for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インク

CAT.N

前日終値

128.16USD

変化

-1.96(-1.51%)

出来高

3,146,313

本日のレンジ

127.87

 - 

130.87

52週レンジ

111.77

 - 

159.37

As of on the New York Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
130.12
始値
129.74
出来高
3,146,313
3か月平均出来高
89.32
高値
130.87
安値
127.87
52週高値
159.37
52週安値
111.77
発行済株式数
562.59
時価総額
72,101.43
予想PER
10.88
配当利回り
3.21

次のエベント

Q3 2019 Caterpillar Inc Earnings Release

適時開示

その他

Caterpillar Inc - On September 5, Entered Into A Credit Agreement

Caterpillar Says Freight Cost Has Stabilised, Expects Input Costs To Be Lower

Cat Financial Says Q2 2019 Revenues Of $757 Mln, An Increase Of $34 Million, Or 5%, Compared With Q2 Of 2018

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インクとは

キャタピラー(Caterpillar Inc.)は建設・鉱山機械、ディーゼルと天然ガス・エンジン、産業用ガスタービンとディーゼル電気機関車のメーカーである。【事業内容】同社はインフラストラクチャー、林産物と建材にある機械を使用する顧客をサポートする建設事業、鉱業・クオリー・廃棄物・材料処理アプリケーションにある機械を使用する顧客をサポートする資源事業、石油・ガス・発電・海洋・鉄道・産業アプリーケーションの顧客をサポートするエネルギー・輸送事業、金融と関連サービスを提供する金融商品事業、並びに製品管理・開発とフィルター・液体・着陸装置・タイヤ・リム・工具・流体輸送製品・接続部品の製造を行う他の事業を運営する。

業種

Constr. & Agric. Machinery

連絡先

510 Lake Cook Rd Ste 100

+1.224.5514000

https://www.caterpillar.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Donald James Umpleby

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Director

Andrew Robert John Bonfield

Chief Financial Officer

William P. Ainsworth

Group President of Energy and Transportation

Bob De Lange

Group President of Customer and Dealer Support

Denise C. Johnson

Group President

統計

2.50 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

38.5K

2017

45.5K

2018

54.7K

2019(E)

55.8K
EPS (USD)

2016

3.420

2017

6.880

2018

11.220

2019(E)

11.784
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.29
株価純資産倍率(四半期)
4.86
株価キャッシュフロー倍率
8.32
総負債/総資本(四半期)
244.51
長期負債/資本(四半期)
166.91
投資利益率(過去12カ月)
11.71
自己資本利益率(過去12カ月)
7.55

最新ニュース

ホットストック:コマツなど中国関連株が上昇、買い戻し活発化

コマツ、日立建機、ファナックなどの中国関連株が上昇している。米中貿易摩擦への懸念後退から引き続き買い戻しが活発化。コマツと日立建機は8月26日につけた年初来安値をボトムに、チャートはリバウンドを鮮明にしてきた。

トランプ米大統領、ドル高に不満表明 FRBを改めて批判

トランプ米大統領は8日、ドル高に対する不満を再表明し、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策が製造業に悪影響を及ぼしていると改めて批判した。

米国株式市場=下落、企業決算やECB総裁発言で失望売り

米国株式市場は下落し、ダウ平均株価は128ドル安で取 引を終了した。自動車大手フォード・モーターなどの決算やドラギ欧州中央銀行( ECB)総裁発言が期待に届かず、失望売りを誘った。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 27140.98 -128.99 -0.47 27247.3 27298. 27062. 9 43 48  前営業日終値 27269.97 ナスダック総合 8238.54 -82.96 -1.00 8294.68 8295.9 8233.4 5 0  前営業日終値 8321.50 S&P総合500...

