for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Centrica PLC

CNA.L

現在値

100.45GBp

変化

0.73(+0.73%)

出来高

57,738,447

本日のレンジ

98.40

 - 

100.95

52週レンジ

65.78

 - 

100.95

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
99.72
始値
99.36
出来高
57,738,447
3か月平均出来高
577.81
高値
100.95
安値
98.40
52週高値
100.95
52週安値
65.78
発行済株式数
5,822.67
時価総額
5,806.36
予想PER
3.70
配当利回り
1.00

次のエベント

Full Year 2022 Centrica PLC Earnings Release

適時開示

その他

Centrica Announces Hydrogen Ready Combined Heat And Power Partnership With 2G Energy AG

Centrica Plans Green Energy Hub At Former Gas Power Plant

Centrica Appoints Russell O'Brien As CFO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Centrica PLCとは

セントリカ(Centrica plc)は、エネルギーサービス及びソリューションの会社である。【事業内容】ブリティッシュ・ガス・エナジー部門は、英国において一般家庭及び中小企業の顧客にガスと電気を供給する。ブリティッシュ・ガス・サービス・アンド・ソリューションズ事業は、家庭用セントラルヒーティング及び関連機器の設置・修理・保守、並びに定額制保守サービスの提供を行う。ボルド・ゲイズ・エナジー事業は、アイルランド共和国の一般家庭及び商業・工業用顧客向けにガス及び電力を供給する。エネルギー・マーケティング&トレーディング事業は、英国及び欧州において、エネルギーの調達、取引及び最適化を行う。セントリカビジネスソリューションズ事業は、英国において、中堅・大企業顧客向けにガス及び電力を供給し、エネルギー関連サービスを提供する。上流事業は、英国の原子力発電所から発生する電力の販売に従事する。

業種

Natural Gas Utilities

連絡先

Millstream, Maidenhead Road

SL4 5GD

United Kingdom

+44.1753.494000

https://www.centrica.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Scott Wheway

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Chris O' Shea

Group Chief Executive Officer, Executive Director

Kate Ringrose

Group Chief Financial Officer, Executive Director

Raj Roy

Group General Counsel, Company Secretary

Nathan Bostock

Non-Executive Director

統計

1.82 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2019

26.8K

2020

24.4K

2021

18.3K

2022(E)

26.6K
EPS (GBp)

2019

7.200

2020

6.400

2021

4.000

2022(E)

28.009
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.24
株価純資産倍率(四半期)
2.72
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
173.89
長期負債/資本(四半期)
155.07
投資利益率(過去12カ月)
-12.46
自己資本利益率(過去12カ月)
-5.05

最新ニュース

最新ニュース

英、550億ポンドの財政再建計画 増税と歳出削減が柱

[ロンドン 17日 ロイター] - 英国のハント財務相は17日、一連の増税と歳出削減を柱とする総額550億ポンド規模の財政再建計画を発表した。トラス前政権下で失った英国の財政への信頼感を取り戻すために必要な措置と表明した。

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。ハント英財務相が歳出削減と増税を 柱とする財政再建計画を発表したことを受け、売りが優勢となった。 発表後に英ポンドがドルに対して下げの一部を一時取り戻したため、輸出企業が多い FTSE100種は下げ幅を拡大した。 一方、より国内企業のエクスポージャーが高い中型株で構成するFTSE250種指 数は下げ幅を大幅に縮小し、0.05%安で引けた。 金属価格の値下がりを背景にFTSE350種鉱業株指数は1.68 %下落した。 ハント氏が発表した歳出削減と増税は、トラス前首相が提案して英市場を急落させた...

ロンドン株式市場=続落、英財政計画発表で売り

ロンドン株式市場は続落して取引を 終えた。ハント英財務相が歳出削減と増税を柱とする財政再建計画を発 表したことを受け、売りが優勢となった。 発表後に英ポンドがドルに対して下げの一部を一時取り戻したため 、輸出企業が多いFTSE100種は下げ幅を拡大した。 一方、より国内企業のエクスポージャーが高い中型株で構成するF TSE250種指数は下げ幅を大幅に縮小し、0.05%安で 引けた。 金属価格の値下がりを背景にFTSE350種鉱業株指数<.FTNMX5 51030>は1.68%下落した。 ハント氏が発表した歳出削減と増税は、トラス前首相が...

