for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カーニバル・コーポレーション

CCL.N

現在値

25.46USD

変化

0.77(+3.12%)

出来高

2,650,169

本日のレンジ

24.60

 - 

25.95

52週レンジ

12.12

 - 

31.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
24.69
始値
24.80
出来高
2,650,169
3か月平均出来高
689.73
高値
25.95
安値
24.60
52週高値
31.50
52週安値
12.12
発行済株式数
1,149.88
時価総額
26,785.78
予想PER
-4.03
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Carnival Corp Earnings Release

適時開示

その他

Carnival Cruise Line Says Has An Agreement With City Of New Orleans And FEMA To Provide Carnival Glory For First Responders Housing Through Sept. 18

Carnival Cruise Line Announces Next Round Of Restart Plans

Carnival Corporation Announces Pricing Of $2.4 Bln 4.0% First-Priority Senior Secured Notes Offering

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カーニバル・コーポレーションとは

カーニバル (Carnival Corporation) はレジャー旅行会社である。【事業内容】世界的なクルーズ客のクルーズ会社であり、世界中のすべてのクルーズ目的地への休暇を提供する。北米とオーストラリア(NAA)およびヨーロッパとアジア(EAA)の2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。NAA事業には、カーニバルクルーズライン、プリンセスクルーズ、ホランドアメリカライン、P&Oクルーズ(オーストラリア)、シーボーンが含まれる。EAA事業には、コスタクルーズ(Costa)、アイダクルーズ(AIDA)、P&Oクルーズ(イギリス)、キュナードが含まれる。地理的地域には、米国、カナダ、ヨーロッパ大陸、アジア、オーストラリア、ニュージーランド、英国が含まれる。船は、アラスカ、南極大陸とパタゴニア、アラビア、アフリカ、インド、 アジア、 オーストラリアと南太平洋、 カナダとニューイングランド、カリブ海、地中海、北欧、太平洋沿岸、パナマ運河と南アメリカを含むすべてのクルーズの目的地に出航する。

業種

Recreational Activities

連絡先

3655 NW 87th Ave,

PO Box 1347

MIAMI, FL

33178-2428

United States

+1.305.5992600

http://www.carnivalcorp.com

エグゼクティブリーダーシップ

Micky Meir Arison

Executive Chairman of the Board

Arnold W. Donald

President, Chief Executive Officer, Executive Director

David Bernstein

Chief Financial Officer, Chief Accounting Officer

Michael Olaf Thamm

Group Chief Executive Officer of Costa Group and Carnival Asia

Josh Ian Weinstein

Chief Operating Officer

統計

2.50 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

18.9K

2019

20.8K

2020

5.6K

2021(E)

2.9K
EPS (USD)

2018

4.260

2019

4.400

2020

-7.470

2021(E)

-5.863
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
189.97
株価純資産倍率(四半期)
1.50
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
172.16
長期負債/資本(四半期)
145.27
投資利益率(過去12カ月)
-21.66
自己資本利益率(過去12カ月)
-17.40

最新ニュース

最新ニュース

米カーニバル、22年下期予約がコロナ禍前上回る

クルーズ運航大手カーニバルは24日、2022年下半期のクルーズ船利用者の予約が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準を上回ったと発表した。世界各地でのクルーズ船の運航再開に伴い、事業回復への期待感を示した。

カーニバル、クルーズ船の収容能力65%に回復見込む 年末までに

米クルーズ船運航カーニバルは20日、年末までに同社の運行するクルーズ船の収容能力が65%に回復するとの見通しを示した。さらに「カーニバル・クルーズ・ライン」ブランドの全クルーズ船の運航を年末までに再開させる計画とした。

NY市場サマリー(16日)米国株は下落、ドル小幅高

<為替> ドルが小幅高。週間では1カ月ぶりの大幅な値上がりとなった。小売売上高が予想外に伸びたことで、第2・四半期の成長拡大が意識された。

米国株式市場=下落、コロナ感染再拡大に警戒 アマゾンやアップル安い

米国株式市場は下落。アマゾン・ドット・コムやアップルなどのハイテク大手の下げが相場を圧迫した。感染力の強い新型コロナ変異ウイルス「デルタ株」が広がる中、新型コロナ感染拡大を巡る懸念も強まっている。

米アフターコロナ関連株が軟調、変異ウイルス巡る懸念を象徴

米国株式市場で、旅行やレジャーなど新型コロナウイルスの収束を見据えたアフターコロナ関連株が軟調に推移しており、変異ウイルス「デルタ株」への懸念が一因であることが示唆されている。

CDC、クルーズ船運航の条件緩和 ワクチン完全接種なら乗船可

米疾病対策センター(CDC)は17日、クルーズ船の運航に関する警戒水準を1段階緩和した。これまでは運航の全面停止につながる最も厳しい水準に設定していたが、今後は新型コロナウイルスワクチンの接種を完全に済ませていれば乗船できるようになる。

米国株式市場=まちまち、方向感欠く展開

米国株式市場は方向感を欠く展開となる中、まちまち。ダウ工業株30種が下落する半面、ナスダック総合は上昇。S&P総合500種はほぼ変わらずで取引を終えた。インフレ高進懸念もくすぶっている。

