for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーション

CVX.N

現在値

118.01USD

変化

1.68(+1.44%)

出来高

2,012,143

本日のレンジ

117.02

 - 

119.29

52週レンジ

100.22

 - 

127.31

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
116.33
始値
117.14
出来高
2,012,143
3か月平均出来高
122.40
高値
119.29
安値
117.02
52週高値
127.31
52週安値
100.22
発行済株式数
1,890.87
時価総額
223,141.80
予想PER
18.55
配当利回り
4.03

次のエベント

Q4 2019 Chevron Corp Earnings Release

適時開示

その他

Chevron Introduces Delo 600 ADF With OMNIMAX, A Chevron Patented Technology

Hungary's MOL is looking, but "not in a rush" for further acquisitions - upstream VP

Hungary's MOL buys into Azeri oilfield, pipeline for $1.57 bln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーションとは

シェブロン(Chevron Corporation)は子会社及び関係会社への投資を管理し、統合エネルギー、化学物質オペレーションに従事する米国と国際の子会社に対して行政、金融、管理及び技術支援サービスを提供する。【事業内容】同社は上流と下流、二つのセグメントで事業を展開する。上流事業は主に原油と天然ガスの探査・開発・生産、液化天然ガスに関連する加工・液化・輸送・再ガス化、国際石油パイプラインによる原油輸送、天然ガスの輸送・貯蔵・販売、並びにガス液化プロジェクトを行う。下流事業は主に、原油から石油製品への精製、パイプライン・船舶・モーター設備・鉄道車両による原油・精練製品輸送、並びに商品石油化学製品、工業用プラスチック、燃料と潤滑油添加剤の製造・販売を行う。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

6001 Bollinger Canyon Rd

+1.925.8421000

https://www.chevron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael K. Wirth

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Pierre R. Breber

Chief Financial Officer, Vice President

Rhonda J. Morris

Chief Human Resource Officer, Vice President

Joseph C. Geagea

Executive Vice President - Technology, Projects and Services

James W. Johnson

Executive Vice President - Upstream

統計

2.04 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

114.5K

2017

141.7K

2018

166.3K

2019(E)

149.8K
EPS (USD)

2016

0.940

2017

3.700

2018

7.740

2019(E)

6.361
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.42
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.53
株価純資産倍率(四半期)
1.43
株価キャッシュフロー倍率
7.04
総負債/総資本(四半期)
21.08
長期負債/資本(四半期)
16.08
投資利益率(過去12カ月)
6.04
自己資本利益率(過去12カ月)
5.32

最新ニュース

最新ニュース

米シェブロン、ナイジェリア沖合油田2鉱区の採掘権売却開始

米石油大手シェブロン<CVX.N>が、ナイジェリア沖合の2カ所の石油・ガス田採掘権の売却手続きを開始したことが、ロイターが関係する書類を確認して分かった。急速な増加が続く米国内の生産事業に注力する狙いだ。

コラム:サウジアラムコ株、ESG視点で投資できない理由

サウジアラビア国営石油会社・サウジアラムコ<IPO-ARMO.SE>が新規公開する株式を買うかどうか思案中の外国投資家にとって、最も重要な意味を持つ書類は、アラムコの目論見書ではない。

環境保護団体、北極海での石油探査・掘削停止求めノルウェーで提訴

環境保護団体のグリーンピースとネイチャー・アンド・ユースは5日、ノルウェー政府が北極海での探査・掘削権を石油会社に付与したのは憲法違反として、同国の上級裁判所に控訴した。

米エクソンとシェブロン、第3四半期は大幅減益 原油安重し

米石油大手エクソンモービル<XOM.N>とシェブロン<CVX.N> が1日に発表した第3・四半期決算は、生産増にもかかわらず原油安が重しとなり、大幅な減益となった。

S&P小幅安、強弱まちまちの企業決算消化 FOMCに注目

米国株式市場は下落。前日に最高値を更新したS&P総合500種指数<.SPX>は小幅安となった。米中通商協議の行方をにらみながら、強弱まちまちの企業決算内容を消化する展開となった。

米石油大手がシリア油田操業も、トランプ大統領が言及

トランプ米大統領は27日、エクソンモービル<XOM.N>を含む米石油メジャーにシリアで油田操業を担わせる可能性に言及した。これについて法律やエネルギー業界の専門家からは違法で非倫理的などという批判の声が上がっている。

