for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Deutsche Bank AG

DBKGn.DE

現在値

7.65EUR

変化

0.05(+0.68%)

出来高

10,709,219

本日のレンジ

7.52

 - 

7.73

52週レンジ

7.46

 - 

14.64

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
7.59
始値
7.62
出来高
10,709,219
3か月平均出来高
230.54
高値
7.73
安値
7.52
52週高値
14.64
52週安値
7.46
発行済株式数
2,032.97
時価総額
15,695.08
予想PER
4.89
配当利回り
2.63

次のエベント

Boliden AB at Deutsche Bank AG Virtual Roadshow - North America

適時開示

その他

U.S. CFTC Orders 11 financial institutions to pay over $710 mln For recordkeeping, supervision failures

Deutsche Bank Increases Prime Lending Rate To 6.25%

Deutsche Bank Appoints Neil Brady As Chief Country Officer For Ireland

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Deutsche Bank AGとは

ドイツ銀行(Deutsche Bank AG)は子会社向けの銀行・持株会社である。【事業内容】個人、法人及び機関投資家に対して、幅広い投資、財務及び関連商品・サービスを提供する。6つの事業を運営する。グローバル市場事業は、機関と法人顧客に取引及びヘッジを含む金融商品を提供する。コーポレート・投資銀行事業は、商業銀行業務、コーポレート金融業務、及びトランザクション銀行業務を統合する。プライベート・資産・コマーシャル・クライアント事業は、プライベート・バンキング及び商業銀行、並びにの資産管理ソリューションにおける能力を組み合わせる。Deutsche 資産管理事業は、アクティブ、パッシブ戦略及び株式、債券、不動産及び持続可能な投資を含む一連の資産クラスにまたがる投資能力を有する。ポストバンク事業は、小売、ビジネス、法人顧客向けのドイツの金融サービスプロバイダーであり、ノンコア事業ユニットである。

業種

Money Center Banks

連絡先

Taunusanlage 12

60325

Germany

+49.69.91000

https://www.db.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Christian Sewing

Chairman of the Management Board, Chief Executive Officer

Paul Achleitner

Independent Chairman of the Supervisory Board

Karl von Rohr

President, Member of the Management Board

Detlef Polaschek

Deputy Chairman of the Supervisory Board, Employee Representative

James von Moltke

Chief Financial Officer, Member of the Management Board

統計

2.68 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

23.2K

2020

24.0K

2021

25.4K

2022(E)

26.5K
EPS (EUR)

2019

-1.070

2020

0.670

2021

1.377

2022(E)

1.618
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.57
株価純資産倍率(四半期)
0.23
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
314.32
長期負債/資本(四半期)
304.76
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.23

最新ニュース

最新ニュース

米当局が大手金融16社に18億ドル支払い命令

米証券取引委員会(SEC)と米商品先物取引委員会(CFTC)は27日、バークレイズ、バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、UBSを含む大手金融16社に合計18億ドルの制裁金を科すと発表した。従業員が個人の携帯端末などで業務内容を含むやり取りをしていたことが理由。

米SECが大手金融16社に11億ドル支払い命令、業務通信記録保持怠る

米証券取引委員会(SEC)は27日、バークレイズ、バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、UBSを含む大手金融16社に合計11億ドルの制裁金支払いを命じる処分を科した。従業員が個人的にやり取りしていた業務に関する通信記録の保持義務を怠ったことが理由だ。

コラム:オイルマネー復活でも、西側金融機関へ還流小さい理由

有力産油国が再び巨額の資金を手にしつつある。だが、1970年代のオイルマネーブームで経験したような恩恵にあずかれると目論んでいる西側の金融機関は、失望を味わうことになる。

ロシア国債の評価額56.125セント、CDS第一次入札

[ロンドン 12日 ロイター] - デフォルト(債務不履行)したロシア国債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)清算価格を決める第一次入札が12日実施され、当該国債の評価額は額面1ドルに対し56.125セントと、当初示された「基準仲値」の48.375セントを上回った。

ロシア国債のCDS第一次入札、評価額は56.125セント

[ロンドン 12日 ロイター] - 12日に実施されたロシア国債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)第一次入札で決定された評価額は額面1ドルに対し56.125セントとなり、当初示された「基準仲値」の48.375セントを上回った。

