for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

セルジーン・コーポレーション

CELG.O

前日終値

104.70USD

変化

1.30(+1.26%)

出来高

4,350,130

本日のレンジ

104.65

 - 

107.41

52週レンジ

58.59

 - 

107.41

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
103.40
始値
106.23
出来高
4,350,130
3か月平均出来高
76.32
高値
107.41
安値
104.65
52週高値
107.41
52週安値
58.59
発行済株式数
708.74
時価総額
73,283.84
予想PER
9.54
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2019 Celgene Corp Earnings Release

適時開示

その他

Phathom Pharmaceuticals Says Terrie Curran To Succeed David Socks As CEO

Celgene's Cc-486 Tested As Maintenance Therapy For AML Succeeds In Phase 3 Study

U.S. FDA Approves Inrebic As First New Treatment In Nearly A Decade For Patients With Myelofibrosis

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

セルジーン・コーポレーションとは

セルジーン(Celgene Corporation)は統合的グローバル・バイオ医薬品会社である。【事業内容】同社は子会社とともに、タンパク質ホメオスタシス、免疫腫瘍学、エピジェネティクス、免疫学と神経炎症等にあるソリューションを通じて、癌と炎症関連疾患治療法の発見、開発及び商品化に従事する。同社の商用段階製品は「REVLIMID」、「POMALYST/IMNOVID」、「OTEZLA」、「ABRAXANE」、「VIDAZA」、注射用アザシチジン及び「THALOMID」を含む。臨床試験活動は血液学、充実性腫瘍、炎症と免疫学の疾患分野にある試験を含む。同社はまたエピジェネティクス修飾因子「ISTODAX」を販売する。同社はまたAG-221が変異型IDH2を有する急性骨髄性白血病にある「VIDAZA」との結合を評価する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

86 Morris Ave

+1.908.6739000

http://www.celgene.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark J. Alles

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

David V. Elkins

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Nadim Ahmed

President - Global Hematology & Oncology

Terrie J. Curran

President, Global Inflammation & Immunology Franchise

Alise S. Reicin

President - Global Clinical Development

統計

2.89 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

11.2K

2017

13.0K

2018

15.3K

2019(E)

17.4K
EPS (USD)

2016

5.940

2017

7.440

2018

8.870

2019(E)

10.835
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.26
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.48
株価純資産倍率(四半期)
7.29
株価キャッシュフロー倍率
12.46
総負債/総資本(四半期)
196.90
長期負債/資本(四半期)
196.90
投資利益率(過去12カ月)
16.23
自己資本利益率(過去12カ月)
14.40

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(26日)

<為替> ドルが上昇。米中が貿易摩擦解消に向け歩み寄りをみせたことが追い風に。 トランプ米大統領は主要7カ国(G7)首脳会議の合間に、中国から通商交渉再開に向けた申し入れが あったことを明らかにした上で、通商協議を再開する方針を表明、合意の実現に期待感を示した。 中国の劉鶴副首相も「われわれは冷静な態度で協議と協力を通じて問題を解決する方針だ。貿易戦争の 激化には断固として反対する」とし、「貿易戦争は中国のためにも、米国のためにも、世界の人々のために もならない」と述べた。 トランプ大統領の発言はドルを支援。また、それまで売り込まれていた...

UPDATE 1-米国株式市場=反発、米中通商巡る懸念が後退 アップルが上げ主導

(内容を追加します。) [ニューヨーク 26日 ロイター] - 米国株式市場は反発。主 要3指数は揃って1%を超えて上昇し、取引を終えた。トランプ米大統 領が中国から通商交渉再開に向けた申し入れがあったことを明らかにし 、通商協議を再開する方針を表明したことで、米中貿易戦争を巡る懸念 が後退した。 関税に敏感な企業の株価が軒並み上昇。アップルは1.9 %高と、この日の上昇を主導した。 半導体株も高い。フィラデルフィア半導体は0.86%上昇 。前営業日は4%超急落していた。 株価はこの日反発したものの、最近の市場のボラティリティが継続 するとの...

