for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Cineworld Group plc

CINE.L

現在値

2.80GBp

変化

-0.05(-1.72%)

出来高

8,554,479

本日のレンジ

2.75

 - 

3.02

52週レンジ

1.80

 - 

85.16

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2.85
始値
3.00
出来高
8,554,479
3か月平均出来高
1,216.18
高値
3.02
安値
2.75
52週高値
85.16
52週安値
1.80
発行済株式数
1,373.43
時価総額
39.14
予想PER
-1.32
配当利回り
--

次のエベント

Half Year 2022 Cineworld Group PLC Earnings Release

適時開示

その他

Cineworld Says Interim Results to be announced on Sept 30

Cineplex Responds To Cineworld's Chapter 11 Filing

Cineworld Commences Chapter 11 Cases With About $1.94 Billion In DIP Financing Commitments

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Cineworld Group plcとは

シネワールド・グループ(Cineworld Group PLC)は、英国を拠点とする国際的な映画チェーンである。【事業内容】約10か国で事業を展開し、約787のサイトと9500のスクリーンを備える。英国(UK)、アイルランド、ポーランド、チェコ共和国、スロバキア、ハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、イスラエル、および米国(US)で事業を展開する。3つの事業セグメントを通じて運営する。米国セグメントには、「Regal」、「United Artists」、「Edwards Theatres」の3つのシネマチェーンブランドが含まれる。英国とアイルランド(UK&I)セグメントは、「Cineworld」と「Picturehouse」の2つのシネマチェーンブランドが含まれる。その他の地域(ROW)セグメントには、中央および東ヨーロッパ地域のシネマチェーンブランドの「Cinema City」、およびイスラエルの「Yes Planet and Rav-Chen」が含まれる。ROWレポートセグメントには、ポーランド、ルーマニア、ハンガリー、チェコ共和国、ブルガリア、スロバキア、イスラエルも含まれる。子会社には、Crown UK Holdco Limited、Augustus 1 Limited、Cinema City Holding B.V.が含まれる。

業種

Motion Pictures

連絡先

8th Fl, Vantage London, Great West Road

TW8 9AG

United Kingdom

+44.20.89875000

http://www.cineworldplc.com

エグゼクティブリーダーシップ

Alicja Kornasiewicz

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Moshe Joseph Greidinger

Chief Executive Officer, Executive Director

Israel Greidinger

Deputy Chief Executive Officer, Executive Director

Nisan Cohen

Chief Financial Officer, Executive Director

Renana Teperberg

Chief Compliance Officer, Executive Director

統計

3.00 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

4.4K

2020

0.9K

2021

1.8K

2022(E)

3.9K
EPS (USD)

2019

0.280

2020

-0.670

2021

-0.478

2022(E)

0.036
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.02
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-6.37
自己資本利益率(過去12カ月)
-5.39

最新ニュース

最新ニュース

映画館運営世界2位シネワールド、米国で破産申請

[7日 ロイター] - 映画館運営で世界2位の英シネワールド・グループは7日、米連邦破産法11条の適用を申請した。新型コロナウイルス禍で債務が膨らみ、資金繰りが悪化していた。

映画館運営世界2位シネワールド、米国で破産申請

[7日 ロイター] - 映画館運営で世界2位の英シネワールド・グループは7日、米国で連邦破産法11条の適用を申請した。コロナ禍中に膨れ上がった債務を抱え、資金繰りが悪化していた。

米市場でミーム株が軒並み下落、AMC42%安

[22日 ロイター] - 22日の米国株式市場では値動きの荒い展開となる中、個人投資家の間で人気の高い「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)が軒並み下落した。

NY市場サマリー(22日)ドルと米債利回り上昇、米株は大幅続落

<為替> ドルが全面的に上昇した。欧米での利上げが世界経済の後退につながるとの懸念が強まる中、リスク回避の動きが強まり、ユーロ/ドルが再びパリティ割れとなった。

米国株式市場=続落、ダウ600ドル超安 FRBの積極利上げを懸念

米国株式市場は、大幅続落して取引を終えた。今週、米ワイオミング州ジャクソンホールで開催される経済シンポジウム(ジャクソンホール会合)で、米連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑止に向け強いコミットメントを表明するとみられることが懸念材料となった。

