for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Deutsche Boerse AG

DB1Gn.DE

現在値

157.20EUR

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

109.20

 - 

158.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
157.20
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
9.33
高値
--
安値
--
52週高値
158.90
52週安値
109.20
発行済株式数
183.35
時価総額
29,450.00
予想PER
--
配当利回り
1.74

次のエベント

Deutsche Boerse AG at Morgan Stanley European Financials Conference

適時開示

その他

Deutsche Boerse Has €2 Bln For Acquisitions On Hand, Could Get More - CEO

Deutsche Boerse Doesn’t See Need For Fundamental Change Of Direction - CEO

Credit Suisse Asset Management Launches ETFs

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Deutsche Boerse AGとは

ドイツ証券取引所(Deutsche Boerse AG)は国際金融市場の運営に携わるドイツ会社である。【事業内容】同社はクセトラ(XETRA)区分、ユーレックス(Eurex)区分、クリアストリーム区分、および市場データ・分析区分の4事業区分を運営する。クセトラ事業区分はクセトラ電子取引システムとクセトラ・フランクフルト専門取引を使用する現金市場業務、株式のセントラル·カウンター業務及び有価証券の上場業務を行う。ユーレックス事業区分は電子デリバティブマーケットの取引プラットフォームユーレックス、電子オプション取引プラットフォームISE、店頭取引プラットフォームユーレックス債券、ユーレックスレポ、およびユーレックス·クリアリング等の業務を行う。クリアストリーム事業区分は有価証券の保管・管理・決済サービス、国際証券金融サービス、および投資ファンドサービスを提供する。市場データ・分析事業区分は価格情報の販売と情報流通、およびインデックスの開発·販売業務を行う。

連絡先

Mergenthalerallee 61

+49.69.2110

https://deutsche-boerse.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Joachim Faber

Independent Chairman of the Supervisory Board

Theodor Weimer

Chairman of the Executive Board, Chief Executive Officer

Jutta Stuhlfauth

Vice Chairman of the Supervisory Board

Gregor Pottmeyer

Chief Financial Officer, Member of the Executive Board

Christoph Boehm

Chief Operating Officer, Chief Information Officer

統計

2.78 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

2.5K

2018

2.8K

2019

2.9K

2020(E)

3.1K
EPS (EUR)

2017

4.590

2018

5.420

2019

6.030

2020(E)

6.436
株価売上高倍率(過去12カ月)
28.34
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.88
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
23.34
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

EUによる英清算機関の監督は限定すべきと警告=英中銀副総裁

イングランド銀行(英中央銀行、BOE)のカンリフ副総裁は11日、ベルリンでの講演で清算機関に対する国境をまたがる監督体制について、「ハンドルを複数の人が握る」のを回避する必要があると述べ、英国の欧州連合(EU)離脱後のEUによる英清算機関の監督は限定的にとどめるべきとの見方を示した。

ロンドン証取、取引時間短縮で聞き取り開始 トレーダーの健康図る

ロンドン証券取引所(LSE)は10日、トレーダーら市場参加者に対し、スタッフの多様性や精神面の健康状態改善を図るため、株式市場の取引時間の短縮を希望するかどうかを聞き取るための調査文書を公開した。五つの選択肢を用意し、取引開始の時間を現在よりも30分─1時間程度遅くしたり、終了時間を1時間程度早めたりすることなどについての意見を求めている。

仏金融市場庁、国債価格操作でモルガンSに2200万ドルの罰金

フランス金融市場庁(AMF)は10日、米金融大手モルガン・スタンレー<MS.N>が国債価格を操作したとして、2000万ユーロ(2200万ドル)の罰金を科したことを明らかにした。

スペイン証取、ユーロネクストとスイス証取が買収合戦

欧州取引所グループのユーロネクスト<ENX.PA>とスイス証券取引所(SIX)が18日、スペイン証券取引所(BME)<BME.MC>の獲得に乗り出した。

欧州市場サマリー(29日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。英国で 12月に総選挙が行われる可能性から投資家は慎重な姿勢を示した。軟調な決算が嫌気さ れた石油大手BPも相場を押し下げた。 また、米中通商協議を巡る「第1段階」の合意について、来月の署名が実現しないか もしれないとするロイターの報道を受け売りが加速した。 BPは3.8%値を下げた。原油安と生産減少によって第3・四半期利益が大 幅に減ったことが嫌気された。 EUは28日、英国の離脱期日を最長3カ月間延期することで合意したが、議会は英 国がどのような条件で離脱するのか、いつ離脱するか、離脱するべきか...

欧州株式市場=7営業日ぶり反落、軟調な決算を嫌気

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 398.37 -0.62 -0.16 398.99 FTSEユーロファース 1561.87 -3.00 -0.19 1564.87 ト300種 ユーロSTOXX50種 3622.09 -3.60 -0.10 3625.69 <.STOXX50E > 欧州株式市場は7営業日ぶりに反落して取引を終えた。軟調な決算 が相場を押し下げた。 フィンランドの製紙会社ストラエンソは5.1%下落し た。四半期利益が減ったほか、地政学的な先行き不透明感があると述べ たことが不安視...