コラム:米企業の大型M&Aが過熱、後悔に終わりかねない理由

米企業による大型の合併・買収(M&A)が過熱している。今年上半期は欧州とアジアでM&Aが減ったのに対し、米国では前年同期比19%増えて過去最高の1兆1000億ドルを記録した。多くの株主は企業の経営最高責任者の決断を悔やむことになりそうだ。

UPDATE 1-米国株式市場=まちまち、ヘルスケア株が安い 米中首脳会談に注目

(内容を追加しました) [ニューヨーク 24日 ロイター] - 米国株式市場はまちまちで取引を終えた。ハイテク株に買い が入る一方、ヘルスケア株の売りが膨らんだ。今週末の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わ せて開催される米中首脳会談が注目されている。 S&P総合500種とナスダック総合は小幅安。ボーイングなど関税に影響を受けやすい工業株 がけん引し、ダウ平均はプラス圏で引けた。 市場では、今週末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)での米中首脳会 談で貿易戦争が緩和することを期待している。 ノースイースト・インベスターズ・トラスト...

コラム:巨大M&Aの影で「金のガチョウ」衰退、経済に暗雲

金のダチョウ(大型合併)1羽と金のガチョウ(小型合併)の群れを比べると、どちらが良い兆しか──。米テュレーン大法科大学院で今月開かれる買収・合併(M&A)業界の年次会議で、バンカーや法律家はこうした問題を突き付けられるだろう。

米国株式市場=小幅安、企業決算や米中通商協議巡る懸念が重し

米国株式市場は小幅下落して取引を終えた。第4・四半期の国内総生産(GDP)統計が予想を上回り相場の下支えとなる一方、企業決算や米中通商協議を巡る懸念が重しとなった。

UPDATE 2-NY市場サマリー(28日)

(株式のリポートを追加しました。) [28日 ロイター] - <為替> ドルが対円で10週間ぶり高値。朝方発表された米国の第4・四半期実質 国内総生産(GDP)伸び率が予想を上回ったことが追い風となった。ドルは対ユーロで の下げ幅も縮小した。 第4・四半期のGDPは年率換算で前期比2.6%増と、市場予想の2.3%増を上 回った。18年通年では2.9%増と、前年の2.2%増から加速し、15年以来の大幅 な伸びを記録した。 モネックス・ヨーロッパの市場アナリストは「年内の米追加利上げは1回弱という慎 重な観測が市場に織り込まれる中、ドルが上振...

スターボード、ブリストル株100万株取得 取締役候補5人指名

米製薬大手ブリストル・マイヤーズ・スクイブは20日、物言う投資家のヘッジファンド、スターボード・バリューがブリストルの株式100万株を取得し、取締役候補5人を指名したと明らかにした。

UPDATE 3-NY市場サマリー(3日)

(為替の内容を更新しました) [3日 ロイター] - <為替> 円がドルとユーロに対して上昇した。米アップルの第1・四半期 売上高見通し下方修正を受け、中国・世界景気減速懸念が広がり、安全資産とされる円が 買われた。 ドルが対円で1.18%安の107.59円、ユーロは円に対し0 .73%値下がりした。 早い時間帯に円は対ドルで一時4.4%急伸した。アップルの見通し下方修正を受け て自動注文が相次ぎ、薄商いのアジア市場で大きな値動きがみられた。   ジェフリーズの世界外為部門責任者は「ニューヨーク市場の引けとアジア市場が寄り 付く間はかなり...

UPDATE 2-米国株式市場=急反落、アップル下方修正や弱い米製造業指標で

(内容を追加しました) [ニューヨーク 3日 ロイター] - 米国株式市場は急反落して取引を終えた。ア ップルの業績見通し下方修正や米製造業部門の減速を示す指標を受け、世界経済を巡る懸 念が強まった。 アップルが10─12月期の売上高見通しを下方修正したことを受け、テク ノロジーセクターをはじめ市場に動揺が広がり、主要株価3指数がいずれも2%超下落、 ナスダックは3%安となった。 アップルのクック最高経営責任者(CEO)は投資家への書簡で、中国の景気減速の 大きさを予測できていなかったと明かした。アップルは10.0%安。 S&P情報技術指数...

欧州市場サマリー(3日)

イタリア10年債利回りは17ベーシスポイント(bp)上昇し2.865%。上げ幅は過去3カ月あまり で最大となる勢い。ドイツ国債との利回り格差は20bp拡大し272bp。2年債や5年債の利回りも11 ー15bp上昇した。 この日は米ダウ平均株価が一時600ドル以上値下がりした。こうした世界的な株安でリスク選好が後退したこ ともイタリア国債への売りにつながったとみられる。 一方、域内の中核国債の利回りは低下。ドイツ10年債利回りは一時0.146%と約2年ぶりの水準に下 げた。フランス国債やオーストリア国債の利回りも低下した。 ユーロ圏金融・...

