for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シスコ・システムズ・インク

CSCO.O

現在値

41.20USD

変化

-0.54(-1.29%)

出来高

27,650,165

本日のレンジ

40.85

 - 

42.20

52週レンジ

32.40

 - 

58.26

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
41.74
始値
42.09
出来高
27,650,165
3か月平均出来高
665.53
高値
42.20
安値
40.85
52週高値
58.26
52週安値
32.40
発行済株式数
4,240.88
時価総額
177,014.30
予想PER
--
配当利回り
3.45

次のエベント

Q3 2020 Cisco Systems Inc Earnings Call

適時開示

その他

Cohesity Announces $250 Million In Series E Funding

Cisco Plans New Round Of Layoffs - WSJ

Phunware Says Will Debut Integrated Mobile Corporate Campus Solution Called On My Way In Collaboration With Cisco Systems

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シスコ・システムズ・インクとは

シスコ・システムズ(Cisco Systems, Inc.)は世界中のネットワークを開発・接続するために一連の製品を設計・販売し、サービスを提供し、統合ソリューションを提供する。【事業内容】同社は米州、欧州・中東・アフリカ(EMEA)及びアジア太平洋・日本・中国(APJC)3つの地理的事業を運営する。同社は製品と技術をスイッチング、次世代ネットワーク(NGN)ルーティング、コラボレーション、データセンター、無線、サービスプロバイダービデオ、セキュリティ、及びその他の製品などの多数のカテゴリーに分類する。その製品提供に加えて、テクニカル・サポート・サービスと先進的なサービスを含む幅広いサービス・オファリングを提供する。同社はクラウド、ビデオ、モビリティ、セキュリティ、コラボレーション及び分析といった最優先のソリューションとして、その技術とサービスを顧客に提供する。同社はあらゆる規模の企業、公共機関、政府機関、サービスプロバイダーなどの顧客にサービスを提供する。

連絡先

170 W Tasman Dr

SAN JOSE, CA

95134-1706

United States

+1.408.5264000

https://www.cisco.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Charles H. Robbins

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Kelly A. Kramer

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Gerri Elliott

Executive Vice President and Chief Sales and Marketing Officer

Mark Chandler

Executive Vice President, Chief Legal Officer and Chief Compliance Officer

Maria Martinez

Executive Vice President and Chief Customer Experience Officer

統計

2.25 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

48.0K

2018

49.3K

2019

51.9K

2020(E)

49.7K
EPS (USD)

2017

2.390

2018

2.600

2019

3.100

2020(E)

3.116
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.15
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.43
株価純資産倍率(四半期)
4.98
株価キャッシュフロー倍率
12.89
総負債/総資本(四半期)
45.01
長期負債/資本(四半期)
40.79
投資利益率(過去12カ月)
16.80
自己資本利益率(過去12カ月)
12.31

最新ニュース

最新ニュース

UPDATE 1-〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(6日現在)

ドイツ政府が発表した2月の鉱工業受注指数は、前月比1.4%低下した。海外からの受注が大幅に減少し、新型コロナウイルスの影響が出たとみられる。 > 〔ロイター為替予測調査〕インドルピー、目先は新型コロナで軟調 政府の対応がカギ

米シスコ、ビデオ会議「Webex」の3月利用者が過去最多

米シスコシステムズ<CSCO.O>のビデオ会議アプリ「Webex」の利用者が、3月に過去最多の3億2400万人を記録した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出制限措置で在宅勤務者が増加した。

中国ハッカー集団のスパイ行為、1月下旬以降に急増=米調査会社

米サイバーセキュリティー会社ファイア・アイ<FEYE.O>は25日に公表したリポートで、中国のハッカー集団の仕業とみられるサイバー攻撃によるスパイ行為が1月下旬以降急増していることを確認したと明らかにした。1月下旬は新型コロナウイルスの感染が世界に広がり始めた時期に当たる。

新型コロナで在宅勤務急増、ハッキングの温床に 専門家が警告

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界の多くの国では企業が在宅勤務を奨励、学校の閉鎖も増えている。人々がラップトップや会社のデータを持ち帰り、家で仕事や勉強をする機会が増える中、サイバーセキュリティーの専門家はハッキングが急増する可能性を警告している。

米ホワイトハウス、IT大手と新型コロナ対策を協議

米ホワイトハウスは11日、新型コロナウイルス対策について、国内の大手IT(情報技術)企業と協議した。ITを利用した新型コロナ対策や官民の協力体制が議題となった。

米、EUにエリクソンなどの5G採用要請 ファーウェイと同等

米国務省のロバート・ストレイヤー次官補代理(サイバー及び国際通信情報政策担当)は、スウェーデンのエリクソン<ERICb.ST>やフィンランドのノキア<NOKIA.HE>、韓国のサムスン電子<005930.KS>の第5世代移動通信システム(5G)技術は中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と同等であり、欧州連合(EU)加盟国がファーウェイの技術を使用する理由はないと述べた。

