for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Deutsche Bank AG

DBKGn.DE

現在値

6.03EUR

変化

-0.18(-2.84%)

出来高

15,601,188

本日のレンジ

5.92

 - 

6.12

52週レンジ

4.45

 - 

10.37

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
6.21
始値
6.08
出来高
15,601,188
3か月平均出来高
569.03
高値
6.12
安値
5.92
52週高値
10.37
52週安値
4.45
発行済株式数
2,066.10
時価総額
12,824.33
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2020 Deutsche Bank AG Earnings Release

適時開示

その他

Deutsche Bank To Temporarily Close Around 200 Branches

Deutsche Bank’s DWS Says Pandemic May Affect Ability To Meet Targets

Deutsche Bank Proposes Deutsche Boerse CEO Theodor Weimer For Supervisory Board

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Deutsche Bank AGとは

ドイツ銀行(Deutsche Bank AG)は子会社向けの銀行・持株会社である。【事業内容】同社は個人、法人及び機関投資家に対して、幅広い投資、財務及び関連商品・サービスを提供する。同社は6つの事業を運営する。グローバル市場事業は、機関と法人顧客に取引及びヘッジを含む金融商品を提供する。コーポレート・投資銀行事業は、商業銀行業務、コーポレート金融業務、及びトランザクション銀行業務を統合する。プライベート・資産・コマーシャル・クライアント事業は、プライベート・バンキング及び商業銀行、並びにの資産管理ソリューションにおける能力を組み合わせる。Deutsche 資産管理事業は、アクティブ、パッシブ戦略及び株式、債券、不動産および持続可能な投資を含む一連の資産クラスにまたがる投資能力を有する。ポストバンク事業は、小売、ビジネス、法人顧客向けのドイツの金融サービスプロバイダーであり、ノンコア事業ユニットである。

連絡先

Taunusanlage 12

60325

Germany

+49.69.91000

https://www.db.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Paul Achleitner

Independent Chairman of the Supervisory Board

Christian Sewing

Chairman of the Management Board, Chief Executive Officer

Karl von Rohr

President, Member of the Management Board

Detlef Polaschek

Independent Deputy Chairman of the Supervisory Board, Employee Representative

James von Moltke

Chief Financial Officer, Member of the Management Board

統計

3.69 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

26.4K

2018

25.3K

2019

23.2K

2020(E)

22.0K
EPS (EUR)

2017

0.930

2018

0.437

2019

-1.070

2020(E)

-0.088
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.55
株価純資産倍率(四半期)
0.21
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
326.18
長期負債/資本(四半期)
311.98
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.40

最新ニュース

最新ニュース

独政府、ルフトハンザ航空への数十億ユーロ支援で協議=関係者

ドイツ政府は、新型コロナウイルス感染拡大によって全路線の95%運休という大打撃を受けているルフトハンザ航空<LHAG.DE>に対して、数十億ユーロ規模の支援することを協議している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2日現在)

トランプ米大統領は1日、中国が公表している新型コロナウイルスの感染状況に関する統計について、「やや少ない」ようだとの見解を示した。一方、トランプ大統領の補佐官は政府として中国の統計が正確かどうか判断できないと指摘した。[nL4N2BQ223]

ドイツ銀、新型コロナで今年の役員ボーナス取りやめ検討=関係筋

ドイツ銀行<DBKGn.DE>は新型コロナウイルス危機のため、2020年の役員ボーナスを取りやめるかどうかを検討している。事情に詳しい関係筋が1日、明らかにした。

ECB、銀行に配当・自社株買い停止指示 コロナ対策で

欧州中央銀行(ECB)は27日、ユーロ圏の金融機関に対し、新型コロナウイルスによる損失に備え、少なくとも10月までは配当支払いや自社株買いを停止して資本を温存するよう指示した。

金融機関は配当や自社株買いを控えるべき=欧州銀行連盟

金融機関の業界団体、欧州銀行連盟(EBF)は、資本を充実させて貸し出しを継続するため、金融機関は配当や自社株買いを控えるべきとの認識を示した。

コラム:FRBの窓口貸出、中小銀行には「使えない」わけ

米連邦準備理事会(FRB)は、大手金融機関の力を借りて、割引窓口(ディスカウント・ウィンドウ)貸出制度の利用を拡大させようとしている。同制度の利用が与える不名誉という悪い印象を軽減するため、モルガン・スタンレー<MS.N>、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>を含む米銀大手8行が制度を利用すると表明したが、中小銀行が追随するかどうかは明らかではない。

ドイツ銀、償還可能な債券の返済オプション行使せず 市場混乱が影響

ドイツ銀行<DBKGn.DE>は、来月末に償還可能になる債券の返済オプションを行使しない方針。新型コロナウイルス感染拡大を背景とする最近の市場の混乱を受けた決定で、他の銀行が追随する可能性がある。

