for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

salesforce.com, inc.

CRM

現在値

297.66USD

変化

2.55(+0.86%)

出来高

1,777,472

本日のレンジ

295.75

 - 

299.19

52週レンジ

201.51

 - 

299.19

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
295.11
始値
296.53
出来高
1,777,472
3か月平均出来高
119.11
高値
299.19
安値
295.75
52週高値
299.19
52週安値
201.51
発行済株式数
979.00
時価総額
287,747.70
予想PER
66.23
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 Salesforce.Com Inc Earnings Release

適時開示

その他

Salesforce.Com Initiates FY23 Revenue Outlook Of $31.65 Billion To $31.80 Billion.

Salesforce Announces Strong Second Quarter Fiscal 2022 Results

Tiger Global Management Ups Share Stake in Doordash, Snowflake, Cuts in Roblox, Facebook

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

salesforce.com, inc.とは

セールスフォース・ドットコム(Salesforce.Com Inc)は、顧客関係管理(CRM)テクノロジに重点を置く。【事業内容】カスタマー360プラットフォームは、システム、アプリケーション、デバイス間で顧客データを接続するソースを提供し、企業がどこからでも販売、サービス、マーケティング、商取引を行うのを支援する。クラウド、モバイル、ソーシャル、分析、人工知能(AI)に焦点を当て、企業がビジネスを変革できるようにする。また、サードパーティがプラットフォームと開発者ツールを使用して、プラットフォーム上で実行される追加の機能とアプリケーションを作成できるようにする。顧客は、セールスオファリングを使用して、データの保存、リードと進捗状況の監視、機会の予測、分析とリレーションシップインテリジェンスによる洞察の獲得、見積もり、契約、請求書の提供を行う。これは、あらゆるタッチポイントでサービスエージェントと顧客をつなぐのに役立つ。また、顧客がデジタルチャネル全体の予測、推奨事項、チャットボットに関する日常的な問題を解決するのにも役立つ。

業種

Software & Programming

連絡先

415 Mission St Fl 3

SAN FRANCISCO, CA

94105-2533

United States

+1.415.9017000

https://www.salesforce.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Marc Russell Benioff

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Co-Founder

Amy E. Weaver

President, Chief Financial Officer

Bret Taylor

President, Chief Operating Officer

Brent Hyder

President, Chief People Officer

Gavin Patterson

President, Chief Revenue Officer

統計

1.84 mean rating - 49 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

13.3K

2020

17.1K

2021

21.3K

2022(E)

26.3K
EPS (USD)

2019

2.750

2020

2.990

2021

4.920

2022(E)

4.417
株価売上高倍率(過去12カ月)
116.58
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.22
株価純資産倍率(四半期)
5.18
株価キャッシュフロー倍率
54.11
総負債/総資本(四半期)
21.48
長期負債/資本(四半期)
19.07
投資利益率(過去12カ月)
4.09
自己資本利益率(過去12カ月)
3.24

最新ニュース

最新ニュース

EUのデジタル市場法案、クラウドサービスも対象にすべき=報告

アマゾン、アップル、アルファベット傘下のグーグル、フェイスブックといった米巨大テック企業の影響力を低下させることを目的とする欧州連合(EU)のルール案について、クラウドコンピューティング企業による反競争行為の可能性をあるとして、規制対象に入れるべきとする研究報告が26日、公表された。

焦点:世界のESG債発行、1-9月期に過去最高の7776億ドル

リフィニティブのデータによると、環境改善や社会貢献などの事業に資金の用途が限定されるESG(環境・社会・統治)債の発行は今年1-9月に世界全体で前年同期比57%増えて7776億ドルとなり、過去最高を更新した。気候変動リスクや社会格差に対処する投資への需要が高まった。

米ズーム最大の買収計画が頓挫、ファイブ9株主が否決

クラウドベースのコールセンターを運営する米ファイブ9の株主は30日、ビデオ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズへの147億ドルの売却案を否決し、ズームにとって過去最大の買収計画は実現しなくなった。

前場の日経平均は急反発、3万円回復 不安後退で全面高商状

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比561円49銭高の3万0200円89銭となり、急反発。3万円を回復した。FOMC(連邦公開市場委員会)を通過したほか、中国恒大集団の債務問題も短期的にデフォルト懸念がなくなったなど、不安ムードが後退したことで全面的に物色される展開となっている。米国株式の大幅上昇が追い風になった。

NY市場サマリー(23日)株式1%超上昇、利回り急上昇

<為替> ドルが幅広い通貨に対し下落した。中国恒大集団を巡る懸念が後退する中、投資家のリスク選好度が回復し、ドルは前日の上昇分を全て失った。

米国株式市場=1%超上昇、FRBのテーパリング巡る姿勢に安心感

米国株式市場は主要株価3指数が1%超上昇して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のテーパリング(量的緩和の縮小)や利上げに対する姿勢を巡り安心感が広がった。