UPDATE 2-米耐久財コア受注、6月1.9%増 経済成長の鈍化予想根強く

* 6月の米耐久財受注、前月比+2.0%(予想:+0.7%)=商務省 (統計の詳しい情報とエコノミストらのコメントを追加します。)

UPDATE 1-今日の株式見通し=続伸、米国株高を好感 国内企業決算を見極め

(内容を追加して更新します) [東京 25日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均   21709.57 22362.92 19241.37               +88.69 2019年4月24日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物9 21745(円建て) 月限  きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸が予想されている。前日の米国株市場でS&P総合500 種指数とナスダック総合指数が上昇し、終値で最高値を更新。投資家心理は上向きで、日本株も上昇して始 まりそうだ。国内...

S&Pとナスダック最高値更新、TI決算好感

米国株式市場はS&P総合500種指数とナスダック総合指数が上昇し、終値で最高値を更新した。企業決算では航空機大手ボーイング<BA.N>や重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>がさえない一方、半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>は底堅く、相場の下支えとなった。

NY市場サマリー(24日)

<為替> 弱いユーロ圏指標を受け、ユーロが対ドルで一時約2カ月ぶりの安値を付けた。25日の欧 州中央銀行(ECB)理事会や来週の米連邦準備理事会(FRB)の会合を控え、ドル指数は小動き。 ユーロは対ドルで0.1%安の1.1137ドル。アジアや欧州の取引時間帯に、1.1128 ドルと5月30日以来の安値を記録した。 IHSマークイットが発表した7月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は51.5と 6月の52.2から低下し、ロイター調査による予想中央値52.1も下回った。 これを受け、25日のECB理事会が10ベーシスポイント(...

米国株式市場=S&Pとナスダック最高値更新、TI決算好感

米国株式市場はS&P総合500種指数とナスダック総合 指数が上昇し、終値で最高値を更新した。企業決算では航空機大手ボーイングや重 機メーカーのキャタピラーがさえない一方、半導体大手テキサス・インスツルメ ンツ(TI)は底堅く、相場の下支えとなった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 27269.97 -79.22 -0.29 27262.2 27291. 27191. 4 04 12  前営業日終値 27349.19 ナスダック総合 8321.50 +70.10 +0.85 8227.36 8321.8 8226.5...

米キャタピラー、第2四半期利益は予想下回る 中国で販売低迷

米重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>が24日発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を下回った。主要市場である中国での販売低迷や、生産およびリストラ関連費用の拡大が響いた。米中などの貿易摩擦が企業の景況感や経済活動に影響したことも影を落としている。

キャタピラー、第2四半期利益は予想下回る 中国で販売低迷

米重機メーカーのキャタピラーが24日発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を下回った。主要市場である中国での販売低迷や、生産およびリストラ関連費用の拡大が響いた。米中などの貿易摩擦が企業の景況感や経済活動に影響したことも影を落としている。

アングル:トランプ氏の対中貿易戦争、「勝ち組」と「負け組」

米企業は半導体からトラクターまであらゆる業種が、対中通商紛争や鉄鋼関税引き上げなどトランプ米大統領が仕掛けた貿易戦争の影響を受けたと説明している。

アジア太平洋地域の機械小売販売、3─5月は4%減=米キャタピラー

米キャタピラーは13日、アジア太平洋地域での建設・鉱山機械の小売販売が3─5月で4%減少したと発表した。最大で売上高の10%を占める中国が低調だった。

NY市場サマリー(17日)

キャタピラー、3M、テクストロン、ゼネラル・ダイナミク ス、フェデックスが軒並み安。S&P工業は1.1%安となった 。 S&P主要11業種では、S&P公益事業を除く10セクターが下落。S &P工業とS&Pエネルギーが最も値下がりした。 個別銘柄では、米スポーツ用品小売アンダーアーマーが7.8%高。JPモ ルガンが投資判断を「オーバーウエート」に引き上げた。 一方、画像共有サイトのピンタレストは13.5%安。同社が16日に示し た2019年通年の売上高見通しはアナリストの予想とほぼ一致。ただ最近上場し、株価 動向が好調な同社への期待は高く...

