for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カーニバル・コーポレーション

CCL.N

現在値

13.07USD

変化

-0.81(-5.84%)

出来高

4,939,429

本日のレンジ

12.83

 - 

13.51

52週レンジ

7.80

 - 

51.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
13.88
始値
13.50
出来高
4,939,429
3か月平均出来高
1,014.29
高値
13.51
安値
12.83
52週高値
51.94
52週安値
7.80
発行済株式数
757.66
時価総額
10,035.34
予想PER
-1.95
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Carnival Corp Earnings Release

適時開示

その他

Carnival Says Expects To Record Non-Cash Impairment Charges During Q3 Of 2020

Biohitech Global Says Carnival Corp Reinitiates Installation Program Of Co's Food Waste Digesters On Its Ships

Carnival Announces Pricing Of Second-Priority Senior Secured Notes

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カーニバル・コーポレーションとは

カーニバル (Carnival Corporation) はレジャー旅行会社である。【事業内容】世界的なクルーズ客のクルーズ会社であり、世界中のすべてのクルーズ目的地への休暇を提供する。北米とオーストラリア(NAA)およびヨーロッパとアジア(EAA)の2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。NAA事業には、カーニバルクルーズライン、プリンセスクルーズ、ホランドアメリカライン、P&Oクルーズ(オーストラリア)、シーボーンが含まれる。EAA事業には、コスタクルーズ(Costa)、アイダクルーズ(AIDA)、P&Oクルーズ(イギリス)、キュナードが含まれる。地理的地域には、米国、カナダ、ヨーロッパ大陸、アジア、オーストラリア、ニュージーランド、英国が含まれる。船は、アラスカ、南極大陸とパタゴニア、アラビア、アフリカ、インド、 アジア、 オーストラリアと南太平洋、 カナダとニューイングランド、カリブ海、地中海、北欧、太平洋沿岸、パナマ運河と南アメリカを含むすべてのクルーズの目的地に出航する。

業種

Recreational Activities

連絡先

3655 NW 87th Ave,

PO Box 1347

MIAMI, FL

33178-2428

United States

+1.305.5992600

http://www.carnivalcorp.com

エグゼクティブリーダーシップ

Micky Meir Arison

Chairman of the Board

Arnold W. Donald

President, Chief Executive Officer, Director

David Bernstein

Chief Financial Officer, Chief Accounting Officer

Stein Kruse

Group Chief Executive Officer of Holland America Group and Carnival UK

Michael Olaf Thamm

Group Chief Executive Officer of Costa Group and Carnival Asia

統計

3.00 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

17.5K

2018

18.9K

2019

20.8K

2020(E)

6.3K
EPS (USD)

2017

3.820

2018

4.260

2019

4.400

2020(E)

-7.129
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.60
株価純資産倍率(四半期)
0.50
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
99.83
長期負債/資本(四半期)
71.35
投資利益率(過去12カ月)
-8.19
自己資本利益率(過去12カ月)
-6.26

最新ニュース

最新ニュース

米CDC、クルーズ船の運航停止を9月末まで延長

米疾病対策センター(CDC)は16日、クルーズ船の運航停止期間を9月30日まで延長した。新型コロナウイルスの急速な感染拡大を抑制するのが目的。

「グランド・プリンセス」コロナ訴訟、米判事が乗客の訴え退ける

クルーズ船「グランド・プリンセス」の乗客が新型コロナウイルスへの感染懸念から精神的苦痛を受けたとして提起した訴訟を巡り、米連邦判事は訴訟を進めることを認めれば「些末な訴訟の殺到につながる」と指摘し、原告の訴えを退けた。

NY市場サマリー(15日)ドル1カ月ぶり安値、米株上昇

<為替> リスク心理改善を受けてドルが1カ月ぶり安値を付けた。新型コロナウイルスワクチン開発で進展が見られたことから、株式が上昇したほかコモディティー通貨が強含んだ。

米株上昇、コロナワクチンへの期待やゴールドマンの好決算で

米国株式市場は上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチンを巡り有望な初期データが示されたほか、ゴールドマン・サックスの堅調な四半期決算が追い風となった。

NY市場サマリー(10日)ナスダック最高値、ドル下落

<為替> ドルが下落。新型コロナウイルスワクチンを巡る期待からリスク選好が上向き、株価が値上がりする一方、ドルは売られた。ドル指数は週間で約1カ月ぶりの大幅な下げとなった。

