for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーション

CVX

現在値

102.57USD

変化

1.39(+1.37%)

出来高

8,677,123

本日のレンジ

101.94

 - 

102.88

52週レンジ

65.16

 - 

113.11

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
101.18
始値
102.38
出来高
8,677,123
3か月平均出来高
213.90
高値
102.88
安値
101.94
52週高値
113.11
52週安値
65.16
発行済株式数
1,928.06
時価総額
195,081.00
予想PER
15.75
配当利回り
5.30

次のエベント

Q2 2021 Chevron Corp Earnings Release

適時開示

その他

Chevron Announces Quarterly Dividend Of $1.34 PER SHARE

Ampol Ltd Updates On Chevron's Federal Court Proceedings Against Co

MGTC Suspends Cash Distributions To Its Shareholders, Including Total

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーションとは

シェブロン(Chevron Corp)は子会社および関連会社への投資を管理し、総合的なエネルギーおよび化学品事業に従事する米国および国際的な子会社に対して、管理、財務、経営および技術面でのサポートを提供する。【事業内容】上流事業と下流事業の2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。上流事業は主に原油と天然ガスの探査・開発・生産、液化天然ガスに関連する加工・液化・輸送・再ガス化、国際石油パイプラインによる原油輸送、天然ガスの輸送・貯蔵・販売、並びにガス液化プロジェクトを行う。下流事業は主に、原油から石油製品への精製、原油・石油製品・潤滑油の販売、原油・石油製品の輸送、汎用石油化学製品の製造・販売などを行う。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

6001 Bollinger Canyon Rd

SAN RAMON, CA

94583-2324

United States

+1.925.8421000

https://www.chevron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael K. Wirth

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Pierre R. Breber

Chief Financial Officer, Vice President

Rhonda J. Morris

Chief Human Resource Officer, Vice President

Joseph C. Geagea

Executive Vice President - Technology, Projects and Services

James W. Johnson

Executive Vice President - Upstream

統計

2.28 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

166.3K

2019

146.5K

2020

94.7K

2021(E)

145.7K
EPS (USD)

2018

7.740

2019

6.270

2020

-0.200

2021(E)

6.378
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.03
株価純資産倍率(四半期)
1.48
株価キャッシュフロー倍率
16.59
総負債/総資本(四半期)
34.45
長期負債/資本(四半期)
30.78
投資利益率(過去12カ月)
-3.68
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.24

最新ニュース

最新ニュース

シェル、メキシコ湾の新油田「ホエール」開発に着手

英・オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは26日、メキシコ湾で発見した新油田「ホエール」の開発計画を発表した。同社にとって今回の開発は、オランダ・ハーグの裁判所が二酸化炭素(CO2)排出削減目標の達成を加速させるよう同社に命じて以降、初の大型開発案件となる。

NY市場サマリー(23日)ダウ3万5000ドル乗せ、ドル2週連続で上昇

<為替> ドル指数がやや上昇した。今週はリスク選好度が揺れ動く中、ボラティリティーが高まったが、ドルは週足では2週間連続で上昇した。

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算でリスク選好

米国株式市場は4日続伸し、主要3株価指数が終値ベースの過去最高値を更新した。好決算と経済回復の兆しが投資家のリスク選好度を高めた。

米エネルギー業界、第2四半期に再編加速 石油・ガス価格回復で

エネルギー業界の調査会社エンベラスが12日に公表したデータによると、第2・四半期の米国の石油・ガス企業の合併・買収(M&A)は、10億ドル以上の大型案件が2014年以来の高水準となり、総額330億ドルに達した。

石油大手、メキシコ湾の施設から作業員退避 熱帯低気圧に備え

米石油大手のシェブロンとオキシデンタル・ペトロリアムは17日、熱帯低気圧の発生に備えてメキシコ湾沖の石油施設で作業員の退避などの措置を取っていると明らかにした。

シェブロンのベネズエラ事業、米政府がライセンス更新

米財務省は1日、ベネズエラで操業している最後の米石油大手シェブロンについて、12月1日まで同国内で操業できるようライセンスを更新したと明らかにした。

トタルとシェブロン、ミャンマー合弁から軍事政権への支払い停止

仏トタルと米シェブロンは、ミャンマーで展開するガス合弁事業について、ミャンマー軍事政権への支払いの一部を停止すると発表した。ミャンマーの民主化活動家は重要な一歩として歓迎した。

