。ダウ工業株30種は工業株に支えられ、プラス圏で終了した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up