for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

セールスフォース・ドット・コム

CRM.N

現在値

185.94USD

変化

-3.56(-1.88%)

出来高

2,012,948

本日のレンジ

179.37

 - 

187.11

52週レンジ

137.88

 - 

195.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
189.50
始値
180.00
出来高
2,012,948
3か月平均出来高
98.09
高値
187.11
安値
179.37
52週高値
195.70
52週安値
137.88
発行済株式数
887.00
時価総額
168,086.50
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2020 Salesforce.Com Inc Earnings Release

適時開示

その他

Tiger Global Management Takes Share Stake In Alphabet, PayPal; Ups Stake In Uber

Third Point Ups Share Stake In Adobe, Cuts In Salesforce.Com

Salesforce Says 2019 Holiday Digital Sales Grew 8% To $723 Billion Globally

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

セールスフォース・ドット・コムとは

セールスフォース・ドットコム(Salesforce.com, Inc. )はクラウドを通じて、顧客関係管理(CRM)を中心とする企業ソフトウェアを提供する。【事業内容】同社はクラウド、モバイル、ソーシャル、モノのインターネット(IoT)、人工知能技術を中心とする。同社のサービスは他のプラットフォームと企業アプリケーションと統合される。同社はインターネット・ブラウザ及びモバイル・デバイスを通じてサービスを提供する。顧客成功プラットフォームは営業担当者の自動化、顧客サービスとサポート、マーケティング自動化、デジタル・コマース、コミュニティ管理、分析、アプリケーション開発、IoT統合、コラボレーティブな生産性向上ツール及びプロのクラウド・サービスを提供するサービス・ポートフォリオである。クラウド・サービスはセールス・クラウド、サービス・クラウド、マーケティング・クラウド、コマース・クラウド、コミュニティ・クラウド、アナリティクス・クラウド、セールスフォース・クイップ、セールスフォース・プラットフォームを含む。

連絡先

415 Mission St Fl 3

+1.415.9017000

https://www.salesforce.com/in/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark J. Hawkins

President, Chief Financial Officer and Principal Financial Officer

Bret Taylor

President, Chief Operating Officer

Marc Russell Benioff

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Keith G. Block

Co-Chief Executive Officer, Vice Chairman of the Board

Parker Harris

Co-Founder, Chief Technology Officer, Director

統計

1.71 mean rating - 42 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

8.4K

2018

10.5K

2019

13.3K

2020(E)

17.0K
EPS (USD)

2017

1.010

2018

1.350

2019

2.750

2020(E)

2.899
株価売上高倍率(過去12カ月)
189.24
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.60
株価純資産倍率(四半期)
5.05
株価キャッシュフロー倍率
65.81
総負債/総資本(四半期)
9.68
長期負債/資本(四半期)
9.49
投資利益率(過去12カ月)
2.68
自己資本利益率(過去12カ月)
2.04

最新ニュース

最新ニュース

コラム:消費者が「サブスク」に踊ってはいけない理由

今や「サブスクリプション(サブスク)」サービスと呼ばれる定額で商品や各種サービスを利用できる仕組みがもてはやされているが、決して申し込んではいけない。少なくとも「サブスクリプション経済」という考えに踊らされるのは禁物だ。単に動画ストリーミング配信会社が一定額を支払ってくれる利用者を追い求めているだけでない。ワイン販売から料理の宅配、さらにはスウェーデンの家具大手イケアまでもが顧客に取り込みたがっている。だが利用者は結局、多大な出費をするだけに終わりかねない。

英中銀の金融行政委員ポスト、女性候補が辞退=英財務省

英財務省は6日、女性企業幹部のジェイン・アン・ガディア氏がイングランド銀行(英中銀)の金融行政委員会(FPC)の外部委員ポストを辞退したことを明らかにした。

NY市場サマリー(10日)

<為替> トランプ米大統領が前週末に対メキシコ関税措置の発動見送りを決定したことを受けドルが上昇した。一方ユーロは、景気が減速すれば欧州中央銀行(ECB)は利下げを排除しない考えと関係筋の話で伝わったことで下落した。

ダウ平均6日続伸、メキシコ関税見送りで安心感

米国株式市場は続伸して取引を終えた。ダウは2018年5月以来13カ月ぶりの6日続伸を記録した。米国がメキシコへの関税発動を見送ったことで安心感が広がった。

米ダウ207ドル高、利下げ観測強まる メキシコ問題解決に期待

米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価は200ドル超値上がりした。経済指標を受け利下げ観測が強まったほか、米国とメキシコが移民や関税の問題で合意できるとの期待が広がった。

