for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Centrica PLC

CNA.L

現在値

80.00GBp

変化

-2.00(-2.44%)

出来高

54,278,439

本日のレンジ

78.80

 - 

82.60

52週レンジ

45.21

 - 

89.60

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
82.00
始値
81.70
出来高
54,278,439
3か月平均出来高
599.09
高値
82.60
安値
78.80
52週高値
89.60
52週安値
45.21
発行済株式数
5,907.54
時価総額
4,844.18
予想PER
8.56
配当利回り
--

次のエベント

Half Year 2022 Centrica PLC Earnings Release

適時開示

その他

Equinor Signs Agreement With UK's Centrica

Octopus Submits Last-Minute Bid In Three-Way Race For Electricity Supplier Bulb- FT

Centrica Reiterates Outlook In Trading Update

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Centrica PLCとは

セントリカ(Centrica plc)はエネルギーとサービス会社ある。【事業内容】セントリカ消費者、セントリカビジネス、及びアップストリームを含む3つの事業部門を運営する。セントリカ消費者セグメントは、英国(UK)の住宅顧客、及びアイルランド共和国の住宅・商業・産業の顧客にガスと電気の供給、英国とアイルランド共和国における国内のセントラルヒーティングとクーリングシステム及び関連機器の設置・修理・保守、英国での固定料金の保守・故障サービス及び保険契約の提供を行う。セントリカビジネスセグメントは、英国の企業顧客と取引先へのガス及び電力の供給とエネルギー関連サービスの提供を行う。アップストリームセグメントは、ガスと石油の生産と処理、及び主にスピリットエナジー内での新しい分野の開発に従事して、英国とヨーロッパで埋蔵量を維持し、核資産からの電力ソリューションを提供する。

業種

Natural Gas Utilities

連絡先

Millstream, Maidenhead Road

SL4 5GD

United Kingdom

+44.1753.494000

https://www.centrica.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Scott Wheway

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Chris O' Shea

Group Chief Executive Officer, Executive Director

Kate Ringrose

Group Chief Financial Officer, Executive Director

Raj Roy

Group General Counsel, Company Secretary

Nathan Bostock

Non-Executive Director

統計

2.37 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2019

26.8K

2020

24.4K

2021

18.3K

2022(E)

21.8K
EPS (GBp)

2019

7.200

2020

6.400

2021

4.000

2022(E)

9.761
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.14
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.26
株価純資産倍率(四半期)
2.04
株価キャッシュフロー倍率
3.68
総負債/総資本(四半期)
193.45
長期負債/資本(四半期)
145.41
投資利益率(過去12カ月)
6.18
自己資本利益率(過去12カ月)
2.48

最新ニュース

最新ニュース

ロシアからのドイツ向けガス供給、さらに減少 6割減に

ロシアから欧州に天然ガスを送る主要パイプライン「ノルドストリーム1」の供給量は16日、さらに減少した。ロシア側は修繕作業の遅れが原因だと説明しており、作業がさらに遅れれば全ての供給が完全に停まる可能性もあるとしている。

ロンドン株式市場=反発、商品株が相場押し上げ

連休明けロンドン株式市場は反発して取引 を終えた。商品株の上昇が相場を押し上げた。 エリザベス英女王の即位70年を記念する祝賀行事「プラチナジュ ビリー」の休暇が明け、中型株で構成するFTSE250種指数<.FTMC >は1.15%上昇した。 新型コロナウイルスの規制が解除された中国の需要増加期待を背景 に銅価格が値上がりし、資源大手のリオ・ティント、スイスの 商品取引・資源大手グレンコアはそれぞれ3.4%上昇。FT SE350種鉱業株指数は3.30%上げた。 サウジアラビアが7月の原油販売価格を引き上げたことを受けて北 海ブレント先物...

