for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Cisco Systems Inc

CSCO.O

現在値

40.00USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

3,925

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

39.96

 - 

64.28

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
40.00
始値
0.00
出来高
3,925
3か月平均出来高
394.20
高値
--
安値
--
52週高値
64.28
52週安値
39.96
発行済株式数
4,108.84
時価総額
164,353.80
予想PER
11.94
配当利回り
3.80

次のエベント

Dividend For CSCO.OQ - 0.3800 USD

適時開示

その他

Cisco Reports Q4 Non-GAAP EPS Of $0.83

Cisco Reports Third Quarter Earnings

Cisco Reports Second Quarter Earnings

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Cisco Systems Incとは

シスコ・システムズ(Cisco Systems Inc)は、ネットワーキング、セキュリティ、コラボレーション、アプリケーション及びクラウドにわたる各種テクノロジーの設計・販売を行う。【事業内容】アメリカ、ヨーロッパ・中東・アフリカ、アジア太平洋・日本・中国の3つの地域別セグメントを通じて事業を行う。製品とテクノロジーには、インフラストラクチャプラットフォーム、アプリケーション、セキュリティ及びその他の製品が含まれる。インフラストラクチャプラットフォームは、スイッチング、ルーティング、データセンター製品及びワイヤレス等のコアネットワーキングテクノロジーで構成され、ネットワーク機能を提供し、データを転送及び保存する。アプリケーション製品カテゴリは、主にコアネットワーキングとデータセンタープラットフォームを利用して機能を提供するソフトウェア関連の製品で構成される。セキュリティ製品カテゴリには、主に統合脅威管理製品、脅威セキュリティ製品、ウェブセキュリティ製品が含まれる。子会社であるThousandEyes, Incは、インターネット及びクラウドインテリジェンスプラットフォームを提供する。

業種

Communications Equipment

連絡先

170 West Tasman Dr

SAN JOSE, CA

95134-1706

United States

+1.408.5264000

https://www.cisco.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Charles H. Robbins

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

R. Scott Herren

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Maria Martinez

Chief Operating Officer, Executive Vice President

Jeffery S. Sharritts

Executive Vice President and Chief Customer and Partner Officer

Deborah L. Stahlkopf

Executive Vice President and Chief Legal Officer

統計

2.47 mean rating - 30 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

49.3K

2021

49.8K

2022

51.6K

2023(E)

54.1K
EPS (USD)

2020

3.210

2021

3.220

2022

3.360

2023(E)

3.531
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.20
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.19
株価純資産倍率(四半期)
4.13
株価キャッシュフロー倍率
11.94
総負債/総資本(四半期)
23.92
長期負債/資本(四半期)
21.16
投資利益率(過去12カ月)
16.92
自己資本利益率(過去12カ月)
12.34

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線下回るが下げ深まらず

<15:38> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線下回るが下げ深まらず 日経平均・日足は「小陰線」となった。2万8930円33銭で取引を終えた。5日 移動平均線(2万8967円19銭=19日)を終値で下回ったが、下方乖離を深めてお らず底堅さもある。2万9000円台の定着に手間取る一方、過熱感を示すRSI(相対 力指数)などはやや落ち着きつつあり、上値指向の継続に期待をつなぐ。年初来高値(1 月5日、2万9388円16銭)を捉えて上昇に弾みをつけられるかが目先の焦点。 <15:05> マザーズが続落、朝高後は利益確定売りが重し 新興株式市場...

日経平均は小幅続落、高値警戒が重し 週末の見送りムードも

東京株式市場で日経平均は、前営業日比11円81銭安の2万8930円33銭と、小幅に続落した。前日の米株高を好感する形で買いが先行したが、高値警戒感が上値を抑えて伸び悩んだ。週末でもあり、午後にかけて見送りムードが強まった。