米シェブロン株主総会、二酸化炭素の排出削減強化案を承認

米石油大手シェブロンの年次株主総会が26日開催され、同社製品の使用によって発生する二酸化炭素排出量を削減する案が承認された。

今日の株式見通し=反発、連休中のダウ高を好感

きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発が想定されている。日本の連休中の米国株式市場でダウが底堅く推移した流れを引き継ぎ、景気敏感株を中心に買い戻しが先行しそうだ。ただ、国内では週内にも緊急事態宣言の延長を決定する可能性があり、上値は限定的とみられている。引き続き企業決算を材料視した個別物色が中心になるとの見方が多い。

NY市場サマリー(5日)ドル伸び悩む、ダウ最高値更新

<為替> ドルが2週間超ぶりの高値を付けた後に伸び悩んだ。米経済指標が予想をやや下回った。投資家は週末の米雇用統計待ちとなっている。

米国株式市場でダウ最高値更新、ナスダックは下落

米国株式市場は、ダウ工業株30種が終値ベースで過去最高値を更新した。ゴールドマン・サックス、キャタピラー、シェブロンなどが買われ、ダウを押し上げた。ナスダック総合は大型テクノロジー株が下落する中、当初の上げから反転し、マイナス圏で終了した。

NY市場サマリー(30日)ドル高・株安、利回り低下

<為替> ドルが上昇。好調な米経済指標が追い風になったほか、ドルショートポジションに対する利益確定の動きが出た。一方、ドルは月間で2.1%下落し、昨年12月以来の大幅な下げを記録した。

米株は下落、アップルなどに売り

米国株式市場はアマゾン・ドット・コム、アップル、フェイスブック、グーグルの持ち株会社アルファベットなどに売りが出て、下落して終了した。

米シェブロン、第1四半期は29%減益 精製マージン低下響く

米石油大手シェブロンが30日発表した第1・四半期決算は、原油高の恩恵が精製マージンの低下などで相殺され、29%の減益となった。

米シェブロン、ミャンマー権益巡り米議員などにロビー活動=資料

米石油大手シェブロンが1─3月期に、ミャンマーのエネルギー権益の保護を求めて米議員や政府当局者らにロビー活動を展開したことが、開示資料で明らかになった。バイデン政権にはミャンマー国軍や軍系企業への制裁を強化するよう圧力がかかっている。

米NY市、気候変動巡り石油大手を提訴 エクソンなど3社

米ニューヨーク市は22日、燃料販売や気候変動対策などを巡り消費者の誤解を招いたとして、石油大手3社と主要業界団体を州裁判所に提訴した。

UPDATE 1-米シェール生産パイオニア、ダブルポイント買収へ 64億ドル規模

米シェールオイル・ガス生産会社パイオニア・ナチュラル・リソーシズは1日、非公開企業のダブルポイント・エナジーを買収すると発表した。買収規模は約64億ドル。

米シェブロン、CO2回収・貯留プラントを建設 マイクロソフトとも協力

米石油大手シェブロンは4日、米IT大手マイクロソフトなどと協力しカリフォルニア州メンドータに二酸化炭素(CO2)回収・貯留プラントを建設する。米石油メジャーの間では、再生可能エネルギー技術への投資拡大の動きが強まっており、今回の決定もこの一環だ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「上影陰線」、25日線との乖離率4.53%

<16:02> 日経平均・日足は「上影陰線」、25日線との乖離率4.53% 日経平均・日足は上に長いヒゲを伴う「上影陰線」。買い手の心理としては失望感を表すことが多い。 終値と25日移動平均線(2万8925円91銭=18日)の乖離率は4.53%まで下がっており、高値 警戒感は解消されつつある。 一目均衡表では転換線(2万9631円40銭=18日)が再び上を向き始め、目先は上値を追ってい く可能性もありそうだ。 <15:31> 新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢

<15:31> 新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続落した。市場では「日経 平均がさえない動きとなる中、新興株市場でも利益確定売りが優勢となった。特に、マザーズ市場では直近 IPO銘柄の下落が目立つ」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)との声が聞かれた。 きょうマザーズ市場に新規上場したアクシージア は、公開価格を41.44%上回る2051 円で初値を形成。その後2440円まで上値を追い、2300円で取引を終えた。 日経ジャスダック平均は0.87%安。個別では...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up