for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Carlyle Group Inc

CG.O

現在値

35.43USD

変化

0.13(+0.37%)

出来高

1,749,040

本日のレンジ

34.95

 - 

35.76

52週レンジ

24.59

 - 

54.06

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
35.30
始値
35.25
出来高
1,749,040
3か月平均出来高
63.47
高値
35.76
安値
34.95
52週高値
54.06
52週安値
24.59
発行済株式数
363.61
時価総額
12,835.27
予想PER
8.26
配当利回り
3.47

次のエベント

Q4 2022 Carlyle Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Carlyle Group Has Sounded Out Two Senior Wall Street Bankers About Becoming Its Next Chief Executive- FT

U.S. Private Equity Firm Carlyle Buys Majority Stake In Indian Skincare And Beauty Platform VLCC - Statement

Yes Bank Says Carlyle, Verventa Get RBI Conditional Nod To Buy Up To 9.99% Stake Each In Bank

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Carlyle Group Incとは

カーライル・グループ(Carlyle Group Inc)はグローバルな投資会社である。【事業内容】民間資本資産クラス全体に投資する一連の投資ファンド及びその他の投資ビークルに助言を提供する。グローバルプライベートエクイティ、グローバルクレジット、グローバルインベストメントソリューションの3つのセグメントを通じて事業を行う。グローバルプライベートエクイティ事業は、バイアウト、不動産、及び天然資源ファンドに投資する各種ファンドグループに助言する。グローバルクレジット事業は、カーライルタクティカルプライベートクレジットファンドなどのクロスプラットフォームビークルだけでなく、流動性クレジット、非流動性クレジット、実物資産クレジットなど、クレジットスペクトル全体で投資戦略を追求するファンドグループに助言を提供する。グローバルインベストメントソリューション事業は、投資家とクライアントに投資機会とリソースを提供し、ファンドオブファンド、既存のポートフォリオの二次購入、マネージド共同投資プログラムを通じて、プライベートエクイティポートフォリオを構築する。

業種

Investment Services

連絡先

C/O The Carlyle Group

1001 Pennsylvania Avenue, N.W.

WASHINGTON, DC

20004

United States

+1.202.7295626

https://www.carlyle.com

エグゼクティブリーダーシップ

William E. Conway

Chairman of the Board, Interim Chief Executive Officer

Daniel A. D' Aniello

Founder, Chairman Emeritus and Director

David M. Rubenstein

Non-Executive Co-Chairman of the Board, Co-Founder

Curtis L. Buser

Chief Financial Officer

Bruce M. Larson

Chief Human Resource Officer

統計

2.40 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

2.1K

2020

2.3K

2021

5.0K

2022(E)

4.3K
EPS (USD)

2019

1.700

2020

2.050

2021

5.010

2022(E)

4.272
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.36
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.24
株価純資産倍率(四半期)
2.10
株価キャッシュフロー倍率
6.75
総負債/総資本(四半期)
126.71
長期負債/資本(四半期)
125.65
投資利益率(過去12カ月)
12.19
自己資本利益率(過去12カ月)
8.53

最新ニュース

最新ニュース

EXCLUSIVE-JPモルガン、セリエAメディア事業支援に10億ユーロ融資も=関係筋

[ミラノ 26日 ロイター] - 米JPモルガン・チェースは、イタリアのサッカー1部リーグ(セリエA)に書簡を送り、メディア関連事業の発展を支援することに関心を示した。事情を知る3人の関係者が明らかにした。

米投資会社カーライル、CEOにウォール街の経営幹部検討=FT

[12日 ロイター] - 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は12日、米投資会社カーライル・グループが同社の最高経営責任者(CEO)ポストを巡りウォール街(米金融街)の経営幹部と話し合いを進めていると伝えた。

カーライル、ファンドの資金集めに苦戦=FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は14日、米投資会社カーライル・グループが来年3月までに220億ドルの調達を目指していた同社最大規模のファンドについて、資金集めに苦戦していると報じた。

米カーライル、日本の自動車業界に投資機会 EVシフトで=幹部

米プライベートエクイティ(PE)大手カーライル・グループでマネージングディレクターを務める寺阪令司氏はロイターとのインタビューで、日本の自動車業界に関して、電気自動車(EV)へのシフトが加速することで変革を迫られ、グローバルPEにとって投資機会が拡大するとの見方を示した。

ホットストック:東京特殊電線が買い気配、カーライルが1株5660円でTOB

東京特殊電線が買い気配で始まった。米カーライル・グループの運用会社が8日、株式を公開買い付け(TOB)すると発表し、手掛かりとなった。

米カーライル、第3四半期の分配利益は12%減 資産売却減が響く

米投資ファンド大手カーライル・グループが8日発表した2022年第3・四半期決算の株主配当に充てる資金を示す分配可能利益は前年同期比で12%減の6億4440万ドルだった。プライベートエクイティ部門の資産売却が減ったのが主因。

カーライル、東京特殊電線をTOB 1株5660円で非公開化目指す

米プライベートエクイティ(PE)大手カーライル・グループの運用会社は8日、東京特殊電線株式を公開買い付け(TOB)すると発表した。1株5660円(8日終値は2215円)で11月9日から12月21日まで買い付ける。非公開化を目指しており、親会社で57%の株式を保有する古河電気工業は応募するという。

