for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャンベル・スープ・カンパニー

CPB.N

現在値

48.64USD

変化

0.28(+0.58%)

出来高

380,826

本日のレンジ

48.27

 - 

48.82

52週レンジ

32.17

 - 

49.54

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
48.36
始値
48.44
出来高
380,826
3か月平均出来高
40.62
高値
48.82
安値
48.27
52週高値
49.54
52週安値
32.17
発行済株式数
301.66
時価総額
14,672.52
予想PER
--
配当利回り
2.88

次のエベント

Q2 2020 Campbell Soup Co Earnings Release

適時開示

その他

Soros Fund Management Dissolves Share Stake In Visa

Third Point LLC Cuts Share Stake In Campbell Soup By 15.3% To 14.4 Mln Shares

Campbell Soup Company Announces Pricing Of Its Debt Tender Offers

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キャンベル・スープ・カンパニーとは

キャンベル・スープ(Campbell Soup Company)は、食品を製造・販売する食品会社である。【事業内容】同社は、2つの事業セグメントを通じて事業を行う。アメリカのシンプルな食事・飲料セグメントは、小売および食品サービスチャネル事業を含む。そのセグメントには、Campbellの濃縮スープと即食スープ、スワンソンのブロスとストック、プレゴのパスタソース、ペースのメキシコソース、Campbellのグレービー・パスタ・豆・ディナーソース、梅の食品とスナック、V8ジュース・飲料、並びにCampbellのトマトジュースなどの製品が含まれる。グローバルビスケット・スナックセグメントには、ペパリッジファームのクッキー、クラッカー、ベーカリー、冷凍製品が含まれる。

連絡先

Campbell Pl

+1.856.3424800

https://www.campbellsoupcompany.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Keith R. McLoughlin

Independent Chairman of the Board

Mark A. Clouse

President, Chief Executive Officer, Director

Mick J. Beekhuizen

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Xavier Boza

Chief Human Resource Officer, Senior Vice President

Adam G. Ciongoli

Senior Vice President, General Counsel

統計

3.31 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

7.9K

2018

8.7K

2019

9.2K

2020(E)

8.1K
EPS (USD)

2017

3.040

2018

2.870

2019

2.630

2020(E)

2.534
株価売上高倍率(過去12カ月)
31.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.81
株価純資産倍率(四半期)
11.86
株価キャッシュフロー倍率
18.64
総負債/総資本(四半期)
672.88
長期負債/資本(四半期)
541.24
投資利益率(過去12カ月)
4.52
自己資本利益率(過去12カ月)
3.36

最新ニュース

最新ニュース

ソニー半導体事業、分離すれば一段の価値創出=サード・ポイント

ヘッジファンドのサードポイントは30日、ソニー<6758.T>に非中核資産の売却を継続するよう呼び掛け、同社のメディアおよび半導体事業を分離・独立(スピンオフ)させれば価値向上につながると訴えた。ロイターが投資家向けの書簡を入手した。

米国株は小幅続伸、連休や対中関税発動控え神経質な展開

米国株式市場は小幅続伸で終了。しかし、3連休を控え商いは薄く、新たな対中制裁関税の発動が間近に迫る中、神経質な展開となった。

NY市場サマリー(30日)

<為替> ユーロが対ドルで下落し1.10ドルを割り込み、2017年5月以来の安値を付けた。月末を迎えたことなどが売り要因になったとみられる。

米ダウ207ドル高、利下げ観測強まる メキシコ問題解決に期待

米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価は200ドル超値上がりした。経済指標を受け利下げ観測が強まったほか、米国とメキシコが移民や関税の問題で合意できるとの期待が広がった。

コラム:大活躍の「物言う投資家」、今年はより複雑な局面に

アクティビスト(物言う投資家)は規模が拡大し、活動も活発化しているが、2019年はより複雑な波を乗り切る必要があるかもしれない──。今月にニューヨーク、パリ、ロンドンで開催された「Breakingviews Predictions」イベントでは、こうした見通しが示された。

米国株式市場はハイテク株主導で上昇、FRBの景気判断も追い風

米国株式市場は上昇。アップル<AAPL.O>やアルファベット<GOOG.O>、フェイスブック<FB.O>が買われ、この日の上昇を主導。米連邦準備理事会(FRB)が前日、米経済の強さに自信を示したことも相場への追い風となった。

