for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UniCredit SpA

CRDI.MI

現在値

9.35EUR

変化

0.51(+5.81%)

出来高

17,018,114

本日のレンジ

8.94

 - 

9.39

52週レンジ

7.75

 - 

15.93

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8.83
始値
8.99
出来高
17,018,114
3か月平均出来高
463.44
高値
9.39
安値
8.94
52週高値
15.93
52週安値
7.75
発行済株式数
2,169.36
時価総額
19,283.92
予想PER
7.03
配当利回り
6.09

次のエベント

Half Year 2022 UniCredit SpA Earnings Release

適時開示

その他

Unicredit Is Considering A Russia Exit That It Can Reverse After The War - Bloomberg News

UniCredit Sells To Illimity Non-Performing Loans Portfolio With Gross Value Of EUR 1.3 Bln

Unicredit, Prelios Sign Partnership To Manage Unlikely-To-Pay Loans

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UniCredit SpAとは

ウニクレディト(UniCredit SpA)は金融セクターに従事するイタリアの持株会社。【事業内容】同社は顧客中心、マルチローカルアプローチ、国際製品ライン及び国際サービスラインの4つ事業区分により構成される。顧客中心事業は小売業、企業・投資バンキング及びプライベートバンキング業務を中心に扱う。集中型マルチローカルアプローチ事業は流通ネットワーク及び顧客関係を担当する。国際製品ライン事業は全ての地理エリアにわたって、製品・サービスを開発する。国際サービスライン事業はネットワークのカバレッジ機能及び製品工場向けに、銀行バックオフィス業務、情報・通信技術、債権回収、調達業務、不動産及び共有サービスセンター等の専門化サービスを提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

Piazza Gae Aulenti 3 - Tower A

20154

Italy

+39.02.88621

https://www.unicreditgroup.eu/

エグゼクティブリーダーシップ

Pietro Carlo Padoan

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Andrea Orcel

Chief Executive Officer, Executive Director

Lamberto Andreotti

Independent Non-Executive Deputy Chairman of the Board, Director

Stefano Porro

Chief Financial Officer

Ranieri De Marchis

Group Operating Officer

統計

2.23 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

18.8K

2020

17.1K

2021

18.0K

2022(E)

17.8K
EPS (EUR)

2019

2.440

2020

0.560

2021

1.730

2022(E)

1.282
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
0.31
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
166.57
長期負債/資本(四半期)
166.57
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

HSBC、ロシア法人融資事業の売却で現地銀と交渉=関係筋

[ロンドン 6日 ロイター] - 英大手銀行HSBCが、ロシアの法人融資事業を売却する方向で現地の銀行エクスポバンクと協議に入っており、交渉は進んだ段階にあることが分かった。関係筋が明らかにした。

アングル:ロシア撤退急ぐ外国企業、サハリン2の展開に戦々恐々

ロシアに残した資産をどう処分するか──。今なお、答えを探しあぐねている多くの外国企業にとって、プーチン大統領が極東サハリン沖の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」に関して署名した命令は、強烈な警告になった。

イタリアの銀行株が急落、ECB資産購入終了で国債価格下落懸念

イタリアの銀行株指数が10日、急落した。イタリア国債の5分の1を保有している欧州中央銀行(ECB)が、7月1日に資産購入プログラムを終了することを決定したのを背景に売られた。

伊経済、ロシア産ガス供給停止ならマイナス成長も=中銀総裁

イタリア中央銀行のビスコ総裁は31日、ロシア産天然ガスの供給が止まれば、同国の国内総生産(GDP)が2022─23年の平均でマイナス成長になる可能性があると指摘した。

JPモルガン、ドイツ事業を強化 中小企業に照準

米金融大手JPモルガン・チェースは、ドイツ事業を強化する方針。ドイツ経済の屋台骨である中小企業に照準を合わせる。

欧州株式市場=続落、小売業や食品銘柄が押し下げ

欧州株式市場は続落して取引を終えた。 小売業や食品銘柄の下落が相場を押し下げた。米小売業大手が低調な決 算を相次いで発表し、世界最大の経済大国の米国でのインフレ高進の打 撃を受けているのが嫌気された。STOXX欧州600種小売株指数<. SXRP>は1.90%下げた。 米小売業大手ターゲットの2022年度第1・四半期利益 が半減し、同業ウォルマートは通期利益見通しを引き下げた。 燃料価格や輸送コスト高騰が業績を圧迫しており、消費者は高額商品か ら必需品へと支出をシフトしていることが背景にある。 英テスコやセインズベリーなどの欧州小売業大手...

