for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コノコフィリップス・カンパニー

COP.N

現在値

32.54USD

変化

0.63(+1.97%)

出来高

2,480,085

本日のレンジ

32.01

 - 

33.18

52週レンジ

20.85

 - 

67.12

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
31.91
始値
32.27
出来高
2,480,085
3か月平均出来高
167.07
高値
33.18
安値
32.01
52週高値
67.12
52週安値
20.85
発行済株式数
1,067.96
時価総額
32,722.21
予想PER
--
配当利回り
5.61

次のエベント

Q3 2020 ConocoPhillips Earnings Release

適時開示

その他

Conocophillips To Acquire Concho Resources In All-Stock Transaction

Concophillips In Talks To Acquire Concho - Bloomberg Reporter Tweet

Conocophillips Announces Increase In Quarterly Dividend

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コノコフィリップス・カンパニーとは

コノコフィリップス (ConocoPhillips)は、は独立する探査・生産会社である。【事業内容】原油、ビチューメン、天然ガス、液化天然ガス(LNG)および天然ガス液を探査・生産・輸送・販売する。アラスカ、ロウアー48、カナダ、ヨーロッパと北アフリカ、アジア太平洋と中東、およびその他の国際の6つの事業セグメントを通じて事業を展開する。アラスカ事業は、原油、天然ガス液、天然ガス、LNGを探査・生産・輸送・販売する。ロウアー48事業は、米国ロウアー48州とメキシコ湾に位置する事業で構成される。カナダ事業は、アルバータ州北東部のアサバスカ地域でのオイルサンド開発で構成される。ヨーロッパと北アフリカ事業は、ノルウェーとリビアでの操業・探査活動で構成される。アジア太平洋と中東事業は、中国、インドネシア、マレーシア、およびオーストラリアで探査・生産を行う。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

925 N Eldridge Pkwy

HOUSTON, TX

77079-2703

United States

+1.281.2931000

http://www.conocophillips.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ryan Michael Lance

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

William L. Bullock

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Michael D. Hatfield

President - Alaska, Canada and Europe

Dominic E. Macklon

President - Lower 48

Matthew J. Fox

Chief Operating Officer, Executive Vice President

統計

1.91 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

32.6K

2018

38.7K

2019

36.7K

2020(E)

19.5K
EPS (USD)

2017

0.600

2018

4.540

2019

3.590

2020(E)

-0.839
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.35
株価純資産倍率(四半期)
1.04
株価キャッシュフロー倍率
4.09
総負債/総資本(四半期)
47.62
長期負債/資本(四半期)
47.16
投資利益率(過去12カ月)
3.93
自己資本利益率(過去12カ月)
3.55

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(19日)ドル小幅安、米株は下落

市場では、民主党が上院で過半数を奪還すれば、大規模な財政支援策が可決される可 能性が高まるとの見方から、選挙後は長期債利回りが上昇するとの観測も出ている。ただ 、感染拡大で経済活動が阻害される中、連邦準備理事会(FRB)は当面は低金利政策を 維持すると見られており、国債利回りに対する下向き圧力は解消しないとの見方も強い。 シーポート・グローバル・ホールディングス(ニューヨーク)のマネジング・ディレ クター、トム・ディガロマ氏は「コロナ禍で経済が痛手を受ける中、金利はかなりの低水 準で推移する」との見方を示した。 財務省は21日に220億...

米株下落、ダウ410ドル安 コロナ経済対策巡る不透明感で

米国株式市場は下落。追加の新型コロナウイルス経済対策協議が期日の20日までに合意に至る道筋はまだ見えていない。ペロシ下院議長は前日、11月3日の米大統領選前の議会通過には、20日までの合意が必要との認識を示していた。

米コノコ、シェールオイルのコンチョ買収 97億ドル

米石油大手コノコフィリップス<COP.N>は19日、 米シェールオイル生産のコンチョ・リソーシズ<CXO.N>を97億ドルで買収することで合意した。買収によりコノコの生産量は日量150万バレルと、独立系の米石油会社として最大となる。

ノルウェー海洋油田スト終了へ、賃金交渉で労使合意

ノルウェーの海洋油田労働者のストライキで一部油田の操業が停止している問題で、石油会社側と労組側の交渉担当者は9日、賃金交渉で合意し、ストライキに終止符が打たれると述べた。

ノルウェー海洋油田スト、労使が9日の調停で合意

ノルウェーの海洋油田労働者のストライキで一部油田の操業が停止している問題で、石油会社側と労組幹部は8日、スト終了に向けて9日朝に国が指名した調停人と会うことで合意したと明らかにした。

