for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

CME グループ

CME.O

現在値

177.90USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

3,246,385

本日のレンジ

176.97

 - 

179.42

52週レンジ

166.58

 - 

256.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
177.90
始値
178.21
出来高
3,246,385
3か月平均出来高
39.09
高値
179.42
安値
176.97
52週高値
256.94
52週安値
166.58
発行済株式数
359.73
時価総額
63,491.46
予想PER
22.12
配当利回り
2.27

次のエベント

Dividend For CME.OQ - 1.0000 USD

適時開示

その他

CME Group Inc. Reports Third-Quarter 2022 Financial Results

CME Group Posts Q2 EPS Of $1.82

CME Group Says International Average Daily Volume Reached 6.3 Mln Contracts In Q2 2022, Up 21% From Q2 2021

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

CME グループとは

CMEグループ(CME Group Inc)は、取引所を通じて、先物、オプション、現金、店頭(OTC)商品を取引することにより、すべての資産クラスにわたって商品を提供する。【事業内容】金利、株式指数、外国為替(FX)、農産物、エネルギー、及び金属など、様々な商品を提供する。また、BrokerTecによる現金とレポ債券取引、及び電子仲介サービス(EBS)による現金とOTC FX取引も提供する。セグメントは、Chicago Mercantile Exchange Inc.(CME)、Board of Trade of the City of Chicago n, Inc.(CBOT)、New York Mercantile Exchange, Inc.(NYMEX)、Commodity Exchange, Inc.(COMEX)取引所、および NEX Group Limited(NEX)で構成される。CME Globexプラットフォームで世界中に電子取引を提供する。また、取引所で取引されるさまざまな先物や先物契約のオプション、店頭デリバティブのために清算・決済サービスも提供する。

業種

Investment Services

連絡先

20 S Wacker Dr

CHICAGO, IL

60606

United States

+1.312.9303011

https://www.cmegroup.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Terrence A. Duffy

Executive Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Charles Peter Carey

Vice Chairman of the Board, Independent Director

John William Pietrowicz

Chief Financial Officer

Julie Holzrichter

Chief Operating Officer, Senior Managing Director - Global Operations and CME Clearing

Hilda Harris Piell

Chief Human Resource Officer, Senior Managing Director

統計

2.45 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

4.9K

2020

4.9K

2021

4.7K

2022(E)

5.0K
EPS (USD)

2019

6.800

2020

6.720

2021

6.670

2022(E)

7.975
株価売上高倍率(過去12カ月)
24.08
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.80
株価純資産倍率(四半期)
2.24
株価キャッシュフロー倍率
21.08
総負債/総資本(四半期)
12.44
長期負債/資本(四半期)
12.36
投資利益率(過去12カ月)
7.22
自己資本利益率(過去12カ月)
1.47

最新ニュース

最新ニュース

LIBOR代替金利先物取引、19日に初めてユーロドル先物を上回る

米取引所運営会社CMEグループが20日公表したデータによると、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の代替金利指標の担保付翌日物調達金利(SOFR)に連動する先物の取引が19日に初めてユーロドル先物を上回った。

コラム:LMEのニッケル取引停止と取り消し、不吉な未来を暗示

ロンドン金属取引所(LME)がサイドブレーキを引いた。同取引所は8日、ニッケルの取引を停止したうえで、その日の取引を取り消しにする異例の措置を発表。緊張が高まる市場でかじ取りを迫られている生産者の間に新たな不安が広がった。

グーグルがCMEに10億ドル出資、取引システムのクラウド化で提携

米アルファベット子会社グーグルは、先物取引所運営大手CMEグループに10億ドルを出資するとともに、CMEの取引システムをクラウド方式に移行するための提携契約を結んだ。両社が4日発表した。

米CME、CBOEに160億ドルで買収提案との報道を否定

米先物取引所運営大手CMEグループは18日、シカゴ・オプション取引所を運営するCBOEグローバル・マーケッツに全額株式交換による160億ドル規模の買収を提案したという報道を否定した。

米CME、第2四半期が増益に マイクロ先物取引が個人に人気

米先物取引所運営大手CMEグループが28日発表した第2・四半期決算は増益となった。経費削減やヘッジ取引の増加、原油やビットコインなどのマイクロ先物取引に個人投資家の関心が向かったことなどが寄与した。

中国・無錫の取引所、7月にもリチウム商品上場へ=関係筋

中国の無錫ステンレス鋼取引所は、早ければ7月にもリチウムを上場する方針だ。リチウムは電気自動車バッテリーに使われており、市場で取引需要が強まっていることに対応する。