ロンドン株式市場=反落、軟調なアップル業績見通しと米指標で世界経済懸念高まる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100 6692.66 -41.57 -0.62 6734.23 種 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米アップルが収益見通しを下方 修正したことで世界経済への懸念が高まった。軟調な米製造業景気指数を受け一段と不安 が強まった。 米アップルは、中国と香港や台湾の中華圏における「経済減速」を指摘した。 米供給管理協会(ISM)が発表した2018年12月の製造業景気指数は市場予想 を下回った。 投資家らは中国にエクスポージャーがある銘柄を売却し、比較的安全な資産とされる...

米保健省、処方せん薬の割戻制度撤廃の権限ある=アザー厚生長官

アザー米厚生長官は、処方せん薬のリベート(割戻金)制度を巡り、米保健社会福祉省(HHS)が撤廃する権限を有しているとの認識を示した。

米国株式市場は下落、ヘルスケア株の下げ響く 月間では小幅上昇

米国株式市場は主要3指数がいずれも下落して取引を終えた。ヘルスケア関連株が下げたほか、原油高や米国による鉄鋼・アルミニウム輸入制限措置の猶予が5月1日に期限を迎えることが投資家心理の重しとなった。ただ、月間では主要指数は3カ月ぶりに上昇した。

NY市場サマリー(30日)

<為替> ドイツの小売関係の経済指標が軟調だったことでユーロが対ドルで下落した。 独連邦統計庁が発表した3月の小売売上高指数は実質ベースで前月比0.6%低下。ロイターがまとめ た市場予想は0.8%の上昇だった。 CIBCキャピタル・マーケッツ(トロント)の外為戦略部門責任者、ビパン・ライ氏は「ユーロ圏で はこのところ経済指標が軟調となっているが、今回の統計はこれに続くものだった」と指摘。「欧州中央銀 行(ECB)は、量的緩和(QE)政策を巡りタカ派的なレトリックを強めていくに当たり、やや慎重姿勢 を取る余地があることが明確になった」と述...

訂正:米国株式市場は続落、S&P月間で約2年ぶり大幅下落

米国株式市場は大幅続落して終了した。金利上昇を巡る懸念が高まり終盤に売りの勢いが強まった。S&P総合500種は月間の下げ幅としては2016年1月以来の大きさとなった。

UPDATE 2-NY市場サマリー(28日)

(株式の内容を追加しました) [28日 ロイター] - <為替> 主要6通貨に対するドル指数が5週間ぶり高値を更新。パウエル米連邦準 備理事会(FRB)議長が前日の議会証言で示したタカ派的な見解が引き続き材料視され 、FRBが今後2年間、積極的に利上げを実施していく可能性があるとの観測が強まって いる。 ドルは月間の伸びとしては、2016年11月以来の大きさとなった。 同日発表された2月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値が1年2カ月ぶりの 低水準となり、欧州中央銀行(ECB)が刺激策の縮小に慎重になる可能性があるとの見 方からユーロ...

再送-UPDATE 1-NY市場サマリー(22日)

(債券部分の余分な語句を削除して再送しました) [22日 ロイター] - <為替> 25日の欧州中央銀行(ECB)理事会に注目が集まるなか、ユーロが対ドルで上昇した。 この日は2月8日までの予算を手当てするつなぎ予算案を巡り、民主党のシューマー上院院内総務と共 和党のマコネル上院院内総務が合意したが、軟調地合いのドルを持続的に浮揚させる要因にはならなかった 。 市場はECBの今後の金融政策動向の手掛かりを得ようと、今週の理事会に注目。ただ関係筋は、経済 およびユーロ相場の動向を見極めるためにもっと多くの時間が必要なことから、ECBは債券買...

米株主要3指数が最高値、つなぎ予算巡る上院指導部合意受け

米上院指導部が2月8日までの予算を手当てするつなぎ予算案で合意したことが好感された。合意により、予算案は上下両院で可決される見込みで、閉鎖に追い込まれている政府機関は再開される見通し。

UPDATE 2-NY市場サマリー(11日)

(内容を追加しました) [11日 ロイター] - <為替> ニューヨーク外為市場では米連邦準備理事会(FRB)が今週の会合で利 上げを決定するとの観測から、ドルが朝方の下げの大部分を回復した。ただ物価上昇が軟 調となっていることに対する懸念がドルの重しとなっている。 FRBが12─13日に開催する連邦公開市場委員会(FOMC)を巡り、市場では FRB当局者が低インフレに対する懸念を表明するかどうか、またこれが来年の利上げペ ースの鈍化につながるかどうかに注目が集まっている。 前週8日発表の11月の雇用統計では賃金の上昇が鈍いことが確認され...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up