for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インク

CAT.N

現在値

164.24USD

変化

-6.31(-3.70%)

出来高

945,190

本日のレンジ

161.73

 - 

168.66

52週レンジ

161.73

 - 

237.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
170.55
始値
168.66
出来高
945,190
3か月平均出来高
57.06
高値
168.66
安値
161.73
52週高値
237.90
52週安値
161.73
発行済株式数
533.37
時価総額
90,034.91
予想PER
13.70
配当利回り
2.81

次のエベント

Q3 2022 Caterpillar Inc Earnings Release

適時開示

その他

Cat Financial Announces Second-Quarter 2022 Results

Cat Financial Reports Q2 2022 Revenues $668 Million, Up 3%

Caterpillar Reports Adjusted Profit Per Share $3.18

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インクとは

キャタピラー(Caterpillar Inc.)は、建設・鉱山機械、ディーゼルエンジン、天然ガスエンジン、産業用ガスタービン、ディーゼル電気機関車のメーカーである。【事業内容】セグメントで事業を展開する。建設事業は、インフラストラクチャー、林業、建築物の建設に機械を使用する顧客のサポートに従事する。資源事業は、鉱業、重建設、採石、廃棄物、マテリアルハンドリング用途の機械を使用する顧客のサポートに従事する。エネルギー・輸送事業は、石油・ガス、発電、船舶、鉄道、産業用機械などの分野で顧客をサポートする。金融商品事業は、金融および関連サービスを提供する。その他の事業は、製品管理・開発などの活動や、フィルター・流体、足回り、地上作業用工具、流体移送製品、Cat製品用のシール・接続部品などの製造を行う。

業種

Constr. & Agric. Machinery

連絡先

100 NE Adams St

PEORIA, IL

61629

United States

+1.309.6752337

https://www.caterpillar.com/en.html

エグゼクティブリーダーシップ

Donald James Umpleby

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Joseph E. Creed

Group President

Bob De Lange

Group President

Anthony D. Fassino

Group President

Denise C. Johnson

Group President

統計

2.53 mean rating - 30 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

53.8K

2020

41.7K

2021

51.0K

2022(E)

57.5K
EPS (USD)

2019

11.060

2020

6.560

2021

10.810

2022(E)

12.534
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.72
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.67
株価純資産倍率(四半期)
5.72
株価キャッシュフロー倍率
10.01
総負債/総資本(四半期)
235.02
長期負債/資本(四半期)
166.71
投資利益率(過去12カ月)
12.62
自己資本利益率(過去12カ月)
8.23

最新ニュース

最新ニュース

米EPA、大型ピックアップトラックの排出量規制強化を検討へ

米環境保護局(EPA)は、議会で8月に「インフレ抑制法」が成立したことから、既に提案していた大型ピックアップトラックの温室効果ガス排出量規制案について、基準をより厳格化する修正を検討する方針だ。EPA幹部がロイターに明かした。12月に内容補足の形で発表するという。

NY市場サマリー(2日)ドル/円急伸、株式続落

<為替> ドル/円が急伸。米利上げが当面継続する可能性を示唆する連邦準備理事会(FRB)当局者の発言を受けた動き。

UPDATE 2-米国株式市場=続落、ペロシ氏訪台で地政学的緊張高まる

(個別銘柄や出来高を追加しました) [2日 ロイター] - 米国株式市場は不安定な地合いの中、続落 して取引を終了した。ペロシ米下院議長の台湾訪問を受け、地政学的な 緊張が高まった。 2日夜に台湾に到着したペロシ氏は声明で、台湾に対する米国のコ ミットメントがこれまで以上に重要だと強調。一方、中国は台湾海峡の 平和と安定を著しく損なうと非難した。 大型株のマイクロソフトが1.1%、ビザも2.4 %、それぞれ下落し、S&P総合500種を圧迫。S&P500の主要 11セクターは全て下落し、不動産や金融の下げが目 立った。 中国へのエクスポージャー...

NY市場サマリー(2日)ドル/円急伸、株式続落

<為替> ドル/円が急伸。米利上げが当面継続する可能性を示唆する連邦準備理事 会(FRB)当局者の発言を受けた動き。 サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁とシカゴ地区連銀のエバンス総裁、クリー ブランド地区連銀のメスター総裁の3人は2日、経済活動にブレーキをかけ40年ぶりの 物価高に歯止めをかける水準まで利上げを継続する方針を巡り、FRBが引き続き「断固 として、完全に一致団結している」ことを示唆した。 終盤の取引で、主要通貨に対するドル指数は0.9%高の106.31。 ドルは対円で1.2%高の133.12円。米2年債利回りの上昇に追随...