再送-独SAPに物言う株主エリオットが出資、株価は最高値更新

「物言う株主」として知られる米ヘッジファンドのエリオット・マネジメントは24日、ビジネスソフトウエア会社の独SAPの株式12億ユーロ(13億ドル)相当を保有していることを明らかにした上で、SAP新経営陣の経営効率化に向けた取り組みを支持する姿勢を打ち出した。これを受け、SAPの株価は過去最高値を更新した。

コラム:米巨大IT企業、規制当局と仲良くすべきか

米国の巨大IT企業は規制当局の土俵に乗る必要が出てきている。

IoT事業のウフル、ロンドン市場への上場も視野に

すべてのモノがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)サービス事業を手掛けるウフル(東京都港区)の園田崇社長は11日、ロイターの取材に対し、ロンドン市場への上場も視野に入れていることを明らかにした。

著名ヘッジファンド、アップルなど大手ハイテク株を売却

14日に公表された証券当局への提出資料によると、著名ヘッジファンドは第4・四半期に米アップルなど大手ハイテク株を売却した。

著名ヘッジファンド、アップルなど大手ハイテク株を売却

14日に公表された証券当局への提出資料によると、著名ヘッジファンドは第4・四半期に米アップルなど大手ハイテク株を売却した。

米国株式市場は続伸、FRB議長講演受け利上げ終了近いとの見方

米国株式市場は大幅続伸して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が28日の講演で、政策金利は中立金利を「若干下回る」水準にあるとの認識を示したことを受け、利上げ終了時期が近いとの見方が広がった。

アップルとセールスフォースが提携、ビジネス向けアプリで

米アップル<AAPL.O>と米顧客管理ソフト大手セールスフォース・ドット・コム<CRM.N>がビジネス向けアプリケーションの分野で提携する。アップルは、音声アシスタント「Siri(シリ)」など同社の機能をセールスフォースが独自のモバイルアプリに深く組み込んで構築するのを支援する。

ソロス氏のファンド、フェイスブックやアップルの株式取得

著名投資家ジョージ・ソロス氏が率いるソロス・ファンド・マネジメントが第2・四半期にフェイスブック<FB.O>やアップル<AAPL.O>、ツイッター<TWTR.N>の株式を取得する一方、アルファベット<GOOGL.O>やアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の株式保有を減らしたことが、14日の証券当局への報告で明らかになった。

ソフトバンクのファンド、インシュアテック企業に出資か=関係者

保険と情報技術(IT)を融合した「インシュアテック」を手掛ける欧州の新興企業ウィフォックスが「数億」ユーロ単位の新たな資金調達で関係者との交渉をまとめつつあり、ソフトバンクグループ<9984.T>が設立した「ビジョン・ファンド」が有力な出資者候補に浮上している。事情に詳しい3人の関係者が明らかにした。

米国株は上昇、イタリア政局懸念後退で

米国株式市場は上昇して終了した。イタリアの政局混迷が和らぐ兆しを見せていることに加え、原油高でエネルギー関連株に買いが入ったことが押し上げ要因となった。

NY市場サマリー(30日)

<為替> ニューヨーク外為市場でユーロが上昇。対ドルの1日の上昇としては年初来2番目の大きさを記録した。イタリアで再び新政権樹立を模索する動きが出ていることで、政局混迷を巡る懸念が和らいだ。

コラム:対米黒字削減へ、中国がまず踏み切るべき「最善策」

中国政府の実務担当者は米国製品の輸入を拡大して、3750億ドルに上る対米貿易黒字の削減に役立つ手っ取り早い方法を探し回っている。手始めに目を付けたのは大豆と石油で、これはトランプ米大統領と彼の支持層の怒りを和らげるかもしれない。しかしもっと良い手段がある。

米グーグルとFB、「ドリーマー」救済廃止に反対する訴訟を支援

幼少時に親と米国へ不法入国した「ドリーマー」の在留を認めた移民救済制度「DACA」の撤廃決定に反対して起こされた訴訟について、米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルとフェイスブック<FB.O>は1日、支援に加わると表明した。

ジャクソンホール会合や企業決算に注目=今週の米株式市場

今週の米株式市場では、24─26日に米ワイオミング州ジャクソンホールで開かれる米カンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムに注目が集まりそうだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up