for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーション

CVX.N

現在値

109.01USD

変化

-0.80(-0.73%)

出来高

1,893,390

本日のレンジ

107.65

 - 

109.17

52週レンジ

105.42

 - 

127.31

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
109.81
始値
108.89
出来高
1,893,390
3か月平均出来高
129.20
高値
109.17
安値
107.65
52週高値
127.31
52週安値
105.42
発行済株式数
1,890.87
時価総額
206,124.00
予想PER
--
配当利回り
4.73

次のエベント

Chevron Corp Security Analyst Meeting

適時開示

その他

Chevron Says As Of Dec 31, 2019, Had About 48,200 Employees Vs 48,600 Employees As Of Dec 31, 2018

Chevron Says Independent Directors Of Board Approved An Annual Base Salary Of $1.65 Million For CEO Michael Wirth

Chevron Announces Fourth Quarter 2019 Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーションとは

シェブロン(Chevron Corporation)は子会社及び関係会社への投資を管理し、統合エネルギー、化学物質オペレーションに従事する米国と国際の子会社に対して行政、金融、管理及び技術支援サービスを提供する。【事業内容】同社は上流と下流、二つのセグメントで事業を展開する。上流事業は主に原油と天然ガスの探査・開発・生産、液化天然ガスに関連する加工・液化・輸送・再ガス化、国際石油パイプラインによる原油輸送、天然ガスの輸送・貯蔵・販売、並びにガス液化プロジェクトを行う。下流事業は主に、原油から石油製品への精製、パイプライン・船舶・モーター設備・鉄道車両による原油・精練製品輸送、並びに商品石油化学製品、工業用プラスチック、燃料と潤滑油添加剤の製造・販売を行う。

連絡先

6001 Bollinger Canyon Rd

+1.925.8421000

https://www.chevron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael K. Wirth

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Pierre R. Breber

Chief Financial Officer, Vice President

Rhonda J. Morris

Chief Human Resource Officer, Vice President

Joseph C. Geagea

Executive Vice President - Technology, Projects and Services

James W. Johnson

Executive Vice President - Upstream

統計

2.13 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

141.7K

2018

166.3K

2019

146.5K

2020(E)

153.1K
EPS (USD)

2017

3.700

2018

7.740

2019

6.270

2020(E)

6.556
株価売上高倍率(過去12カ月)
63.57
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.47
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
6.34
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

メキシコ大統領、外資幹部は同国経済の「将来に楽観的」

メキシコのロペス・オブラドール大統領は19日、複数の外国企業幹部らと会い、意見交換したことを明らかにした。北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定、USMCA(米国・ メキシコ・カナダ協定)の下で、メキシコにおける投資を維持・拡大する計画について協議したという。

米国務長官、アンゴラの汚職批判 米企業の投資も売り込み

アフリカ歴訪中のポンペオ米国務長官は17日、アンゴラを訪問し、同国の汚職を批判する一方、同国への米企業の投資を売り込んだ。米国はアフリカ諸国に対する中国の融資を懸念しており、長官は代わりに米国による投資を促進したい考えだ。

英BP、50年までに温暖化ガス排出量実質ゼロ 工程は示さず

英石油大手BP<BP.L>は、2050年までに石油・ガス生産からの温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を発表した。他の石油メジャーに先行する野心的な目標で、投資家グループなどが高く評価したが、環境保護団体は具体策に欠いていると批判した。

NY市場サマリー(31日)

<為替> 新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に及ぶす影響が一段と懸念される中、安全資産とされる円やスイスフランが買われ、円は対ドル<JPY=> <JPYX1=>で一時108.33円と3週間ぶりの水準に値上がりした。

ダウ平均603ドル安、新型肺炎懸念や低調な指標受け

米国株式市場は主要株価指数がいずれも1.5%を超す下げとなった。新型コロナウイルスの感染拡大に加え、低調な米経済指標やまちまちとなった米企業決算を受け、世界的な経済成長に関する懸念が高まった。

米石油メジャー2社、原油安で決算さえず 株価4%安

米石油メジャーのエクソンモービル<XOM.N>とシェブロン<CVX.N>が31日発表した2019年第4・四半期決算は、原油や天然ガスの値下がりが響き、両社ともさえない結果になった。

