for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナティクシス

CNAT.PA

現在値

2.38EUR

変化

-0.06(-2.46%)

出来高

4,964,834

本日のレンジ

2.37

 - 

2.42

52週レンジ

1.47

 - 

4.41

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2.44
始値
2.41
出来高
4,964,834
3か月平均出来高
293.17
高値
2.42
安値
2.37
52週高値
4.41
52週安値
1.47
発行済株式数
3,152.61
時価総額
7,706.58
予想PER
45.80
配当利回り
--

次のエベント

Half Year 2020 Natixis SA Earnings Release

適時開示

その他

Natixis Interepargne Partners With Arial CNP Assurances

France's Daher receives 170 million euro state-backed loan

French financial stability council urges "responsible attitude" on dividends

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナティクシスとは

ナティクシス(Natixis SA)は銀行・金融・投資サービスの提供に従事するフランスの会社である。【事業内容】同社の主要事業ラインはコーポレートと投資銀行、投資ソリューション、専門金融サービスと金融ステークである。コーポレートと投資銀行は開発プロジェクト、投資とリスク管理製品及び具体的活動の融資向けのアドバイス・サービスを行う。投資ソリューション・ラインは資産管理、保険、プライベート・バンキングとプライベート・エクイティ・サービスを含む。専門金融サービス・ラインは消費者金融、ファクタリング、保証と保証業者、リースと映画業界の金融サービス等の小売銀行向けにソリューションを提供する。同社はGateway Investment Advisers LLC、Hansberger Group, Inc.、Harris Alternatives Holding Inc.、AEW Luxembourg等の複数の子会社を通じて運営する。

業種

Regional Banks

連絡先

30, avenue Pierre Mendes

75013

France

+33.1.58323000

https://www.natixis.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Laurent Mignon

Chairman of the Board

Francois Riahi

Chief Executive Officer, Member of the Senior Management Committee and Executive Committee

Olivier Vigneron

Head of Risks, Member of the Senior Management Committee and Executive Committee

Christian Le Hir

Head of Legal (Corporate Secretariat), Member of the Executive Committee

Anne Lebel

Head of Human Resources, Corporate Culture Officer, Member of the Senior Management Committee and Executive Committee

統計

3.06 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

9.5K

2018

9.6K

2019

9.2K

2020(E)

7.4K
EPS (EUR)

2017

0.530

2018

0.470

2019

0.560

2020(E)

0.054
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.60
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
0.39
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
248.22
長期負債/資本(四半期)
248.22
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.27

最新ニュース

最新ニュース

仏ルノー、50億ユーロ規模の政府保証融資制度で合意

仏自動車メーカーのルノー<RENA.PA>は3日、50億ユーロ(56億ドル)規模の政府保証融資制度で仏政府と合意したと明らかにした。

仏ルノー、50億ユーロ規模の政府保証融資制度で合意

仏自動車メーカーのルノーは3日、50億ユーロ(56億ドル)規模の政府保証融資制度で仏政府と合意したと明らかにした。

欧州のホテル大手アコー、融資枠確保 「回復の初期の兆し」

欧州最大のホテルチェーンを展開するフランスのアコー<ACCP.PA>は18日、新たな銀行融資枠5億6000万ユーロ(6億0600万ドル)を確保したことを明らかにした。

コラム:欧州大手銀、コロナ危機へ備え万全 資本に厚み

世界金融危機(リーマン・ショック)の記憶は拭い去り難いが、欧州の主要銀行は当時よりずっと大きなショックを吸収できる態勢で今回の危機を迎えた。Breakingviewsの試算によると、2009年のような不良債権の急増をほぼ3回乗り越えられるほどの資本を備えている。

ユーロ圏の銀行、ECB勧告に従い配当停止 スイス勢は計画続行

新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が深刻なリセッション(景気後退)に陥るリスクにさらされる中、ユーロ圏の銀行は当局の指示に従って相次いで株主への利益還元を停止している。

中国の独立系石油精製業者、一部に対し銀行が融資凍結=関係筋

中国の独立系の石油精製業者の一部に対して、銀行が融資を停止している。石油精製業界でデフォルト(債務不履行)への懸念が高まっていることや、新型コロナウイルスの感染拡大で精製業者の売り上げが打撃を受けていることが背景。

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。通商協議 を巡る米中合意に懐疑的な見方が出たことで、鉱業株やアジアへのエクスポージャーが高 い銘柄が売られた。 米中通商協議の「第1段階」の合意の一環として、双方がこれまでの追加関税を段階 的に撤廃することに合意しそうだとする報道を含め、今週は明るい兆しが見られたため株 価が上がっていた。この日は、米政権内で関税撤廃へ反対の声が上がっているとする関係 筋の話のほか、トランプ米大統領が関税撤廃には合意していないと発言したことで、リス ク志向がくじかれた。 FTSE350種鉱業株指数は2.0%下落...

