for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カーニバル・コーポレーション

CCL.N

現在値

42.60USD

変化

-0.60(-1.39%)

出来高

1,066,805

本日のレンジ

42.50

 - 

43.11

52週レンジ

39.93

 - 

59.24

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
43.20
始値
43.07
出来高
1,066,805
3か月平均出来高
105.93
高値
43.11
安値
42.50
52週高値
59.24
52週安値
39.93
発行済株式数
684.68
時価総額
28,812.70
予想PER
--
配当利回り
4.69

次のエベント

Dividend For CCL.N - 0.5000 USD

適時開示

その他

Carnival Says Coronavirus Hit Could Take 55-65 Cents Off 2020 EPS

Princess Cruises Expands Partnership With SES

Carnival Says Ship Docked In Civitavecchia Will Resume Mediterranean Program On Friday

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カーニバル・コーポレーションとは

カーニバル (Carnival Corporation) はレジャー旅行会社である。【事業内容】同社は世界的なクルーズ客のクルーズ会社であり、世界中のすべてのクルーズ目的地への休暇を提供する。同社は4つの事業を運営する。北米事業はカーニバルクルーズライン、オランダアメリカライン、プリンセスクルーズ(プリンセス)及びシーボーンを含む。クルーズ・サポート事業は、港湾、関連施設及びクルーズ・ブランドとファトムの販売及び一般管理関連する他のサービスを含む。EAA事業には、AIDAクルーズ(AIDA)、コスタクルーズ(コスタ)、Cunard、P&Oクルーズ(オーストラリア)、P&Oクルーズ(英国)、及びFathomの運航が含まれる。そのツアー・他の事業は、オランダ・アメリカ・プリンセス・アラスカツアーを運営するホテル事業及び三隻の船を含む輸送業務に従事する。その三隻の船は非関連事業体にベアボート・チャーターする。

連絡先

3655 NW 87th Ave,

PO Box 1347

+1.305.5992600

http://www.carnivalcorp.com

エグゼクティブリーダーシップ

Micky Meir Arison

Chairman of the Board

Arnold W. Donald

President, Chief Executive Officer, Director

David Bernstein

Chief Financial Officer, Chief Accounting Officer

Stein Kruse

Group Chief Executive Officer of Holland America Group and Carnival UK

Michael Olaf Thamm

Group Chief Executive Officer of Costa Group and Carnival Asia

統計

2.62 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

17.5K

2018

18.9K

2019

20.8K

2020(E)

21.6K
EPS (USD)

2017

3.820

2018

4.260

2019

4.400

2020(E)

4.466
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.85
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.38
株価純資産倍率(四半期)
1.15
株価キャッシュフロー倍率
5.60
総負債/総資本(四半期)
45.35
長期負債/資本(四半期)
38.14
投資利益率(過去12カ月)
8.64
自己資本利益率(過去12カ月)
6.83

最新ニュース

最新ニュース

新型肺炎、中国本土の新たな感染者減少 専門家は慎重姿勢崩さず

中国の保健当局者らによると、中国本土での新型コロナウイルスによる肺炎は、新たな感染者の数が1月30日以来初めて2000人を割り込んだ。しかし海外の専門家は、感染の封じ込めに成功したと判断するのは時期尚早とし、依然として慎重な姿勢を崩していない。

オーストラリア、ダイヤモンド・プリンセスの自国民退避へ

オーストラリアのモリソン首相は17日、新型コロナウイルスの検疫のため横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船している自国民200人超を退避させると明らかにした。

アングル:新型ウイルス感染拡大、「大揺れ」のクルーズ業界

新型コロナウイルスが急拡大し、感染者発見が相次ぐクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」は横浜港での長期停泊を余儀なくされ、クルーズ業界に厳しい視線が向けられている。

カナダと香港もクルーズ船から自国民退避へ

カナダと香港の両政府は、横浜港に検疫のため停泊し、新型コロナウイルスの集団感染が発生しているクルーズ船からそれぞれの市民を帰国させるためのチャーター機を派遣すると発表した。

UPDATE 1-米国務省、ダイヤモンド・プリンセス号の米国人を退避へ=WSJ

米国務省は、新型コロナウイルス感染で横浜港周辺に2週間近く停泊しているダイヤモンド・プリンセス号に乗船中の米国人と家族を退避させる。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が14日、米疾病対策センター(CDC)当局者の話として伝えた。

