for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Deutsche Boerse AG

DB1Gn.DE

現在値

136.55EUR

変化

-1.40(-1.01%)

出来高

685,853

本日のレンジ

135.85

 - 

138.30

52週レンジ

92.92

 - 

170.15

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
137.95
始値
137.70
出来高
685,853
3か月平均出来高
14.33
高値
138.30
安値
135.85
52週高値
170.15
52週安値
92.92
発行済株式数
183.43
時価総額
26,210.50
予想PER
21.84
配当利回り
2.10

次のエベント

Deutsche Boerse AG Virtual Group Meeting for US Investors Hosted By HSBC

適時開示

その他

Deutsche Boerse Completes Purchase Of Majority Stake In Quantitative Brokers

Deutsche Boerse We Are Targeting Mid-Level Sized Deals

Deutsche Börse Announces New Mid-Term Growth Strategy

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Deutsche Boerse AGとは

ドイツ証券取引所(Deutsche Boerse AG)は国際金融市場の運営に携わるドイツ会社である。【事業内容】クセトラ(XETRA)区分、ユーレックス(Eurex)区分、クリアストリーム区分、及び市場データ・分析区分の4事業区分を運営する。クセトラ事業区分はクセトラ電子取引システムとクセトラ・フランクフルト専門取引を使用する現金市場業務、株式のセントラル·カウンター業務及び有価証券の上場業務を行う。ユーレックス事業区分は電子デリバティブマーケットの取引プラットフォームユーレックス、電子オプション取引プラットフォームISE、店頭取引プラットフォームユーレックス債券、ユーレックスレポ、及びユーレックス·クリアリング等の業務を行う。クリアストリーム事業区分は有価証券の保管・管理・決済サービス、国際証券金融サービス、及び投資ファンドサービスを提供する。市場データ・分析事業区分は価格情報の販売と情報流通、及びインデックスの開発·販売業務を行う。

業種

Investment Services

連絡先

Mergenthalerallee 61

65760

Germany

+49.69.2110

https://deutsche-boerse.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Theodor Weimer

Chairman of the Executive Board, Chief Executive Officer

Jutta Stuhlfauth

Vice Chairman of the Supervisory Board

Gregor Pottmeyer

Chief Financial Officer, Member of the Executive Board

Christoph Boehm

Chief Operating Officer, Chief Information Officer

Thomas Book

Member of the Executive Board

統計

2.12 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

2.5K

2018

2.8K

2019

2.9K

2020(E)

3.2K
EPS (EUR)

2017

4.590

2018

5.420

2019

6.030

2020(E)

6.381
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.77
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.30
株価純資産倍率(四半期)
4.21
株価キャッシュフロー倍率
19.32
総負債/総資本(四半期)
394.54
長期負債/資本(四半期)
62.92
投資利益率(過去12カ月)
6.54
自己資本利益率(過去12カ月)
0.65

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(24日)

<ロンドン株式市場> 5カ月超ぶりの高値に反発して 取引を終えた。比重の大きい一次産品株が値上がりし全体を押し上げた。 新型コロナウイルスのワクチンに対する楽観的な見方から迅速な経済回復への期待が 高まり、国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種指数は1.06%上 昇。約9カ月ぶりの高値を付けた。 原油とベースメタルの値上がりに伴い石油大手BPと資源大手リオ・ティント が大幅高となり、FTSE100種の主な押し上げ要因となった。 FTSE350種旅行・娯楽関連株指数も上昇した。イングランド地域 は12月15日から、新型コロナリスク...

欧州株式市場=反発、ロックダウン緩和とコロナワクチンへ期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 392.39 +3.55 +0.91 388.84 種 FTSEユーロファー 1514.38 +13.92 +0.93 1500.46 スト300種 ユーロSTOXX50 3507.98 +44.94 +1.30 3463.04 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は反発して取引を終えた。フランスが新型コロナウイ ルスの感染拡大を抑えるためのロックダウン(都市封鎖)を緩める可能 性や、新型コロナワクチンが来年初めにも展開されるとの見方を受け速 やかな景気回復...

ドイツ取引所、DAX構成銘柄を21年第3四半期に40へ拡大

ドイツ取引所は24日、DAX指数の構成銘柄数を現在の30から40に拡大すると発表した。また指数に採用する際の条件を厳格化した。

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。英国と 欧州連合(EU)の通商交渉妥結への期待や、新型コロナウイルスワクチンに前向きなデ ータが買い材料となった。 欧州委員会のドムブロフスキス上級副委員長(通商担当)は、通商協定妥結に向けた 最終段階にいると述べた。 AJベルの投資ディレクター、ラス・モウルド氏は「妥結は保証されていないが、妥 結した場合、4年以上株価の重しとなってきた先行き不透明感の主な要因を取り除くこと となり、英国株にとって長期的な押し上げ要因となるだろう」と述べた。 米製薬大手ファイザーは新型コロナワクチンの臨床試験...