S&P指数部門、SECに制裁金支払いへ VIX連動金融商品の損失巡り

格付け大手S&Pグローバルの指数部門S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&PDJI)は、指数管理の不備が株価急落の際にクレディ・スイス・グループの金融商品の巨額損失を招いた問題で米証券取引委員会(SEC)に900万ドルの制裁金を支払い、和解する意向だ。SECが明らかにした。

ゴールドマン、ビットコインのノンデリバラブル・フォワード提供へ=報道

米ゴールドマン・サックス・グループが暗号資産(仮想通貨)ビットコインのノンデリバラブル・フォワード(NDF)の取り扱いを開始すると、ブルームバーグ・ニュースが6日報じた。

アングル:欧州の金融ハブ争奪戦、伏兵アムステルダムが先行

英国の欧州連合(EU)離脱に伴う欧州の金融ハブ争奪選は、もっぱらフランクフルトやパリが有望視されていた。しかし、実際にはレース序盤に伏兵のアムステルダムが先行する番狂わせが起きている。

焦点:ビットコイン、再び最高値圏 市場成熟でも決済利用遠く

代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインの価格が2017年に記録した過去最高値に迫りつつある。ビットコイン推進派の人々は、今回の上昇局面は、熱狂した個人投資家の関与が減っているので、かつてのような暴落が起きる公算は乏しいと期待している。しかし決済手段としてはまだほとんど使われず、金融市場全般に対する世界的な不透明感も広がっているため、ビットコインは安全な投資先とは到底言えない、とアナリストは警告する。

アルゴリズム取引の拡大、為替市場で価格の質低下も=BIS

国際決済銀行(BIS)は30日公表したリポートで、コンピュータープログラムが売買を繰り返す「アルゴリズム取引」について、為替市場の機能向上につながっているが、一般的になり過ぎると報告される価格の質が損なわれる可能性があると指摘した。

海外勢も取引可能な銅先物、11月19日に上海市場上場 

中国証券監督管理委員会(CSRC)は23日、海外投資家も売買が可能な銅先物の国内市場上場を認めたと発表した。11月19日から上海国際エネルギー取引所(INE)で取引が可能になる。

欧州証券取引所連合、LSEの取引時間短縮案を拒否

欧州証券取引所連合(FESE)は1日、ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>が提案していた株式市場の取引時間を90分短縮する案を拒否した。投資家や市場にとって最善の選択肢ではないと主張している。

CME、ユーロドル・オプションの取引ピットを8月10日に再開

米先物取引所運営大手・CMEグループは9日、ユーロドル・オプションの取引ピットを8月10日に再開すると発表した。他の取引ピットは、同取引所が位置するシカゴ市が経済再開計画のフェーズ5に到達するまで閉鎖を続ける。

NY証取の親会社ICE、第1四半期利益が予想上回る 取引急増で

ニューヨーク証券取引所(NYSE)親会社のインターコンチネンタル取引所(ICE)<ICE.N>が30日発表した第1・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。新型コロナウイルスの世界的流行を巡る動向が投資家に材料視され、取引高が急増したことが業績を押し上げた。

中国銀行、米CMEに原油先物の「異常な変動」について調査要求

中国銀行<601988.SS><3988.HK>は米CMEグループ<CME.O>に対し、4月20日に起きた原油先物価格の「異常な変動」の理由について調査するよう公式な書簡で要求する方針を明らかにした。そのために弁護士と契約したという。

米CFTC、20日の原油先物急落巡り調査開始

米商品先物取引委員会(CFTC)のバーコビッツ委員(民主党)はロイターのインタビューに対し、今月20日に米原油先物が30分間で1バレル当たり約40ドル急落したことについてCFTCが調査に着手したと明らかにした。

米当局、減産協議でのロシア情報流出疑惑で原油取引を調査=BBG

米商品先物取引委員会(CFTC)は、ロシアと他の産油国との協議に関する内部情報に基づく原油先物取引で、トレーダーが不正に利益を得ていなかったか調査している。ブルームバーグ・ニュース(BBG)が22日、関係筋の話として伝えた。

米原油先物は20%上昇、北海ブレント横ばい

アジア時間午前の原油先物市場では、米WTI先物が20%上昇し、北海ブレント先物は横ばいで推移。新型コロナウイルス流行に伴う燃料需要の減少で原油が供給過剰となり、原油先物は前日までの2日間で急落した。

金相場、利食い売りで小幅安 世界経済巡る懸念で下値は限定的

13日の金相場は小幅下落。前週の取引で1カ月ぶり高値を付けたことから、利食い売りが出ている。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の急速な後退を巡る懸念などから下値は限定的となっている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up