AMC株急落、英シネワールドの米国での破産検討で

[22日 ロイター] - 米映画館運営AMCエンターテインメント・ホールディングスの株価は22日に約38%下落した。映画館運営で世界2位の英シネワールド・グループが22日、米国での破産申請を含め、複数の選択肢を検討していると表明したことを受けた。

映画館運営のシネワールド、米国で破産申請検討 コロナで経営不振

映画館運営で世界2位の英シネワールド・グループは22日、米国での破産申請を含め、複数の選択肢を検討していると表明した。新型コロナウイルスのパンデミック中に膨れ上がった債務を抱え、資金繰りが悪化している。

映画館運営のシネワールド、米国で破産申請検討

映画館運営で世界2位の英シネワールド・グループは22日、米国での破産申請を含め、複数の選択肢を検討していると表明した。

欧州市場サマリー(19日)

<ロンドン株式市場> 小幅続伸して取引を終えた。一方、過去最低を記録した8月の消費者信頼感指数など週内に発表された一連の英経済指標が低調で、景気後退への懸念が強まったことから中型株は売られた。

ロンドン株式市場=小幅続伸、中型株は下落

ロンドン株式市場は小幅続伸して取引を 終えた。一方、過去最低を記録した8月の消費者信頼感指数など週内に 発表された一連の英経済指標が低調で、景気後退への懸念が強まったこ とから中型株は売られた。 輸出企業が多くを占めるFTSE100種は、英ポンドの 下落を好感した買いに支えられて底堅く推移した。 一方、国内経済へのエクスポージャーが大きい中型株で構成するF TSE250種指数は1.24%安。週間では2.22%下げ 、下落率は7月1日までの週以来の大きさだった。航空株、工業株、小 売株などが売られて相場を圧迫した。 市場調査会社Gfkが発表...

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。7月の英消費者物価指数(CPI)が前年同月比10.1%上昇し、イングランド銀行(英中央銀行)がより積極的に利上げをするとの見方が強まったことが嫌気されて売り注文が広がった。

ロンドン株式市場=反落、英物価上昇率10%超を嫌気

ロンドン株式市場は反落して取引を終え た。7月の英消費者物価指数(CPI)が前年同月比10.1%上昇し 、イングランド銀行(英中央銀行)がより積極的に利上げをするとの見 方が強まったことが嫌気されて売り注文が広がった。 食費の高騰が家計をさらに圧迫する中、7月の英CPIの上昇率は 6月の9.4%から加速し、1982年2月以来の高水準となった。市 場予想も上回った。 この統計の結果を受けて、投資家は英中銀が政策金利の急速な引き 上げを続けるという見方を強めた。市場は現在、85%の確率で9月に 0.5%ポイントの利上げが決まる可能性を織り込...

欧州市場サマリー(14日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米早期 利上げへの懸念を背景とした世界的な株価下落が波及した。ただ、昨年11月の英国内総 生産(GDP)が市場予想を上回ったことが相場を下支えし、下げ幅は限られた。 週間では、供給の制約とドル安による原油価格の上昇を背景にエネルギー株が買われ たことから、FTSE100種はは4週連続で上昇した。 14日に発表された昨年11月の英GDPは前月比0.9%増と市場予想を大きく上 回り、新型コロナウイルス感染拡大抑制のための最初のロックダウン(都市封鎖)に入る 前の水準を超えた。 中型株で構成するFTSE250...

ロンドン株式市場=反落、世界的な株安を嫌気

ロンドン株式市場は反落して取引を終え た。米早期利上げへの懸念を背景とした世界的な株価下落が波及した。 ただ、昨年11月の英国内総生産(GDP)が市場予想を上回ったこと が相場を下支えし、下げ幅は限られた。 週間では、供給の制約とドル安による原油価格の上昇を背景にエネ ルギー株が買われたことから、FTSE100種はは4週連続 で上昇した。 14日に発表された昨年11月の英GDPは前月比0.9%増と市 場予想を大きく上回り、新型コロナウイルス感染拡大抑制のための最初 のロックダウン(都市封鎖)に入る前の水準を超えた。 BRIウェルス・マネジメント...