ドイツ銀CEO、中国リスクに言及 「独の景気後退不可避」とも

ドイツ銀行のクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は7日、ドイツにとって中国が大きなリスクになっていると述べた。

JPモルガン、独でリテール人材募集 海外で非投資銀行事業拡張へ

米大手銀JPモルガンが、ドイツでリテール銀行部門設立構想に向けて人材採用を計画している。米銀勢は、うまみはあるが利益の変動の激しい投資銀行部門をより安定した事業で補おうとしており、JPモルガンとしても米国外でリテール事業を拡大する準備を進める。

米CVSヘルス、シグニファイ買収で合意 現金約80億ドル

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 米薬局チェーン大手のCVSヘルスは5日、在宅医療サービスを手がけるシグニファイ・ヘルスを現金約80億ドルで買収することで合意した。

ウォール街の一部銀行、ロシア債の取引再開 米ガイドライン受け

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米ウォール街の一部金融機関がロシア債の取引を再開していることが、ロイターが入手した文書などで分かった。

ドイツ銀行、第2四半期は51%増益 経済の先行きに警鐘

ドイツ銀行が27日発表した第2・四半期決算は51%の増益と、予想を上回った。投資銀行部門が増収となった。

ドイツ銀投資銀部門のカバレッジ責任者退社へ、後任は地域別に任命

[ニューヨーク 25日 ロイター] - ドイツ銀行投資銀行部門のカバレッジアドバイザリー担当グローバル責任者、ドリュー・ゴールドマン氏が退任し、後任は地域別の責任者を置くことが分かった。ロイターが25日、社内メモを確認した。

ゴールドマン、前豪財務相をアジア太平洋の上級顧問に起用

米金融大手ゴールドマン・サックス・グループは21日、アジア太平洋地域の上級顧問にオーストラリアのフライデンバーグ前財務相を起用した。

ガスプロム債、一部保有者が支払い受領=関係筋

[ロンドン 19日 ロイター] - ロシア国営ガス会社・ガスプロムのユーロボンドに関連する支払いが一部債権者に送付されたことが、関係者の話で19日分かった。

独金融部門に先行き不透明感、エネルギー危機で=金融監督庁長官

[ベルリン 13日 ロイター] - ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)のマーク・ブランソン長官は13日付の南ドイツ新聞のインタビューで、ロシアのウクライナ侵攻などに伴うエネルギー危機の影響について、金融部門は先行き不透明感に見舞われているとの見方を示した。

アングル:気候変動対策加速へ、「照準」変えた若者の抗議活動

街頭で気候変動への取り組みを訴えてきた若者たちが、標的を政府や大企業など具体的な「悪者」に切り替えることで、活動の実効性を高めようとしている。

コラム:ビジョン・ファンド2トップ退任のミスラ氏、次の一手

ソフトバンクグループ(SBG)の「ビジョン・ファンド2(SVF2)」のトップを退任するラジーブ・ミスラ氏は、金融バブルを逃さないという類まれな才能を持つ。元ドイツ銀行のマネジングディレクターという経歴で、2008年の世界金融危機前にはクレジット取引にどっぷり漬かっていたが、その後SBG傘下の大型ベンチャーファンドに転身した。

独銀大手トップ、ガス危機を懸念 インフレは「巨大な破壊力」

[フランクフルト 4日 ロイター] - ドイツ銀行大手のトップは4日、ロシアからのガス供給が完全に停止した場合の影響に相次いで懸念を表明した。

アングル:米国株の低落、7月が相場の分岐点か 材料目白押し

米株式市場は今年上期、1970年以来で最悪の下落を記録した。相場が下期に持ち直せるかどうかの分岐点は、決算や消費者物価指数(CPI)の発表、連邦公開市場委員会(FOMC)など重要材料が数多く控えるこの7月になるかもしれない。

欧州銀の米国部門も十分な資本保有、FRB健全性審査

23日に公表された米連邦準備理事会(FRB)による大手金融機関対象の年次ストレステスト(健全性審査)結果では、ドイツ銀行、クレディ・スイスといった欧州大手の米国部門も経済ショックを乗り切るのに十分な資本を保有していることが示された。

アングル:強まる景気後退警戒感、米国株にさらなる逆風か

米ウォール街の一部大手行の間で景気後退(リセッション)警戒感が強まっている。連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑制を目指して前のめりで金融引き締めに動き始めたからだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up