一般社員の給与低い米大手100社、半数超でCEO報酬増加=調査

米S&P総合500種指数の採用企業で、社員給与の中央値が最も低い100社のうち51社が、2020年に最高経営責任者(CEO)の報酬を引き上げたことが、11日公表した米政策研究所の調査で分かった。

NY市場サマリー(20日)米国株続落、ドル指数やや上昇 長期金利1.5%台に低下

<為替> ニューヨーク外為市場では、米国債利回りが狭い範囲内の動きにとどまり、資源国通貨が原油安で売られる中、ドル指数がやや上昇した。

米株続落、コロナ感染拡大が旅行株の打撃に

米国株式市場は続落して取引を終えた。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により旅行関連株が打撃を受けたほか、先週発表された米銀行の好決算に対する見直しが広がった。

ノルウェージャン、米国発クルーズを7月再開計画 ワクチン義務化

クルーズ船運航会社のノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングは5日、新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けた上で7月4日から米国からのクルーズ船運航を再開できるよう米当局に要請したと明らかにした。

NY市場サマリー(15日)S&P・ダウ最高値、ドル上昇

<為替> ドルが上昇。最近の米債利回り上昇を踏まえドル安観測が後退しているほか、16─17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え警戒感が強まっている。

米株はS&Pとダウが終値で最高値、FOMCに注目

米国株式市場は上昇し、S&P総合500種とダウ工業株30種が終値で最高値を更新した。金利上昇への懸念が根強い中、市場は景気回復に期待しているほか、今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)も注目される。

再送-欧州市場サマリー(11日)

(欧州株の一部記号を修正して再送します) [11日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。欧州で の新型コロナウイルス感染拡大による短期的な景気への打撃に懸念が広がった。 英国で新型コロナによる死者数が過去最高を記録し、病院で酸素が足りなくなる中、 ジョンソン首相はワクチンの配布が「時間との闘いだ」と述べた。ホイッティ首席医務官 は、パンデミック(世界的大流行)の最悪の数週間が迫っていると語った。 英豪系資源大手リオ・ティントやBHPが主な押し下げ要因だった 。最大消費国の中国でコロナ患者が増え、金属価額が値下がりしたことが...

再送-欧州株式市場=反落、コロナ感染拡大で世界景気に懸念

(一部記号を修正して再送します) [11日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 408.41 -2.76 -0.67 411.17 種 FTSEユーロファー 1575.94 -9.42 -0.59 1585.36 スト300種 ユーロSTOXX50 3620.62 -24.43 -0.67 3645.05 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルスの感染 者数が欧州と中国本土で急増し、世界の景気回復に冷や水を浴びせると の懸念が高まった。...

コラム:世界の中銀、今年の課題は「債務という名の怪獣」制御

2021年は中央銀行にとって、昨年生み出した債務という名の「怪獣」を手なずける年になるだろう。コロナ禍を契機とした市場の暴落に対応し、米連邦準備理事会(FRB)は初めて社債購入に踏み切り、欧州中央銀行(ECB)は1兆8500億ユーロという未曽有の規模の債券購入計画を打ち出した。しかしこうした危機対応は、次の危機の種をまくことになった。

UPDATE 1-NY市場サマリー(28日)ユーロが対円・ポンドで上昇、米国株式市場は主要指数が最高値

(レートを更新し、米国株式市場のリポート内容を追加しました) [28日 ロイター] - <為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、英国と欧州連合(EU)との通商協定 合意を受けリスク選好度が高まったことから、ユーロが上昇した。 英国とEUは24日、自由貿易協定(FTA)を含む将来の関係を巡る交渉で合意し た。EUを離脱した英国が加盟国とほぼ同等に扱われる移行期間が31日に終了する前に 合意にこぎつけたことで、離脱に伴う混乱が回避された。 コメルツ銀行の為替リサーチ責任者、ウルリッヒ・ロイヒトマン氏は「無秩序なブレ グジット(英EU離脱)...

米株主要指数が最高値更新、追加経済対策成立で

米国株式市場は続伸し、主要指数が最高値を更新して取引を終えた。新型コロナウイルス追加経済対策法案がトランプ大統領の署名を受けて成立したことで、景気回復への期待が高まった。

米社債市場で起債相次ぐ、投資家が高利回り追求

今週の米社債市場では、投資家が高利回りを追求していることを背景に起債が相次いでいる。

UPDATE 1-NY市場サマリー(16日)S&P・ダウ最高値、ドルほぼ横ばい

(表を更新し株式の内容を追加しました。) [16日 ロイター] - <為替> ドルがほぼ横ばいで推移。米製薬大手ファイザーに続き、米モデ ルナも新型コロナウイルスワクチンが高い予防効果を発揮したと発表し、株価が 値上がりする一方、為替市場への影響は限定的だった。 ドルは通貨バスケットに対し92.64。 ユーロ/ドルは一時1.187ドルと1週間ぶり高値を付け、その 後は0.07%高の1.184ドル。 日本や中国の経済指標は回復を示す内容になった。日本や中国、韓国、東南アジア諸 国連合(ASEAN)加盟国など15カ国は15日、東アジア地域包括的経済連携...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up