for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

CSL Limited

CSL.AX

現在値

262.57AUD

変化

-1.95(-0.74%)

出来高

718,907

本日のレンジ

261.80

 - 

266.17

52週レンジ

242.00

 - 

319.78

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
264.52
始値
263.98
出来高
718,907
3か月平均出来高
16.96
高値
266.17
安値
261.80
52週高値
319.78
52週安値
242.00
発行済株式数
455.13
時価総額
126,638.50
予想PER
39.23
配当利回り
1.11

次のエベント

Half Year 2022 CSL Ltd Earnings Release

適時開示

その他

CSL Says Completed A$6.3 Bln Institutional Placement

CSL says Vifor acquisition is strategic, not a synergy deal

CSL Announces Cash Offer At US$179.25 Per Share To Acquire Vifor Pharma

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

CSL Limitedとは

シー・エス・エル(CSL Ltd)は、オーストラリアを拠点とするバイオテクノロジー企業である。【事業内容】重篤な疾患や慢性疾患を持つ人々を治療するバイオセラピーやインフルエンザワクチンの開発と提供に取り組む。免疫学、血液学、心臓血管と代謝、呼吸器、移植の治療分野の状態で生活する人々に治療を提供する。CSL BehringとSeqirusの2つのセグメントで事業を展開する。CSL Behringは、プラズマ療法(プラズマ製品および組換え体)を製造・販売・開発し、インフルエンザを除く血漿と非血漿療法の初期段階の研究を実施し、知的財産の商業化からライセンスとロイヤルティ収入を受け取り、会社を支えるために必要な管理と企業機能を担う。Seqirusセグメントは、非血漿生物療法製品を製造・販売し、インフルエンザ関連製品を開発する。製品には、PRIVIGEN、IDELVION、およびAFSTYLAが含まれる。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

45 Poplar Road,, Parkville

MELBOURNE, VIC

3052

Australia

+61.3.93891911

https://www.csl.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Brian Anthony McNamee

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Paul Perreault

Chief Executive Officer, Managing Director, Executive Director

Joy Linton

Chief Financial Officer

Paul F. McKenzie

Chief Operating Officer

Elizabeth Walker

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

統計

2.23 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

8.5K

2020

9.2K

2021

10.3K

2022(E)

10.7K
EPS (USD)

2019

4.226

2020

4.615

2021

5.210

2022(E)

4.862
株価売上高倍率(過去12カ月)
36.71
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.87
株価純資産倍率(四半期)
10.38
株価キャッシュフロー倍率
31.88
総負債/総資本(四半期)
69.28
長期負債/資本(四半期)
63.63
投資利益率(過去12カ月)
16.65
自己資本利益率(過去12カ月)
14.06

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:引け(16日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [16日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、ジャカルタ市場を除いて上昇した 。ジャカルタ市場はインドネシアで新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」 の感染者が初めて確認されたことが響いた。同国の中央銀行は予想通り政策金利を据え置 いた。 米連邦準備理事会(FRB)が米経済について明るい見方を示したことを受けて、東 南アジアの他市場は上昇した。FRBは米国債などを買い入れる量的金融緩和策の縮小ペ ースを加速させることを決定。2022年中の3回利上げに道を開くことになり、ドル相 場を支援...

アジア株式市場サマリー:中盤(16日)

午前のソウル株式市場の株価は続伸。米連邦公開市場委員会(FOMC)の 結果を受けて投資家の警戒感が後退し、米国市場が上昇した流れを引き継いだ。 半導体大手のサムスン電子とSKハイニックスはそれぞれ0.13%、0.4 0%上昇した。また、バイオ製薬大手のサムスン・バイオロジクスは4.87%高と急騰した 。 米連邦準備理事会(FRB)は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)期間に導入した量 的緩和を来年3月に終了する方針を示し、来年には最大3回の利上げに着手する意向を表明した。 韓国の副財務相は、FRBの決定が金融市場に与える影響...

豪CSL、スイスのビフォー・ファーマを117億ドルで買収へ

[14日 ロイター] - オーストラリアのバイオ医薬品大手CSLは14日、スイスの医薬品メーカービフォー・ファーマを117億ドルで買収すると発表した。

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。エネル ギー株や銀行株が売られ、相場全体の重しとなった。新型コロナウイルスのオミクロン変 異株による初の死者が英国で出たとの報道を受け、規制強化による年末の個人消費や経済 活動への打撃も懸念された。 FTSE350種銀行株指数は2.19%下落。原油安につられて石 油大手の英BP、英蘭系のロイヤル・ダッチ・シェルはそれぞれ2.2% 、2.7%下げた。 ジョンソン英首相が13日、オミクロン株感染によって英国で少なくとも1人の死亡 が確認されたと発表したことから、市場参加者の間で警戒感が高まった。...

