for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Ctrip.Com International Ltd (ADR)

CTRP.O

前日終値

33.20USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

25.00

 - 

46.50

As of on the NASDAQ ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
33.20
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
78.29
高値
--
安値
--
52週高値
46.50
52週安値
25.00
発行済株式数
69.12
時価総額
19,505.28
予想PER
28.35
配当利回り
--

次のエベント

Ctrip.Com International Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Ctrip Announces Completion Of The Put Right Offer For Its 1.25% Convertible Senior Notes Due 2022

Ctrip.Com International Ltd - Diluted Losses Per ADS Were Rmb0.73 (Us$0.11) For Q2 Of 2019

Ctrip.Com International Proposes To Change Name To "Trip.Com Group Limited"

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Ctrip.Com International Ltd (ADR)とは

シートリップ・ドットコム・インターナショナル(Ctrip.com International, Ltd.)は中国において宿泊予約、交通チケット、パッケージツアー及び企業旅行管理を含む旅行サービスを提供する会社である。【事業内容】同社はホテル及び交通情報を収集して、ビジネス及びレジャー旅行者が予約を行うことを可能にする。同社はレジャー旅行者がツアーパッケージとガイド付きツアーを予約し、法人顧客が旅行要件を管理するのに役立つ。また、レジャーとビジネス旅行者の予約と旅行のニーズに対応するため、旅行者のレビュー、アトラクションチケット、旅行関連の融資と自動車サービス、旅行保険とビザサービスなどの多様な旅行関連サービスを提供する。また、団体ツアー、セミグループツアー、プライベートツアー、及びクルーズ、バスまたは自己運転などの多様な交通手段を備えたパッケージツアーを含む独立レジャー旅行者向けパッケージツアー商品を提供する。

業種

Personal Services

連絡先

No. 968 Jinzhong Road

Changning District

+86.21.34064880

http://www.ctrip.com

エグゼクティブリーダーシップ

Jianzhang Liang

Executive Chairman of the Board, Co-Founder

Min Fan

President, Vice Chairman of the Board, Co-Founder

Jie Sun

Chief Executive Officer, Director

Gabriel Li

Vice Chairman of the Board, Independent Director

Qi Ji

Co-Founder, Independent Director

統計

2.03 mean rating - 33 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CNY)

2016

19.2K

2017

26.8K

2018

31.0K

2019(E)

35.9K
EPS (CNY)

2016

-3.020

2017

6.900

2018

9.220

2019(E)

8.503
株価売上高倍率(過去12カ月)
107.56
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.10
株価純資産倍率(四半期)
1.50
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
64.94
長期負債/資本(四半期)
24.01
投資利益率(過去12カ月)
1.77
自己資本利益率(過去12カ月)
1.14

最新ニュース

中国、台湾への個人旅行を禁止 台湾は反発

中国文化観光省は31日、本土の47都市の住民に対し、8月1日から台湾への個人旅行を認めないと表明した。

焦点:アジアIT企業、ユーザー活用で既存銀行に挑戦

アジア各国でデジタル企業が消費者向けの金融サービス分野に進出し、伝統的な銀行に挑んでいる。巨大なユーザー網を活用することで、中国の両雄、アリババ<BABA.N>、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>が敷いた道に続こうとしている。

コラム:iPhone、中国の購買意欲の指標として信頼できず

iPhoneは中国の購買意欲を計る指標としては信頼できない。米アップル<AAPL.O>は2日、中国販売が予想を下回ると警告、市場を動揺させた。しかし、1000ドルのスマホなど海外の高級品はより幅広いトレンドをとらえ切れない。中国の需要は確かに冷え込みつつあるが、品目によりむらがある。投資家はまだパニックを起こす必要はない。

アングル:旅行業界にブロックチェーン革命、仲介業者排除も

金融などの分野で革命を起こしてきたブロックチェーン技術は、旅行業界も大きく揺るがす力を秘めている。大手の航空会社やホテル運営会社などが、エクスペディア・グループ<EXPE.O>やアマデウス<AMA.MC>などの仲介業者抜きで事業を展開したり、顧客情報をより適切に入手できる手段が得られるからだ。

焦点:THAAD配備で中国が「韓国企業たたき」、次は米国か

韓国企業が中国で圧迫されつつある。恐らく、韓国が米国製ミサイル防衛システムを配備したことへの報復と見られる。これにより、中国は、対立する貿易相手国の企業利益を狙い撃ちする用意があることが浮き彫りになった。

訂正:アングル:麺やビール、映画が停滞か 中国の個人消費に暗雲

年初からの経済指標を見ると中国の景気は回復しているようだが、大手消費関連企業の業績はまだら模様で、個人消費の先行きに暗雲を漂わせている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up