for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Coty Inc

COTY.N

現在値

6.90USD

変化

-0.27(-3.77%)

出来高

1,143,297

本日のレンジ

6.87

 - 

7.19

52週レンジ

2.65

 - 

13.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
7.17
始値
7.19
出来高
1,143,297
3か月平均出来高
277.35
高値
7.19
安値
6.87
52週高値
13.00
52週安値
2.65
発行済株式数
765.90
時価総額
5,284.73
予想PER
65.16
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2021 Coty Inc Earnings Release

適時開示

その他

Coty To Complete $2.5 billion Wella Sale By November 2020

Coty Says Committed To Reigniting Mass Color Cosmetics Business

Coty Inc Says Qtrly Reported Net Revenue Of $1,690.5 Million, Down 13.0%

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Coty Incとは

コティ(Coty Inc)は美容会社である。【事業内容】同社は、フレグランス、カラー化粧品、スキン・ボディケア、ブラジル買収の4つの事業を通じて運営する。フレグランス製品には男性と女性用製品が含まれる。ブランドには、「カルバンクライン」、「マークジェイコブス」、「ダビドフ」、「クロエ」、「バレンシアガ」、「ビヨンセ」、「ボッテガヴェネタ」、「ミュウミュウ」、「ロベルトカヴァッリ」などがある。カラー化粧品には、唇、目、爪、顔色の製品がある。カラー化粧品事業ブランドには、「ブルジョワ」、「リメル」、「サリーハンセン」、「OPI」などがある。スキン・ボディケア製品には、シャワージェル、デオドラント、スキンケア、サントリートメント製品が含まれる。スキン・ボディケアブランドは「アディダス」、「ランカスター」、「プレイボーイ」を含む。同社は、Hypermarcas S.A.を通じて、パーソナルケアおよび美容事業を行う。ブラジル買収事業には、スキンケア、ネイルケア、デオドラント、ヘアケア製品などの製品グループが含まれる。同社は米州、 ヨーロッパ、中東およびアフリカ(EMEA)、アジア太平洋地域に運営する

業種

Personal & Household Prods.

連絡先

350 5th Ave

NEW YORK, NY

10118-0110

United States

+1.212.3897300

https://www.coty.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Gerd Peter Harf

Executive Chairman of the Board

Sue Y. Nabi

Chief Executive Officer, Director

Johannes P. Huth

Independent Vice Chairman of the Board

Pierre-Andre Terisse

Chief Financial Officer, Chief Operating Officer

Sylvie Moreau

President - Professional Beauty

統計

2.69 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

9.4K

2019

8.6K

2020

6.7K

2021(E)

4.7K
EPS (USD)

2018

0.690

2019

0.650

2020

-0.250

2021(E)

0.111
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.19
株価純資産倍率(四半期)
1.65
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
290.81
長期負債/資本(四半期)
284.71
投資利益率(過去12カ月)
-7.10
自己資本利益率(過去12カ月)
-5.61

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(6日)ドル103円前半に下落、米株は横ばい

<為替> ドル指数が下落し、約2カ月ぶりの安値を付けた。米大統領選の開票が進む中、上下両院で多数派が異なる「ねじれ議会」が継続するとの見方が根強く、ドルの下押し圧力となった。

米国株は横ばい、週間上昇率は4月以降で最大

米国株式市場はほぼ変わらずで取引を終えた。米大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領が勝利する可能性が高まる一方、この日発表された雇用統計では米経済回復のハードルが依然として高いことが示された。

ダウ160ドル高、FRBの新戦略好感 コロナ巡る動き後押し

米国株式市場は、ダウ工業株30種<.DJI>が160ドル値上がりしたほか、S&P総合500種指数<.SPX>も小幅上昇した。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の新たな戦略として平均インフレ目標を導入したことが好感された。また、新型コロナウイルスを巡る動きも相場を後押しした。一方、ナスダック総合指数<.IXIC>は軟調だった。

焦点:コロナが問うオフィスの存在意義、NYの象徴にも変化の波

マンハッタンにそびえるエンパイアステートビルは、約90年にわたり米国の経済力の象徴だった。だが最近では、新型コロナウイルスとの困難な戦いの象徴になっている。

シャネルなど主要化粧品メーカー、一部製品にタルクの使用中止

仏シャネル、ロレアル<OREP.PA>、米レブロン<REV.N>など大手化粧品メーカーは一部製品にタルク(滑石)の使用を中止している。安全性を巡る消費者の懸念が高まり、訴訟が起こされていることが背景にあるとみられる。

