for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

City Developments Limited

CTDM.SI

現在値

8.04SGD

変化

-0.05(-0.62%)

出来高

365,200

本日のレンジ

8.03

 - 

8.13

52週レンジ

6.11

 - 

11.51

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8.09
始値
8.06
出来高
365,200
3か月平均出来高
36.63
高値
8.13
安値
8.03
52週高値
11.51
52週安値
6.11
発行済株式数
906.90
時価総額
7,356.25
予想PER
31.35
配当利回り
1.73

次のエベント

Full Year 2020 City Developments Ltd Earnings Release

適時開示

その他

City Developments Posts HY Profit Attributable Of S$3.1 Mln

City Developments Says Group's Pre-Tax Profit For 1H Expected To Reduce Substantially

City Developments Expects Sales Volume To Decline During Circuit Breaker Period

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

City Developments Limitedとは

シティ・デベロップメンツ(City Developments Limited)は、29以上の国と地域で約103の場所にまたがるネットワークを持つグローバルな不動産運営会社である。【事業内容】ポートフォリオは、住宅、オフィス、ホテル、サービスアパートメント、総合開発、ショッピングモールで構成される。43000戸以上の住宅を開発し、世界中で1800万平方フィート以上の賃貸可能な床面積を所有する。多様なグローバルランドバンクは、410万平方フィートの開発可能な総床面積を提供する。4つの事業セグメントで運営する。不動産開発セグメントは、販売用の不動産を開発・購入する。ホテルの運営セグメントは、ホテルの所有・管理を行う。賃貸不動産セグメントは、リース用の投資不動産を開発・購入する。その他セグメントは、主に株式への投資、管理とコンサルティングサービス、及びランドリーサービスの提供で構成される。

業種

Construction Services

連絡先

9 Raffles Place, #12-01 Republic Plaza

048619

Singapore

+65.6.8778228

http://www.cdl.com.sg/

エグゼクティブリーダーシップ

Leng Beng Kwek

Executive Chairman of the Board, Executive Chairman of Millennium & Copthorne Hotels Limited

Eik Tse Kwek

Group Chief Executive Officer, Executive Director

Yim Ming Yiong

Group Chief Financial Officer

Yvonne Ong

Chief Executive Officer, Commercial

Steven Tan

Chief Human Resource Officer

統計

1.67 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SGD)

2017

3.8K

2018

4.2K

2019

3.4K

2020(E)

2.6K
EPS (SGD)

2017

0.564

2018

0.584

2019

0.593

2020(E)

0.234
株価売上高倍率(過去12カ月)
39.14
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.53
株価純資産倍率(四半期)
0.69
株価キャッシュフロー倍率
14.95
総負債/総資本(四半期)
100.79
長期負債/資本(四半期)
83.63
投資利益率(過去12カ月)
1.19
自己資本利益率(過去12カ月)
0.93

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・中盤=上昇、ジャカルタは1週間ぶり高値

東南アジア株式市場は軒並み上昇。ジャカルタ市場の総合株価指数は一時1%高となり、1週間ぶり高値を付けた。金利をめぐる楽観的な見方や域内市場の株高が支援した。

東南アジア株式・中盤=マレーシア、シンガポールなど下落

中盤の東南アジア株式市場は、複数の市場が下げている。米中貿易協議に大きな進展が見られないことで、投資家は引き続き神経をとがらせている。マレーシア政府が同国で重要な存在のパーム油業界に新たな食品安全基準を適用する方針を発表したことを受けて、クアラルンプール市場は下落した。

アジア株式市場サマリー:引け(18日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [18日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2909.200 + 17.857 + 0.62 2889.549 2911.378 2884.088 <.SSEC 2 1 5 4 3 > 前営業日終値 2891.343 1 中国 CSI300 3907.929 +30.840 +0.80 3874.441 3913.103 3868.317 <.CSI3 指数 00> 前営業日終値 3877.089 香港 ハンセン指数 26681.09 +354.43...

