for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コムキャスト・コーポレーション

CMCSA.O

現在値

40.51USD

変化

1.22(+3.11%)

出来高

19,032,774

本日のレンジ

39.14

 - 

40.54

52週レンジ

31.70

 - 

47.74

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
39.29
始値
39.23
出来高
19,032,774
3か月平均出来高
432.79
高値
40.54
安値
39.14
52週高値
47.74
52週安値
31.70
発行済株式数
4,564.09
時価総額
179,325.80
予想PER
16.85
配当利回り
2.34

次のエベント

Q2 2020 Comcast Corp Earnings Release

適時開示

その他

TN Marketing Acquires Bluprint Assets From Nbcuniversal

Comcast Announces Redemption Of $1.430 Billion Of 4.05% Senior Notes Due August 2046

SmileDirectClub Files $2.8 Billion Lawsuit Against NBC Over Nightly News Story

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コムキャスト・コーポレーションとは

コムキャスト(Comcast Corporation)はメディア・技術会社である。【事業内容】同社は2つの事業を運営する。Comcastケーブル事業は、ケーブル通信事業である。NBCユニバーサル事業は、ケーブルネットワーク、放送テレビ、フィルムエンターテイメント及びテーマパークの4つの事業で運営する。ケーブル通信事業は、「XFINITY」ブランドの住宅顧客にビデオ、高速インターネットおよび音声サービスを提供するComcastケーブル事業で構成される。ケーブルネットワーク事業は国内のケーブルネットワークのポートフォリオで構成される。放送テレビ事業は、NBCおよびテレムンド放送ネットワークを運営する。映画娯事業は主に、世界中の映画娯楽を制作・買収・販売し、ライブ演劇を開発・制作・ライセンスする。テーマパーク事業は、主にフロリダ州オーランドとカリフォルニア州ハリウッドのユニバーサルテーマパークで構成される。

業種

Communications Services

連絡先

1 Comcast Ctr

PHILADELPHIA, PA

19103-2838

United States

+1.215.2861700

https://corporate.comcast.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Brian L. Roberts

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Michael J. Cavanagh

Chief Financial Officer, Senior Executive Vice President

Ryan Mucatel

Chief Operating Officer

Thomas J. Reid

Senior Executive Vice President, General Counsel, Secretary

Jason Armstrong

Executive Vice President, Treasurer

統計

2.16 mean rating - 37 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

84.5K

2018

94.5K

2019

108.9K

2020(E)

102.4K
EPS (USD)

2017

2.060

2018

2.550

2019

3.130

2020(E)

2.325
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.57
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.65
株価純資産倍率(四半期)
2.20
株価キャッシュフロー倍率
7.23
総負債/総資本(四半期)
133.42
長期負債/資本(四半期)
129.77
投資利益率(過去12カ月)
5.20
自己資本利益率(過去12カ月)
4.59

最新ニュース

最新ニュース

フェイスブックへの広告停止、呼び掛けをさらに強化へ=主催者

米フェイスブック<FB.O>のヘイトスピーチ(憎悪表現)対策が不十分だとして、大手企業に同社への広告掲載をボイコットするよう呼び掛けている団体は27日、米国外向けの広告についてもボイコットを呼び掛けていく方針を示した。

米映画大手が撮影再開、「ジュラシック」と「アバター」

米コムキャスト<CMCSA.O>傘下の映画大手ユニバーサルは15日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていた映画「ジュラシック・ワールド:ドミニオン」の撮影を7月初旬に再開すると明らかにした。

米ロサンゼルスの映画館、地元自治体から再開許可得られず

米カリフォルニア州ロサンゼルス郡当局は10日、映画およびテレビ番組の制作を12日から可能とする一方、映画館の営業再開許可は見送った。

米フロリダ州のユニバーサル・スタジオ、6月5日に営業再開

新型コロナウイルス感染拡大を受けて休園していた米フロリダ州オーランドにある映画のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオは、6月5日に入場者数を制限した上で営業を再開する。

コラム:映画館に行かない米国民、コロナ後も戻らず

あかりの消えた映画館が映し出すのは、近未来の光景かもしれない。新型コロナウイルスの感染拡大によってAMCエンターテインメント<AMC.N>などが運営する映画館が完全に閉鎖される以前から、映画館の入場者数は減る一方、ネットフリックス<NFLX.O>などの配信サービスが台頭していた。AMCはこの流れに抵抗しているが、米国の映画館が再び満席になると想像するのは、サイレント映画のごとく過日のものなのかもしれない。

米コムキャスト、第1四半期売上高が予想下回る コロナが影響

米ケーブルテレビ大手コムキャスト<CMCSA.O>が発表した第1・四半期決算は、売上高が市場予想をやや下回った。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、広告や映画、テーマパーク事業が打撃を受けた。第2・四半期も、これらの事業が影響を受けるとの見通しを示した。

