for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

DBS Group Holdings Ltd

DBSM.SI

前日終値

24.94SGD

変化

-0.11(-0.44%)

出来高

4,234,600

本日のレンジ

24.66

 - 

25.02

52週レンジ

22.65

 - 

28.64

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
25.05
始値
24.94
出来高
4,234,600
3か月平均出来高
88.85
高値
25.02
安値
24.66
52週高値
28.64
52週安値
22.65
発行済株式数
2,555.17
時価総額
64,226.61
予想PER
10.32
配当利回り
4.79

次のエベント

Q3 2019 DBS Group Holdings Ltd Earnings Release

適時開示

その他

DBS Group Holdings Maintains 2019 Outlook

DBS Group Holdings Posts Qtrly Net Interest Income S$2,429 Million

DBS Group Posts Qtrly Net Interest Income S$2.31 Bln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

DBS Group Holdings Ltdとは

DBSグループ・ホールディングス(DBS Group Holdings Ltd)は投資持株会社である。【事業内容】同社はアジアにおいて各種商業銀行業務及び金融サービスの提供に従事する子会社DBS Bank Ltdを通じて事業を運営する。同社の事業にはコンシューマー・バンキングまたはウェルス・マネジメント、 機関金融、財務省及び他事業を含む。コンシューマー・バンキングまたはウェルス・マネジメント事業は個人顧客に銀行業務と関連金融サービスを提供する。機関金融事業は銀行・非銀行金融機関、政府関連会社、法人と中小企業を含む機関顧客に金融サービスと商品を提供する。財務事業は企業、機関投資家、個人投資家、金融機関等に財務サービスを提供する。他の事業は企業の意思決定による活動を含む。

業種

Regional Banks

連絡先

12 Marina Boulevard

Marina Bay Financial Centre Twr 3

+65.6.8788888

https://www.dbs.com.sg/index/default.page

エグゼクティブリーダーシップ

Lim Huat Seah

Non-Executive Non-Independent Chairman of the Board

Piyush Gupta

Chief Executive Officer, Executive Director

Sok Hui Chng

Chief Financial Officer

Neil Ge

Chief Executive Officer of DBS Bank (China) Limited

Sebastian Paredes

Chief Executive Officer of DBS Bank (Hong Kong)

統計

2.60 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SGD)

2016

11.5K

2017

12.3K

2018

13.2K

2019(E)

14.4K
EPS (SGD)

2016

1.660

2017

1.720

2018

2.200

2019(E)

2.427
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.86
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.47
株価純資産倍率(四半期)
1.30
株価キャッシュフロー倍率
10.03
総負債/総資本(四半期)
116.48
長期負債/資本(四半期)
116.48
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
1.09

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・中盤=大半が下落、米中対立の激化を嫌気

9日中盤の東南アジア株式市場の株価は大半が下落。米中両国の閣僚級貿易協議の直前に、両国の対立が激化している状況が嫌気されている。

東南アジア株式・中盤=大半がほぼ変わらず、中国・香港休場で薄商い

7日中盤の東南アジア株式市場の株価は、大半がほぼ変わらず。中国と香港市場が祝日のため休場で、薄商いだった。一方、シンガポール市場は米株高を受けて反発した。

プルマタ銀買収で月内にも2次入札、三井住友など参加へ=関係筋

インドネシアのプルマタ銀行の買収交渉で、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>やシンガポールの複数の金融機関が株式取得の2次入札に参加する見通しであることが4日、分かった。複数の関係筋が明らかにした。買収先の資産査定を詰めたうえで、月内にも意向表明を提出する方向だ。

東南アジア株式・引け=軒並み下落、米の対EU報復関税発表で

3日の東南アジア株式市場の株価は軒並み下落した。米国が欧州連合(EU)からの輸入品に対する報復関税措置を発表したことで、世界経済の減速をめぐる懸念が強まった。

東南アジア株式・中盤=下落、米製造業指標で景気減速懸念強まる

2日中盤の東南アジア株式市場の株価は下落している。米製造業活動の縮小で世界成長減速懸念を再び強まり、長引く中国との貿易戦争の悪影響が浮き彫りになったことが背景にある。

東南アジア株式・午前=シンガポール1%高、住宅価格指数の上昇を好感

1日午前の東南アジア株式市場の株価は、シンガポール市場が銀行株と不動産株に押し上げられて1%上昇している。ただ、米中貿易摩擦を巡る新たな動きはなく、中国市場が国慶節のため休場となっていることから、その他の市場はおおむね小動き。