東南アジア株式・引け=シンガポールとバンコクが上昇、マニラなど下げる

東南アジア株式市場はシンガポール市場とタイ市場が上昇。両国の軟調な経済指標を受けた景気対策に期待が広がった。

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、利食い売りで

中盤の東南アジア株式市場は、マニラ市場が主導する形で軒並み下落。長引く米中貿易摩擦が重しとなったほか、最近の上昇を受けて利食い売りが出た。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米中の緊張緩和期待で

東南アジア株式市場の株価は大半が上昇した。中国は16品目の米国製品を追加報復関税の対象から外すと発表。世界経済に悪影響を与えてきた米中貿易戦争が緊張緩和に向かうとの期待感が広がり、相場を支えた。

アジア株式市場サマリー:引け(11日)

中国株式市場は続落して終了した。米ホワイトハウス高官が早期の成果に慎重な見方を示したことが重しとなった。中国当局が金融市場の一段の自由化を発表したことについては、象徴的な意味合いが強いとみられ、市場は反応薄だった。

東南アジア株式・中盤=まちまち、マニラ株は約5週間ぶり安値

1日中盤の東南アジア株式市場はまちまち。マニラ株は続落し、約5週間ぶりの安値を付けた。他の市場は狭いレンジ内で推移した。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の発言を受け、長期にわたる緩和サイクルへの期待が後退したことが重しとなった。

アジア株式市場サマリー:引け(10日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [10日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2852.1302 + 24.3324 + 0.86 2833.0145 2861.1310 2824.3554 前営業日終値 2827.7978 中国 CSI300指 3610.744 +46.066 +1.29 3578.008 3623.730 3568.279 数 前営業日終値 3564.678 香港 ハンセン指数 27578.64 +613.36 +2.27 27206.61 27606.42 27155.03...

東南アジア株式・引け=軒並み上昇、米・メキシコの合意好感

東南アジア株式市場は軒並み上昇。弱い米雇用統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)による利下げ期待が高まった。米国とメキシコが不法移民対策で合意し、両国の「貿易戦争」への懸念が後退したことも相場を押し上げた。

東南アジア株式・中盤=上昇、米利下げ期待で

10日中盤の東南アジア株式市場は上昇。弱い米雇用統計を受けて米連邦準備理事会(FRB)が利下げを実施するとの期待が高まった。

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 5営業日続伸して取引を終えた。軟調な米雇用統計を受けて米連邦準備理事会(FRB)が近く利下げするという期待が高まった。

ロンドン株式市場=続伸、週間ベースで4カ月ぶり大幅高

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7331.94 +72.09 +0.99 7259.85 ロンドン株式市場は5営業日続伸して取引を終えた。軟調な米雇用統計を受けて米連 邦準備理事会(FRB)が近く利下げするという期待が高まった。 今週は、FRBと欧州中央銀行(ECB)が金融緩和に動くとの見方が相場を押し上 げてきた。FTSE100種は週間ベースで4カ月近くぶりの大幅な伸びとなった。 米国とメキシコの貿易摩擦が和らいでいる兆しや、米国が一部の中国製品への関税発 効日を2週間遅らせたことなども買い安心感...

東南アジア株式・中盤=シンガポール1%高、マニラは3日ぶり反落

中盤の東南アジア株式市場では、シンガポール市場の株価が約1%上昇した。3月の中国製造業購買担当者景況指数(PMI)が強めの内容だったことや、米中貿易協議に進展の兆しがみられることが背景にある。一方、マニラ市場は3営業日ぶりに反落している。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、英のEU離脱案見直しでリスク資産に買い

東南アジア株式市場は、ホーチミンとシンガポールが主導する形で大半が上伸。欧州連合(EU)欧州委員会が、英国の離脱案の見直しに合意したことで、リスク資産に対する買い意欲が高まった。

東南アジア株式・引け=まちまち、インドネシアが大幅上昇

東南アジア株式市場は強弱まちまち。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言で高リスク資産への投資意欲が高まる中、ジャカルタ市場は約5カ月ぶりの大幅上昇となった。一方でマニラ市場は約11週間ぶりの高値から後退し、前日比マイナスで引けた。

東南アジア株式・中盤=上昇、マニラとジャカルタが大幅高

29日中盤の東南アジア株式市場の株価は上昇。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長のハト派的と取れる発言を受けて、リスク資産に対する投資家の信頼が改善した。

東南アジア株式・引け=まちまち、マニラ反発・シンガポール4日続落

東南アジア株式市場はまちまち。マニラ株が1%超の上げとなり4営業日ぶりに反発する一方、シンガポール株は4日続落となった。

東南アジア株式・中盤=まちまち、マニラとジャカルタは安値拾いで上伸

中盤の東南アジア株式市場は、強弱まちまちの展開で、マニラ市場とジャカルタ市場が上昇した。これまで売り込まれていた銘柄に安値拾いの買いが入った。ただ、世界の成長減速をめぐる懸念が引き続きこの地域の投資家心理を圧迫した。

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、シンガポールは約1%安

23日中盤の東南アジア株式市場は、米株安を背景に他のアジア市場に追随して軒並み下落した。サウジアラビアの外交的孤立や、英国の欧州連合(EU)からの離脱交渉を巡って緊張が高まり、投資家心理を圧迫した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up