for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーション

CVX.N

現在値

133.90USD

変化

1.21(+0.91%)

出来高

2,536,773

本日のレンジ

133.60

 - 

137.00

52週レンジ

84.60

 - 

137.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
132.69
始値
134.90
出来高
2,536,773
3か月平均出来高
233.36
高値
137.00
安値
133.60
52週高値
137.00
52週安値
84.60
発行済株式数
1,927.69
時価総額
255,591.90
予想PER
15.87
配当利回り
4.04

次のエベント

Q4 2021 Chevron Corp Earnings Release

適時開示

その他

Chevron Increases Quarterly Dividend

Shell says it no longer holds exploration licences in Myanmar

Brightmark, Chevron Announce Vlot Anaerobic Digestion Project

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロン・コーポレーションとは

シェブロン(Chevron Corp)は子会社および関連会社への投資を管理し、総合的なエネルギーおよび化学品事業に従事する米国および国際的な子会社に対して、管理、財務、経営および技術面でのサポートを提供する。【事業内容】上流事業と下流事業の2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。上流事業は主に原油と天然ガスの探査・開発・生産、液化天然ガスに関連する加工・液化・輸送・再ガス化、国際石油パイプラインによる原油輸送、天然ガスの輸送・貯蔵・販売、並びにガス液化プロジェクトを行う。下流事業は主に、原油から石油製品への精製、原油・石油製品・潤滑油の販売、原油・石油製品の輸送、汎用石油化学製品の製造・販売などを行う。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

6001 Bollinger Canyon Rd

SAN RAMON, CA

94583-2324

United States

+1.925.8421000

https://www.chevron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael K. Wirth

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Pierre R. Breber

Chief Financial Officer, Vice President

Rhonda J. Morris

Chief Human Resource Officer, Vice President

Joseph C. Geagea

Executive Vice President

James W. Johnson

Executive Vice President - Upstream

統計

2.15 mean rating - 33 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

166.3K

2019

146.5K

2020

94.7K

2021(E)

158.6K
EPS (USD)

2018

7.740

2019

6.270

2020

-0.200

2021(E)

8.496
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.72
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.90
株価純資産倍率(四半期)
1.88
株価キャッシュフロー倍率
9.28
総負債/総資本(四半期)
27.49
長期負債/資本(四半期)
27.27
投資利益率(過去12カ月)
4.77
自己資本利益率(過去12カ月)
4.30

最新ニュース

最新ニュース

シェブロンとマラソン・オイルが増配、エネルギー価格高騰で

米石油大手シェブロンと製油大手マラソン・オイルは26日、増配を発表した。エネルギー価格が上昇するなか、四半期配当を引き上げる石油・ガス企業が相次いでいる。

対ロ制裁、米企業がバイデン政権に慎重な対応要請 対象限定など

バイデン米大統領は、ロシアがウクライナに侵攻すれば制裁を科すと警告しているが、一部の大企業と経済団体は、ホワイトハウスや議員に慎重な対応を求めている。

米政府、戦略石油備蓄を貸与 7社に1340万バレル

米エネルギー省は25日、戦略石油備蓄(SPR)から7社に1340万バレルを貸し出すと発表した。バイデン米政権の原油相場抑制に向けた取り組みの一環。

米、欧州ガス供給で緊急対応策検討 ウクライナ情勢緊迫で

米国政府は、ロシアとウクライナ間の紛争でロシア産天然ガスの欧州への供給に影響が出た場合に備え、複数のエネルギー企業と緊急対応策について協議した。複数の米国務省当局者と業界関係者が14日ロイターに明らかにした。

米シェブロン、カザフの油田で減産 抗議デモの影響で

米石油大手・シェブロンは6日、カザフスタンの大型油田の生産量を一時的に減らしたと明らかにした。関係者によると、抗議活動を支援するため一部の従業員が原油を運搬する鉄道の運行を妨げたという。

UPDATE 1-ロシア主導組織、カザフスタンに部隊派遣 抗議デモに介入

中央アジアのカザフスタンの主要都市・アルマトイで6日、燃料価格高に端を発する抗議デモの参加者が、再び治安部隊と激しく衝突した。ロシア主導の軍事同盟「集団安全保障条約機構(CSTO)」はデモ鎮圧への支援要請に応じ部隊派遣を決め、ロシアは空挺(くうてい)部隊を送り込んだ。