欧州株式市場=続落、オミクロン変異株懸念で旅行株安値

週明けの欧州株式市場は続落して取引を 終えた。STOXX欧州600種指数は取引開始直後に上がっ た後下落し、4営業日続落した。 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」のリスクが高 まり、旅行株やエネルギー株を中心に売られた。 中央銀行による政策決定会合が今週相次いで開催されることから、 引き続き投資家心理が抑制された。旅行・娯楽関連株指数は2 .64%下落。オミクロン株感染による初の死者が英国で出たとの報道 後、移動に関する規制が強化されるリスクが高まった。 エクイティ・キャピタルの市場アナリスト、デービッド・マデン氏 は「オミクロン...

豪CSL、スイスのビフォー・ファーマ買収を交渉 72億ドル

オーストラリアのバイオ医薬大手CSLは13日、スイスの医薬品大手ビフォー・ファーマの買収に向けた交渉を進めていることを認めた。

欧州市場サマリー(2日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。各国で感 染が確認されている新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡る懸念に加 え、主要中央銀行からのインフレに対する警告も投資家心理を悪化させた。 イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は1日、オミクロン株による経済へ の影響は依然として強いとの認識を示したほか、サプライチェーン(供給網)の混乱と消 費財の需要増加を起因とするインフレ圧力に言及した。 英中銀が今月、利上げに踏み切るかどうか不透明となる中、FTSE350種銀行株 指数は0.25%下落した。 OANDAのアナリスト...

欧州株式市場=反落、オミクロン株懸念で

欧州株式市場は反落して取引を終えた。新 型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大防止のた め各国が規制を強化し、景気回復への悪影響が懸念された。 ドイツは2日、新型コロナウイルスワクチン未接種者を対象とした 新たな規制に合意し、米国は旅行に関わる制限を強化した。一方、イエ レン米財務長官は、オミクロン株によって新型コロナのパンデミック( 世界的大流行)が「しばらくの間」続く可能性が示されたと述べた。 STOXX欧州600種旅行・娯楽関連株指数は2.57 %下落。今年に入ってからの下落は7.15%に達し、2桁台の上昇が 見込...

アジア株式市場サマリー:中盤(30日)

午前のソウル株式市場は6営業日続落している。引き続き新型コロナウイル スの新たな変異株「オミクロン株」に対する警戒感が広がっているほか、景気回復の鈍化を示す中国の経済 指標が相場の重しとなった。 主要銘柄では、ハイテク大手のサムスン電子が0.97%高。一方、同業のSKハイニッ クスと電池メーカーのLG化学はそれぞれ0.43%安、1.54%安となった。 オミクロン株が景気回復の広がりを一段と妨げるのではないかとの懸念から、幅広い銘柄に売りが膨ら んだ。新たな感染拡大を防ぐため、多数の国が渡航制限に踏み切った。 韓国では29日、3032人の...

アジア株式市場サマリー:中盤(19日)

ソウル株式市場は反発。しかし、新型コロナウイルス感染者数の増加やイン フレリスクの拡大から、地合いは悪化している。 主力銘柄では、半導体大手サムスン電子が横ばい、同業SKハイニックスは0 .91%高。LG化学は1.93%安、IT大手ネイバーは0.12%安。 韓国ではこの日、新型コロナの新規感染者が3034人だったと報告された。前日に3292人と、過 去最高を記録したばかりだった。 韓国銀行(中央銀行)が発表した10月の卸売物価指数(PPI)は13年ぶりの伸びを記録。原油主 導のインフレ圧力を浮き彫りにし、一段の金融政策引き締めを後押しする...

アジア株式市場サマリー:引け(15日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [15日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、まちまち。バンコク市場はタイ政 府がこの日発表した2021年の成長率見通しの上方修正を受け上昇した。一方、域内市 場では主要貿易相手国である中国の小売売上高と停滞する不動産部門見通しが投資家の重 しとなった。 タイの7ー9月期の国内総生産(GDP)の減少幅は懸念されていたよりも小幅だっ た。当局は21年の成長率見通しを前回予想から引き上げた。新型コロナウイルスの規制 緩和や観光業の回復が背景にある。 中国がこの日発表した10月の鉱工業生産と小売売上高...

アジア株式市場サマリー:中盤(15日)

ソウル株式市場は続伸。半導体株とバイオ医薬品株が支援した。投資家は、 中国と米国の主要経済指標に注目している。 総合株価指数(KOSPI)は一時、今月4日以来の高値を付けた。  主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子とSKハイニックスがそれぞれ1.5 6%、4.23%上昇。また、医薬品受託生産大手のサムスンバイオロジクスは4.32%高 、バイオ医薬品企業のセルトリオンは10.77%高。  セルトリオンは、新型コロナウイルスの抗体治療薬が欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)に承 認されたことが材料視された。  投資家は、16日に発表される...

アジア株式市場サマリー:中盤(11日)

ソウル株式市場の株価は続落。米国のインフレ指標が金融 政策の早期引き締めに対する警戒感を招き、米株式市場が下落した流れを引き継いだ。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子が0.43%安、同業のSKハ イニックスが0.46%安。LG化学は2.44%高、プラット フォーム大手のネイバーは1.33%安。 海外勢は659億ウォン(約5595万ドル)相当の買い越し。 出来高は3億2659万株。取引された928銘柄のうち、上昇は267銘柄。 11日午前のシドニー株式市場の株価は下落し、4営業日続落。ヘルスケア株とエネ ルギー株が最も重しとなった。米国...