欧州株式市場=反発、コロナワクチン期待とM&Aで

ただ株価の上昇幅は限定的だった。投資家は、ワクチン展開に時間 がかかるほか、米国や欧州では新たな景気刺激策がない中で事業規制が 導入されており、経済活動を抑制するとみている。 英保険会社RSAインシュアランスは4.6%高だった。 カナダの同業インタクト・ファイナンシャルとデンマークの同 業トリグによる72億ポンド(95億5000万ドル)の共 同買収提案を支持したことが好感された。欧州で今年みられた最大の買 収案件の一つとなった。 ドイツ取引所は2.4%上昇。米議決権行使助言会社大 手のインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシズ...

ドイツ取引所、議決権助言の米ISSを買収 18億ドルで株式80%

ドイツ取引所<DB1Gn.DE>は17日、米議決権行使助言会社大手のインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシズ(ISS)の株式80%を18億ドルで取得すると発表した。取引所業界ではM&A(合併・買収)が相次いでいる。

英企業、EU取引所での株売買可能に 英当局が容認

英金融行動監視機構(FCA)は4日、英国の銀行や資産運用会社が2021年1月以降も欧州連合(EU)の取引所で株式を売買し続けられると述べた。EUは対照的に、世界の金融センターとしてのロンドンの地位を脅かすような厳しい制限を設ける姿勢を示している。

ユーロネクスト取引再開、前日の障害サイバー攻撃の可能性否定

欧州の取引所運営会社ユーロネクスト<ENX.PA>は20日、前日にシステム障害で取引が停止したパリやアムステルダムなどの傘下の市場が円滑に再開したと明らかにした。

英LSE、イタリア証取を43億ユーロでユーロネクストに売却へ

ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>は傘下のイタリア証券取引所を欧州の取引所大手ユーロネクスト<ENX.PA>に現金43億2500万ユーロ(50億9000万ドル)で売却することで合意した。

ドイツ取引所、株価指数改革案を公表 DAX構成銘柄を40に拡大

ドイツ取引所<DB1Gn.DE>は5日、株価指数の改革案を公表した。DAX<.GDAXI>の構成銘柄数を30から40に増やすほか、指数に採用する際の条件を厳格化すべきとの見解を示した。

EU、英離脱移行期間後のロンドン証取への接続で意見分かれる

英国の欧州連合(EU)離脱移行期間終了後、ロンドン証券取引所への接続を巡り、EU加盟国間や当局間で意見が分かれていることが、EUの内部資料で明らかとなった。

英清算機関への依存低減、欧州委が域内銀行に1年半の猶予

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は21日、EUの銀行やその他の金融市場参加者が英国のデリバティブ清算機関への「過剰な依存」を減らすために2022年半ばまで猶予を与えると述べた。

英LSE、イタリア証取売却でユーロネクストと独占交渉

ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>は18日、傘下のイタリア証券取引所の売却に向け、欧州の取引所大手ユーロネクスト<ENX.PA>と独占交渉に入ったことを明らかにした。

EU、英清算機関へのアクセス1年半延長へ=関係筋

欧州連合(EU)は英国の清算機関のEU市場へのアクセスを来年1月から18カ月間延長する見込み。業界関係筋が15日、明らかにした。

EU、英清算機関のアクセス継続巡る決定を先延ばし=関係筋

欧州連合(EU)は英政府が離脱協定を一部修正する計画を進めていることを理由に、EU内の顧客向けにユーロ建て取引の清算を継続することを英国の清算機関に認める決定を遅らせる見込み。デリバティブ業界筋が明らかにした。

独取引所、DAX銘柄からワイヤーカード除外へ 新ルール採用

ドイツ取引所<DB1Gn.DE>は12日、株価指数DAXの構成銘柄が破産を申請した場合に直ちに指数から除外できる新たなルールを採用したと発表した。これにより、不正会計問題で破綻した決済サービス企業ワイヤーカード<WDIG.DE>が除外される見込み。

ロンドン証取、リフィニティブ買収承認のため伊取引所売却も

ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>は31日、金融情報・分析会社リフィニティブ買収計画で欧州独禁当局の承認を得るためにイタリア証券取引所グループの一部またはすべての売却を検討する可能性があると表明した。

訂正-独取引所、DAX銘柄の除外ルール変更提案 ワイヤーカードに対応

ドイツ取引所は17日(訂正)、主要30社で構成する株価指数DAXについて、採用企業が破産を申請した場合に直ちに指数から除外できるよう、運用ルールの変更案を提示した。構成企業の1つである決済サービス企業ワイヤーカードの不正会計問題を受けた。

EU、英金融機関の市場アクセスはルールの相違で判断へ

欧州連合(EU)の欧州委員会は8日、英国による将来的なEU金融市場へのアクセスについて、英国のルールが域内とどれだけ違うものになるかを考慮に入れる必要があると述べた。

欧州証券取引所連合、LSEの取引時間短縮案を拒否

欧州証券取引所連合(FESE)は1日、ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>が提案していた株式市場の取引時間を90分短縮する案を拒否した。投資家や市場にとって最善の選択肢ではないと主張している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up