NY市場サマリー(23日)株式1%超上昇、利回り急上昇

<為替> ドルが幅広い通貨に対し下落した。中国恒大集団を巡る懸念が後退する中 、投資家のリスク選好度が回復し、ドルは前日の上昇分を全て失った。 ブルームバーグ・ローは23日、中国当局が中国恒大集団に対し、当面ド ル建て社債のデフォルトを回避するよう指示したと報じた。 終盤の取引で、主要6通貨に対するドル指数は0.5%安の93.037と、 1カ月ぶりの大幅な下げ率を記録する見通し。22日には、米連邦準備理事会(FRB) が早ければ11月にもテーパリング(量的緩和の縮小)に着手する可能性があるとの見通 しを示したことを受け、0.25%上昇していた...

フレッシュワークス、米IPOで約10億ドル調達 企業価値100億ドル超

クラウドベースの顧客管理システムなどを手掛けるフレッシュワークスは21日、米国での新規株式公開(IPO)の公開価格を仮レンジより高い水準に設定し、10億3000万ドルを調達したと明らかにした。

NY市場サマリー(13日)ドル上昇、S&P6日ぶり反発

<為替> 新型コロナウイルス感染再拡大にもかかわらず米連邦準備理事会(FRB)が年内にテーパリング(量的緩和の縮小)に着手するとの観測を背景に、ドル指数が2週間ぶりの高値を付けた。

米国株式市場=S&P6日ぶり反発、法人税率引き上げやインフレ指標に注目

米国株式市場はS&P総合500種が6営業日ぶりに反発。市場では、下院民主党による連邦法人税率引き上げ案や週内に発表される米インフレ指標に注目が集まっている。

NY市場サマリー(26日)ドル上昇、株式反落

<為替> ドルが上昇。テーパリング(量的緩和の縮小)を巡る連邦準備理事会(FRB)当局者のタカ派発言が材料になった。

米国株式市場=反落、アフガン情勢やジャクソンホール会議巡る不安で

米国株式市場は反落して取引を終えた。アフガニスタン情勢への不安が重しとなったほか、27日の年次経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)を前に米連邦準備理事会(FRB)の政策変更を巡って警戒感が広がった。

米セールスフォース、5─7月は23%増収で予想上回る 株価2%高

米顧客管理ソフト大手セールスフォース・ドットコムが25日に発表した第2・四半期(5─7月)決算は、売上高が市場予想を上回った。新型コロナ禍を受けた在宅とオフィス勤務を組み合わせたハイブリッド勤務の広がりを追い風に、クラウドベースのソフトウエア需要が引き続き堅調だった。

コラム:米国のワクチン義務化と集団免疫獲得、企業努力に限界

新型コロナウイルスのワクチンを打つか、そうでなければ職場に戻ってくるな――。感染拡大が続く中、ユナイテッド航空から資産運用大手ブラックロックまでさまざまな米企業が今、従業員にこう通達している。これは米国社会が集団免疫獲得に近づくのを助けるし、死亡者を減らす上でも助けになる。しかし政府の任務の範疇に残された空白部分を、こうした企業努力だけで埋めることはできない。

アングル:米企業、コロナ後の通勤再開計画はCEO次第

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、IT業界としては珍しく、職員に早く通勤を再開するよう求めている。かたや米シティグループのジェーン・フレーザーCEOは金融業界の潮流に逆らい、コロナ後も柔軟な働き方を認める方針だ。

ロビンフッド、IPO評価額最大350億ドル目指す

オンライン証券ロビンフッドが19日に当局に提出した文書で、新規株式公開(IPO)で最大350億ドルの評価額を目指していることが分かった。今年最も注目度の高いIPO銘柄の一つとなりそうだ。

ロビンフッド、IPO評価額最大350億ドル目指す

オンライン証券ロビンフッドが19日に当局に提出した文書で、新規株式公開(IPO)で最大350億ドルの評価額を目指していることが分かった。

NY市場サマリー(28日)利回り低下で株式底堅く、ドル横ばい

<為替> ドルが横ばい。朝方発表された米経済指標がインフレの高まりと景気回復を改めて示す中、ドルは一時上昇していたものの、月末や連休を控えたポジション調整から、上げ幅を縮小した。ドルは週間でも横ばいとなった。

米国株式市場=ダウ・S&P3週ぶり値上がり、ハイテク底堅く

米国株式市場は小幅高で取引を終えた。インフレ指標が予想以上に上昇したものの、相場は底堅く推移し、ダウ工業株30種、S&P総合500種指数が週間で3週ぶりの値上がりとなった。

セールスフォース、第1四半期利益が予想上回る 通年予想引き上げ

米顧客管理ソフト大手セールスフォース・ドットコムが27日発表した第1・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。新型コロナ禍を受けた在宅勤務の広がりでクラウドベースのソフトウエア需要が増加した。同社は通年の収益見通しを引き上げた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up