for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Centrica PLC

CNA.L

現在値

92.86GBp

変化

2.02(+2.22%)

出来高

15,189,658

本日のレンジ

90.30

 - 

92.86

52週レンジ

63.99

 - 

140.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
90.84
始値
90.88
出来高
15,189,658
3か月平均出来高
456.07
高値
92.86
安値
90.30
52週高値
140.70
52週安値
63.99
発行済株式数
5,819.36
時価総額
5,403.85
予想PER
13.32
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2019 Centrica PLC Earnings Release

適時開示

その他

RWE Acquires King's Lynn Plant From Britain's Centrica For £105 Mln

Centrica Has Agreed To Sell Its 382 MW King's Lynn CCGT Power Station For £105 Mln

Centrica Says Full Year Cash Flow And Earnings Outlook Unchanged

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Centrica PLCとは

セントリカ(Centrica plc)は総合エネルギー企業。【事業内容】同社はブリティッシュ・ガス、セントリカ・エネルギー、セントリカ貯蔵および直接エネルギーという4つの事業部門を運営する。同社はヨーロッパ、北米、およびトリニダード・トバゴにおいてガスと液体の確認埋蔵量と推定埋蔵量を見積もっている。セントリカ・エネルギーにおける主要フィールドにはクバイトビョーン(Kvitebjorn)、南モアカム、シグナス、スタットフィヨルド、バレモン、チスウィック、NCMAポインセチア、ヨーク、マリア、ライル及びグローブ等のフィールドが含まれる。セントリカ貯蔵における主要フィールドはラフフィールドである。直接エネルギーにおける主要フィールドにはカナダのアルバータ州に位置するフットヒルズ、メディシンハット、キャロットクリークと中央アルバータ等のフィールドが含まれる。平成25年6月、同社はCuadrilla Resources Holdings Ltd及びAJ Lucas Group Ltd.からボウランドの探査特許における25%の持分を取得した。

業種

Natural Gas Utilities

連絡先

Millstream, Maidenhead Road

+44.1753.494000

https://www.centrica.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Charles A. Berry

Non-Executive Chairman of the Board

Iain C. Conn

Group Chief Executive, Executive Director

Chris O Shea

Group Chief Financial Officer, Executive Director

Sarwjit Sambhi

Chief Executive Officer - Centrica Consumer, Executive Director

Richard Hookway

Chief Executive - Centrica Business, Director

統計

3.00 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2016

27.1K

2017

28.0K

2018

29.7K

2019(E)

28.9K
EPS (GBp)

2016

16.800

2017

12.600

2018

11.130

2019(E)

6.970
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.18
株価純資産倍率(四半期)
2.53
株価キャッシュフロー倍率
7.43
総負債/総資本(四半期)
238.18
長期負債/資本(四半期)
219.00
投資利益率(過去12カ月)
-4.63
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.63

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米中による第1段階の合意文書の署名を控え、買い意欲が強まった。英中銀イングランド銀行(BOE)が利下げするとの期待から、国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種指数<.FTMC>はFTSE100種を超える値上がりとなった。

ロンドン株式市場=反発、米中第1段階の合意署名控え

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7617.60 +29.75 +0.39 7587.85 週明けのロンドン株式市場は反発して取引を終えた。米中による第1段階の合意文書 の署名を控え、買い意欲が強まった。英中銀イングランド銀行(BOE)が利下げすると の期待から、国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種指数はFTSE 100種を超える値上がりとなった。 通商政策を巡る明るい見方のほか、中東情勢の緊張緩和も市場心理を支えた。 FTSE350種住宅建設株指数は1.12%上昇した。住宅建設のテ イラー・ウィンペイ...