米国株式市場=工業株主導で下落、通商巡る緊張続く

キャタピラー、3M、テクストロン、ゼネラル・ダイナミク ス、フェデックスが軒並み安。S&P工業は1.1%安となった 。 S&P主要11業種では、S&P公益事業を除く10セクターが下落。S &P工業とS&Pエネルギーが最も値下がりした。 個別銘柄では、米スポーツ用品小売アンダーアーマーが7.8%高。JPモ ルガンが投資判断を「オーバーウエート」に引き上げた。 一方、画像共有サイトのピンタレストは13.5%安。同社が16日に示し た2019年通年の売上高見通しはアナリストの予想とほぼ一致。ただ最近上場し、株価 動向が好調な同社への期待は高く...

アングル:米中摩擦長期化か、ポートフォリオ見直し急ぐ投資家

米国と中国が輸入品の追加関税率引き上げを相次いで発表し、米中貿易摩擦は激化する様相を呈してきた。このため投資家は両国の対立が長期化するとの見方を強め、貿易関連の銘柄を手放して低リスク資産に資金を移すなどポートフォリオの見直しを進めている。

再送-UPDATE 1-米国株式市場=ダウ617ドル安、中国の報復措置発表でリスク回避強まる

(本文中の誤字を修正して再送します。) [ニューヨーク 13日 ロイター] - 米国株式市場は急落して 終了した。中国が対米報復関税措置を発表したことで、株式市場から安 全資産に資金が流出した。 主要3株価指数は大幅下落。ハイテク企業が多いナスダック総合<. IXIC>は今年最大の下落率を記録した。S&P総合500種とダ ウ工業株30種は1月3日以来最大の下落率だった。 中国は13日、米国からの600億ドル相当の輸入品に対する追加 関税を最大25%に引き上げる方針を発表した。米政府が10日に発表 した対中関税引き上げに対する報復措置。...

再送-NY市場サマリー(13日)

(株式部分の誤字を修正します) [13日 ロイター] - <為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、中国人民元が対ドルで下落し、昨年1 2月以来の安値となった。米中貿易摩擦の激化が背景。 中国は13日、米国からの600億ドル相当の輸入品に対する追加関税を最大25% に引き上げる方針を発表した。米政府が10日に発表した対中関税引き上げに対する報復 措置で、米中貿易摩擦は一層エスカレートする様相を呈している。 人民元は6.92元と昨年12月24日以来の安値を付けた。1ドル=7元へ の急落を防ぐため中国当局が介入するとみられている。 また米中間...

NY市場サマリー(7日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、円がドルに対して上昇した。トランプ 米大統領が中国製品への追加関税も辞さない方針を示したことを受け、ボラティリティー 拡大の予想が強まり、安全資産を求めて円が買われた。 円は対ドルで一時3月28日以来の高値を付け、直近で0.5%高の1ドル= 110.18円。質への逃避でスイスフランや長めの米国債相場も下支えした。 シカゴ・オプション取引所(CBOE)の円ボラティリティー指数が直近で 12.67%上昇。ユーロ指数が4.75%、英ポンド指数も3.52 %それぞれ上げた。 マッコーリーグループのグローバル...

UPDATE 1-米国株式市場=大幅安、米中貿易摩擦懸念でリスク選好後退

(詳しい情報を追加します。) [ニューヨーク 7日 ロイター] - 米国株式市場は大幅安。ダウ平均株価 は一時600ドル以上値下がりし、終値で2万6000ドルの水準を下回ったほか、ハイ テク株の多いナスダック総合指数も8000ポイントの大台を割り込んで取引を 終了した。米中貿易摩擦の激化を巡る懸念からリスク選好が後退した。 貿易の影響を受けやすいS&P工業、情報技術の下落率が目立っ た。全11セクターが値下がりし、下落率が1%未満だったのは公益事業とエ ネルギーに限られた。 トランプ米大統領が中国製品に対する関税引き上げを表明したことについて...

米キャタピラー、四半期配当20%引き上げ最高に 株主還元拡大へ

米キャタピラーは2日、四半期配当を20%引き上げ、過去最高額にすると発表した。さらに、今後4年間で株主還元をさらに拡大する計画を明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up