for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーション

CVX.N

現在値

67.55USD

変化

-1.96(-2.82%)

出来高

1,223,915

本日のレンジ

66.33

 - 

68.08

52週レンジ

51.62

 - 

122.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
69.51
始値
67.56
出来高
1,223,915
3か月平均出来高
221.28
高値
68.08
安値
66.33
52週高値
122.94
52週安値
51.62
発行済株式数
1,925.05
時価総額
136,562.70
予想PER
--
配当利回り
7.27

次のエベント

Q3 2020 Chevron Corp Earnings Release

適時開示

その他

EQT Prices Public Offering Of 20 Mln Shares At $15.50 Per Share

Brightmark Llc And Chevron U.S.A. Inc Announce Formation Of A Joint Venture, Brightmark RNG Holdings Llc

Chevron Corp Reports A 62.5% Stake In Noble Midstream Partners LP As Of Oct 5

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーションとは

シェブロン(Chevron Corporation)は子会社及び関係会社への投資を管理し、統合エネルギー、化学物質オペレーションに従事する米国と国際の子会社に対して行政、金融、管理及び技術支援サービスを提供する。【事業内容】同社は上流と下流、二つのセグメントで事業を展開する。上流事業は主に原油と天然ガスの探査・開発・生産、液化天然ガスに関連する加工・液化・輸送・再ガス化、国際石油パイプラインによる原油輸送、天然ガスの輸送・貯蔵・販売、並びにガス液化プロジェクトを行う。下流事業は主に、原油から石油製品への精製、パイプライン・船舶・モーター設備・鉄道車両による原油・精練製品輸送、並びに商品石油化学製品、工業用プラスチック、燃料と潤滑油添加剤の製造・販売を行う。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

6001 Bollinger Canyon Rd

SAN RAMON, CA

94583-2324

United States

+1.925.8421000

https://www.chevron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael K. Wirth

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Pierre R. Breber

Chief Financial Officer, Vice President

Rhonda J. Morris

Chief Human Resource Officer, Vice President

Joseph C. Geagea

Executive Vice President - Technology, Projects and Services

James W. Johnson

Executive Vice President - Upstream

統計

2.22 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

141.7K

2018

166.3K

2019

146.5K

2020(E)

100.9K
EPS (USD)

2017

3.700

2018

7.740

2019

6.270

2020(E)

-0.364
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.19
株価純資産倍率(四半期)
0.99
株価キャッシュフロー倍率
5.93
総負債/総資本(四半期)
25.39
長期負債/資本(四半期)
22.59
投資利益率(過去12カ月)
-4.10
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.66

最新ニュース

最新ニュース

米メキシコ湾岸石油生産の約半分が停止、ハリケーン接近に備え

米メキシコ湾岸のエネルギー各社や港湾当局が同湾上空を移動するハリケーン「ゼータ」への警戒態勢を強めている。英BP<BP.L>、米シェブロン<CVX.N>、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>は27日、157の施設から作業員を退避させ、生産を大幅に削減した。パイプライン運営のエンブリッジ<ENB.TO>もルイジアナ州の天然ガス処理施設などから作業員を退避させている。

米原油先物2.6%上昇、ハリケーン接近で一部生産停止

米国時間の米原油先物価格は2%超上昇。ハリケーン接近に備え、米メキシコ湾岸の石油企業が生産を一部停止した。一方、新型コロナウイルスの感染拡大やリビアの供給増で上値は抑えられた。

米メキシコ湾岸石油生産の16%が停止、ハリケーン「ゼータ」接近に備え

米メキシコ湾岸のエネルギー各社は26日、熱帯低気圧からハリケーンに発達した「ゼータ」の接近に備え、湾岸の石油施設の操業を相次ぎ停止し、作業員を退避させた。

米コノコ、シェールオイルのコンチョ買収 97億ドル

米石油大手コノコフィリップス<COP.N>は19日、 米シェールオイル生産のコンチョ・リソーシズ<CXO.N>を97億ドルで買収することで合意した。買収によりコノコの生産量は日量150万バレルと、独立系の米石油会社として最大となる。

特別リポート:コロナ禍で「プラ危機」、廃棄増がリサイクル圧迫

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)でプラスチック業界が激震に見舞われている。武漢からニューヨークまであらゆる地域で、フェイスシールドや手袋、食品のテイクアウト用容器、オンラインショッピングで注文された商品の配送用緩衝材などの需要が増えているが、こうした製品はリサイクルできず、廃棄物が急増している。