FTSE100、ロイヤル・メールとITVが20日から除外 定期見直しで

株価指数算出のFTSEラッセルは1日のロンドン株取引終了後、今月20日からの四半期銘柄入れ替えで、FTSE100種指数から郵便ロイヤル・メールと放送局ITVを外すと発表した。両銘柄はFTSE250種指数に入る。

ロンドン株式市場=反落、配当落ち銘柄売られる

ロンドン株式市場は反落して取引を終えた 。英国の連休を控え、配当落ち銘柄が売られたのが相場を押し下げた。 配当落ちした英電力・ガス供給のナショナル・グリッド、携 帯電話サービス大手のボーダフォンはそれぞれ4.3%、3. 0%下落。中型株で構成するFTSE250種指数は0.71 %下げた。 英国市場は2日と3日、エリザベス英女王の即位70年を記念する 祝日のため休場となる。 5月は、欧州連合(EU)によるロシア産石油の輸入禁止を見込ん だ原油価格の値上がりを背景に商品株が買われ、FTSE100種<.FT SE>は月間ベースで0.84%上昇...

ロンドン株式市場=続伸、中型株は下落

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。一方、中型株で構成するFTSE250種指数は0.63 %下落。原油価格の値上がりを背景に航空株が売られた。 格安航空会社(LCC)イージージェット、ウィズエアー< WIZZ.L>、英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)などの親 会社IAGは3.3─5.6%下落した。 FTSE100種は、「物言う投資家」のネルソン・ペル ツ氏を取締役に指名した英日用品のユニリーバが9.4%と大 幅上昇したのが押し上げた。 ただ、雑貨ディスカウントストアのB&Mヨーロピアン・バリュー ・リテールが15.0%...

ロンドン株式市場=続伸、上海ロックダウン解除を好感 カントリーサイドが高い

酒造大手ディアジオや食品・日用品大手ユニリーバ<ULVR.L >、鉱山アングロ・アメリカンなどの上昇も目立った。 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 7600.06 +14.60 +0.19 7585.46 (ーからご覧ください)

ロンドン株式市場=続伸、週間で2カ月超ぶり上昇率

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。米連邦準備理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)議 事要旨で今年後半に急速な利上げを一時停止する可能性を示唆したこと を受け、米国株が上昇した流れを継いだ。 FTSE100種は週間ベースで2.65%高と、上昇率 は3月中旬以来、2カ月超ぶりの大きさとなった。 27日の取引では、FTSE350種銀行株指数が 1.08%高。ドルの下落を背景に銅や鉄鉱石の価格が値上がりしたこ とから、チリ産銅大手アントファガスタ、スイスの商品取引・ 資源大手グレンコア、資源大手のリオ・ティントは1 .1─1...

欧州市場サマリー(26日)

アナリストの間では、ECBが7月に25bp利上げを実施するという予想が大勢と なっている。 独10年債利回りは一時、5月13日以来の低水準となる0.887% に沈んだ後に切り返し、終盤の取引では1.5bp上昇の0.971%。 米10年債利回りは1bp上昇。一時は4月14日以来の水準に低下していた。 一方、ECBの金利動向により敏感な独2年債利回りは3bp低下し、5 月17日以来の低水準となる0.3%を付けた。 イタリア10年債利回りは6bp低下の2.889%。一時、5月13 日以来の水準となる2.3%まで低下した。 独伊10年債の利回り...

ロンドン株式市場=続伸、銀行株上昇が支援

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。銀行株の上昇が相場を支援した。 FTSE350種銀行株指数は1.35%高。中型 株で構成するFTSE250種指数は1.58%上昇した。 一方、英政府が石油・ガス会社の利益に対して25%の超過利潤税を課 すと発表したことから、公益事業株は大幅下落した。 発電会社のドラックス、エネルギー供給会社SSE 、英電力・ガス大手セントリカは4.5─7.2%下落。FT SE350種公益事業株指数は4.07%下げた。 生活費の危機にあえぐ消費者により多くの支援を提供するようにと 激しい政治的圧力に直面しているスナク...

欧州市場サマリー(24日)

これを受け、英10年債利回りが一時10ベーシスポイント(bp)を 超えて低下したことで、ユーロ圏国債利回りも低下。米債券市場も「リスクオフ」の展開 となったことで、午後の取引で下げ幅を拡大した。 ラボバンクの金利部門責任者、リチャード・マグワイア氏は「株安で以前から債券に 買いが入っていた。英PMIが著しく軟調だったことで、英国債利回りが急落した」と述 べた。 独10年債利回りは一時は1%台に乗せていたが、その後は6.7bp 低下の0.95%。 イタリア10年債利回りは一時は2週間ぶりの高水準を付けたが、その 後は5.8bp低下した ギリシャ...