ロンドン株式市場=続伸、鉱業株と銀行株の上昇けん引

カルカイングループのクナル・ソーニー最高経営責任者(CEO) は「軟調なマクロ経済の指標が不安(心理)を助長する可能性が高く、 (FTSE100種指数が)年内に7500を超える可能性は断然低く なった」とし、投資家が割安感が出た銘柄を物色する可能性があると指 摘した。 英政府は21日、オミクロン株の感染者数急増で最も大きな被害を 受けた企業に対して総額10億ポンド(13億ドル)を追加支援すると 発表。接客や娯楽関連の企業に対し、1施設当たり最大6000ポンド を支給する。 キャピタル・エコノミクスの英国エコノミスト、ベサニー・ベケッ ト...

ロンドン株式市場=反発、資源と旅行・娯楽関連が上昇

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。資源銘柄と旅行・娯楽関連株が上昇し、相場を下支えした。 原油価格上昇が好感され、石油大手の英BP、英蘭系ロイヤ ル・ダッチ・シェルはそれぞれ2.6%、2.9%上昇した。 FTSE350種鉱業株指数も2.22%上がり、銅価 格上昇が支援材料となった。 旅行・娯楽関連株指数 は3.22%上昇。 主に国内の中位株で構成するFTSE250種指数は1. 20%上がった。 FTSE100種指数は今年に入って12.84%上昇し たが、他の欧州や米国の株式市場に比べると回復が遅れている。FTS E100種はエネルギー...

ロンドン株式市場=反落、オミクロン株懸念で商品株や旅行株下落

ロンドン株式市場は反落して取引を終え た。新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染者が欧米で急増して 商品関連や旅行・娯楽の銘柄が売られ、投資家心理を冷やした。 原油価格下落が嫌気され、石油大手の英BP、英蘭系ロイヤ ル・ダッチ・シェルがそれぞれ3.1%、1.2%下落。FT SE350種鉱業株指数も1.92%下がり、銅価格下 落が足を引っ張った。 中位株で構成するFTSE250種指数は1.01%下落 。FTSE350種旅行・娯楽関連株指数は0.71% 下げた。 CMCマーケッツのチーフ市場アナリスト、マイケル・ヒューソン 氏は「年末に...

ロンドン株式市場=続伸、ポンド安が相場支援

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。ポンドの下落に支援され、買いが優勢となった。一方、新型コロナ ウイルスのオミクロン変異株やインフレリスクを巡る懸念が相場の重し となり、週間ベースでは下落した。 17日は、ポンド安を受けてドルで利益を上げる日用品のレキット ・ベンキーザー、酒造大手のディアジオ、ブリティッシ ュ・アメリカン・タバコ(BAT)が0.1─2.7%上昇し た。 ただ、金融大手HSBCが0.6%下落したのが相場の上 値を抑えた。英金融監督当局がHSBCに対し、マネーロンダリング( 資金洗浄)対策に不備があったとして6395...

ロンドン株式市場=反発、英利上げで銀行株上昇

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。イングランド銀行(英中央銀行)が投資家の予想に反し、新型コロ ナウイルスのパンデミック(世界的大流行)後としては主要中央銀行で 初めての利上げに踏み切ったことから銀行株が買われ、相場を押し上げ た。 英中銀は、インフレ率が来年4月に目標水準の3倍の6%に達する 可能性が高いとの見方を示し、政策金利を0.1%から0.25%へ引 き上げた。 これを受けてFTSE350種銀行株指数は3.6 6%上昇。英銀大手のバークレイズ、HSBC、スタ ンダード・チャータード(スタンチャート)、ロイズ が3.2─4...

欧州市場サマリー(15日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。イング ランド銀行(英中央銀行)の金融政策決定会合を前に発表された11月の英消費者物価指 数(CPI)の上昇率が約10年ぶりの大きさとなったことから、売りが広がった。 新型コロナウイルスのオミクロン変異株の急速な感染拡大で、英中銀は苦しい立場に 置かれている。11月のインフレ率は市場予想を上回る結果となったが、投資家は英中銀 が早ければ16日にも利上げに踏み切るとは見込んでいない。 商品関連株の下落が相場を圧迫し、FTSE100種は6営業日続落した。 来年は石油の供給が需要を上回るとの観測を背景...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up