アングル:英総選挙、6つのシナリオ 市場はどう反応するか

12日投開票の英総選挙は、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)への影響と、与野党が両極端の政策案を示す中での選択という意味で、数十年に一度の重要な選挙になるとされている。このため、短期的にも長期的にもポンド、英国債、英国株に大きな影響が及びそうだ。

英保守党が政権公約、1月末離脱へ年内関連法案審議入り表明

英国のジョンソン首相率いる与党・保守党は24日、総選挙(12月12日投開票)に向けたマニフェスト(政権公約)を公表した。欧州連合(EU)からの離脱をこれ以上長引かせないため、12月中に新離脱協定案の関連法案の審議を再開し、2020年1月末までに離脱を実現すると表明した。

欧州市場サマリー(21日)

<ロンドン株式市場>  続落して取引を終えた。米中関係が不安視されたほか、英最大野党・労働党が増税やインフラ企業の国有化を盛り込んだマニフェスト(政権公約)を打ち出したことが相場の重しとなった。

ロンドン株式市場=続落、英野党マニフェストを嫌気

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7238.55 -23.94 -0.33 7262.49 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。米中関係が不安視されたほか、英最大野 党・労働党が増税やインフラ企業の国有化を盛り込んだマニフェスト(政権公約)を打ち 出したことが相場の重しとなった。 今週は、トランプ米大統領が中国と通商合意に至らなければ中国製品の関税を引き上 げると述べたほか、米議会が香港での反政府デモを支援する法案を可決し、中国の反感を 買った。FTSE350種銀行株指数は0.97%、鉱業株指数...

欧州株式市場=続落、ティッセンクルップ売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 402.22 -1.60 -0.40 403.82 FTSEユーロファース 1575.11 -5.75 -0.36 1580.86 ト300種 ユーロSTOXX50種 3679.66 -4.22 -0.11 3683.88 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続落して取引を終えた。米中通商協議が不安視され、リスク許容姿勢 が弱まった。配当を停止した鉄鋼のティッセンクルップも相場の重しとなった 。 米中の「第1段階」の通商合意が来年にずれ込むとの不安や、米議会...

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。石油大手のBPやロイヤル・ダッチ・シェルが相場をけん引した。

ロンドン株式市場=反発、週間ベースは1年ぶり大幅安

マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「米雇用統計は米連 邦準備理事会(FRB)の姿勢をあまり変えないだろう。利下げを考え直すほど良くもな く、より積極的な利下げを後押しするような悪い内容でもない」と述べた。 BPは2.1%高だった。上流部門トップのバーナード・ルーニー氏が、ボブ・ダド リー最高経営責任者(CEO)の後任となると発表したことが買い材料だった。 中型株で構成するFTSE250種は0.68%上昇した。発電会社のドラ ックスが13.9%上昇し、全体水準を押し上げた。英国で非常時の電源を確保 する約10億ポンド...

欧州市場サマリー(30日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米中貿 易摩擦への懸念から市場心理が悪化したほか、イングランド銀行(英中銀、BOE)が銀 行に対して破綻処理の枠組みを公表することを命じたことで主要な銀行株が売られた。 トランプ米大統領は中国に対し、通商政策の合意を2020年の大統領選まで先延ば ししない方が良いと警告した。 BOEは銀行大手のバークレイズやロイヤル・バンク・オブ・スコットラン ド(RBS)などの主要な銀行は、2021年までに破綻処理の枠組みを公表す るように求めた。 個別銘柄の主要な材料は企業決算だった。 電力・ガス大手セントリカ...

ロンドン株式市場=反落、貿易摩擦を不安視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100 7646.77 -39.84 -0.52 7686.61 種 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米中貿易摩擦への懸念 から市場心理が悪化したほか、イングランド銀行(英中銀、BOE)が 銀行に対して破綻処理の枠組みを公表することを命じたことで主要な銀 行株が売られた。 トランプ米大統領は中国に対し、通商政策の合意を2020年の大 統領選まで先延ばししない方が良いと警告した。 BOEは銀行大手のバークレイズやロイヤル・バンク・オ ブ・スコットランド(RBS)などの...

ロンドン株式市場=続落、米中貿易巡る緊迫高まる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7163.68 -39.61 -0.55 7203.29 週明けロンドン株式市場は続落して取引を終えた。米政府が10日に発表した対中関 税引き上げに対して中国が米国からの600億ドル相当の輸入品に対する追加関税を引き 上げる報復措置を発表し、リスク志向が弱まった。 両国間の緊迫が増す中、アジアへのエクスポージャーが高い株が打撃を受けた。FT SE350種鉱業株指数は3カ月半ぶりの安値。 携帯電話サービス大手のボーダフォンは5.2%下落。ドイツとイタリアに おける次世代通信規格...

