for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーション

CVX.N

現在値

109.56USD

変化

-0.05(-0.05%)

出来高

2,466,253

本日のレンジ

108.96

 - 

110.40

52週レンジ

65.17

 - 

113.11

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
109.61
始値
110.20
出来高
2,466,253
3か月平均出来高
227.07
高値
110.40
安値
108.96
52週高値
113.11
52週安値
65.17
発行済株式数
1,933.91
時価総額
211,976.10
予想PER
15.41
配当利回り
4.89

次のエベント

Q3 2021 Chevron Corp Earnings Release

適時開示

その他

Chevron Says Restored Full Production At All Gulf Of Mexico Facilities Post Ida

Chevron Says Restored Partial Production at Petronius Facility in GoM

Chevron: Crews on Petronius Facility in GoM Preparing To Resume Production

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーションとは

シェブロン(Chevron Corp)は子会社および関連会社への投資を管理し、総合的なエネルギーおよび化学品事業に従事する米国および国際的な子会社に対して、管理、財務、経営および技術面でのサポートを提供する。【事業内容】上流事業と下流事業の2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。上流事業は主に原油と天然ガスの探査・開発・生産、液化天然ガスに関連する加工・液化・輸送・再ガス化、国際石油パイプラインによる原油輸送、天然ガスの輸送・貯蔵・販売、並びにガス液化プロジェクトを行う。下流事業は主に、原油から石油製品への精製、原油・石油製品・潤滑油の販売、原油・石油製品の輸送、汎用石油化学製品の製造・販売などを行う。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

6001 Bollinger Canyon Rd

SAN RAMON, CA

94583-2324

United States

+1.925.8421000

https://www.chevron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael K. Wirth

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Pierre R. Breber

Chief Financial Officer, Vice President

Rhonda J. Morris

Chief Human Resource Officer, Vice President

Joseph C. Geagea

Executive Vice President

James W. Johnson

Executive Vice President - Upstream

統計

2.29 mean rating - 31 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

166.3K

2019

146.5K

2020

94.7K

2021(E)

148.5K
EPS (USD)

2018

7.740

2019

6.270

2020

-0.200

2021(E)

7.111
株価売上高倍率(過去12カ月)
58.85
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.82
株価純資産倍率(四半期)
1.59
株価キャッシュフロー倍率
10.12
総負債/総資本(四半期)
32.30
長期負債/資本(四半期)
29.67
投資利益率(過去12カ月)
1.74
自己資本利益率(過去12カ月)
1.56

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(8日)ドル横ばい、株式は反落 国債利回り上昇

<為替> ドルがほぼ変わらず。朝方発表された米雇用統計は失望を誘う内容となったものの、市場では米連邦準備理事会(FRB)が早ければ11月に量的緩和の縮小(テーパリング)を開始する道筋に変更はないという見方が優勢となっている。

米国株式市場=反落、米雇用統計受け

米国株式市場は反落。失望を誘う内容となった米雇用統計に反応した。しかし、米連邦準備理事会(FRB)が年内に量的緩和の縮小(テーパリング)を開始するという観測に変更はないもよう。

原油価格、75─80ドルが生産者・消費者にとり適正=イラク石油相

イラクのアブドルジャバル石油相は、原油価格について、1バレル=75─80ドルが生産者と消費者にとって適正価格だとの見解を示した。また、今後数年間で生産・輸出能力の拡大を目指すと表明した。

原油先物3年ぶり高値水準、供給タイト化で

米国時間の原油先物は週間ベースで3週連続上昇し、3年ぶり高値水準を付けた。世界的な生産の寸断により、エネルギー企業が大量の在庫引き出しを余儀なくされていることが背景。

米シェブロン、低炭素事業に100億ドル 28年までに 気候変動対策

米石油大手シェブロンは14日、2028年までに低炭素燃料・事業に100億ドルを投資すると発表した。気候変動対策や温室効果ガスの排出量削減を巡り株主や政府から高まっていた圧力に対応する。

米、歳入確保に戦略石油備蓄を売却 国内8社に2000万バレル

米エネルギー省は、政府歳入の確保に向け、国内石油会社8社に戦略石油備蓄(SPR)を合計2000万バレル売却することで合意したと発表した。

アングル:米市場でエネルギー株の下げ目立つ、変異株懸念測る指標に

米株式市場では、新型コロナウイルスの変異株デルタが米国経済にどの程度影響を及ぼすのか懸念を測る指標としてエネルギー株の存在感が強まっている。

NY市場サマリー(2日)ドル軟調、S&Pとナスダック最高値

<為替> 雇用関連の経済指標が堅調だったことで、米連邦準備理事会(FRB)によるテーパリング(量的緩和の縮小)が意識される中、ドルが軟化した。ユーロは欧州中央銀行(ECB)当局者のこのところの発言を受け、対ドルで約1カ月ぶりの高水準を維持した。

