for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インク

CAT.N

現在値

240.99USD

変化

3.92(+1.65%)

出来高

717,287

本日のレンジ

233.27

 - 

241.85

52週レンジ

100.23

 - 

241.85

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
237.07
始値
235.64
出来高
717,287
3か月平均出来高
67.71
高値
241.85
安値
233.27
52週高値
241.85
52週安値
100.23
発行済株式数
547.79
時価総額
132,011.20
予想PER
24.70
配当利回り
1.71

次のエベント

Caterpillar Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Caterpillar Says Costs May Increase Because Of Supply Chain Issues - Conf Call

Cat Financial Reports Q1 2021 Revenues Of $639 Million, A Decrease Of $56 Million, Or 8%, Compared With Q1 Of 2020

Caterpillar Reports First-Quarter 2021 Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インクとは

キャタピラー(Caterpillar Inc.)は建設・鉱山機械、ディーゼルと天然ガス・エンジン、産業用ガスタービンとディーゼル電気機関車のメーカーである。【事業内容】同社はインフラストラクチャー、林産物と建材にある機械を使用する顧客をサポートする建設事業、鉱業・クオリー・廃棄物・材料処理アプリケーションにある機械を使用する顧客をサポートする資源事業、石油・ガス・発電・海洋・鉄道・産業アプリーケーションの顧客をサポートするエネルギー・輸送事業、金融と関連サービスを提供する金融商品事業、並びに製品管理・開発とフィルター・液体・着陸装置・タイヤ・リム・工具・流体輸送製品・接続部品の製造を行う他の事業を運営する。

業種

Constr. & Agric. Machinery

連絡先

510 Lake Cook Rd Ste 100

DEERFIELD, IL

60015-4971

United States

+1.224.5514000

https://www.caterpillar.com/en.html

エグゼクティブリーダーシップ

donald James Umpleby

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Andrew Robert John Bonfield

Chief Financial Officer

Joseph E. Creed

Group President of Energy and Transportation

Bob De Lange

Group President of Customer and Dealer Support

Anthony D. Fassino

Group President of Construction Industries

統計

2.59 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

54.7K

2019

53.8K

2020

41.7K

2021(E)

49.3K
EPS (USD)

2018

11.220

2019

11.060

2020

6.560

2021(E)

9.757
株価売上高倍率(過去12カ月)
39.45
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.07
株価純資産倍率(四半期)
7.97
株価キャッシュフロー倍率
22.97
総負債/総資本(四半期)
230.37
長期負債/資本(四半期)
159.03
投資利益率(過去12カ月)
6.46
自己資本利益率(過去12カ月)
4.27

最新ニュース

最新ニュース

今日の株式見通し=反発、連休中のダウ高を好感

きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発が想定されている。日本の連休中の米国株式市場でダウが底堅く推移した流れを引き継ぎ、景気敏感株を中心に買い戻しが先行しそうだ。ただ、国内では週内にも緊急事態宣言の延長を決定する可能性があり、上値は限定的とみられている。引き続き企業決算を材料視した個別物色が中心になるとの見方が多い。

NY市場サマリー(5日)ドル伸び悩む、ダウ最高値更新

<為替> ドルが2週間超ぶりの高値を付けた後に伸び悩んだ。米経済指標が予想をやや下回った。投資家は週末の米雇用統計待ちとなっている。

米国株式市場でダウ最高値更新、ナスダックは下落

米国株式市場は、ダウ工業株30種が終値ベースで過去最高値を更新した。ゴールドマン・サックス、キャタピラー、シェブロンなどが買われ、ダウを押し上げた。ナスダック総合は大型テクノロジー株が下落する中、当初の上げから反転し、マイナス圏で終了した。

S&P最高値、好決算のフェイスブック買われる

米国株式市場は主要株価3指数が反発。S&P総合500種は終値ベースの最高値を更新した。堅調な決算を発表したフェイスブックの上昇が支援した。引け後に決算を発表したアマゾン・ドット・コムも時間外取引で値上がりした。

米キャタピラー、第1四半期利益が市場予想上回る 機械需要増大

米重機メーカーのキャタピラーが29日発表した第1・四半期決算は利益がアナリスト予想を上回った。世界的な経済成長を背景に機械需要が高まった。

コマツが堅調、米キャタピラー株に連れ高

重機メーカーのコマツは堅調、前営業日比2%超高での推移となっている。10日の米国株式市場で景気敏感セクターを中心に底上げの動きがみられ、2%弱上げたキャタピラーに連れ高した。