米コティ、ヘアケア事業などの過半数株売却 KKRに30億ドルで

米香水・化粧品のコティ<COTY.N>は11日、ヘアケアの「ウエラ」やネイルの「OPI」などの事業について、過半数株式を30億ドルで米投資会社のKKR<KKR.N>に売却すると発表した。事業ポートフォリオの簡素化や債務削減の一環。

米株市場はS&P最高値、堅調な米指標や新型肺炎巡る懸念緩和で

米国株式市場は3日続伸。S&P総合500種<.SPX>は終値ベースで過去最高値を更新した。新型コロナウイルスを巡る懸念が緩和したほか、堅調な米経済指標を受けた。

アングル:米株、新型肺炎で業績発表銘柄のオプション買いに妙味

足元の米株式市場は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念に関心が集まり、個別企業の業績への注目度は低い。だが決算発表シーズン後半に突入するとともに、その新型肺炎リスクが業績を発表する企業の株価のボラティリティを高める可能性がある。

アマゾンは外部出品者商品の商標権侵害の有無確認を=EU法務官

欧州連合(EU)司法裁判所のマヌエル・カンポス・サンチェス・ボルドナ法務官は28日、米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のサイト上でサードパーティー(外部販売業者)が販売する商品の商標権侵害をアマゾンが知らない場合、商品を保管する同社は責任を問われないが、商品が合法なものかどうか入念に確認しなければならない、との見解を示した。

米コティのブランド売却、ユニリーバやヘンケルなどが食指=関係者

米香水・化粧品のコティ<COTY.N>が入札を通じて売却を目指しているヘアケアブランドなど一部事業について、英蘭系日用品大手ユニリーバ<ULVR.L>と独化学・消費財メーカーのヘンケル<HNKG_p.DE>、複数の投資会社などがそれぞれ応札に向けてコティを協議している。事情に詳しい3人の関係者がロイターに語った。

NY市場サマリー(18日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが円やユーロに対し下落。一部報道を受け、米中通商合意を巡る期待が後退した。

米国株市場は小幅高で最高値更新、米中協議巡り様子見ムード

米国株式市場は主要株価3指数がわずかに上昇し、最高値を更新して取引を終えた。米中通商合意を巡るまちまちのニュースを受け、様子見の展開となった。

S&P過去最高値に迫る、米中合意期待でハイテク株などに買い

米国株式市場は、米中通商合意への期待が高まったことで貿易動向や世界的な景気動向に敏感な銘柄に買いが入り、S&P総合500種は過去最高値に迫った。

NY市場サマリー(21日)

終盤の取引で、10年債利回りは1.794%に上昇。前週末の終値は 1.75%だった。 30年債利回りは2.286%。一時は5週間ぶり水準の2.3%まで 上げた。 2年債利回りは前週末の1.576%から1.616%に上昇した。 エバーコアISIの債券ストラテジスト、スタン・シプリー氏は、経済減速のリスク は残るが、景気後退(リセッション)懸念は和らいだと指摘。2カ月前のリセッション確 率は35─45%だったが、現在は20─25%と指摘した。 今週は1130億ドル規模の2年債、5年債、7年債入札などが予定されている。 米金融・債券市場: <...

ダウ117ドル高、米中交渉再開でハイテク株買い 上値重く

への制裁を一部緩和したことを好感し、ハイテク株中心に買いが入った。ただ相場は引けにかけて伸び悩んだ。

米ナスダック・S&P小反発、好決算が貿易巡る懸念相殺

米国株式市場はナスダック総合とS&P総合500が3日ぶりに小反発。米中が通商協議の期限である3月1日までに合意できるか懸念がくすぶり投資家のセンチメントを圧迫しているものの、企業の好決算を追い風に終盤にかけ上げに転じた。

NY市場サマリー(8日)

<為替> 世界的景気減速懸念から安全通貨としてのドルに買いが入り、主要通貨に対するドル指数が上昇した。1週間としての上昇は6カ月ぶりの大きさとなる。

米国株はS&P最高値、好決算追い風 米中通商交渉に期待

米国株式市場は上昇。S&P総合500種が過去最高値を更新し、これまでに記録した過去最長の強気相場に並んだ。米中通商協議への期待感が相場を支援したほか、好調な企業決算も追い風となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up