キャタピラー、第2四半期売上高が予想下回る 中国不振で

[2日 ロイター] - 米重機メーカーのキャタピラーが2日に発表した第2・四半期決算(6月まで)は、売上高が市場予想を下回った。中国での建設活動の鈍化やロシアでの事業停止が圧迫した。

ヘッジファンドのシタデル、本社をシカゴからマイアミに移転へ

米著名投資家のケン・グリフィン氏が率いるヘッジファンド運用会社・シタデルは、本社をシカゴからマイアミに移転する。投資会社の間では新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を機にオフィスをフロリダに移転する動きが出ている。

米キャタピラー、本社をテキサス州に移転

米建設機械大手のキャタピラーは14日、本社を現在のイリノイ州ディアフィールドから、テキサス州アービングに移転すると発表した。

米経済に「ハリケーン」迫る、FRBの対応必要=JPモルガンCEO

米金融大手JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は1日、米経済が直面している課題を迫りくる「ハリケーン」と呼び、連邦準備理事会(FRB)は景気後退(リセッション)回避に向け、強力な措置を講じる必要があるという認識を示した。

キャタピラー、再生エネ移行が採掘向け事業の成長けん引=CEO

米重機メーカー、キャタピラーのジム・アンプレビー最高経営責任者(CEO)は17日、クリーンエネルギーへの移行が加速する中、重要な鉱物への需要が同社の採掘向け事業の堅実な収益につながるとの見解を示した。

NY市場サマリー(28日)円02年以来の安値、株大幅高

<為替> 日銀が金融緩和の据え置きを決定したことを受け円が2002年以来の安値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)が他の主要中央銀行よりも速いペースで利上げを実施していくとみられる中、日米の国債利回り格差が拡大するとの見方がドルの支援要因になっている。

米国株式市場=大幅高、メタ好決算受けハイテク株に買い

米国株式市場は大幅高で取引を終えた。IT大手メタ・プラットフォームズの好調な四半期決算を受け、ハイテク株やグロース株が買われた。

訂正-米キャタピラー、中国の掘削機需要軟化を想定 株価一時5%超安

(英文の訂正により、最終段落の「キャタピラーは追加値上げを見込んでおり、下半期は上半期に比べ利益率が改善するとした。」との一文を削除します。)

訂正ロシア事業停止の動き加速、ファーストリテや米大手金融も

ファーストリテイリングは10日、ロシア事業を停止すると発表、これまでの営業継続方針を一転させた。ウクライナ侵攻に関連し、主要国の企業にロシア事業の停止や撤退・縮小の動きが一段と広がっている。

ロシア事業の縮小・停止相次ぐ、ネスレやフィリップ・モリスなど

ウクライナ侵攻を受けて多国籍企業がロシア事業を修正する動きは9日も続き、食品大手ネスレやたばこ大手フィリップ・モリスが事業の縮小や停止を発表した。ロシアによる侵攻に反対する立場を明確にするよう求める消費者からの圧力が強まっている。

NY市場サマリー(8日)ユーロ上昇、米債利回り上昇 米株続落

<為替> ユーロが上昇。前日に対ドルで付けていた22カ月ぶり安値から戻した。欧州連合(EU)が今週にも債券の共同発行計画を発表するというブルームバーグの報道を受け、ユーロ圏がロシアのウクライナ侵攻による経済的な影響の軽減に向けて財政政策を強化するという観測がユーロを支援した。

米国株式市場=荒い値動きの中で続落、ロシア産原油禁輸で

米国株式市場は荒い値動きの中、終盤に売りが加速し続落して取引を終えた。急速なペースで展開するウクライナ危機を巡る状況を評価する動きが背景。

NY市場サマリー(28日)株は年初来の大幅高、ドルは週間で7カ月ぶり上昇幅

<為替> 週末を控えドルに若干のポジション調整が入ったものの、米連邦準備理事会(FRB)が今年は積極的な利上げに動くとの観測から、ドル指数は週間ベースで7カ月ぶりの大幅な上昇となった。

米国株式市場=反発、年初来の大幅高 好決算のアップルが主導

米国株式市場は不安定な値動きとなる中、主要株価3指数は反発。朝方は低調に推移していたものの、ハイテク株が上昇を主導し、年初来の大幅高となった。米株式相場は今週、強弱入り交じる企業決算や地政学的リスクの高まり、米連邦準備理事会(FRB)のタカ派姿勢の強まりを背景に振れる展開となった。

NY市場サマリー(28日)株は年初来の大幅高、ドルは週間で7カ月ぶり上昇幅

<為替> 週末を控えドルに若干のポジション調整が入ったものの、米連邦準備理事 会(FRB)が今年は積極的な利上げに動くとの観測から、ドル指数は週間ベースで7カ 月ぶりの大幅な上昇となった。 この日は春節(旧正月)を来週に控え、アジア取引時間中は主要通貨はほぼ横ばいで 推移していた。 主要6通貨に対するドル指数は0.04%高。週初からは約1.7%上昇。週 間ベースでは昨年6月以来の大きな上昇となった。 この日発表の米経済指標では、労働省の発表した2021年第4・四半期の雇用コス ト指数(ECI)が前期比1.0%上昇。市場予想は1.2%上昇...

キャタピラー、第1四半期の利益率圧迫を警告 株価6%安

米重機メーカーのキャタピラーが28日発表した第4・四半期(12月31日まで)決算は売上高が20%超増加し、市場予想を上回った。ただ、生産コストと人件費の増加により今四半期の営業利益率が打撃を受ける可能性があると警告し、株価は6%超下落した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up