for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーション

CVX.N

現在値

102.96USD

変化

-0.46(-0.44%)

出来高

2,092,897

本日のレンジ

102.43

 - 

104.35

52週レンジ

65.17

 - 

112.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
103.42
始値
103.74
出来高
2,092,897
3か月平均出来高
227.09
高値
104.35
安値
102.43
52週高値
112.70
52週安値
65.17
発行済株式数
1,928.06
時価総額
198,513.00
予想PER
18.47
配当利回り
5.01

次のエベント

Q1 2021 Chevron Corp Earnings Release

適時開示

その他

AusGroup Says Unit Secures Contract With Chevron Australia

Chevron Targets 35% Carbon Intensity Reduction By 2028

Noble Midstream Partners Says Upon Termination Of Deal, Chevron Will Be Obligated To Reimburse Co For Expenses In Amount Not To Exceed $3.5 Million

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーションとは

シェブロン(Chevron Corporation)は子会社及び関係会社への投資を管理し、統合エネルギー、化学物質オペレーションに従事する米国と国際の子会社に対して行政、金融、管理及び技術支援サービスを提供する。【事業内容】同社は上流と下流、二つのセグメントで事業を展開する。上流事業は主に原油と天然ガスの探査・開発・生産、液化天然ガスに関連する加工・液化・輸送・再ガス化、国際石油パイプラインによる原油輸送、天然ガスの輸送・貯蔵・販売、並びにガス液化プロジェクトを行う。下流事業は主に、原油から石油製品への精製、パイプライン・船舶・モーター設備・鉄道車両による原油・精練製品輸送、並びに商品石油化学製品、工業用プラスチック、燃料と潤滑油添加剤の製造・販売を行う。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

6001 Bollinger Canyon Rd

SAN RAMON, CA

94583-2324

United States

+1.925.8421000

https://www.chevron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael K. Wirth

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Pierre R. Breber

Chief Financial Officer, Vice President

Rhonda J. Morris

Chief Human Resource Officer, Vice President

Joseph C. Geagea

Executive Vice President - Technology, Projects and Services

James W. Johnson

Executive Vice President - Upstream

統計

2.28 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

166.3K

2019

146.5K

2020

94.7K

2021(E)

135.1K
EPS (USD)

2018

7.740

2019

6.270

2020

-0.200

2021(E)

5.503
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.11
株価純資産倍率(四半期)
1.51
株価キャッシュフロー倍率
14.23
総負債/総資本(四半期)
33.65
長期負債/資本(四半期)
32.48
投資利益率(過去12カ月)
-2.61
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.33

最新ニュース

最新ニュース

UPDATE 1-米シェール生産パイオニア、ダブルポイント買収へ 64億ドル規模

米シェールオイル・ガス生産会社パイオニア・ナチュラル・リソーシズは1日、非公開企業のダブルポイント・エナジーを買収すると発表した。買収規模は約64億ドル。

米シェブロン、CO2回収・貯留プラントを建設 マイクロソフトとも協力

米石油大手シェブロンは4日、米IT大手マイクロソフトなどと協力しカリフォルニア州メンドータに二酸化炭素(CO2)回収・貯留プラントを建設する。米石油メジャーの間では、再生可能エネルギー技術への投資拡大の動きが強まっており、今回の決定もこの一環だ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「上影陰線」、25日線との乖離率4.53%

<16:02> 日経平均・日足は「上影陰線」、25日線との乖離率4.53% 日経平均・日足は上に長いヒゲを伴う「上影陰線」。買い手の心理としては失望感を表すことが多い。 終値と25日移動平均線(2万8925円91銭=18日)の乖離率は4.53%まで下がっており、高値 警戒感は解消されつつある。 一目均衡表では転換線(2万9631円40銭=18日)が再び上を向き始め、目先は上値を追ってい く可能性もありそうだ。 <15:31> 新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢

<15:31> 新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続落した。市場では「日経 平均がさえない動きとなる中、新興株市場でも利益確定売りが優勢となった。特に、マザーズ市場では直近 IPO銘柄の下落が目立つ」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)との声が聞かれた。 きょうマザーズ市場に新規上場したアクシージア は、公開価格を41.44%上回る2051 円で初値を形成。その後2440円まで上値を追い、2300円で取引を終えた。 日経ジャスダック平均は0.87%安。個別では...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、3万円回復で達成感 「新規材料待ち」との声も

<14:52> 日経平均は小幅安、3万円回復で達成感 「新規材料待ち」との声も 日経平均は小幅安、前営業日比60円ほど安い3万0200円台前半で推移している。市場からは「日 経平均3万円回復で市場には達成感も広がっている。今は新規の材料待ちで、積極的な売買は手控えられて いるようだ」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)との声が聞かれた。 東証1部の騰落数では、値下がり銘柄が約7割となっている。一方、東証33業種中、電気・ガス業、 空運業などは値上がりし、出遅れ銘柄では物色が広がっている。 <13:00> 日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売り先行

<13:00> 日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売り先行 後場に入り日経平均は前営業日比30円ほど安い3万0200円台半ばとマイナス圏で推移している。 前場に続き指数寄与度の高いファーストリテイリング が上昇し日経平均を150円ほど押し上げて いるが、東証1部の騰落数では約7割が値下がりし、相場全体はさえない動きとなっている。 市場からは「高値警戒感も意識され、主力の銘柄で利益確定売りが先行している。だが、基調としては 上昇過程にあることに変わりはなく、足元の値動きは一時的な調整だとみている」(国内証券)との声が聞 かれた。 <...