焦点:香港取引所、ロンドン買収失敗で中国本土へ回帰

「われわれは企業版のロミオとジュリエットだ」──。香港取引所(HKEX)<0388.HK>の李小加(チャールズ・リー)最高経営責任者(CEO)は、ロンドン証券取引所(LSE)グループ<LSE.L>に対して一方的に買収を提案。不首尾に終わると、英小説「不思議の国のアリス」の著者、ルイス・キャロルの言葉を引用しながら、なお、諦め切れない心情をブログにつづった。

欧州市場サマリー(2日)

<欧州外為市場> ユーロが対ドルで1年4カ月ぶり安値に沈んだ。米中貿易摩擦が欧州経済に及ぼす悪影響への懸念が強まった。ポンドも急落。英国で総選挙が実施されるとの観測が高まっていることが背景。

ロンドン証取、第1四半期は増益 欧州デリバティブ清算機関の地位維持

英ロンドン証券取引所(LSE)グループが発表した第1・四半期(1─3月)決算は、株式取引が低調だったものの、デリバティブ(金融派生商品)清算事業が好調だった。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を控えてドイツ取引所が追い上げる中、欧州におけるデリバティブ中央清算機関としての強さを示した。

米英当局、ブレグジット後の安定的なデリバティブ取引確保で合意

米英金融規制当局は25日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)がどのような形になったとしてもデリバティブ市場に混乱が生じないようにする長期的な協定に合意した。

英清算機関3社、合意なき離脱後も顧客への業務継続 当局が認可

欧州証券市場監督局(ESMA)は、英国を本拠とするデリバティブ(金融派生商品)の清算機関が、英国が合意なく欧州連合(EU)を離脱することになってもEUの顧客に対する清算業務を継続することを認めた。無秩序離脱となった場合の混乱や金融市場への悪影響を回避する狙い。

ロンドン証取、オスロ取引所買収に関心=イブニング・スタンダード

イブニング・スタンダード紙の21日報道によると、英ロンドン証券取引所(LSE)は、ノルウェー株式市場を運営するオスロ取引所の買収に関心を示しているもようだ。報道が事実なら、 汎欧州取引所グループのユーロネクストなどとの買収合戦に発展する可能性がある。

大半の英金融機関、合意なき離脱ならEUにアクセスできず=欧州委

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は19日、英国の欧州連合(EU)離脱が合意なき離脱となった場合、銀行や保険会社など、英国の大半の金融機関がEUでサービスを提供できなくなるとの見通しを示した。

英LSE、ブレグジット前に欧州国債取引をイタリアに移転へ

英ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>は19日、来年3月に予定される英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)前に、国債の電子取引プラットフォーム「MTSキャッシュ」の欧州国債取引をロンドンからイタリアのミラノに移す計画を明らかにした。MTSキャッシュの1日平均の取引額は134億ユーロ(153億1000万ドル)に上る。このうち2割前後をミラノに移転し、英国債の取引はロンドンに残す。

EU当局、無秩序離脱時のデリバティブの扱いで規則修正を提案

欧州連合(EU)の市場監督機関である欧州証券市場監督機構(ESMA)は、来年3月に英国が合意なしにEUを離脱した場合、数兆ユーロ規模のデリバティブ(金融派生商品)の決済が行われずに混乱する事態を避けるため、ルールの一時的な修正を提案した。

欧州銀行ストレステスト、英銀苦戦 ECBは衝撃への耐性強化と評価

欧州連合(EU)の銀行監督機関である欧州銀行監督機構(EBA)が2日公表した銀行ストレステスト(健全性審査)の結果で、イタリアのバンコBPM<BAMI.MI>と並び、英国のバークレイズ<BARC.L>とロイズ・バンキング・グループ<LLOY.L>が予想外に苦戦していることが判明した。

ブレグジット後のユーロ決済のリスクを注意深く監視へ=独財務省

ドイツ財務省の報道官は1日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後にユーロの決済に関して生じる恐れのあるリスクを注意深く監視していくと述べた。

ロンドン証取、LCHへの出資比率引き上げ 80%超に

ロンドン証券取引所グループ(LSE)は19日、4億3800万ユーロ(5億0100万ドル)を支出し、ユーロ建て取引決済で欧州最大手であるLCHへの出資比率を80%超に15.1%引き上げると発表した。

デリバティブ市場、合意なき英離脱でも崖から転落せず=EU当局者

欧州連合(EU)の欧州委員会当局者は18日、英国のEU離脱によって生じるデリバティブ市場へのリスクに関する報告書を踏まえて当局が対応策を講じる可能性があるとの見方を示し、英国が合意のないまま離脱すれば市場が崖から転落するとの見方を否定した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up