for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

CP All Public Company Limited

CPALL.BK

前日終値

76.75THB

変化

0.25(+0.33%)

出来高

24,429,700

本日のレンジ

76.50

 - 

77.50

52週レンジ

67.75

 - 

88.25

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
76.50
始値
76.75
出来高
24,429,700
3か月平均出来高
516.65
高値
77.50
安値
76.50
52週高値
88.25
52週安値
67.75
発行済株式数
8,983.00
時価総額
687,207.30
予想PER
29.90
配当利回り
1.57

適時開示

その他

CP All Says Co Plans To Open About 700 New Stores In 2019

CP All Posts Qtrly Profit Attributable Of 5.61 Bln Baht

Siam Makro Approves Trademark And Service Mark License Agreement With CP All

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

CP All Public Company Limitedとは

CP・オール(CP All Public Company Limited)はコンビニ、現金取引の量販店、支払いセンターの運営及び関係サポートサービスの提供に従事するタイの会社である。【事業内容】同社はタイにおける「7-Eleven」商標付きのコンビニの運営に従事する唯一の業者である。同社は自営店舗、フランチャイズ店及びサブエリア・ライセンスストアを含む各種の所有権で「7-Eleven」支店を運営する。また、請求書回収サービス、カタログ雑誌の流通チャネル、書籍と雑誌の流通チャネル、ベーカリーとコーヒーショップ、及びヘルス・ビューティショップなどの多様な支援事業を展開する。子会社はCounter Service Company Limited、CP Retailink Company Limited、Thai Smart Card Company Limited、Gosoft (Thailand) Company Limited、MAM Heart Company Limited及びSuksapiwat Company Limitedなどを含む。

業種

Retail (Grocery)

連絡先

313 C.P. Tower

Floor 24, Silom Road, Bang Rak

+66.26.779000

http://www.cpall.co.th

エグゼクティブリーダーシップ

Soopakij Chearavanont

Chairman of the Board

Tanin Buranamanit

Chief Executive Officer, Managing Director, Executive Director

Suphachai Chearavanont

Vice Chairman of the Board

Pittaya Jearavisitkul

Vice Chairman of the Executive Board, Director

Piyawat Titasattavorakul

Vice Chairman of the Executive Board, Director

統計

2.04 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, THB)

2016

434.7K

2017

471.1K

2018

508.6K

2019(E)

559.6K
EPS (THB)

2016

1.850

2017

2.140

2018

2.220

2019(E)

2.557
株価売上高倍率(過去12カ月)
31.63
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.27
株価純資産倍率(四半期)
7.78
株価キャッシュフロー倍率
21.02
総負債/総資本(四半期)
171.07
長期負債/資本(四半期)
159.32
投資利益率(過去12カ月)
9.14
自己資本利益率(過去12カ月)
6.01

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・午前=シンガポール1%高、住宅価格指数の上昇を好感

1日午前の東南アジア株式市場の株価は、シンガポール市場が銀行株と不動産株に押し上げられて1%上昇している。ただ、米中貿易摩擦を巡る新たな動きはなく、中国市場が国慶節のため休場となっていることから、その他の市場はおおむね小動き。

東南アジア株式・引け=マニラ3週間超ぶり安値、他の大半の市場は下落

27日の東南アジア株式市場の株価は、マニラ市場が3週間超ぶりの安値で引けた。投資家が相次ぐ新規上場銘柄に投資するため、既存の銘柄から資金を引き揚げた。一方で他の大半の市場は下落した。弱めの中国統計で成長減速懸念が強まった。

タイ、小売・コンビニ大手が来年からレジ袋提供中止

タイの小売・コンビニ大手各社は、プラスチックごみ削減に向け、来年から顧客へのレジ袋提供を行わない方針を表明した。

東南アジア株式・中盤=おおむね下落、バンコクは上昇

中盤の東南アジア株式市場は、おおむね下落。米中貿易協議の行方を巡り警戒感がくすぶっている上、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前に市場は模様眺め姿勢となっている。

東南アジア株式・引け=上伸、米中貿易協議を楽観

25日の東南アジア株式市場の株価は上伸。トランプ米大統領が中国製品に対する制裁関税引き上げの延期を表明したのを受け、堅調な展開となったアジア市場全般の動きに追随した。