クウェートとサウジ、中立地帯の原油生産再開で合意=現地紙

クウェートとサウジアラビアは両国の中立地帯で共同運営する油田の生産を再開することで合意した。現地紙アルライとアルカバスが19日、匿名の情報筋の話として伝えた。

ナイジェリア、石油各社から620億ドル徴収を検討=法相

ナイジェリア政府は石油販売に関する収益配分を定めたルールを改正し、石油各社から計620億ドルを徴収することを検討している。マラミ法相が10日、ロイターとの電話インタビューで明らかにした。

トランプ米政権、バイオ燃料消費拡大策を近く最終決定へ=関係筋

トランプ米政権は、国内のバイオ燃料消費量を押し上げるための新たな政策を近く最終決定する見通しで、4日に大統領が署名することを目指している。事情に詳しい関係筋2人が1日、明らかにした。

サウジ石油施設攻撃、米生産への短期的影響は軽微=シェブロンCEO

米石油メジャー、シェブロンのマイケル・ワース最高経営責任者(CEO)は16日、CNBCとのインタビューで、サウジアラビアの石油施設攻撃が米国の原油生産にもたらす影響は短期的には大きくないとの見方を示した。

焦点:米エネルギー株、長期低迷からの出口なお見通せず

米エネルギー株の投資家にとって、先行き安心できる要素は乏しいかもしれない。米国株の強気相場が続く中でも、かつて人気を集めたエネルギー株は今や値動きが最もさえないセクターに転落し、世界経済の減速に直面しているほか、地球温暖化に伴って化石燃料産業に投資することへの疑念が浮上するという逆風にもさらされている。

原油先物は軟調推移、世界経済巡る懸念で

アジア時間の原油先物は軟調に推移。米中貿易摩擦を背景とする世界経済への懸念が相場の重しとなっている。

NY市場サマリー(2日)

<為替> 米中貿易戦争の激化で米連邦準備理事会(FRB)が9月に追加利下げを決定するとの観測が高まったことを背景に、ドルが広範な通貨に対して下落した。

NYダウ続落98ドル安、米中摩擦激化を懸念

米国株式市場は続落し、ダウ平均株価<.DJI>は98ドル安で取引を終えた。トランプ米大統領が前日、対中関税の「第4弾」を発表したことが引き続き嫌気され、この日も売りが先行。ダウ平均は一時300ドル超値下がりする場面も見られた。ただ引けにかけて下げ渋る展開となった。

米石油メジャー2社、第2四半期決算は明暗分かれる

米石油大手のエクソンモービル<XOM.N>とシェブロン<CVX.N>が2日発表した第2・四半期決算は、明暗が分かれる結果となった。

米政権、シェブロンのベネズエラ操業許可を3カ月延長

トランプ米政権は26日、米政府が制裁対象としているベネズエラでの原油・ガス掘削事業に必要なシェブロン<CVX.N>の許認可を3カ月間延長すると発表した。

米メキシコ湾に熱帯低気圧が接近、製油所閉鎖などで石油生産半減

熱帯低気圧「バリー」の接近を受け、エネルギー各社がメキシコ湾や沿岸にある石油関連施設から従業員を退避させる中、11日時点でメキシコ湾一帯の石油生産は半分以下に減っている。

エネルギー各社、メキシコ湾施設の生産中止拡大 暴風雨接近で

暴風雨接近を受け、エネルギー各社が米メキシコ湾岸沖合の石油・ガス施設で生産を中止し、作業員を退避させる動きが広がっている。

米株は小幅高、米の対EU関税圧力が冷や水

米国株式市場は小幅高で終了した。米中の通商協議再開を巡る歓迎ムードが薄れる中、株価は取引時間の大部分にわたりほぼ横ばいで推移。米通商代表部(USTR)が1日、欧州連合(EU)に対する追加関税の対象規模拡大を検討していると発表したことが冷や水となったものの、プラス圏で引けた。

アングル:対メキシコ関税が米精製業者に打撃、燃料価格上昇も

トランプ米大統領がメキシコからの輸入品に関税をかける方針を示したことで、両国間のエネルギー貿易が阻害され、結果としてメキシコ産原油を利用する米国の精製業者が打撃を受ける恐れがある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up