アングル:米ドットコムバブルのピークから間もなく20年、現在との類似点も

米株式市場がドットコムバブルのピークから間もなく20年になろうとする中、現在の10年に及ぶ上昇局面は当時と似ているところがあり、投資家は注視している。

MWC見本市中止で広がる波紋、地元経済に打撃 独自対応の企業も

スペイン・バルセロナで今月開催される予定だった世界最大級の通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。

新型肺炎、第1四半期のスマホ販売に打撃=中国シャオミCEO

中国のスマートフォンメーカー、小米科技(シャオミ)<1810.HK>の雷軍最高経営責任者(CEO)は13日、最新主力機種「Mi10」シリーズの正式発表イベントで、新型コロナウイルス感染拡大について「第1・四半期のスマホ販売は影響を受けるだろうが、第2・四半期と第3・四半期に販売が回復すると信じている」と語った。

NY市場サマリー(13日)

<為替> ユーロが対ドルで約2年ぶりの安値を付けた。中国で新型コロナウイルスの死者数と感染者数が急増したことを受け、ドルを含む米資産に買いが入ったことが背景。

米国株式市場=反落、新型肺炎巡る懸念で 決算も強弱まちまち

米国株式市場は前日の最高値から反落して取引を終えた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念のほか、企業決算が強弱まちまちの内容となったことが背景。

米シスコの11─1月期、収益が予想上回る セキュリティー部門好調

米ネットワーク機器大手シスコシステムズ<CSCO.O>が12日発表した第2・四半期(1月25日終了)決算は、収益がアナリスト予想をわずかに上回った。ルーターやスイッチなどのネットワーク機器を提供する部門が低調だったが、セキュリティー部門が好調だった。

スペイン通信見本市が中止に、新型肺炎で出展見送り相次ぎ

携帯電話通信の国際業界団体GSMAは12日、スペインのバルセロナで24─27日に開催される予定だった世界最大級のモバイル機器の展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2020」を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、複数の企業が参加を見送ったためという。

新型肺炎、中国本土の新たな感染1月30日以来の低水準 ピーク巡り異論

中国本土で11日に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は2015人と、1月30日以来の低水準となった。中国の感染症研究の第一人者はウイルスの流行が4月ごろに終息する可能性があるとの見方を示したが、海外の専門家は警戒感を崩していない。

シスコ・FB・スプリントも参加見送り、バルセロナMWC 新型肺炎で

米ネットワーク機器大手シスコシステムズ<CSCO.O>、フェイスブック<FB.O>、携帯電話大手スプリント<S.N>は11日、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、スペインのバルセロナで24─27日に開催される世界最大級のモバイル機器の展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2020」への参加を見送ると表明した。

米株は最高値更新、1月初旬に米中通商合意署名との財務長官発言で

米国株式市場は、主要株価3指数が最高値を更新して取引を終えた。ムニューシン米財務長官が米中の「第1段階」の通商合意について、来年1月初旬に署名すると述べたことが好感された。

トランプ氏、アップルCEOに5G関与打診 中国に対抗心

トランプ米大統領は21日、米国での第5世代(5G)移動通信網のインフラ整備に米アップル<AAPL.O>が関与できないか、ティム・クック最高経営責任者(CEO)に尋ねたことを明らかにした。

アングル:企業決算に見る堅調な米個人消費、先行きには慎重論

米国で堅調な個人消費を示す企業決算が相次いでいる。小売り最大手のウォルマート<WMT.N>は通期予想を上方修正。一部の大手銀行や住宅メーカーの決算会見でも消費に明るい見方を示す声が出ている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、円高一服が安心材料に

<16:12> 新興株式市場は堅調、円高一服が安心材料に 新興株式市場で、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均は反発した。市場からは「日経平均と同様 に新興株式市場も堅調。為替の円高が和らいだことなどが市場に安心感を与えた」(ネット証券)との声が 出ていた。 マザーズ市場では、14日に好決算、株式分割、上方修正を発表したレアジョブ がストップ高 比例配分。ホープ が急伸して年初来高値を更新。メルカリ も買われた。一方、ジーエヌア イグループ は大幅安。MTG は一時ストップ安となった。 ジャスダック市場では、シンクレイヤ 、テクノホライゾン・ホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日移動平均線が上値抑える

<15:08> 日経平均・日足は「小陽線」、5日移動平均線が上値抑える 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。5日移動平均線(2万3323円32銭=15日)に 上値を抑えられる形となった。前日にMACDがシグナルとデッドクロスし、パラボリックも陰転するなど 目先は調整含みの展開が見込まれる。 一方、短期RSI(相対力指数)は買われ過ぎ圏内から低下。騰落レシオ(東証1部、25日平均)も 127%台と、過度な過熱感が和らいできた。長短すべての移動平均線が上向きで強いトレンドを維持して おり、調整が一巡した後は再び上値を試す可能性もある...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up