欧州株式市場=反落、米大統領発言で米中合意期待後退

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 405.42 -1.14 -0.28 406.56 FTSEユーロファース 1588.91 -4.38 -0.27 1593.29 ト300種 ユーロSTOXX50種 3699.65 -7.03 -0.19 3706.68 <.STOXX50E > 欧州株式市場は6営業日ぶりに反落して取引を終えた。トランプ米大統領が、関税撤 廃に合意していないと発言したことで、第1段階の合意を巡る先行き不透明感が高まった 。 トランプ氏より前にナバロ米大統領補佐官も同様の発言...

コラム:金融業界が気候変動にシフト、「SDGs人材」争奪戦

銀行や資産運用会社など金融機関は気候変動や持続可能性といった問題への関与を強化しており、こうした分野に精通した人材の確保が必要になっている。社内での人材育成も可能だが、善かれあしかれ、外部からの採用は強力なメッセージになる。

欧州市場サマリー(3日)

ラボバンクの金利戦略部門責任者、リチャード・マグワイヤ氏は、「貿易戦争は激化 しており、世界的な経済成長、需要、信頼感、物価上昇などにマイナスの影響が及ぶ」と し、「これにより市場は『リスクオフ』となっており、米国債利回りの低下につながって いる」と述べた。 独10年債利回りはマイナス0.219%と、過去最低水準を更新。独 2年債と10年債との利回り格差は2016年8月以来の水準に縮小した。 利回り格差の縮小は景気心理の悪化兆候とされる。 ゴールドマン・サックスは前週、独10年債利回りはマイナス50bpまで低下する 可能性があるとの見方...

欧州株式市場=反発、ヘルスケア銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 370.49 +1.43 +0.39 369.06 FTSEユーロファース 1459.45 +6.25 +0.43 1453.20 ト300種 DJユーロSTOXX5 3300.22 +19.79 +0.60 3280.43 <.STOXX50E 0種 > 週明け欧州株式市場は反発して取引を終えた。米中貿易摩擦への懸念からテクノロジ ー株など通商政策に左右されやすい銘柄が売られた一方で、ヘルスケア銘柄が買われ相場 を下支えした。 ディフェンシブ銘柄で構成する...

仏当局、銀行の資本バッファー0.5%に引き上げ 融資リスクに備え

フランスの金融安定評議会は18日、国内銀行にカウンターシクリカル資本バッファーの引き上げを命じた。現在の融資ブームが冷え込んだ場合に備える狙いがある。

欧州市場サマリー(19日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)による今後の利上げペースの発表に注目が集まる中、一部事業の統合を発表した英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>が指数を押し上げた。

欧州株式市場=反発、米FRBがハト派姿勢示すとの思惑で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 341.52 +1.06 +0.31 340.46 FTSEユーロファースト 1348.41 +4.62 +0.34 1343.79 300種 DJユーロSTOXX50 3051.38 +11.25 +0.37 3040.13 種 欧州株式市場は反発して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)がハト派的な姿 勢を示すとの思惑が広がる中、ほとんどのセクターが買われた。 市場参加者の大半がFRBがこの日、利上げを決めると見込んでいるが、一部には来 年の利上げ回数...

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> 3月下旬以来の安値に続落。米国の利上げが加速するとの見方から前日より世界的に株価が下がっている。

欧州株式市場=続落、世界株安受けて16年12月以来の安値

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 359.65 -7.28 -1.98 366.93 種 FTSEユーロファー 1413.65 -29.45 -2.04 1443.10 スト300種 DJユーロSTOXX 3209.19 -57.71 -1.77 3266.90 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は続落して取引を終えた。米国の利上げが加速するとの見方から前日か ら米国株が値を下げており、欧州株も連れ安となっている。世界経済が鈍化している兆し も重しだ。 STOXX欧州600種指数は...

欧州株式市場=まちまち、米中協議再開期待で ハイテク株は米制裁受け上げ幅削る

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 376.52 -0.56 -0.15 377.08 種 FTSEユーロファー 1472.23 -0.85 -0.06 1473.08 スト300種 DJユーロSTOXX 3333.68 +7.08 +0.21 3326.60 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。米中通商協議への期待から自動車株などが 買われる一方、米国が中国とロシアの企業を制裁対象に指定したことが相場の抑制要因と なった。 米国が中国に対し通商協議の再開を呼...

欧州市場サマリー(3日)

銀行のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)<RBS.L>は3.1%上昇し、6月末以来の高値を付けた。上半期利益が、予想に反してプラスとなったほか、10年ぶりに配当を実施するとの発表が好感された。

欧州株式市場=反発、決算が買い材料

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 389.16 +2.52 +0.65 386.64 FTSEユーロファースト3 1523.93 +10.13 +0.67 1513.80 00種 DJユーロSTOXX50種 3482.40 +13.19 +0.38 3469.21 欧州株式市場は反発して取引を終えた。決算が買い材料となった。 英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は3.1%上昇し た。世界金融危機で経営危機に陥り英政府の救済を受けた2008年以降初めて、10年 ぶりに配当を実施...

欧州市場サマリー(14日)

<ロンドン株式市場> 反発。注目が集まっていた米消費者物価指数(CPI)は市場予想を上回り、物価上昇圧力への懸念材料となったものの、金融と一次産品銘柄が買われ全体水準を押し上げた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up