for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コノコフィリップス・カンパニー

COP.N

現在値

42.18USD

変化

-0.83(-1.93%)

出来高

3,271,944

本日のレンジ

41.68

 - 

42.77

52週レンジ

20.85

 - 

67.12

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
43.01
始値
42.54
出来高
3,271,944
3か月平均出来高
247.65
高値
42.77
安値
41.68
52週高値
67.12
52週安値
20.85
発行済株式数
1,076.86
時価総額
45,234.89
予想PER
-38.50
配当利回り
3.98

次のエベント

Q2 2020 ConocoPhillips Earnings Release

適時開示

その他

Conocophillips - Retirement Of Don E. Wallette, Jr. As Executive Vice President And CFO

Soros Fund Management Takes Share Stake In Disney, Dissolves Stake in American Express

Conocophillips Reports Q1 2020 Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コノコフィリップス・カンパニーとは

コノコフィリップス (ConocoPhillips)は独立する探査・生産会社である。【事業内容】原油、ビチューメン、天然ガス、液化天然ガス(LNG)および天然ガス液を探査・生産・輸送・販売する。アラスカ、ロウワー48、カナダ、ヨーロッパと北アフリカ、アジア太平洋と中東、およびその他6つの事業セグメントを通じて事業を展開する。アラスカセグメントは、原油、天然ガス液、天然ガス、LNGを探査・生産・輸送・販売する。ローワー48セグメントは、米国ローワー48州とメキシコ湾に位置する事業で構成される。カナダ事業セグメントは、アルバータ州北東部のアサバスカ地域でのオイルサンド開発で構成される。ヨーロッパと北アフリカセグメントは、ノルウェーとリビアでの操業・探査活動で構成される。アジア太平洋と中東セグメントは、中国、インドネシア、マレーシア、およびオーストラリアで探査・生産を行う。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

925 N Eldridge Pkwy

HOUSTON, TX

77079-2703

United States

+1.281.2931000

http://www.conocophillips.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ryan Michael Lance

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Donald Evert Wallette

Chief Financial Officer, Executive Vice President

William L. Bullock

President - Asia Pacific & Middle East

Michael D. Hatfield

President - Alaska, Canada and Europe

Dominic E. Macklon

President - Lower 48

統計

1.88 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

32.6K

2018

38.7K

2019

36.7K

2020(E)

18.0K
EPS (USD)

2017

0.600

2018

4.540

2019

3.590

2020(E)

-1.147
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.21
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.54
株価純資産倍率(四半期)
1.44
株価キャッシュフロー倍率
4.69
総負債/総資本(四半期)
47.81
長期負債/資本(四半期)
47.41
投資利益率(過去12カ月)
6.02
自己資本利益率(過去12カ月)
5.42

最新ニュース

最新ニュース

北米石油会社、減産幅は日量約170万バレルに=ロイター試算

米国の州当局や企業のデータをロイターが分析したところによると、北米の石油会社が生産を削減しており、削減幅は6月末まで日量約170万バレルになる勢いとなっている。

米コノコ、第1四半期は17億ドルの赤字 原油安など重し

米石油大手コノコフィリップス<COP.N>が30日発表した第1・四半期決算は17億ドルの赤字となった。原油安のほか、同社が保有するカナダの同業セノバス・エネルギー<CVE.TO>株の下げが響いた。

ノルウェー、6─12月に原油減産へ=石油・エネルギー省

ノルウェー石油・エネルギー省は29日、今年6月から12月まで原油生産量を削減すると発表した。原油価格を下支えするためノルウェーが他の主要産油国とともに減産を行うのは18年ぶり。

原油先物は下落、中国GDPを嫌気 在庫の積み上がりも重し

17日欧州時間の原油先物は下落している。トランプ米大統領が示した米経済再開への指針を好感してアジアの取引では当初急伸していたが、その後に発表された中国の第1・四半期国内総生産(GDP)の内容を嫌気して下げに転じた。

ノルウェー、9日のOPECプラス会合参加を検討 減産に同意も

ノルウェーの石油・エネルギー省は6日、9日に延期された石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国による「OPECプラス」の会合にノルウェーが招待されており、オブザーバーとして参加を検討していると明らかにした。幅広い合意が得られれば、減産に応じる意向だという。