欧州市場サマリー(21日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。軟調な 業績見通しを示した電力・ガス大手セントリカと防衛大手BAEシステムズ<BAES .L>が落ち込んだほか、ポンド高に伴い国際的な銘柄が売られた。 セントリカは11.7%下落し、16年近くぶりの安値をつけた。英規制当局がガス ・電力価格に上限を設けたことが2019年の業績に打撃を与えるとの見通しが不安視さ れた。 BAEシステムズは7.9%下落した。ドイツ政府によるサウジアラビアへの輸出停 止の動きで、サウジアラビアとの取引に影響が出て業績を左右するとの見方を示したこと が嫌気された。 不動産仲介業...

欧州株式市場=まちまち、軟調な業績の銘柄売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 370.41 -1.05 -0.28 371.46 種 FTSEユーロファー 1456.85 -4.62 -0.32 1461.47 スト300種 DJユーロSTOXX 3263.70 +4.21 +0.13 3259.49 <.STOXX50E 50種 > 欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。業績が嫌気された銘柄が売られたほか、ユ ーロ圏の軟調な統計によって市場心理が悪化した。 2月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)が好不況の分かれ目となる50...

ロンドン株式市場=反落、軟調な見通しでセントリカとBAE売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100 7167.39 -61.23 -0.85 7228.62 種 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。軟調な業績見通しを示した電力・ガス大 手セントリカと防衛大手BAEシステムズが落ち込んだほか、ポンド高 に伴い国際的な銘柄が売られた。 セントリカは11.7%下落し、16年近くぶりの安値をつけた。英規制当局がガス ・電力価格に上限を設けたことが2019年の業績に打撃を与えるとの見通しが不安視さ れた。 BAEシステムズは7.9%下落した。ドイツ政府によるサウジアラビア...

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> 続落。米中貿易摩擦が世界的な景気減速を加速させるとの懸念が高まり、銀行株やエネルギー株を中心に下げた。イングランド銀行(英中央銀行)が英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感を背景に成長率予想を引き下げたことも響いた。

ロンドン株式市場=続落、米中摩擦で減速懸念

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100 7071.18 -22.40 -0.32 7093.58 種 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。米中貿易摩擦が世界的な景気減速を加速 させるとの懸念が高まり、銀行株やエネルギー株を中心に下げた。イングランド銀行(英 中央銀行)が英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感を背景に成長率予想を引き下げ たことも響いた。 トランプ米大統領が中国の習近平国家主席と通商交渉の期限である3月1日までに会 談しないと述べ、投資家は貿易摩擦の長期化を懸念した。マーケッツ・ドットコム...

焦点:EV充電コスト無料化も、日欧企業が狙うV2G電力供給

電気自動車(EV)を充電コスト抜きに走行させたいと考えたことはあるだろうか──。多少のギブ・アンド・テイクを気にしないなら、その夢は実現するかもしれない。

ロンドン株式市場=小幅反発、鉱業株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 6721.17 +9.24 +0.14 6711.93 ロンドン株式市場は小幅反発して取引を終えた。鉱業株が買われ、プラスに転じた。 週間では世界景気減速への懸念から大幅に下落した。 政府機関の一部閉鎖や追加利上げへの懸念で大きく値下がりしてきた米株式市場が一 時上昇したことも好感した。大手銀行HSBCが0.6%上昇した。 FTSE350種鉱業株指数は1.32%上昇した。銅価格の値上がりを受けて、資 源大手のアングロ・アメリカンが2.8%値上がりした。リオ・ティント...

欧州市場サマリー(10日)

(冒頭に本文を、その下に表を配置します) [ 10日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。メイ 首相が11日に予定していた欧州連合(EU)離脱案の議会採決を延期すると表明したこ とで政治的先行き不透明感が漂った。国内経済に左右されやすい銘柄の値下がりが目立っ た。 メイ首相の発表を受け、英国の今後は合意なきEU離脱や離脱の是非を問う国民投票 の再実施、離脱案の再交渉などさまざまなシナリオに展開する可能性が出てきた。 金融部門がFTSE100種の最大の重しだった。国内事業が主要である銀行の株安 が目立った。同様に、...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up