ロンドン株式市場=反落、世界的な株安を嫌気

ロンドン株式市場は反落して取引を終え た。世界的な株価下落の流れを継ぎ、エネルギー株を中心に売りが広が ったほか、超過利益への課税に関する報道を受けて公益事業株も急落し た。 石油大手のシェル、BPはそれぞれ0.9%、1. 2%下落。中型株で構成するFTSE250種指数は1.47 %安で引けた。 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、英政府が発電事業者の 100億ポンド(124億8000万ドル)を超える超過利益に対して 課税を計画していると伝えた。これを受けて英電力・ガス大手セントリ カ、エネルギー供給会社SSE、発電会社のドラックス...

英主要都市、最大9割のガソリンスタンド在庫切れ パニック買い

英国の主要都市では27日、最大9割のガソリンスタンドで燃料在庫が底をついた。トラック運転手の不足により、製油所からの燃料輸送が困難になっている中で、パニック買いが起きているためだ。

英トラック運転手不足、未解消ならクリスマスにかけ大混乱=小売団体

英小売協会(BRC)は24日、政府に対し、ガソリンスタンドの閉鎖やスーパーマーケットの供給網制約につながっているトラック運転手不足問題を今後10日間で解消しない限り、クリスマスにかけて大きな混乱が生じると警告した。

英、原発新設でウエスチングハウスと協議=タイムズ紙

英政府は、ウエールズのアングルシー島に原子力発電所を新設する計画について、米原子力子会社ウエスチングハウスと協議を進めている。タイムズ紙が報じた。

英トラック運転手不足問題、政府は解決に全力を挙げると表明

英国政府は24日、ガソリンスタンドの閉鎖やスーパーマーケットの供給網制約につながっているトラック運転手不足問題の解決に全力を挙げると表明した。ただ、運送業界は早急な問題解決は困難との認識を示している。

BP、英国内で一部のガソリンスタンド閉鎖 運転手不足で

英石油大手BPは23日、国内のトラック運転手不足により製油所からの燃料輸送に支障が出ているため、英国内の一部のガソリンスタンドを閉鎖したと発表した。

英政府、エネルギー会社への融資を検討 天然ガス高騰の影響で

クワーテング英民間企業・エネルギー・産業戦略相は21日、天然ガス価格高騰で破綻した企業の顧客を引き継いだエネルギー会社への融資を検討中と明らかにした。

欧州市場サマリー(24日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米中関係の緊迫化が重し となった。新型コロナウイルスに関する不安やワクチンを巡る先行き不透明感から週間ベースでは2.65 %安となった。 この日は全部門がマイナス圏で取り引きされた。 保険大手のプルーデンシャルとM&Gの値下がりが目立った。英金融当局が、新型コロ ナのパンデミック(世界的大流行)により困難に直面している保険加入者に対する一時的な救済措置を10 月末まで延長することを提案していると述べたことが材料視された。 米国はテキサス州ヒューストンにある中国の総領事館の閉鎖を求めたことへの対抗措置...

欧州株式市場=下落、米中関係を不安視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 367.29 -6.36 -1.70 373.65 FTSEユーロファースト3 1429.74 -25.36 -1.74 1455.10 00種 ユーロSTOXX50種 3310.89 -60.85 -1.80 3371.74 欧州株式市場は下落して取引を終えた。米国が中国の総領事館の閉鎖を求めたことへ の対抗措置として中国が米国の総領事館を閉鎖するように命じ、米中関係が不安視された 。 全ての部門がマイナス圏で取り引きされた。米テクノロジー株の下落が続く中...

ロンドン株式市場=反落、米中緊迫化で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 6123.82 -87.62 -1.41 6211.44 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米中関係の緊迫化が重しとなった。新型 コロナウイルスに関する不安やワクチンを巡る先行き不透明感から週間ベースでは2.6 5%安となった。 この日は全部門がマイナス圏で取り引きされた。 保険大手のプルーデンシャルとM&Gの値下がりが目立った。英金融 当局が、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)により困難に直面している保険加入 者に対する一時的な救済措置を10月末まで...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up