新型肺炎、中国の感染者5090人増 クルーズ船がカンボジア到着

中国保健当局は14日、新型肺炎について、13日時点での新たな感染者は5090人、新たな死者は121人と発表した。感染者数は累計6万3851人。現在5万5748人が治療を受けている。死者の累計は1380人。

ロイヤル・カリビアン、新型肺炎で18のクルーズ中止 通期利益に影響

クルーズ運航大手ロイヤル・カリビアン・クルーズ<RCL.N>は13日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、東南アジアで18のクルーズを取りやめたことを明らかにし、通期利益が打撃を受けると発表した。

日本などが入港拒否のクルーズ船、カンボジアに到着

新型コロナウイルスの感染者が船内にいるおそれがあるとして、日本などが入港を拒否したクルーズ船「ウエステルダム」が13日、入港を許可したカンボジアに到着した。

中国で新型肺炎の感染鈍化、WHOは慎重姿勢維持 催し中止相次ぐ

世界保健機関(WHO)は12日、中国で新型コロナウイルスの感染拡大ペースが安定化しつつあるものの、「極めて慎重」に解釈すべきとの認識を示した。

横浜港停泊のクルーズ船運航会社、新型肺炎で通年利益に影響へ

クルーズ運航大手カーニバル<CCL.N><CCL.L>は12日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえ、2020年利益に関する警告を発した。

中国、新型肺炎の死者1000人超える 経済への打撃拡大

中国では新型肺炎の死者が1000人を突破した。10日から企業や工場が再開したが、感染拡大への懸念から本格稼働には至っていない。長期にわたる「マヒ状態」の影響で、企業の間では資金繰りに支障をきたしたり、人員削減の動きも出始めた。

中国の死者1000人超える、新型肺炎 WHOは国外の感染拡大に警鐘

中国・湖北省の保健当局は11日、新型コロナウイルスによる肺炎で10日に103人が死亡したと発表した。これで同省内の死者数は974人、中国国内では1000人を超えた。

WHO、中国国外の感染拡大に懸念 「大火につながる火花」

世界保健機関(WHO)は10日、新型コロナウイルスについて、中国に渡航歴のない患者からの感染がより広範な流行につながるきっかけになる可能性があると懸念を示した。

新型肺炎の死者81人に、拡大防止へ中国は春節連休を延長

中国の湖北省・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は感染が拡大し、患者数は中国国内で2744人に増え、死者は81人に達した。

NY市場サマリー(21日)

<為替> 中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を背景に人民元が急落する一方、安全資産としての円に買いが入った。

米株は最高値から下落、新型ウイルス感染や世界経済巡る懸念で

米国株式市場は、最高値から下落して取引を終えた。中国で発生した新型コロナウイルスの感染が拡大している問題で米国内で初の患者が確認されたことや、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを引き下げたことが背景。

米株は最高値更新、米中協議巡る楽観・好調な経済指標が押し上げ

米国株式市場は、株価が最高値を更新して取引を終えた。米中通商協議を巡る楽観的な見方が継続する中、米個人消費支出が堅調に伸びたことが押し上げ要因となった。

NY市場サマリー(20日)

<為替> ドルが上昇。底堅い米指標を受け、短期的な米利下げの公算は小さいとの見方が広がった。週間では11月初旬以来の大幅な伸びを記録した。

ダウ142ドル安、サウジ攻撃嫌気 エネルギー株は堅調

の石油施設が攻撃を受けたことで、投資家の間で地政学的リスクや世界経済の減速に対する懸念が広がり、全般的に売りが優勢となった。一方、原油価格の急騰に伴いエネルギー株は堅調となった。

訂正-NY市場サマリー(16日)

(日付を訂正します) [16日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨に対して上昇した。サウジアラビア東部にある国営石油会 社サウジアラムコの石油施設に対する攻撃を受け、原油価格が急騰。その後、トランプ米 大統領が必要に応じて米戦略石油備蓄の放出を承認したと明らかにし、原油は上げ幅を縮 小した。 安全資産とされる円とスイスフランは、原油価格が高値から下落するに伴い当初の上 昇分を削った。 ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョ ー・マニンボ氏は「トランプ大統領による戦略石油備蓄放出の決断が功を奏した...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up