〔マーケットアイ〕株式:マザーズが続落、朝高後は利益確定売りが重し

<15:05> マザーズが続落、朝高後は利益確定売りが重し 新興株式市場は、マザーズ総合は0.9%安の748.34ポイントと続落した。東 証グロース市場指数は前営業日比0.9%安の951.69ポイントだった。 朝方に高かったが、徐々に利益確定売りが重しとなった。市場では「週末でもあり上 昇一服となったが、下げは深まっておらず、基調に大きな変化はないだろう」(国内証券 )との声が聞かれた。 ビジョナルやフリー、CYBERDYNEが大幅安となっ た一方、そーせいグループが大幅高だったほか、ライフネット生命保険 は年初来高値を更新。アクリート...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみ合い、徐々に模様眺め気分広がる

<13:10> 日経平均はもみ合い、徐々に模様眺め気分広がる 日経平均はもみ合い。後場に入ってから再び前日比マイナス圏に沈んだものの、大き く下げる気配は感じられず、方向感なく小動きとなっている。週末の後場で参加者も少な く、徐々に模様眺め気分が広がってきた。 市場では「実需の注文が売り買いともに入らない。中長期の投資家は、来週のジャク ソンホールのパウエル議長公演を材料として消化するまで動かないのではないか」(東海 東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)との声が聞かれる。 <11:45> 前場の日経平均は反発、米株上昇を...

午前の日経平均は反発、米株上昇を好感 見送りムードで伸び悩む

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比25円80銭高の2万8967円94銭と、反発した。前日の米株上昇が好感され、堅調な地合いとなったものの、週末とあって見送りムードが強く、伸び悩む展開となっている。

ホットストック:半導体関連株がしっかり、米アプライドの好決算を材料視

東京エレクトロン、SCREENホールディングス、レーザーテックなどの半導体関連株がしっかりで始まった。好決算だった米シスコシステムズに続いてアプライド・マテリアルズも堅調な業績見通しを公表したことが材料視されている。

UPDATE 1-今日の株式見通し=買い先行、日経平均は2万9000円を意識 上昇一服後もみ合いか

(内容を追加しました。) [東京 19日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、買い先行 の展開が予想されている。前日の米株高を好感し日経平均は堅調に推移するとみられ、再 び2万9000円台に乗せる見通し。ただ、週末を控えて利益確定売りも出やすく、上昇 一服後はもみ合う展開となりそうだ。 日経平均の予想レンジは2万9000円─2万9200円。 18日の米国株式市場では、主要3指数がそろって上昇した。ネットワーク機器大手 のシスコシステムズが前日に発表した業績見通しが好調だったことで、ハイテク 株に買いが入ったほか、米経済指標...

UPDATE 1-NY市場サマリー(18日)ドル指数1カ月ぶり高値・利回り低下、米株上昇

(株のリポートを追加しました) [18日 ロイター] - <為替> 主要通貨に対するドル指数が1カ月ぶりの高値を付けた。複数の米連邦準 備理事会(FRB)当局者がインフレ抑制に向け利上げを継続する必要があるとの見解を 改めて示したことが材料視された。 セントルイス地区連銀のブラード総裁は米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(W SJ)のインタビューで、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%ポイント の利上げ実施に賛成することに傾いていると表明。サンフランシスコ地区連銀のデイリー 総裁は、短期借入コストを年末までに3%強、来年にこれをやや...

米国株式市場=上昇、シスコに買い 堅調な経済指標も支援

米国株式市場は上昇して終了した。ネットワーク機器大手シスコシステムズが前日に発表した業績見通しが好調だったことで、ハイテク株に買いが入ったほか、米経済指標が比較的堅調だったことも支援要因になった。

UPDATE 2-米国株式市場=上昇、シスコに買い 堅調な経済指標も支援

(個別銘柄の動きなどを追加しました) [ニューヨーク 18日 ロイター] - 米国株式市場は上昇して終了した。ネット ワーク機器大手シスコシステムズが前日に発表した業績見通しが好調だったこと で、ハイテク株に買いが入ったほか、米経済指標が比較的堅調だったことも支援要因にな った。 投資家は依然、前日公表の7月分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の内 容を見極めようとしている。 チェリー・レーン・インベストメンツ(ニュージャージー州)のパートナー、リック ・メックラー氏は「金利上昇が今後相場の上げに歯止めをかけることになるかどうかを...