東南アジア株式・引け=タイ上昇、インドネシアは下落

バンコク市場のSET指数は、消費関連株やエネルギー株主導に支えられ、前日終値比0.72%高の1659.2で終了した。1月のタイの輸出は前年同月比5.65%減だったが材料視されなかった。

東南アジア株式・中盤=大半が続落、マニラは反発

中盤の東南アジア株式市場は大半が続落。中国や日本の経済指標がさえなかったことから、世界の経済活動をめぐる不安が広がった。ただ、今週開かれるフィリピン中央銀行の金融政策決定会合を前に、マニラ市場は反発した。

東南アジア株式・中盤=さえない、ジャカルタは反発

22日中盤の東南アジア株式市場は、ジャカルタ市場が反発して前日の下落分の一部値を戻す一方、米国の金融政策や世界経済の成長鈍化を巡る警戒感がくすぶり、おおむねさえない展開となった。

東南アジア株式・引け=大半が下落、米株下落が地合い圧迫

米国と中国の貿易摩擦が緩和するとの期待が台頭し地合いを支えたものの、相場を反転させる勢いはなかった。香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは、米中両国の関係筋の話として、今月末からアルゼンチンで始まる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて開く米中首脳会談を準備するため、中国の劉鶴副首相が米国を訪問する可能性があると報じた。

東南アジア株式・中盤=マニラ下落、シンガポールは上昇

中盤の東南アジア株式市場は、マニラ市場が通貨ペソ安と米中貿易摩擦を巡る新たな懸念が重なり、下落した。一方、シンガポール市場は、7ー9月期末を前にした「お化粧買い」で、5日続伸の見込みになっている。

東南アジア株式・引け=軒並み上昇、貿易摩擦動向は響かず

東南アジア株式市場は、域内市場と同様に軒並み上昇した。米中貿易摩擦をめぐり動きがあったが、悪材料にならなかった。

東南アジア株式・中盤=下落、貿易摩擦懸念が再燃

31日中盤の東南アジア株式市場の株価は、アジア広域の弱い基調を反映して下落。トランプ米大統領が中国との「貿易戦争」を激化させ、中国製品への追加関税適用に意欲を示したと報じられたのを受け、地合いが悪化した。

東南アジア株式・引け=まちまち、シンガポールは1%超下落

東南アジア株式市場は強弱まちまち。世界貿易をめぐる懸念や原油安で投資家のリスク選好意欲が低下する中、シンガポール市場は1%超下落。他の域内市場も相場の支援材料がなく、大半がさえない展開となった。

東南アジア株式・中盤=まちまち、貿易摩擦が重し

10日中盤の東南アジア株式市場の株価はまちまち。シンガポール市場は下落した。米中貿易摩擦の新たな展開をめぐる懸念や、原油安が地合いを悪化させた。一方で他の域内市場の株価を押し上げる新たな材料はなかった。

東南アジア株式・中盤=ホーチミン9日ぶり反落、バンコク続伸

12日中盤の東南アジア株式市場の株価は、ホーチミン市場が9営業日ぶりに反落した一方、バンコク市場はエネルギー株と消費関連株の上昇を追い風に続伸した。歴史的な米朝首脳会談がシンガポールで行われる中、アジア市場は不安定な展開になっている。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、米中関税棚上げを好感

週明け21日中盤の東南アジア株式市場の株価は総じて上昇している。シンガポール市場は約1%上伸した。米中が関税引き上げなどの措置を棚上げすることで合意したことを好感した。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、中国国家主席演説で貿易摩擦懸念後退

10日午前の東南アジア株式市場の株価は、大半が上昇。中国の習近平国家主席が一段の経済開放を進めるとともに、自動車を含めた輸入関税を引き下げる方針を示したことで、米中間の貿易摩擦をめぐる懸念が沈静化した。

東南アジア株式・中盤=ホーチミンが最高値、大半は小動き

中盤の東南アジア株式市場は、ホーチミン市場が金融株と不動産株の上昇で史上最高値を付けた。他の大半の市場は、小動きの展開。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米利上げ懸念和らぐ

東南アジア株式市場は大半の市場が上昇して引けた。前日の米株高に追随した。米国債利回りの低下で、利上げ懸念が和らいだことが背景。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、バンコクは好調なGDPが支え

東南アジア株式市場は大半が上昇して引けた。アジア株全般の上昇に追随した。バンコク市場は好調な経済指標を受けて上伸した。ジャカルタ市場は一時最高値を付けた後、値を消す展開となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up