ホットストック:コマツが堅調、米キャタピラー株高の流れが波及

コマツが堅調に推移している。前週末の米国株式市場で、工業株がS&P総合500種指数を下支えし、農業機械メーカーのディアや重機メーカーのキャタピラーが大幅高なった流れから買いが波及した。

NY市場サマリー(19日)米株横ばい、ドル下落

<為替> 高リスク通貨に資金が流れドルが下落した。一連の経済指標が予想より良好だったことや、バイデン米政権が進める1兆9000億ドルの新型コロナウイルス対策が実現するとの期待でリスク選好度が上昇した。

米株は横ばい、ハイテク株から景気循環株へ乗り換え進む

米国株式市場はおおむね横ばい。新型コロナウイルス禍後の繰越需要を見越し、これまで値上がりしていたハイテク株から景気循環株への乗り換えが進んだ。

米キャタピラー、第4四半期減益も市場予想ほど悪化せず

米重機メーカーのキャタピラーが29日発表した第4・四半期決算は減益となったものの、市場予想ほど悪化しなかった。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響が重しとなったが、設備需要は改善しつつあるという。

NY市場サマリー(3日)ドル下落、米株急伸

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが下落。3日投開票の米大統領選で民主党のバイデン大統領候補が勝利し、大規模な景気刺激策が実施されるとの見方から、リスク選好の動きが高まった。

米国株式市場=大幅高、バイデン氏勝利と追加刺激策に期待

米大統領選の投票日となった3日の米国株式市場は、大幅上昇して取引を終えた。結果判明のプロセスが長引かず、追加財政刺激策が早期に打ち出されるとの期待が高まった。

アングル:米キャタピラー、コロナ対策で自動運転技術に賭ける

米建設機械大手キャタピラー<CAT.N>が自動運転分野に力を入れている。作業員が乗り込んで操縦する必要がなく、鉱業企業などの顧客が新型コロナウイルスの大流行で感染防止策を迫られる中で、将来有望な市場と見込んでいるためだ。

欧州市場サマリー(5日)

新型コロナウイルス感染再拡大への懸念も重しになっており、コメルツバンクの金利 ストラテジスト、ライナー・ギュンターマン氏は「米ホワイトハウスでの感染拡大のほか 、欧州でも多数の感染ホットスポットが見られていることで安全需要が増大し、国債利回 りの一段の上昇は限定される」と指摘。独10年債利回りはマイナス0.50%を下回る レンジ内にとどまるとの見方を示した。 モルガン・スタンレーのエコノミストは「最近の経済指標は思わしくなく、特にサー ビス部門の回復失速が示唆されている」とし、「インフレ率が目標を大きく下回る状況が 続き、景気回復の足取...

ロンドン株式市場=続伸、石油株が主導 シネワールド急落

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5942.94 +40.82 +0.69 5902.12 週明けのロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。新型コロナウイルスに感染した トランプ米大統領の医師団が大統領の状態は良好と示唆したことで、原油相場が上がり石 油株を押し上げた。 石油大手のBPとロイヤル・ダッチ・シェルが押し上げをけん引した 。 英国の9月のサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は、制限措置が強化 されたほか政府の企業支援制度が終わったにもかかわらず当初予想ほど落ち込まなかった 。...

米株は軟調、主要指数は2週続落 情報技術株に売り

米国株式市場は、情報技術関連株などに対する買いが衰えたことで、ナスダック総合は小幅安、S&P総合500種はほぼ横ばいで取引を終えた。ダウ工業株30種はプラス圏で引けたものの、週足では3指数そろって2週連続で下落した。

米キャタピラー、コロナ打撃で第2四半期70%減益 予想は上回る

米重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>が31日発表した第2・四半期決算は、利益が予想ほど落ち込まなかった。新型コロナウイルス危機を受け、顧客は大規模な投資に慎重になっているが、コスト削減などが寄与した。

UPDATE 1-〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(29日現在)

英銀バークレイズが発表した第1・四半期決算は、税引き前利益が前年比38%減少した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、融資の焦げ付きが増える見通しで、貸倒引当金を21億ポンド(26億ドル)積み増した。 > エアバス、コア利益が49%減 新型コロナが打撃

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(29日現在)

格付け会社フィッチ・レーティングスは28日、イタリアの信用格付けを「BBBマイナス」に引き下げた。格付け見通しは「ネガティブ」から「安定的」に変更した。

米キャタピラー、第1四半期決算は46%減益 全地域で減収

米重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>が28日発表した第1・四半期決算は前年同期比46%減益となった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による経済への悪影響を背景に、全ての地域および主要事業セグメントで減収となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up