午前の日経平均は反発、ファーストリテが上昇を支える展開に

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比52円78銭高の3万0344円97銭となり、反発。主力銘柄が利益確定売りで押される中、指数寄与度が大きいファーストリテイリングの上昇が支える展開となった。TOPIXはさえない。

今日の株式見通し=もみあい、買い材料乏しく上値重い

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、上値の重い展開となりそうだ。オーバーナイトの米国株式市場はまちまち、為替の円安進行も一服となり、全体的に買い材料に乏しいなか、高値警戒感からの利食い売りと押し目買いが交錯し、一日を通してもみあう展開となりそうだ。

NY市場サマリー(17日)ドル上昇、ナスダック続落

<為替> ドル指数が上昇。底堅い経済指標がドル買いを後押しした。暗号資産(仮想通貨)のビットコインは最高値を更新した。

ナスダック続落、IT株への売りやインフレ警戒で

米国株式市場ではナスダック総合が続落し、S&P総合500種がほぼ横ばいで取引を終えた。IT(情報技術)株への売りやインフレを巡る警戒感が重しとなった。

NY市場サマリー(17日)ドル上昇、ナスダック続落

<為替> ドル指数が上昇。底堅い経済指標がドル買いを後押しした。暗号資産(仮 想通貨)のビットコインは最高値を更新した。 経済指標では小売売上高や鉱工業生産、卸売物価がそろって予想を上回り、回復の足 取りを示す格好となった。 午後に発表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、景気回復には時間 がかかる可能性があるものの、今後のインフレ上昇局面に備え、どのように下地を整える かを巡り討議されたことが分かった。 底堅い経済指標にもかかわらず、国債利回りはこの日一時上昇後に低下。ドルは通貨 バスケットに対し0.25%高の90.933...

米国株式市場=ナスダック続落、IT株への売りやインフレ警戒で

米国株式市場ではナスダ ック総合が続落し、S&P総合500種がほぼ横ばいで 取引を終えた。IT(情報技術)株への売りやインフレを巡る警戒感が 重しとなった。 一方、ダウ工業株30種は上昇。著名投資家のウォーレン・ バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイが株式取得 を明らかにしたベライゾン・コミュニケーションズやシェブロン の上げなどが寄与した。 アップルやペイパル・ホールディングス、エヌビ ディアが売られ、ナスダックとS&P500を圧迫。 半面、寒波の影響でテキサス州の石油施設が操業を停止したことで 原油価格が上昇し、エネルギー...

米バークシャー、ベライゾンやシェブロン株取得

著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社、バークシャー・ハザウェイは16日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズの株式86億ドル相当、米石油大手シェブロンの株式41億ドル相当を、それぞれ新たに取得したことを明らかにした。

米バークシャー、ベライゾンやシェブロン株取得

著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社、バークシャー・ハザウェイは16日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズの株式86億ドル相当、米石油大手シェブロンの株式41億ドル相当を、それぞれ新たに取得したことを明らかにした。

米シェブロン、第4四半期は赤字転落 製油事業などさえず

米石油大手シェブロンが29日発表した2020年第4・四半期決算は、予想外の赤字に転落した。利益率低下や買収費用、為替の影響などが要因。

一部の石油企業が政治献金を停止、議会襲撃受け=米API会長

米石油協会(API)のマイク・ソマーズ会長は13日、暴徒化したトランプ大統領の支持者が先週、連邦議会議事堂を襲撃したことを受け、一部のエネルギー会社が政治献金の停止を決定したと明らかにした。

米シェブロン、政治献金見直し 議会乱入受け=CEO

米石油大手シェブロンのワース最高経営責任者(CEO)は12日、先週のトランプ米大統領の支持者による議会議事堂への乱入を受け、政治献金を見直していると述べた。

アングル:米エネルギー株、景気回復期待と化石燃料の将来性不安が交錯

米株式市場では、石油や天然ガスといった伝統的なエネルギー株の戻りがいつまで続くかが注目されている。新型コロナウイルスで痛手を受けた経済の持ち直しが追い風とみられる半面、化石燃料の将来性を巡る疑問が根強いためだ。

米シェブロン、資本・探査予算見通し下げ 年間で最大160億ドル

米石油大手シェブロンは3日、2022─25年の資本・探査予算見通しを年間で140億─160億ドルと従来の190億─220億ドルから大幅に引き下げると発表した。

米エクソン、天然ガス資産で最大200億ドルの減損損失計上へ

米石油大手エクソン・モービルは30日、天然ガス資産を減損処理し、170億─200億ドルの減損損失を計上する計画を明らかにした。同社にとって過去最大の減損損失となる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up