for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インク

CAT.N

現在値

207.19USD

変化

2.86(+1.40%)

出来高

723,236

本日のレンジ

203.68

 - 

209.21

52週レンジ

179.67

 - 

246.58

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
204.33
始値
205.02
出来高
723,236
3か月平均出来高
75.34
高値
209.21
安値
203.68
52週高値
246.58
52週安値
179.67
発行済株式数
533.37
時価総額
108,984.40
予想PER
16.41
配当利回り
2.17

次のエベント

Caterpillar Inc Investor Day

適時開示

その他

Caterpillar Inc Says Total Compensation For Ceo James Umpleby Iii Was $24.3 Million In 2021 Versus $13.7 Million In 2020

Cat Financial - First-Quarter 2022 Revenues Of $652 Million, An Increase Of 2%

Caterpillar Reports Q1 Sales And Revenues Up 14% To $13.6 Bln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャタピラー・インクとは

キャタピラー(Caterpillar Inc.)は、建設・鉱山機械、ディーゼルエンジン、天然ガスエンジン、産業用ガスタービン、ディーゼル電気機関車のメーカーである。【事業内容】セグメントで事業を展開する。建設事業は、インフラストラクチャー、林業、建築物の建設に機械を使用する顧客のサポートに従事する。資源事業は、鉱業、重建設、採石、廃棄物、マテリアルハンドリング用途の機械を使用する顧客のサポートに従事する。エネルギー・輸送事業は、石油・ガス、発電、船舶、鉄道、産業用機械などの分野で顧客をサポートする。金融商品事業は、金融および関連サービスを提供する。その他の事業は、製品管理・開発などの活動や、フィルター・流体、足回り、地上作業用工具、流体移送製品、Cat製品用のシール・接続部品などの製造を行う。

業種

Constr. & Agric. Machinery

連絡先

510 Lake Cook Rd Ste 100

DEERFIELD, IL

60015-4971

United States

+1.224.5514000

https://www.caterpillar.com/en.html

エグゼクティブリーダーシップ

donald James Umpleby

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Joseph E. Creed

Group President

Bob De Lange

Group President

Anthony D. Fassino

Group President

Denise C. Johnson

Group President

統計

2.44 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

53.8K

2020

41.7K

2021

51.0K

2022(E)

57.5K
EPS (USD)

2019

11.060

2020

6.560

2021

10.810

2022(E)

12.451
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.24
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.07
株価純資産倍率(四半期)
6.39
株価キャッシュフロー倍率
12.45
総負債/総資本(四半期)
220.24
長期負債/資本(四半期)
148.12
投資利益率(過去12カ月)
12.05
自己資本利益率(過去12カ月)
7.89

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(28日)円02年以来の安値、株大幅高

<為替> 日銀が金融緩和の据え置きを決定したことを受け円が2002年以来の安値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)が他の主要中央銀行よりも速いペースで利上げを実施していくとみられる中、日米の国債利回り格差が拡大するとの見方がドルの支援要因になっている。

米国株式市場=大幅高、メタ好決算受けハイテク株に買い

米国株式市場は大幅高で取引を終えた。IT大手メタ・プラットフォームズの好調な四半期決算を受け、ハイテク株やグロース株が買われた。

訂正-米キャタピラー、中国の掘削機需要軟化を想定 株価一時5%超安

(英文の訂正により、最終段落の「キャタピラーは追加値上げを見込んでおり、下半期は上半期に比べ利益率が改善するとした。」との一文を削除します。)

訂正ロシア事業停止の動き加速、ファーストリテや米大手金融も

ファーストリテイリングは10日、ロシア事業を停止すると発表、これまでの営業継続方針を一転させた。ウクライナ侵攻に関連し、主要国の企業にロシア事業の停止や撤退・縮小の動きが一段と広がっている。

ロシア事業の縮小・停止相次ぐ、ネスレやフィリップ・モリスなど

ウクライナ侵攻を受けて多国籍企業がロシア事業を修正する動きは9日も続き、食品大手ネスレやたばこ大手フィリップ・モリスが事業の縮小や停止を発表した。ロシアによる侵攻に反対する立場を明確にするよう求める消費者からの圧力が強まっている。

NY市場サマリー(8日)ユーロ上昇、米債利回り上昇 米株続落

<為替> ユーロが上昇。前日に対ドルで付けていた22カ月ぶり安値から戻した。欧州連合(EU)が今週にも債券の共同発行計画を発表するというブルームバーグの報道を受け、ユーロ圏がロシアのウクライナ侵攻による経済的な影響の軽減に向けて財政政策を強化するという観測がユーロを支援した。

米国株式市場=荒い値動きの中で続落、ロシア産原油禁輸で

米国株式市場は荒い値動きの中、終盤に売りが加速し続落して取引を終えた。急速なペースで展開するウクライナ危機を巡る状況を評価する動きが背景。

NY市場サマリー(28日)株は年初来の大幅高、ドルは週間で7カ月ぶり上昇幅

<為替> 週末を控えドルに若干のポジション調整が入ったものの、米連邦準備理事会(FRB)が今年は積極的な利上げに動くとの観測から、ドル指数は週間ベースで7カ月ぶりの大幅な上昇となった。