ロンドン株式市場=反落、GDP統計受けたポンド高が重し

ロンドン株式市場は反落して終了し た。第3・四半期の国内総生産(GDP)統計を受け英ポンド相場が上 昇したことが重しになった。ただ中型株指数は大きく上昇した。 英国立統計局(ONS)が発表した第3・四半期のGDPは前期比 0.2%減。長期的なリセッション(景気後退)の入り口に立ったとみ られるが、ロイターがまとめた市場予想(0.5%減)ほどは落ち込ま なかった。 予想ほど悪化しなかったことで、英ポンドが上昇。ドル建 てで収益を稼ぐ製薬大手のアストラゼネカやグラクソ・スミス クライン(GSK)のほか、たばこ大手のブリティッシュ・ア メリカン・タバコ...

欧州市場サマリー(10日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米消費者物価指数(CPI)の上昇率が鈍化したのを受けて米連邦準備理事会(FRB)の利上げ幅縮小への期待感が広がり、買いが優勢となった。

ロンドン株式市場=反発、米インフレ鈍化を好感

ロンドン株式市場は反発して取引を 終えた。米消費者物価指数(CPI)の上昇率が鈍化したのを受けて米 連邦準備理事会(FRB)の利上げ幅縮小への期待感が広がり、買いが 優勢となった。 FTSE100種は約2カ月ぶりの高値を付けた。ただ、 英ポンドが上昇したため、輸出企業が多くを占めるFTSE100種は 伸び悩んだ。 中型株で構成するFTSE250種指数は3.90%高で 、上昇率は約8カ月ぶりの大きさだった。 10月の米CPI上昇率が市場予想を下回り、FRBが12月の会 合で利上げ幅を50ベーシスポイント(bp)に縮小するとの見方が強 まったことから...

欧州市場サマリー(31日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。英ポンドの下落を受けてドルで利益を上げる企業が買われ、FTSE100種は9月下旬以来、約5週間ぶりの高値を付けた。月間では2.91%高と、3カ月ぶりにプラスとなった。

ロンドン株式市場=反発、5週間ぶり高値

週明けのロンドン株式市場は反発し て取引を終えた。英ポンドの下落を受けてドルで利益を上げる企業が買 われ、FTSE100種は9月下旬以来、約5週間ぶりの高値 を付けた。月間では2.91%高と、3カ月ぶりにプラスとなった。 中型株で構成するFTSE250種指数は31日の取引で 0.15%下げたが、月間では4.20%上げた。 31日は、収益の大部分を海外から得る国際企業の英製薬のアスト ラゼネカ、英日用品のユニリーバ、石油大手のBP<BP .L>が1.3─1.4%上昇した。 格安航空会社(LCC)のイージージェットは6.1%と 大幅上昇。英航空大手...

欧州市場サマリー(10日)

<ロンドン株式市場> ロンドン株式市場は4日続 落した。世界的な株安を受けた。 FTSE100種は0.5%安。中型株で構成するFTSE250種指数<.F TMC>は1.3%下げ、1週間ぶりの安値を付けた。 石油・ガス株指数は1%安。原油価格に連れ安した。 一方、英国債価格は急落。クワーテング財務相が10日、中期財政計画の発表を11 月23日から10月31日に前倒ししたほか、イングランド銀行(英中央銀行)は10日 、国債市場安定化策の長期国債買い入れ措置が今週末に終了を迎えるのを前に買い入れの 上限を倍増したが、市場の信頼を得られていないことが...

ロンドン株式市場=4日続落、世界的な株安で 英国債に売り

ロンドン株式市場は4日続落した。 世界的な株安を受けた。 FTSE100種は0.5%安。中型株で構成するFTS E250種指数は1.3%下げ、1週間ぶりの安値を付けた。 石油・ガス株指数は1%安。原油価格に連れ安した 。 一方、英国債価格は急落。クワーテング財務相が10日、中期財政 計画の発表を11月23日から10月31日に前倒ししたほか、イング ランド銀行(英中央銀行)は10日、国債市場安定化策の長期国債買い 入れ措置が今週末に終了を迎えるのを前に買い入れの上限を倍増したが 、市場の信頼を得られていないことが示された。 キャピタル・ドット・コム...

英、エネルギー企業支援策導入へ 460億ドル規模

[ロンドン 8日 ロイター] - 英国のトラス新首相は8日、財務省と中央銀行がエネルギー企業を支援する400億ポンド(460億ドル)規模のプログラムを立ち上げると発表した。

欧州エネルギー危機、電力会社を圧迫 英は大規模支援策を検討

欧州各国がエネルギー価格高騰に伴う家計・企業の負担軽減や電力会社への支援を急ぐ中、6日に就任した英国のトラス新首相は、欧州でこれまでに打ち出された中で最大規模のエネルギー危機対策に取り組んでいる。

北米3カ国、LNG輸出が6割増へ 各社が今年契約締結

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 北米3カ国(米国、カナダ、メキシコ)の液化天然ガス(LNG)開発・生産企業は今年、4800万トンのLNG販売契約を結び、最終的に輸出量は現在の水準から60%増加する見通しだ。ただ、生産の大部分は数年先となる。