石油・ガス業界は低炭素エネ投資拡大が必須=IEA

国際エネルギー機関(IEA)は20日、石油・ガス会社に対し、二酸化炭素(CO2)排出量が少ない低炭素エネルギーへの投資を増やさなければ、社会からの反発が強まり、長期的な利益や社会的地位を脅かされる可能性があると警鐘を鳴らした。

今日の株式見通し=反落、中東情勢巡る警戒感でリスク回避ムード

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反落が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場では、米国とイランが対立する中、警戒ムードが続き反落。東京市場でもリスク回避ムードが強まり、前日のシカゴ日経平均先物終値にサヤ寄せする形で、安く始まるとみられている。

米株は反落、中東情勢巡る警戒感で エネルギー株が安い

米国株式市場は主要株価3指数がいずれも下落して取引を終えた。米国とイランが対立する中、警戒ムードが続いた。このところ上昇していた原油価格が下落したことから石油大手エクソンモービル<XOM.N>やシェブロン<CVX.N>などエネルギー株が売られた。

NY市場サマリー(7日)

<為替> 円やスイスフランに売りが出て直近の高値から押し戻された。米・イランが全面戦争に突入する可能性は低いとの見方から、安全とみられる資産への買いが後退した。予想を上回る米経済指標を支えにドルは底堅く推移。一方、豪ドルは大幅安となった。

米シェブロンなど石油各社、イラクから駐在員を退避

米石油大手シェブロン<CVX.N>の広報担当者は6日、安全上の事前対策として、イラク北部の石油施設に駐在する外国人スタッフを避難させたことを明らかにした。

米エネルギー株「失われた10年」、来年から持ち直しか

2010年代は米エネルギー株にとって失われた10年だった。供給増加に伴う商品価格の乱高下や軟調な企業業績、一部の投資家による業界への嫌気を背景に、エネルギー部門は「お気に入り」から「見捨てられた」投資先へと変異を遂げた。

サウジとクウェート、中立地帯での原油生産再開で正式合意

サウジアラビアとクウェートは24日、両国の中立地帯で共同運営する油田の生産を再開することで正式に合意した。国営クウェート通信によると、同国のサバハ・ハリド外相とサウジのアブドルアジズ・エネルギー相が覚書に調印した。

コラム:気候変動が企業のM&A後押しへ、問われる投資銀の才覚

「プジョー」を傘下に持つ仏PSA<PEUP.PA>と欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>の460億ドル規模の合併は、気候変動リスクが大きな動機となった初の大型合併・買収(M&A)案件になるかもしれない。ただ、企業トップが地球温暖化による業績への影響に気付く中で、今回の案件が持つ目新しさはすぐに失われるだろう。業界で優位に立つのは、気候変動問題に敏感な投資銀行だ。

中国、米国からの一部製品に対する新たな関税免除を発表

中国財政省は19日、今月26日から来年12月25日まで関税を免除する米国の化学・石油製品6品目のリストを新たに公表した。

石油・ガス会社、米天然ガス資産で数十億ドル規模の評価損計上も

アナリストらは11日、石油・ガス生産会社が米国にある天然ガス資産について、今後数カ月以内に数十億ドル規模で評価損を計上する可能性があるとの見方を示した。

スイス中銀、気候変動対策で8000億ドルの投資引き揚げも

スイス国立銀行(中央銀行、SNB)は、化石燃料企業への投資から8000億ドルの引き揚げを求められる可能性がある。

米シェブロン、ナイジェリア沖合油田2鉱区の採掘権売却開始

米石油大手シェブロン<CVX.N>が、ナイジェリア沖合の2カ所の石油・ガス田採掘権の売却手続きを開始したことが、ロイターが関係する書類を確認して分かった。急速な増加が続く米国内の生産事業に注力する狙いだ。

コラム:サウジアラムコ株、ESG視点で投資できない理由

サウジアラビア国営石油会社・サウジアラムコ<IPO-ARMO.SE>が新規公開する株式を買うかどうか思案中の外国投資家にとって、最も重要な意味を持つ書類は、アラムコの目論見書ではない。

環境保護団体、北極海での石油探査・掘削停止求めノルウェーで提訴

環境保護団体のグリーンピースとネイチャー・アンド・ユースは5日、ノルウェー政府が北極海での探査・掘削権を石油会社に付与したのは憲法違反として、同国の上級裁判所に控訴した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up