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。4月の英消費者物価指数(CPI)が前年同月比9.0%上昇と1982年以来の大きさになり、物価高騰による景気悪化への懸念が強まって売りを誘った。

欧州株式市場=反落、インフレ懸念でテクノロジー銘柄下落

欧州株式市場は反落して取引を終えた。 インフレと金融引き締めへの懸念でテクノロジー銘柄が売られたのが相 場全体を押し下げた。 STOXX欧州600種テクノロジー株指数は2.72% 下落。資源株指数も1.19%下げ、銅価格の下落が重しとな った。 18日に発表された4月の英消費者物価指数は前年同月比9.0% 上昇と、1982年以来の大きさとなった。 ハーグリーブス・ランズダウンのシニア投資・市場アナリスト、ス ザンナ・ストリーター氏は「英国のインフレ率が(ほぼ)40年ぶりの 高水準となり、景気後退への懸念が再び高まった」と指摘した。 欧州...

現在の戦略は独立路線の維持、合併観測にコメントせず=コメルツ銀

ドイツのコメルツ銀行は18日、イタリアの同業ウニクレディトと今年合併交渉を予定していたとの報道に対し、現在の戦略は独立路線を維持する条件を整えることだとの声明を発表した。

コラム:中ロ同盟の強化・戦争長期化・米引き締め加速がもたらす不確実性=藤戸則弘氏

中国とロシアの協調関係が、一段と深まったようである。欧米を中心とした経済・金融制裁を受けてロシアの孤立化が進む中で、ロシアのラブロフ外相と中国の王毅外相が中国安徽省で会談した。

伊ウニクレディト、ロシア事業撤退を検討

イタリアの銀行大手ウニクレディトは15日、ロシアからの撤退を検討していることを明らかにした。

アングル:欧州の主要銀行、いまだに続く「男性優位」文化

欧州の銀行で女性がトップに就任する例は、依然としてまれだ。資産規模ベースでの上位25行ではこの2年間で、最高経営責任者(CEO)及び会長ポストで22件の交代が見られた(発表済みの予定を含む)。

訂正ロシア事業停止の動き加速、ファーストリテや米大手金融も

ファーストリテイリングは10日、ロシア事業を停止すると発表、これまでの営業継続方針を一転させた。ウクライナ侵攻に関連し、主要国の企業にロシア事業の停止や撤退・縮小の動きが一段と広がっている。

UPDATE 2-クレディ・スイス、対ロの総信用リスクエクスポージャー16億フラン

スイスの金融大手クレディ・スイスは10日公表した年次報告書の中で、昨年末時点のロシアに対する総信用リスクエクスポージャーが15億6900万スイスフラン(16億9000万ドル)だったと明らかにした。

クレディ・スイス、ロシア向け信用エクスポージャー8.48億フラン

スイスの金融大手クレディ・スイスは10日、ロシアに対するネットの信用エクスポージャーが8億4800万スイスフラン(9億1400万ドル)あると発表した。

コラム:急浮上するインフレと景気減速の両面リスク、有事の投資戦術は何か=藤戸則弘氏

ロシア軍のウクライナ侵攻は、一気に時計の針を60─70年前に逆転させた。1956年の「ハンガリー革命」や1968年のチェコスロバキアにおける「プラハの春」が、ソ連軍の戦車で蹂躙(じゅうりん)された当時への回帰である。

米欧の銀行株急落、ロシアとの関係断つ動き広がる

米欧の株式市場で7日、銀行株が大きく売り込まれた。ロシアのウクライナ侵攻による景気への悪影響を巡る懸念で米国債利回りが低く抑えられているほか、ロシアとの関係を断つ金融機関が相次いでいることが弱材料となった。

ロシア石油会社、米制裁対象の銀行から口座移管=関係筋

ロシア石油会社の一部は、米制裁対象に指定されたVTBやズベルバンクを含む銀行の保有口座を解約し、制裁対象ではないロスバンク、ウニクレディト、ライファイゼンなどの銀行に乗り換えている。事情に詳しい関係者5人が明らかにした。

ロシアから投資引き揚げ加速、ロは資産売却禁止で対応

ロシアに対する西側の強力な制裁を受け、同国からの投資引き揚げが加速する中、ロシア政府は1日、外国人投資家によるロシア資産売却を一時的に禁止すると発表した。撤退に歯止めをかける狙いだ。

欧州株式市場=続落、ウクライナ情勢懸念で

欧州株式市場は続落して取引を終えた。発 表された決算が軟調だったことに加え、ロシアとウクライナの停戦交渉 が打開に至らなかった後でロシアが攻撃を激化させ、ウクライナ情勢へ の懸念が高まったのが投資家心理を悪化させた。 原油価格は1バレル=100ドル超に戻り、安全資産として金や債 券、ドルが急上昇した。 イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は4.14%、 STOXXユーロ圏銀行株指数 は6.76%それぞれ下落。フ ランスのCAC40指数は3.94%下げ、終値として7カ月 超ぶりの安値となった。ドイツのDAX指数は3.85%下落 した。...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up