訂正-オリンパス、祖業の顕微鏡事業の売却が最終段階 3000億円超に

オリンパスが検討している生物顕微鏡などを手掛ける科学事業の売却が最終段階に入った。3人の関係筋がロイターに明らかにした。売却金額は3000億円(22億ドル)以上になる見込み。

カーライルのリーCEOが任期残して退任、理由は不明

[7日 ロイター] - 米投資ファンド大手カーライル・グループは7日、キューソン・リー最高経営責任者(CEO)が今年末までの任期を数カ月残して退任したと明らかにした。

アマゾン、一次医療サービスのワン・メディカルを35億ドルで買収

米アマゾン・ドット・コムは21日、プライマリーケア(一次医療)サービスを提供するワン・メディカルを34億9000万ドルで買収することに合意した。全額現金による買収で、既にオンライン診療サービス「アマゾン・ケア」を手がける同社が、診療所を運営するワン・メディカルを取り込むことにより、医療サービス分野における成長加速を目指す。

ブラックストーンなどPE大手、中絶制限巡り米従業員の旅費負担へ

プライベートエクイティ(PE)大手のブラックストーン、アポロ・グローバル・マネジメント、カーライル・グループは、米従業員が中絶を禁止・制限する州から他の州に中絶関連の医療サービスを受けに行く際の旅費を負担する方針を明らかにした。

カーライル、防衛関連の政府請負業者マンテック買収へ協議=報道

米プライベートエクイティ(PE)大手カーライル・グループは、米政府向けに国家安全保障サービスを提供するマンテック・インターナショナルの買収に向け協議している。ブルームバーグが15日、関係筋の話として報じた。協議は進展した段階にあるという。

SMFG系、欧航空機リース会社買収へ 70億ドル規模=関係者

三井住友フィナンシャルグループの関連会社で、アイルランドに拠点を置くSMBCアビエーションキャピタルが、同業の航空機リース、ゴスホーク・アビエーション買収に向け合意に近づいていることがわかった。負債を含めた買収額は70億ドル規模となる見通し。

米アポロ、第4四半期は52%増益 クレジット管理収入が増加

米プライベートエクイティ(PE)投資会社アポロ・グローバル・マネジメントが発表した第4・四半期決算は、分配可能利益が4億8300万ドルと、前年同期比52%の大幅増となった。クレジット部門の管理・手数料収入が大幅に伸びた。

BofA、NY従業員に年末年始の在宅勤務許可 感染増で

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)は20日、ニューヨーク拠点の従業員に対し、休暇シーズン中の在宅勤務を許可すると通知した。

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。商品価 格の下落を受けて鉱業株や石油株が売られ、相場を圧迫した。 FTSE350種貴金属株指数、鉱業株指数はそれぞ れ2.60%、1.52%下げた。 中国が石油備蓄の放出に向けて取り組んでいると明らかにし、原油先物が一時、6週 間ぶりの安値水準まで下落したため、ともに石油大手の英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェル 、英BPがそれぞれ1.7%、1.6%値下がりした。 配当落ちした製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は3.0%下落 した。 銀行のメトロバンクは19.6%と急落。米投資会社のカーライル...

ロンドン株式市場=続落、商品関連株の下落が重し

ロンドン株式市場は続落して取引を終え た。商品価格の下落を受けて鉱業株や石油株が売られ、相場を圧迫した 。 FTSE350種貴金属株指数、鉱業株指数<.FTNM X551020>はそれぞれ2.60%、1.52%下げた。 中国が石油備蓄の放出に向けて取り組んでいると明らかにし、原油 先物が一時、6週間ぶりの安値水準まで下落したため、ともに石油大手 の英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェル、英BPがそれぞれ 1.7%、1.6%値下がりした。 配当落ちした製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L >は3.0%下落した。 銀行のメトロバンク...

アジア株式市場サマリー:引け(5日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [5日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み上昇して引けた。 ジャカルタ市場は小幅下落。第3四半期の国内総生産(GDP)の伸び率は予想を下 回った。 中国株式市場は下落して終えた。中国政府が石炭価格抑制と生産拡大に本腰を入れる 中、石炭株に売りが出た。また、不動産株も値を下げた。 石炭株は4.4%安。中国国家発展改革委員会(発改委)はこの2日間 で7件の文書を公表し、最近の石炭生産状況と価格抑制措置を明らかにした。[nL4N2RV0S N] 不動産株は2.1%安。中国不動産開発の佳兆業集団は...

アジア株式市場サマリー:中盤(5日)

ソウル株式市場の株価は反落。インフレリスクの高まりでリ スク選好度が低下し、世界的な株価上昇の流れに乗り遅れる形となった。 主力銘柄は、半導体のサムスン電子が0.42%安、同業のSKハイニ ックスは0.94%高。LG化学は1.27%安、IT大手ネイ バーは0.97%安。 ケープ投資証券のアナリストは、サプライチェーン(供給網)の混乱で市場の地合い が悪化しており、米国株が上昇基調にあっても国内株には海外勢の買いが入っていないと 分析した。 海外勢は11億ウォン相当の売り越し。 出来高は3億5592万株。取引された928銘柄のうち、上昇は...

バージニア州知事選、共和党候補が猛追 保守・穏健両にらみ

2日投開票の米バージニア州知事選は、投資ファンド出身の共和党候補、グレン・ヤンキン氏が、民主党候補のテリー・マコーリフ前州知事を猛追している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up