NY市場サマリー(18日)ドル指数1カ月ぶり高値・利回り低下、米株上昇

<為替> 主要通貨に対するドル指数が1カ月ぶりの高値を付けた。複数の米連邦準 備理事会(FRB)当局者がインフレ抑制に向け利上げを継続する必要があるとの見解を 改めて示したことが材料視された。 セントルイス地区連銀のブラード総裁は米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(W SJ)のインタビューで、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%ポイント の利上げ実施に賛成することに傾いていると表明。サンフランシスコ地区連銀のデイリー 総裁は、短期借入コストを年末までに3%強、来年にこれをやや上回る水準にするために 、9月に0.50%ポイント...

米シスコ、8─10月期の売上高見通し予想上回る 供給網の圧力軽減

[17日 ロイター] - 米ネットワーク機器大手シスコシステムズが17日に発表した第1・四半期(8─10月)の売上高見通しは予想を上回った。中国の新型コロナウイルス感染拡大が収束したことで供給網に対する圧力が緩和されたことが背景。時間外取引で株価は5%上昇した。

焦点:カーストとシリコンバレー、IT企業が問われる差別対応

米国の大手テクノロジー企業が、インド古来のカースト制による差別への対応を問われている。アップル は他社に先んじて、インド社会を長年にわたって分断してきた厳格な階級制度をシリコンバレーから排除する社内指針を導入した。

米シスコ、8─10月期の売上高見通し予想上回る 供給網の圧力軽減

[17日 ロイター] - 米ネットワーク機器大手シスコシステムズが17日に発表した第1・四半期(8─10月)の売上高見通しは予想を上回った。中国の新型コロナウイルス感染拡大が収束したことで供給網に対する圧力が緩和されたことが背景。

UPDATE 1-米シスコとナイキ、ロシアから完全撤退へ 

米ネットワーク機器大手のシスコシステムズと米スポーツ用品大手ナイキは23日、ロシア事業から完全撤退するとロイターに明らかにした。欧米企業によるロシア撤退の動きが加速している。

日経平均は反発、米株に反発期待生じ幅広く物色

東京株式市場で日経平均は反発。前日比336円19銭高の2万6739円03銭で大引けた。前日の米国株式市場は軟調だったものの、時間外取引で先物がしっかりとなるなど米株の反発期待が生じ、幅広く物色された。

NY市場サマリー(19日)ドル全面安、10年債利回り低下 株式続落

<為替> ドルが全面安となり2週間ぶりの安値を付けた。ドル高で年初から売られていた主要通貨の大半に買いが入った。

米国株式市場=続落、インフレ懸念払拭されず シスコが安い

米国株式市場は不安定な取引の中、続落して終了した。市場ではインフレと利上げに対する懸念が払拭されていない。

UPDATE 2-米国株式市場=続落、インフレ懸念払拭されず シスコが安い

(情報を追加しました) [19日 ロイター] - 米国株式市場は不安定な取引の中、続落して終了した。市 場ではインフレと利上げに対する懸念が払拭されていない。 ネットワーク機器大手のシスコシステムズのほか、半導体大手ブロードコム やアップルなどが売られ、S&P総合500種の重しになった。 シスコは13.7%急落。前日発表した第3・四半期(2─4月)決算は中国のロッ クダウン(都市封鎖)やウクライナ情勢の影響を受けて売上高が予想を下回り、2022 年度の利益見通しを引き下げた。 アップルは2.5%、ブロードコムは4.3%、それぞれ下落した...

NY市場サマリー(19日)ドル全面安、10年債利回り低下 株式続落

<為替> ドルが全面安となり2週間ぶりの安値を付けた。ドル高で年初から売られ ていた主要通貨の大半に買いが入った。 世界中の金融市場でボラティリティーが上昇する中、ドルは日本円とスイスフランに 対して急落。スコシア銀行のチーフ為替ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「投 資家はおそらくドルだけで満足せず、リスク分散を図ろうとしている。特に米債利回りの 上昇に伴うドルへの幅広い買いに限界が来ているようだ」と述べた。 ドル指数は1.0%安の102.79と5月5日以来の安値。1日の下落率が 1%を超えたのは今回を含め過去5年間で6回のみ。...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up