独経済、新型コロナの影響で20年はマイナス成長に=ドイツ銀エコノミスト

独金融最大手ドイツ銀行の主任エコノミスト(独担当)、シュテファン・シュナイダー氏は10日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、同国経済が2020年、金融危機に見舞われた09年以来となるマイナス成長に陥るとの見通しを示した。

欧米の大手金融機関、新型コロナ対策を強化 隔離措置や在宅勤務

欧米の大手金融機関が新型コロナウイルス対策を強化している。

欧州大手銀が新型コロナ対策拡大、当局は事業継続確保に焦点

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、欧州銀行大手による緊急措置が広がっている。一方、欧州連合(EU)の銀行監督当局は域内銀行の事業継続性の確保に焦点を当てているとし、必要な対策について連絡を取り合っているとした。

ドイツ銀、新型肺炎対策で英社員を分散 アマゾンは在宅勤務拡大

ドイツ銀行<DBKGn.DE>は9日、新型コロナウイルスの感染拡大への対応の一貫として、ロンドンのトレーディング部門とインフラ部門の一部社員を別の場所に移動させた。一部は在宅勤務とする可能性があるとしている。

コラム:米投資銀行、新型ウイルスで笑ったり泣いたり

銀行のトレーダーは新型コロナウイルスから恩恵を受ける数少ない部類かもしれない。感染の流行拡大の懸念から金融市場のボラティリティが急上昇した。これは一般的にトレーディング部門の収益拡大につながる。しかし、いざ給料日になったとき、状況は見た目ほど良くはないかもしれない。

欧州市場サマリー(6日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。今週は新型コロナウイルス の感染拡大による経済へのリスクが高まる中で世界的に株式が売られた。 FTSE350種銀行株指数は2.59%下落した 旅行・娯楽関連株指数は2.07%下落した。 新型ウイルスによる経済活動への打撃から、2020年の世界経済見通しは大幅に引き下げられている 。投資家の不安心理の度合いを示すとされるボラティリティ・インデックス(VIX指数)は最近、 過去最大の上昇率を記録した。 クルーズ運航世界最大手のカーニバルは7.1%下落し、12年以来の安値を付けた。運営す る客船「グランド・プリンセス...

欧州株式市場=続落、石油株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 366.80 -13.96 -3.67 380.76 FTSEユーロファースト3 1432.45 -55.86 -3.75 1488.31 00種 ユーロSTOXX50種 3232.07 -131.51 -3.91 3363.58 欧州株式市場は続落して取引を終えた。新型コロナウイルスを巡る 懸念が相場を押し下げた。原油安に伴い石油・ガス銘柄の値下がりが目 立った。 STOXX欧州600種は2019年8月以来、約7カ月ぶりの安 値を付けた。週間ベースで3週連続...

株式・債券ファンドから資金流出、新型ウイルスで=BofA

BofAがEPFRのデータを基にまとめたリポートによると、今月4日までの1週間は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、様々なファンドから資金が流出した。

英当局、ドイツ銀に資金洗浄・法令順守が不十分と警告=FT紙

2日付英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙は、英金融当局がドイツ銀行<DBKGn.DE>に対し、マネーロンダリング(資金洗浄)対応やコンプライアンス(法令順守)が不十分であると指摘した、と報じた。EU離脱後の英国市場へのアクセスが禁じられる可能性があるという。

欧米の金融大手、従業員のイタリアへの渡航制限 新型肺炎に警戒

イタリアで新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、米ゴールドマン・サックス<GS.N>やスイスの金融大手クレディ・スイス<CSGN.S>などの世界的な金融大手が従業員のイタリアへの渡航を制限していることが、関係筋の話で明らかになった。

コラム:ソフトバンクGのヘッジファンド型新投資、誰のためか

ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の巨額ファンド「ビジョン・ファンド」を率いるラジーブ・ミスラ氏は狡猾なヘッジ戦略の持ち主なのかもしれない。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は16日、ミスラ氏が上場企業に投資するため最大40億ドルの調達に動いていると報じた。このアイデアは恐らく、アブダビやカザフスタンの政府系ファンドといった可能性のある投資家にとってよりも、ミスラ氏や同氏の上司である孫正義グループ会長にとって、良い結果を生むだろう。

欧州銀行の損失吸収債発行額、最大で2160億ドル不足=規制当局

ユーロ圏の銀行救済機関「単一破綻処理委員会(SRB)」が17日公表した推定によると、域内銀行が発行している損失吸収債の2018年末時点での目標不足額が合計で最大2000億ユーロ(2160億ドル)に達していることが分かった。

MUFGとみずほ、ロンドン人員増強 EU離脱に向けた業界動向に逆行

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)<8306.T>とみずほフィナンシャルグループ<8411.T>は、過去半年間にロンドンで計100人近くの人員を新規採用し、トレーディングや投資銀行の部門の強化を図っている。金融業界全体として、欧州連合(EU)離脱が英国内の金融サービスに及ぼす影響を懸念してロンドンからEU域内に人員を移しているのとは逆の動きだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up