ノルウェー、主要産油国が減産合意なら追随も=石油相

西欧最大の石油・天然ガス生産国、ノルウェーのブルー石油・エネルギー相は4日、世界の主要産油国間で減産が合意された場合、同国も生産縮小を検討すると明らかにした。

米シェール企業、原油急落で設備投資・生産削減を加速

原油価格の急落を受け、米シェールオイル生産企業が設備投資の抑制を加速させている。将来の生産削減の可能性もある。

英BP、50年までに温暖化ガス排出量実質ゼロ 工程は示さず

英石油大手BP<BP.L>は、2050年までに石油・ガス生産からの温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を発表した。他の石油メジャーに先行する野心的な目標で、投資家グループなどが高く評価したが、環境保護団体は具体策に欠いていると批判した。

米コノコ、2020年生産見通し引き下げ 新型肺炎など重し

米石油大手コノコフィリップスは4日、2020年の生産量見通しを引き下げた。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けた需要の伸び鈍化や、リビアなどの操業面の問題を理由に挙げた。

コラム:気候変動が企業のM&A後押しへ、問われる投資銀の才覚

「プジョー」を傘下に持つ仏PSA<PEUP.PA>と欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>の460億ドル規模の合併は、気候変動リスクが大きな動機となった初の大型合併・買収(M&A)案件になるかもしれない。ただ、企業トップが地球温暖化による業績への影響に気付く中で、今回の案件が持つ目新しさはすぐに失われるだろう。業界で優位に立つのは、気候変動問題に敏感な投資銀行だ。

米コノコ、第3四半期予想上回る シェール増産で原油安相殺

米石油大手コノコフィリップス<COP.N>が29日発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、利益がアナリスト予想を大きく上回った。シェールオイル生産の増加で原油安と探索費用増大の影響が相殺された。

世銀仲裁機関、ベネズエラによる米コノコへの補償金引き下げ

世界銀行傘下の投資紛争解決国際センター(ICSID)は、ベネズエラが2007年に米石油大手コノコフィリップス<COP.N>の石油プロジェクトを国有化した問題に関して、同国に命じた87億ドルの補償金支払いを85億ドルに引き下げる決定を下した。

英BPがアラスカ事業撤退、米ヒルコープに56億ドルで売却

英石油大手BPは27日、米アラスカでの全事業を米ヒルコープ・エナジーに56億ドルで売却することに合意した。60年前に進出した同地域から撤退する。

米コノコ、第2四半期利益は予想下回る 費用増や原油安で

米石油大手コノコフィリップス<COP.N>が30日発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は利益が市場予想を下回った。費用が予想以上に膨らんだほか、世界経済の鈍化懸念を背景とする原油安が影響した。

米運輸省、米・ベネズエラ間の運航停止を航空各社に指示

米運輸省は15日、国内外の航空各社に対し、米・ベネズエラ間の旅客機および貨物機の運航をすべて停止するよう命じた。ベネズエラ情勢が悪化しているとの報道を踏まえた措置という。

ベネズエラのグアイド氏、石油業界開放に向け法案準備=関係筋

ベネズエラで暫定大統領就任を宣言した野党連合出身のグアイド国会議長は、故チャベス前大統領が推し進めた資源ナショナリズムを撤回し、油田開発や国有石油会社PDVSAの事業で民間企業の役割を拡大するための法案を準備している。関係筋の話やロイターが入手した法案の草案で明らかになった。

焦点:カタールのOPEC脱退、米国でのLNG開発加速が狙い

カタールの国営石油会社カタール・ペトロリウム(QP)の最高経営責任者(CEO)のサード・アルカービ氏は、石油担当相に就く前から、石油輸出国機構(OPEC)からの脱退を待ち望んでいた。OPEC加盟国であり続ければ世界最大の液化天然ガス(LNG)田を抱える米国での開発に足かせとなり、LNGに注力したい同社の方針にとって障害となるためだ。

エクソンとシェブロン、メキシコ湾岸で生産一部停止 熱帯低気圧接近

石油メジャーのエクソン・モービル<XOM.N>とシェブロン<CVX.N>は4日、熱帯低気圧「ゴードン」の接近に備え、メキシコ湾岸の製油関連施設から従業員を退避させ、一部生産を停止したことを明らかにした。

NY市場サマリー(18日)

<為替> 世界的な貿易戦争への不安が広がったことで、安全資産とされる円やスイスフランが買われた。ドイツ連立政権内の対立や、欧州中央銀行(ECB)が来年にかけて金利を据え置くとの見方を背景に、ユーロの上値は引き続き重かった。

米国株式市場は貿易戦争懸念で下落、エネルギー株には買い

米国株式市場はダウとS&P総合500種が下落して終了した。米中貿易摩擦の懸念が重しとなった。ただ、エネルギー株が買われたことでS&P総合500種の下げはそれほど拡大しなかった。トランプ米大統領は先週、中国からの輸入品に500億ドル相当の関税を課すと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up