ノルウェー海洋油田労組、10日からスト拡大も

ノルウェーの海洋油田労働者らの労組「Lederne」は6日、ノルウェー石油・ガス協会(NOG)との賃金交渉がまとまらない場合、10日からストライキの規模を拡大すると明らかにした。

米コノコ、第3四半期予想ほど悪化せず 自社株買い再開へ

米石油大手コノコフィリップス<COP.N>は30日、第3・四半期決算について、調整後の損失は予想ほど膨らまないとの見通しを示した。同時に第4・四半期に10億ドル規模の自社株買いを再開すると明らかにした。

訂正:世界の石油需要、回復しつつある=米コノコフィリップス幹部

米石油大手コノコフィリップス<COP.N>の幹部は24日、世界の石油需要は日量1億バレルまで回復し、さらに拡大していくとの見方を示した。

米コノコフィリップス、第3四半期末までに生産量ほぼ回復へ

米石油大手コノコフィリップス<COP.N>は30日、新型コロナウイルス流行に伴う原油安を受けた生産量削減について、第3・四半期の削減幅は第2・四半期のほぼ半分の水準になり、9月末までには生産量がおおむね回復するとの見方を示した。

米シェール企業、第2四半期決算は2016年以来の最悪に 原油安で

米シェールオイル生産会社が近く発表する2020年第2・四半期決算は、2016年以降で最悪の結果になりそうだ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)を受けて燃料需要が減退し、原油価格<CLc1><LCOc1>は1月以来約35%下落、生産高も急減した。

米エネルギー企業、テキサス州のウイルス感染急増で職場復帰延期

米エネルギー関連各社は、テキサス州で新型コロナウイルスの感染が再び広がっていることを受けて、従業員のヒューストンオフィスへの復帰を遅らせている。

米シェールオイル、月内に日量50万バレルが生産再開

業界関係者やアナリストによると、米国のシェールオイル生産は新型コロナウイルスの流行後、日量200万バレル減少していたが、原油価格の上昇を背景に今月中に日量50万バレル分の生産が再開される見通しだ。

原油価格急回復に驚き、目先は不安定な値動き=米コノコCEO

米エネルギー大手コノコフィリップス<COP.N>のランス最高経営責任者(CEO)は10日、米原油価格が急回復していることに驚きを表明するとともに、目先、不安定な値動きを続けるだろうとの見方を示した。

ノルウェー、現行の減産計画維持 OPECプラス延長合意受け

ノルウェーは8日、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が現行水準での協調減産を7月末まで延長することで合意したことを受け、自国の現行の減産計画を変更する予定はないと表明した。

ノルウェーの石油会社、新型コロナで投資計画を縮小=統計局

ノルウェー統計局は4日、同国の石油・ガス投資は今年予想をやや下回る伸びにとどまり、2021年に大幅に減少する見通しを示した。

北米石油会社、減産幅は日量約170万バレルに=ロイター試算

米国の州当局や企業のデータをロイターが分析したところによると、北米の石油会社が生産を削減しており、削減幅は6月末まで日量約170万バレルになる勢いとなっている。

米コノコ、第1四半期は17億ドルの赤字 原油安など重し

米石油大手コノコフィリップス<COP.N>が30日発表した第1・四半期決算は17億ドルの赤字となった。原油安のほか、同社が保有するカナダの同業セノバス・エネルギー<CVE.TO>株の下げが響いた。

ノルウェー、6─12月に原油減産へ=石油・エネルギー省

ノルウェー石油・エネルギー省は29日、今年6月から12月まで原油生産量を削減すると発表した。原油価格を下支えするためノルウェーが他の主要産油国とともに減産を行うのは18年ぶり。

原油先物は下落、中国GDPを嫌気 在庫の積み上がりも重し

17日欧州時間の原油先物は下落している。トランプ米大統領が示した米経済再開への指針を好感してアジアの取引では当初急伸していたが、その後に発表された中国の第1・四半期国内総生産(GDP)の内容を嫌気して下げに転じた。

ノルウェー、9日のOPECプラス会合参加を検討 減産に同意も

ノルウェーの石油・エネルギー省は6日、9日に延期された石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国による「OPECプラス」の会合にノルウェーが招待されており、オブザーバーとして参加を検討していると明らかにした。幅広い合意が得られれば、減産に応じる意向だという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up