アジア株式市場サマリー:中盤(8日)

ソウル株式市場は続落し、約1カ月ぶりの安値を付けた。投 資家は今週の米国と中国のインフレ統計を控えて慎重姿勢を維持している。 半導体大手のサムスン電子は0.28%安、同業SKハイニックス<0006 60.KS>は1.4%安。電池メーカーのLG化学は2.16%安、IT大手ネ イバーは0.85%安となった。 シドニー株式市場は横ばい。ヘルスケアや消費関連、銀行株が売られた一方、エネル ギーや鉱業株には買いが入った。石炭会社スタンモア・リソーシズ(旧スタンモア・コー ル)株は、BHPグループからの原料炭部門取得を好感し、24%高と急騰した 。...

アジア株式市場サマリー:中盤(1日)

ソウル株式市場の株価は反発。韓国の10月の輸出が8カ月 連続で2ケタ台の伸びを示したことで、リスク選好が押し上げられた。 輸出依存度の大きい企業の株では、サムスン電子が1%高、SKハイニ ックスが3.40%高。一方、LG化学は0.96%安。 ネイバーは0.25%高。 外国人投資家は、2438億ウォン相当の売り越し。 韓国の10月の輸出は前年同月比24%の大幅増だった。新型コロナウイルス対策で の規制解除を背景とした主要国の景気回復で、韓国の半導体や化学製品に対する需要が押 し上げられた。 シドニー株式市場は、反発して始まった。前週末のニューヨーク...

アジア株式市場サマリー:中盤(29日)

午前のソウル株式市場は続落。経済のさらなる重しになりかねないサプライ チェーン(供給網)の混乱の影響を浮き彫りにした企業決算や鉱工業生産が嫌気された。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は0.57%安、同業SKハイニックス<0006 60.KS>は1.88%安。IT大手ネイバーと現代自動車は、それぞれ0.85%安 、0.48%安となった。 9月の韓国の鉱工業生産は、11カ月ぶりに前年を下回り、成長が続くとの見通しに反する内容となっ た。世界的な半導体不足が生産の打撃となった。 サムスンと現代自は決算発表で、半導体不足の影響が当面続...

アジア株式市場サマリー:中盤(18日)

ソウル株式市場は反落。中国の7-9月期の国内総生産(GDP)伸び率が 前年同期比で1年ぶりの低さに鈍化したほか、原油相場の高騰によるインフレ懸念が高まったとが下押しし た。 主要銘柄では、半導体大手サムスン電子が0.43%安、同業のSKハイニックス<000660 .KS>が1.02%安。半面、IT大手ネイバーは1.14%高、メッセージアプリ運営のカカ オは0.41%高。 シドニー株式市場は続伸。エネルギーや金属株が上昇した。オーストラリア最大都市シドニーで新型コ ロナウイルス感染拡大に伴う規制がさらに緩和された。シドニーではロックダウン...

アジア株式市場サマリー:中盤(14日)

ソウル株式市場の株価は続伸。IT株の比重が高い米ナスダック100指数 の上昇に追随した。また、企業収益の改善が世界経済の回復を支えるとの期待が高まった。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は1.16%高。同業のSKハイニックス<00 0660.KS>は2.17%高。電池メーカーのLG化学は3.22%高。IT大手ネイバー<035420 .KS>は3.14%高。 外国人投資家は1095億ウォン相当の売り越し。 米株市場ではS&P500種株価指数やナスダック100指数が上伸した。アマゾン・ドット・コムや マイクロソフトの大幅上昇にけん引...

アジア株式市場サマリー:引け(12日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [12日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、まちまちで引けた。世界的なエネ ルギー不足によるインフレ懸念の高まりが重しとなった。 中国株式市場は下落。石炭株や電力消費の多いセクターが売られた。 不動産株は上昇。セクター支援へ政策が緩和される可能性があるとアナリストが指摘 した。 石炭株指数が2.2%安。石炭が不足する中、中国政府は生産拡大に向 けた措置を強化している。 国営テレビによると、中国の李克強首相は11日、二酸化炭素の排出削減目標の達成 に向けた日程と工程表を設定すると表明。一部地域の...

アジア株式市場サマリー:中盤(7日)

ソウル株式市場の株価は反発し、約5週間ぶりの大幅高になる見込み。米連邦 政府の債務上限をめぐる与野党の対立で進展があったことから、地合いが改善した。エネルギー相場の下落 も株価を支援した。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子が0.84%高の一方、同業SKハイニックス<00 0660.KS>は0.41%安。LG化学は0.40%安、インターネット検索大手のネイバー<0354 20.KS>は4.83%高。 ケープ投資証券のアナリストは「(米国の)天然ガス相場が下落し、インフレ不安がやや和らいだ。米 国で債務上限の拡大に向けて進展があったことも...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up