豪当局、ウッドサイドのBHP石油事業買収を承認

オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は16日、すでに合意済みの石油・ガス大手ウッドサイド・ペトロリアムによるBHPグループの石油事業買収を承認した。買収規模は280億ドル。

エクソン、2030年までにパーミアン盆地の温室ガス実質ゼロへ

米石油大手エクソンモービルは6日、パーミアン盆地の稼働資産から排出する温室効果ガスを2030年までに実質ゼロにする目標を表明した。

焦点:ガソリン価格は来年下がるか、鍵はOPECプラスと米シェール業界

来年になればガソリンは値下がりするだろうか。その大前提になるのは、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国でつくる「OPECプラス」、および米シェール業界が積極的な増産に乗り出すことだ。

米メキシコ湾採掘権入札、落札額1.9億ドル バイデン政権で初実施

バイデン米政権は17日、メキシコ湾での石油採掘のためのリース権入札を行い、落札額は合計で1億9168万ドルと2019年序盤以来の高水準となった。

バイデン氏「違法行為」の可能性調査を指示、ガソリン価格高止まりで

バイデン米大統領は17日、燃料価格の高止まりを踏まえ、エネルギー市場における「違法行為」の可能性をさらに綿密に調査するよう米連邦取引委員会(FTC)に指示した。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、20年4月以来の高水準=ベーカー・ヒューズ

米石油サービス会社のベーカー・ヒューズが5日発表した週間データ(5日までの週)によると、米国内の石油・天然ガス掘削リグ稼働数は前週から6基増の550基と、2020年4月以来の高水準を記録した。

米シェール業者、来年の増産を示唆 パーミアン盆地などで

エネルギー投資のバイソン・インタレスツのジョシュ・ヤング最高経営責任者(CEO)は「原油価格の上昇に伴い、石油生産が再び増加する可能性が高まっている」とした上で、生産量は新型コロナウイルス流行前の水準を引き続き下回るとの見通しを示した。

米下院委員会、石油大手らに書類提出要請 気候変動対策めぐり

米下院監視・改革委員会のキャロリン・マロニー委員長(民主党)は2日、石油大手4社と二つのロビー団体に対し、地球温暖化対策に関連した書類の提出を命じた。同委員会では、エネルギー業界が気候変動をめぐり世間を欺いた可能性について1年にわたり調査を行っている。

原油先物上昇、中国の備蓄放出も旺盛な需要見通しが支援

米国時間の原油先物は上昇した。中国がガソリンとディーゼル燃料の備蓄を放出したことを受け、序盤は下落したものの、旺盛な需要への期待と主要産油国が早急に増産する可能性は乏しいとの見方を背景に上げに転じた。

アングル:再エネ移行に背向ける米石油大手、投資家も増産支持

欧州の石油大手が再生可能エネルギーへの移行を図っているのとは対照的に、米石油大手はますます生産を増やしている。主要な機関投資家も米石油企業が風力や太陽光発電に投資することを望んでおらず、この姿勢を支持しているのが実情だ。

米シェブロン、第3四半期利益は8年間で最高 石油・ガス高で

米石油大手シェブロンが29日発表した第3・四半期決算は、利益が過去8年間で最高となった。石油・ガス価格の上昇、生産増加、自動車用燃料需要の回復などにより精製マージンが拡大した。

「一体運営が優位」とシェルが反論、サード・ポイントの分割要求に

英蘭系石油会社ロイヤル・ダッチ・シェルは28日、ヘッジファンドの米サード・ポイントによる会社分割要求に対し、分割するよりも一体として事業運営するほうがうまくいくと反論した。

NY市場サマリー(8日)ドル横ばい、株式は反落 国債利回り上昇

<為替> ドルがほぼ変わらず。朝方発表された米雇用統計は失望を誘う内容となったものの、市場では米連邦準備理事会(FRB)が早ければ11月に量的緩和の縮小(テーパリング)を開始する道筋に変更はないという見方が優勢となっている。

米国株式市場=反落、米雇用統計受け

米国株式市場は反落。失望を誘う内容となった米雇用統計に反応した。しかし、米連邦準備理事会(FRB)が年内に量的緩和の縮小(テーパリング)を開始するという観測に変更はないもよう。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up