米国株式市場=反発、年初来の大幅高 好決算のアップルが主導

米国株式市場は不安定な値動きとなる中、主要株価3指数は反発。朝方は低調に推移していたものの、ハイテク株が上昇を主導し、年初来の大幅高となった。米株式相場は今週、強弱入り交じる企業決算や地政学的リスクの高まり、米連邦準備理事会(FRB)のタカ派姿勢の強まりを背景に振れる展開となった。

NY市場サマリー(28日)株は年初来の大幅高、ドルは週間で7カ月ぶり上昇幅

<為替> 週末を控えドルに若干のポジション調整が入ったものの、米連邦準備理事 会(FRB)が今年は積極的な利上げに動くとの観測から、ドル指数は週間ベースで7カ 月ぶりの大幅な上昇となった。 この日は春節(旧正月)を来週に控え、アジア取引時間中は主要通貨はほぼ横ばいで 推移していた。 主要6通貨に対するドル指数は0.04%高。週初からは約1.7%上昇。週 間ベースでは昨年6月以来の大きな上昇となった。 この日発表の米経済指標では、労働省の発表した2021年第4・四半期の雇用コス ト指数(ECI)が前期比1.0%上昇。市場予想は1.2%上昇...

キャタピラー、第1四半期の利益率圧迫を警告 株価6%安

米重機メーカーのキャタピラーが28日発表した第4・四半期(12月31日まで)決算は売上高が20%超増加し、市場予想を上回った。ただ、生産コストと人件費の増加により今四半期の営業利益率が打撃を受ける可能性があると警告し、株価は6%超下落した。

再送-資源大手BHP、豪州の鉄鉱石輸送に電池機関車を購入

豪資源大手BHPグループは17日、鉄鉱石を豪西部ピルバラ地区の鉱山から西オーストラリア州の港まで輸送するため、電池を動力とする機関車4両を購入すると発表した。二酸化炭素(CO2)削減の取り組みの一環。

米国株式市場=最高値更新、テスラ売られ終盤に上げ幅縮小

米国株式市場は小幅高で取引を終えた。インフラ投資法案の可決を好感し、序盤に値を上げたが、テスラ株の下げが重しとなり終盤に上げ幅を縮小した。

今日の株式見通し=強含み、米株高が支援 選挙前の持ち高調整も

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強含みの展開が見込まれている。米株高の流れを受けて買いが先行しそうだ。31日に衆院選の投開票を控えており、朝方の取引一巡後は、持ち高調整による売買交錯も想定されている。

NY市場サマリー(28日)ドル下落、S&P・ナスダック最高値

<為替> 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁の発言や米経済指標などが消化される中、ドルがユーロと英ポンドに対し軟調に推移した。

米国株式市場=S&P・ナスダック最高値、アップルやアマゾン上昇で

米国株式市場は上昇し、S&P総合500種とナスダック総合が最高値で引けた。テスラやアップル、アマゾン・ドット・コムの上昇が寄与した。また、キャタピラーやメルクの好決算を受け、経済成長の鈍化が利益の重しになるとの懸念が後退した。

NY市場サマリー(28日)ドル下落、S&P・ナスダック最高値

終盤の取引で10年債利回りは約4bp上昇の1.5650%。 2年債利回りは一時0.5640%と、1年7カ月ぶりの高水準を付けた 。取引終盤では0.499%と、上昇幅は1bp未満。 5年債利回りは約4bp上昇の1.1799%。 米金融・債券市場: <株式> 上昇。S&P総合500種とナスダック総合が最高値で引 けた。テスラやアップル、アマゾン・ドット・コムの上昇が寄 与した。また、キャタピラーやメルクの好決算を受け、経済成長の鈍化が 利益の重しになるとの懸念が後退した。 テスラは3.8%、アップルは2.5%それぞれ値上がりし、ナスダックを...

米国株式市場=ナスダック最高値、アップル・アマゾン上昇で

米国株式市場はナスダッ ク総合が最高値を更新した。テスラやアップル、アマ ゾン・ドット・コムの上昇が寄与した。また、キャタピラー<C AT.N>やメルクの好決算を受け、経済成長の鈍化が利益の重しに なるとの懸念が後退した。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 35730.48 +239.79 +0.68 35545.4 35742. 35545. 1 25 41  前営業日終値 35490.69 ナスダック総合 15448.12 +212.28 +1.39 15304.7 15452. 15290. 4 30...

キャタピラー、第3四半期売上高が予想下回る 一段の値上げ示唆

米重機メーカーのキャタピラーが28日発表した第3・四半期決算は、売上高が今年に入って初めて市場予想を下回った。生産の遅れが影響した。また、インフレの影響により全面的な値上げを余儀なくされる可能性があるとした。

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の重しに

この街でテント製造工場を経営するローレン・ラッシュ氏にとって、製造の停滞を招いているのは、一見すると些細なことだ。たとえば、黒のベルクロの色合いがバラバラで合わないといった問題である。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up