米国株式市場=S&Pとナスダック最高値、エネルギー株堅調

米国株式市場はS&P総合500種指数とナスダック総合指数が最高値を更新。ダウ工業株30種も上昇した。商品(コモディティー)価格の値上がりでエネルギー株が堅調だったほか、新規失業保険申請件数の改善も相場を後押しした。

NY市場サマリー(2日)ドル軟調、S&Pとナスダック最高値

<為替> 雇用関連の経済指標が堅調だったことで、米連邦準備理事会(FRB)に よるテーパリング(量的緩和の縮小)が意識される中、ドルが軟化した。ユーロは欧州中 央銀行(ECB)当局者のこのところの発言を受け、対ドルで約1カ月ぶりの高水準を維 持した。 労働省が朝方発表した8月28日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済 み)は34万件と、前週から1万4000件改善し、2020年3月中旬以来の低水準と なった。このほか、雇用コンサルティング会社チャレンジャー・グレイ・アンド・クリス マスが発表した統計によると、8月の米企業の人員削減数...

米エネルギー各社、生産施設のハリケーン被害の調査開始

米メキシコ湾で操業するエネルギー各社は、ハリケーン「アイダ」の襲来に伴う沖合生産施設の被害と陸上での停電の影響について調査を開始した。ルイジアナ州では壊滅的な被害が発生し、沖合の石油・ガス田が打撃を被った。

UPDATE 1-「アイダ」なお猛威、1人死亡 原油生産直撃 ガソリン価格に影響も

米ミシシッピ州南西部に移動した「アイダ」は30日、ハリケーンから熱帯暴風雨に勢力を弱めたものの、なお猛威を奮い、ルイジアナ・ミシシッピ両州では広範囲の停電が継続。少なくとも1人が死亡した。当局は住民に対し、アイダの影響で落下した電線や瓦礫が散乱する道路に出ないよう警告している。

メキシコ湾の米石油施設から作業員退避、熱帯低気圧「アイダ」接近

米国で石油施設が集中するメキシコ湾岸に接近中の熱帯低気圧が週末にハリケーンに発達する可能性が予想される中、石油各社は沖合の石油・ガス生産施設の作業員を退避させている。

米メキシコ湾岸の石油施設から作業員退避、低気圧接近で

米国で石油施設が集中するメキシコ湾岸に接近中の熱帯低気圧が週末にハリケーンに発達する可能性が予想される中、石油各社は沖合の石油・ガス生産施設の作業員を退避させている。

アングル:米ワクチン正式承認、接種義務化が「劇的に」進展か

米食品医薬品局(FDA)が23日、製薬大手ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンを正式承認したことで、従業員が接種義務化に反対して雇用主を訴えても、勝訴することはほぼ不可能になる見通しだ。複数の法律専門家がこうした見解を示した。

NY市場サマリー(23日)ナスダック最高値、ドル下落

<為替> ドルが下落。米連邦準備理事会(FRB)が早期にテーパリング(量的緩和の縮小)に着手する公算が小さいことを示唆する指標を受け、リスクオンムードが広がった。

米国株式市場=ナスダック最高値、コロナワクチン正式承認を好感

米国株式市場は上昇し、ナスダック総合指数が終値で最高値を更新。米ファイザーの新型コロナウイルスワクチンが国内で正式に承認されたことが買いを後押しした。

米大手エネルギー企業、ワクチン接種義務化へ NY市では教職員に

米国で新型コロナウイルスの感染が再度拡大する中、大手エネルギー会社が相次いで従業員にワクチン接種を義務付ける方針を打ち出した。

UPDATE 1-米大手エネルギー企業、ワクチン接種義務化へ NY市では教職員に

米国で新型コロナウイルスの感染が再度拡大する中、大手エネルギー会社が相次いで従業員にワクチン接種を義務付ける方針を打ち出した。

英BP、配当と自社株買いを強化 第2四半期の好決算を受け

英石油大手BPは3日、配当と自社株買いの強化を発表した。同日発表した第2・四半期決算で、利益が28億ドルに増加したことを受けた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up