ロンドン株式市場=続伸、商品関連株がけん引

週明けロンドン株式市場は続伸して取引 を終えた。商品関連株が上昇したほか、世界的に投資家心理が改善した ことも相場を押し上げた。 ドルの下落や、ロシアからの供給減少への警戒感を背景に原油先物 が値上がりしたため、石油大手のシェル、BPはそれぞ れ2.4%、2.5%上昇した。 スイスの商品取引・資源大手グレンコア、資源大手のリオ ・ティントはそれぞれ3.2%、2.9%上昇。中国当局が不 動産市場の危機を回避するための措置を打ち出したことやドル安が好感 されて、金属価格が値上がりしたことが押し上げ要因だった。 中型株で構成するFTSE250...

ロンドン株式市場=反発、週間ベースは0.52%下落

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。石油株やディフェンシブ銘柄が買われたのが相場を押し上げた。 石油大手のシェル、英製薬のアストラゼネカ、ブ リティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が2.7─3. 2%上昇。中型株で構成するFTSE250種指数は1.91 %上げた。 ただ、中央銀行による積極的な利上げや世界経済の急減速への懸念 を背景に、FTSE100種は週間ベースで0.52%下げた 。 イングランド銀行(英中央銀行)のラムスデン副総裁は14日、持 続的な物価上昇を繰り返さないために、金利をさらに上げる必要がある との考えを示した...

ロンドン株式市場=続落、米インフレ懸念で売り

ロンドン株式市場は続落して取引を終え た。インフレ抑制のために主要中央銀行がより積極的に金融引き締めを 進めるとの懸念が売りを促した。企業の不安な業績見通しが相次いでい ることや、商品価格の値下がりも投資家心理を冷やした。 中型株で構成するFTSE250種指数は1.23%安。 短期金融市場は現在、イングランド銀行(英中央銀行)が来月の会合で 政策金利を50ベーシスポイント(bp)引き上げる確率は72.8% とみている。 FTSE350種石油・ガス株指数、鉱業株指数<. FTNMX551020>はそれぞれ3.34%、4.51%下落。急速な...

ロンドン株式市場=反落、予想上回る米CPIで売り

ロンドン株式市場は反落して取引を終え た。6月の米消費者物価指数(CPI)の上昇率が市場予想を上回り、 米連邦準備理事会(FRB)が利上げを加速させて米国が景気後退に陥 るとの懸念から売りが優勢となった。 5月の英国内総生産(GDP)は予想に反してプラス成長を示した が、景気後退への不安を和らげることはできなかった。旅行業の需要堅 調などがけん引し、イングランド銀行(英中央銀行)が利上げ継続の計 画について自信を強めた可能性がある。 エクイティ・キャピタルの首席マクロエコノミスト、スチュアート ・コール氏は「これで英中銀が来月に50ベーシスポイント...

ロンドン株式市場=小幅上昇、生活必需品株が買われる

ロンドン株式市場は小幅上昇して取引を 終えた。生活必需品などの景気動向に左右されにくいとされるディフェ ンシブ銘柄が買われた。ただ、中国の新型コロナウイルス対策のロック ダウン(都市封鎖)や、中央銀行の追加利上げ見通しを背景に鉱業株と エネルギー株が下落したのが相場の重しとなり、全体の上げ幅は限られ た。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.10%高。 英日用品のユニリーバ、日用品のレキット・ベンキーザー<RKT .L>、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は1. 0─1.2%上昇。 一方、FTSE350種鉱業株指数、石油...

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、ディフェンシブ銘柄が相場下支え

週明けロンドン株式市場はほぼ横ばいで 取引を終えた。ポンド安を好感した買いに加え、製薬や公益事業などの ディフェンシブ銘柄が上昇したのが相場を下支えする一方、中国での新 型コロナウイルス感染再拡大や欧州でのエネルギー危機への懸念を背景 に、鉱業株は売られた 中型株で構成するFTSE250種指数は0.40%安。 英電力・ガス大手セントリカ、エネルギー供給会社SSE<SSE. L>はそれぞれ3.4%、3.1%上昇。ジョンソン英首相が、石油・ガ ス会社に対する超過利潤課税を延長する計画はないと述べたことが材料 視された。 英国の次期首相争いが...

ロシアからのドイツ向けガス供給、さらに減少 6割減に

ロシアから欧州に天然ガスを送る主要パイプライン「ノルドストリーム1」の供給量は16日、さらに減少した。ロシア側は修繕作業の遅れが原因だと説明しており、作業がさらに遅れれば全ての供給が完全に停まる可能性もあるとしている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up