米国株は上昇、ギリアド・金融株が高い ナスダック最高値

米国株式市場は上昇。米国で新型コロナウイルス新規感染者数が連日で最多を記録し、懸念は強まっているものの、製薬ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>のコロナ感染症治療薬が治験で良好なデータを示したことが材料視された。

カーニバル、クルーズ船運航を段階的再開へ 投資や輸送能力縮小

米クルーズ大手カーニバル<CCL.N>は10日、新型コロナウイルス流行で停止しているクルーズ船運航を段階的に再開すると発表した。今後18カ月の設備投資計画を50億ドル超縮小したほか、廃船や新たな客船納入の遅延によって旅客輸送能力を縮小する方針を示した。

米クルーズ船運航のカーニバル、3─5月は過去最大の44億ドル赤字

世界最大のクルーズ船運航会社、米カーニバル<CCL.N>が18日発表した第2・四半期(3─5月)決算は、赤字額が44億ドルと過去最大に膨らんだ。新型コロナウイルスのパンデミック(大流行)で船を動かせないことなどから、多大な損失が発生した。

ダウとS&P下落、コロナ感染拡大で回復への楽観論後退

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が下落して取引を終えた。新型コロナウイルス感染者が増加し、新たな抑制措置実施への懸念が広がったことで、経済回復の兆しを巡る投資家の楽観姿勢が後退した。

S&Pとダウ反落、ナスダックは連日の最高値

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJI>が下落。連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、このところの急上昇が一服した。一方、ナスダック総合<.IXIC>は終値で連日の最高値更新。取引時間中には節目の1万ポイントを初めて突破した。

NY市場サマリー(9日)円・スイスフラン上昇、S&Pとダウ反落

<為替> 安全資産とされる円とスイスフランの買いが膨らみ、円は対ドルで1週間ぶり、スイスフランも約2カ月の高値をそれぞれ更新した。資源国通貨は下げに転じた。

NY市場サマリー(8日)ドル下落・資源国通貨上昇、米株続伸

<為替> ドルが下落し、資源国通貨が上昇。新型コロナウイルス流行で打撃を受けた景気の回復を巡り楽観的な見方が広がる中、リスク選好の動きが強まった。

ナスダック終値で最高値更新、景気回復期待で強気相場入り

米国株式市場は続伸し、ナスダック総合は終値で過去最高値を更新した。相場は新型コロナウイルス流行の打撃を受けた景気の早期回復を巡る期待を追い風に3月23日に付けた安値から戻し、強気相場入りしたことが示された。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4日現在)

イングランド銀行(英中央銀行)の幹部は4日、新型コロナウイルスの感染拡大で3月のマーケットは極度にボラティリティーが高まったが、その後は落ち着きを取り戻していると指摘、政策当局者に「難しい課題」を残したとの認識を示した。

カーニバル傘下プリンセス・クルーズ、一部運航休止を延長

米クルーズ大手カーニバル<CCL.N>傘下のプリンセス・クルーズ社は4日、オーストラリア、カナダ、台湾に寄港するクルーズ船の一部について、運航休止を延長すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により各国が寄港を拒否していることが背景。

米企業の転換社債、5月の発行額が過去最高=バンカメ

バンク・オブ・アメリカのデータによると、5月に米企業が発行した転換社債の規模は約207億ドルとなり、2001年5月の192億ドルを抜いて過去最高となった。

米上場企業の株式発行額、5月に600億ドル超え過去最高に

米上場企業による株式発行額が5月に600億ドル超と月間ベースで過去最高を記録した。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が収まりつつあるとの期待感から株式市場が上昇したことが背景。

サウジ、政府系ファンドに外貨準備400億ドル注入 投資原資に

サウジアラビア政府は、政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)の投資資金として、中央銀行の外貨準備から3月と4月に総額1500億リヤル(400億ドル)注入した。ジャドアーン財務相が5月29日、明らかにした。

コラム:変わる旅のかたち、コロナ後も需要回復に長い道のり

「旅はそれ自体が目的だ」という言い回しがこれほど真実味を帯びたことはない。

ロイヤル・カリビアン、第2四半期は赤字見込む 7月末まで運航中止延長

クルーズ運航大手、ロイヤル・カリビアン・クルーズ<RCL.N>は20日、第2・四半期は赤字になるとの見通しを示した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制する渡航制限を背景に旅行のキャンセルが相次ぐ中で、債務が膨らんでいるという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up