米国株はまちまち、米・カナダNAFTA協議合意に至らず

米国株式市場はまちまち。ダウ平均は下落、S&P総合500は横ばい、ナスダック総合は小幅高でそれぞれ取引を終えた。米国とカナダによる北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の2国間協議はこの日、合意に至らず終了した。

米国株式市場は反落、米国の対中関税発動への懸念で

米国株式市場は5営業日ぶり反落。トランプ米大統領が来週9月6日以降に2000億ドル規模の中国製品に対する追加関税を発動させる考えを示したと伝わる中、貿易摩擦への懸念が再燃した。また、レーバーデーの連休を控え、リスク選好度が低下した。

米国株式市場はS&P500とナスダック、3営業日連続で最高値更新

米国株式市場は上昇。S&P総合500種とナスダック総合は3営業日連続で最高値を更新して引けた。貿易摩擦懸念の後退が引き続き相場を支援したが、利益確定の売りに押される場面もあった。

米国株式市場はハイテク株主導で大幅安、貿易摩擦巡り懸念強まる

米国株式市場は大幅安。米国と主要諸国との貿易摩擦がエスカレートの兆しを見せる中、S&P総合500とナスダック総合は2カ月以上ぶりとなる大幅な下げを記録した。

コラム:外国企業を「再び偉大に」するトランプ貿易政策

「米国を再び偉大にする」と繰り返してきたトランプ大統領だが、自身が進める貿易政策で、むしろ外国企業を再び偉大にしつつある。

焦点:アメリカ鉄鋼の街「再び偉大に」、トランプ関税の功罪

「米国を再び偉大に」のスローガンで古い産業都市の再生を公約に掲げ、トランプ氏が大統領に当選した2016年、デイブ・クルシエルさんはイリノイ州南部グラニットシティにある製鉄所の仕事に戻ることを願っていた。

NY市場サマリー(18日)

ドル指数は週間で1.2%値上がりし、5営業日連続で上昇した。2月半ば以降では5%上がった。インフレ抑制に向け、追加米利上げを予想する声が広がっている。

S&P・ナスダック続落、銀行・半導体株が安い

米国株式市場は不安定な値動きとなる中、S&P総合500種とナスダック総合が続落。銀行と半導体株の売りが膨らみ相場全体を圧迫した。ダウ工業株30種は横ばいで引けた。

アングル:鉄鋼・アルミ輸入制限、米製造業にコスト増の悪影響

トランプ米政権が鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に踏み切り、鉄鋼に25%、アルミに10%の関税を課せば、米国内の製造業は自動車やトラクターから缶スープまで幅広いメーカーがコスト増で減益に見舞われるか、それを避けるために値上げして消費者に負担転嫁を余儀なくされかねない。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが主要通貨に対し下落した。税制改革法案が成立したとしても実際に経済成長押し上げに大きな効果があるのか疑問が出始めていることが背景。

米国株式市場は3指数ともに最高値、税制改革成立が視野

米国株式市場は主要3指数が終値ベースで最高値を更新して終了した。米税制改革法案が成立に近づいたとの見方が広がり、楽観的なムードが維持された。

米国株式市場は上昇、税制改革への期待高まる

31日の米国株式市場で主要株価指数は上昇。米経済指標に反応したほか、税制改革への期待が高まった。

コラム:トランプ氏の助言組織解散、金融市場が動じない訳

金融市場はトランプ米大統領個人ではなく、米国の公的機関に信を置いている。トランプ氏は、構成メンバーだった企業トップの辞任が相次いだ2つの助言組織を解散した。トランプ氏を見捨てたのは企業トップだけでなく、既に議会が背いたほか、裁判所や軍も異を唱えている。ただし米国の安定を確保する上で重要なのは、こうした機関の方だろう。

トランプ大統領、助言組織2つを解散 企業トップの辞任相次ぎ

トランプ米大統領は16日、米企業首脳らで構成する2つの大統領助言組織を解散した。バージニア州シャーロッツビルで週末に発生した白人至上主義団体と反対派の衝突を巡るトランプ氏の発言を受け、メンバーの辞任が相次いでいた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up