ハリケーン「デルタ」、メキシコ湾を北上 石油生産ほぼ停止

大型ハリケーン「デルタ」がメキシコ湾を北上しており、同地域ではオフショアの石油生産のほとんどが停止されている。

米シェブロン、時価総額で初めてエクソン抜く

米石油大手シェブロン<CVX.N>の株式時価総額が7日、初めて米同業のエクソンモービル<XOM.N>を上回った。

米メキシコ湾岸の石油施設が相次ぎ操業停止、ハリケーンに備え

米メキシコ湾岸のエネルギー各社は6日、5段階分類で2番目に強い「カテゴリー4」に発達したハリケーン「デルタ」の接近に備え、湾岸の石油施設の操業を相次ぎ停止し、作業員を退避させている。

米石油・ガス業界のM&A件数、第3四半期は10年ぶり低水準=調査

コンサルタント会社エンベラスのデータによると、第3・四半期の米石油・ガス業界の合併・買収(M&A)は28件と第1・四半期と並び、10年ぶりの低水準だった。

石油精製マラソン、米国事業で12%の人員削減へ

米石油精製最大手マラソン・ペトロリアム<MPC.N>は、米国事業で従業員の12%に当たる約2050人をレイオフする。カリフォルニア州とニューメキシコ州の製油施設が無期限で稼働を停止しているためで、傘下のコンビニ運営会社スピードウェイはレイオフの対象にはならない。

ハリケーン「サリー」が勢力強める、15日に米メキシコ湾岸上陸か

米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、ハリケーン「サリー」は14日時点でメキシコ湾上で勢力を急速に強めており、15日に米メキシコ湾岸中央部に到達する可能性がある。

米メキシコ湾岸に熱帯低気圧接近 1カ月で2個目のハリケーンに

米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、13日時点で熱帯低気圧「サリー」が米フロリダ州西岸沖合で勢力を強めつつあり、5段階分類で下から2番目の「カテゴリー2」のハリケーンに発達する見込み。米メキシコ湾岸に危険な高潮や強風をもたらす恐れがある。

メキシコ湾岸石油各社、熱帯低気圧に備え ハリケーンに発達も

米メキシコ湾岸地域のエネルギー各社は13日、ハリケーンに発達する恐れのある熱帯低気圧「サリー」への備えを進めている。

アングル:米シェール企業買収ブーム、コロナ禍で「負の遺産」

米国が第2次シェール・ブームを迎えた2016年から19年にかけて、石油・天然ガス企業が実施した米企業・土地買収の額は計1560億ドル(約16兆4580億円)を超えた。良き時代が長く続き、原油価格は上昇すると見込んでの大きな賭けだったが、今では買収資産の多くが当時の価値を下回って負の遺産と化している。

米石油ガス輸出、ハリケーンで大きな影響 施設再開へ被害調査

米メキシコ湾の油田地帯を襲ったハリケーン「ローラ」がルイジアナ州に上陸し、内陸に進んだのを受け、米国の石油・ガス輸出に大きな影響が出ている。港湾の閉鎖などで原油輸出は今週、日量100万バレル近く減少する可能性が高い。

メキシコ湾の石油施設再開に向け各社が被害調査、ハリケーン通過で

米メキシコ湾の油田地帯を襲ったハリケーン「ローラ」がルイジアナ州に上陸し、内陸に進んだのを受け、エネルギー各社は沖合の石油生産施設などへの被害状況の調査を進めており、27日にも初期の調査結果が判明する見通し。

ハリケーン「ローラ」がカテゴリー4に、米南部の石油施設停止

米国立ハリケーン・センター(NHC)は26日、米国に接近中のハリケーン「ローラ」が勢力を強め、5段階のうち2番目に強い「カテゴリー4」に発達したと発表した。製油所が集中するテキサス州とルイジアナ州の州境近くのメキシコ湾岸に壊滅的な被害と「生存不可能な高潮」をもたらすと予想されている。

「ローラ」がハリケーンに発達、15年ぶり規模に厳重な警戒

米国に接近中の熱帯低気圧「ローラ」が25日、ハリケーンに発達した。今後さらに勢力を強める見通しで、メキシコ湾岸の地元当局は厳重な警戒を呼び掛けている。

米に2つのハリケーン上陸へ、メキシコ湾・カリブ海地域で被害拡大

ハリケーン「マルコ」と熱帯性低気圧「ローラ」が23日、カリブ海とメキシコ湾に同時に襲来し、米ルイジアナ州沿岸部やキューバで多くの住民が避難を余儀なくされたほか、ハイチの首都では道路が浸水している。これらの地域では今週、さらに被害が拡大することが予想されている。

米大統領、イラク駐留米軍撤収を確約 イランが敵対行動なら支援

トランプ米大統領は20日、イラクのカディミ首相と初会談を行い、同国に駐留する米軍の撤収を改めて確約した。ただイランが敵対的な行動を起こした場合、イラクを支援する用意があると表明した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up