東南アジア株式・引け=大半が下落、米中貿易協議への期待後退

25日の東南アジア株式市場の株価は大半が下落した。シンガポール市場は、1カ月ぶり安値を付けた。米中貿易協議に関する期待が後退したことに加えて、米下院がトランプ大統領への弾劾調査を開始することを嫌気した。

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、米弾劾調査と貿易摩擦で

中盤の東南アジア株式市場は、軒並み下落。ペロシ米下院議長がトランプ大統領の弾劾訴追に向けた調査の開始を発表したことから、米政局をめぐる混乱が深まるとの観測が浮上し、投資家がリスク資産を売却している。

東南アジア株式・中盤=おおむね小動き、成長鈍化不安で

24日中盤の東南アジア株式市場の株価は、おおむね小動き。ユーロ圏のさえない景気指標や、世界的な成長鈍化をめぐる不安が要因で、リスク選好が抑制されている。

アジア株式市場サマリー:引け(23日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [23日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2977.0767 - 29.3700 - 0.98 2998.3995 2998.3995 2960.8270 前営業日終値 3006.4467 中国 CSI300指数 3890.662 -44.990 -1.14 3925.186 3925.186 3868.214 前営業日終値 3935.651 香港 ハンセン指数 26222.40 -213.27 -0.81 26463.62 26483.03 26186.01...

東南アジア株式・引け=下落、米中協議のまちまちなシグナル背景

週明け23日の東南アジア株式市場の株価は、軒並み下落して引けた。米中の直近の貿易協議をめぐりまちまちのシグナルが発せられており、両国の合意の見通しが立たないことが背景。

アジア株式市場サマリー:引け(13日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [13日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 休場 - - - - - 前営業日終値 - 中国 CSI300指数 休場 - - - - - 前営業日終値 - 香港 ハンセン指数 27352.69 +265.06 +0.98 27154.51 27366.45 27074.54 前営業日終値 27087.63 香港 ハンセン中国株指 10687.75 +95.38 +0.90 10621.52 10700.98 10585.93 数 前営業日終値 10592.37...

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米中貿易協議に進展の兆し

東南アジア株式市場の株価は大半が小幅上昇した。米中貿易協議で進展の兆しがみられたことや欧州中央銀行(ECB)の追加金融緩和策を受けて、リスク選好意欲が高まった。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米中の緊張緩和期待で

東南アジア株式市場の株価は大半が上昇した。中国は16品目の米国製品を追加報復関税の対象から外すと発表。世界経済に悪影響を与えてきた米中貿易戦争が緊張緩和に向かうとの期待感が広がり、相場を支えた。

東南アジア株式・中盤=小高い、米中貿易交渉の進展期待で

11日中盤の東南アジア株式市場の株価は大半が小高い。米中貿易交渉が進展するとの観測に加え、主要な中央銀行が一段の金融緩和策を講じるとの見方から、リスク選好意欲が強まった。

東南アジア株式・中盤=おおむね上伸、フィリピンが主導

6日中盤の東南アジア株式市場の株価は、世界的な株高の動きに追随し、おおむね上伸した。フィリピン市場が上げをけん引している。米中間の新たな貿易協議の開催が決まり、楽観的ムードが広がった。

東南アジア株式・引け=下落、貿易戦争激化を嫌気

東南アジア株式市場は軒並み下落して引けた。アジア株安につれた。先週末に米中が関税で報復合戦を演じ、長引く貿易戦争が一段と激化したことが背景。

東南アジア株式・午前=軒並み下落、対中制裁拡大を嫌気

26日午前の東南アジア株式市場の株価は、軒並み下落した。週末にかけて米中貿易摩擦が激化し投資家のリスク選好意欲が減退。世界的な株安となり、アジア各地の市場も追随した。

アジア株式市場サマリー:引け(21日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [21日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2880.3307 + 0.3295 + 0.01 2875.4708 2885.5861 2872.5573 前営業日終値 2880.0012 中国 CSI300指 3781.758 -5.975 -0.16 3778.309 3792.596 3775.447 数 前営業日終値 3787.732 香港 ハンセン指数 26270.04 +38.50 +0.15 26160.54 26318.13 26075.91...

東南アジア株式・引け=大半が下落、FRB関連イベントに注目

21日の東南アジア株式市場の株価は、大半が下落して引けた。市場では、この日公表される7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨や、今週開かれる米連邦準備制度理事会(FRB)のジャクソンホールでの年次シンポジウムが注目されていた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up