米ユニバーサル・スタジオ、施設閉鎖を少なくとも5月31日まで延長

米ユニバーサル・スタジオは9日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、フロリダ州とカリフォルニア州のテーマパークの閉鎖期間を少なくとも5月31日まで延長すると発表した。

「トップガン」続編、新型コロナの影響で12月に公開延期

米パラマウント・ピクチャーズは2日、トム・クルーズ主演映画「トップガン」(1986年)の続編「トップガン・マーヴェリック」について、新型コロナウイルス感染拡大の影響により公開日を6月24日から12月23日に延期すると発表した。

新型コロナでの米株急落、空売り投資家に3440億ドルの利益

米国株の空売り投資家は、過去1カ月の株価急落局面で大きな利益を手にした。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により経済見通しが悪化するなか、空売りの増加は弱地合いが好転する兆しが全くないことを示唆している。

米ディズニー、加・フロリダ州・仏のテーマパーク閉鎖へ

米娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>は12日、米カリフォルニア州およびフロリダ州のテーマパークと仏パリのディズニーランドを今週末から3月いっぱい閉鎖すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた措置。

映画「007」最新作、公開を7カ月延期 新型ウイルス懸念で

人気映画「007」シリーズの最新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」の公開が、当初予定されていた4月から7カ月延期されることがわかった。新型コロナウイルスの感染拡大懸念を受けた措置。

米国株下落、幅広い銘柄に売り 新型肺炎巡る懸念で

米国株式市場は下落。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念から幅広い銘柄に売りが広がった。

S&P上昇、ナスダック最高値 決算や新型肺炎に注目=米株市場

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が小幅に上昇し、ナスダック総合<.IXIC>は最高値を更新して取引を終えた。ネットフリックス<NFLX.O>が急伸し、相場を支援した。ただ、中国で発生した新型コロナウイルスの感染拡大や、まちまちの内容となった企業決算を受け、上値は抑制された。

UPDATE 1-NY市場サマリー(23日)

(表のレートを更新し、株のリポートを追加しました) [23日 ロイター] - <為替> ドルが対ユーロで上昇。欧州中央銀行(ECB)が同日の定例理事会で主要政策金利を据え 置くとともに、物価目標を含む政策戦略の検証を開始したと明らかにしたことを受けた動き。 ラガルド総裁は理事会後の会見で、インフレ目標の検証を巡り「くまなく精査していく。物価の計測方 法に関しては検討が必要だ」と語った。 終盤の取引で、ユーロ/ドルは0.32%安の1.1055ドル。一時、昨年12月2日以来の 安値となる1.1037ドルを付ける場面もあった。 新型コロナウイルス...

コラム:ネットフリックス、特異な立場に基づく優位性に陰り

米動画配信サービス大手ネットフリックス<NFLX.O>は、常識的なシナリオを打ち破る存在であり続けてきた。同社に限っては、メディア企業が一般的に縛られる評価尺度をほとんど用いる必要がないという点で、ライバルと異なる。その代わり投資家は同社の契約者や売上高の急増に注目。これが株価を押し上げる力になっていた。ただ21日に発表された第4・四半期の業績を見ると、ネットフリックスがこれまで享受していた優位性が脅かされていることが分かる。

アカデミー賞、「ジョーカー」最多11部門で候補 多様性欠くとの声も

第92回米アカデミー賞のノミネートが13日発表され、バットマンの宿敵ジョーカーの誕生を描いた映画「ジョーカー」が最多11部門でノミネートされた。一方で、同賞は過去数年間、多様性を高めるよう取り組んできたものの、今回のノミネートでは白人男性が多くを占め、多様性に欠けるとの声も聞かれた。

米シアトル市、外国の影響受ける企業の政治献金禁止へ 法案可決

米ワシントン州シアトル市議会は13日、外資が少なくとも5%を保有する企業が地方選挙で政治献金を行うことを禁止する法案を全会一致で可決した。

ゴールデン・グローブ賞、タランティーノ監督映画が作品賞など

第77回ゴールデン・グローブ賞の発表・授賞式が5日、米ロサンゼルス郊外のビバリーヒルズで開かれ、クエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」がコメディ・ミュージカル部門の作品賞に選ばれた。

第77回ゴールデン・グローブ賞、ネットフリックスが最多ノミネート

第77回ゴールデン・グローブ賞のノミネート作品が9日発表され、ネットフリックスが有力映画会社やテレビ局の倍以上のノミネートを獲得した。

焦点:社用機の私的利用、米企業の租税負担に重圧

米国企業による社用ビジネスジェットの利用が金融危機前の水準に近づき、経営者や上級幹部たちが会社経費で社用機を私用に使う例も増えているなかで、こうした特権にいくらのコストがかかっているか、その実態は多くの投資家の目から隠されたままとなっている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up