for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

DBS Group Holdings Ltd

DBSM.SI

現在値

26.35SGD

変化

0.02(+0.08%)

出来高

2,347,500

本日のレンジ

26.32

 - 

26.45

52週レンジ

23.86

 - 

28.64

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
26.33
始値
26.45
出来高
2,347,500
3か月平均出来高
83.15
高値
26.45
安値
26.32
52週高値
28.64
52週安値
23.86
発行済株式数
2,554.62
時価総額
67,559.73
予想PER
10.72
配当利回り
4.55

次のエベント

Full Year 2019 DBS Group Holdings Ltd Earnings Release

適時開示

その他

DBS Group Says DBS China Receives Bond Settlement Agent Licence For China's Interbank Bond Market

DBS Group Holdings Says 2020 NIM Expected To Decline By About 7 BPS

DBS Group Holdings Posts Qtrly Net Profit Of S$ 1,629 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

DBS Group Holdings Ltdとは

DBSグループ・ホールディングス(DBS Group Holdings Ltd)は投資持株会社である。【事業内容】同社はアジアにおいて各種商業銀行業務及び金融サービスの提供に従事する子会社DBS Bank Ltdを通じて事業を運営する。同社の事業にはコンシューマー・バンキングまたはウェルス・マネジメント、 機関金融、財務省及び他事業を含む。コンシューマー・バンキングまたはウェルス・マネジメント事業は個人顧客に銀行業務と関連金融サービスを提供する。機関金融事業は銀行・非銀行金融機関、政府関連会社、法人と中小企業を含む機関顧客に金融サービスと商品を提供する。財務事業は企業、機関投資家、個人投資家、金融機関等に財務サービスを提供する。他の事業は企業の意思決定による活動を含む。

業種

Regional Banks

連絡先

12 Marina Boulevard

Marina Bay Financial Centre Twr 3

+65.6.8788888

https://www.dbs.com.sg/index/default.page

エグゼクティブリーダーシップ

Lim Huat Seah

Non-Executive Non-Independent Chairman of the Board

Piyush Gupta

Chief Executive Officer, Executive Director

Sok Hui Lim

Chief Financial Officer

Neil Ge

Chief Executive Officer of DBS Bank (China) Limited

Sebastian Paredes

Chief Executive Officer of DBS Bank (Hong Kong)

統計

2.44 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SGD)

2016

11.5K

2017

12.3K

2018

13.2K

2019(E)

14.6K
EPS (SGD)

2016

1.660

2017

1.720

2018

2.200

2019(E)

2.457
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.01
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.55
株価純資産倍率(四半期)
1.33
株価キャッシュフロー倍率
10.09
総負債/総資本(四半期)
121.49
長期負債/資本(四半期)
121.49
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
1.11

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・引け=おおむね上昇、バンコクは大幅高

東南アジア株式市場はおおむね上昇して終了した。バンコク市場の上昇率が域内最大となった。第1段階の米中貿易合意の署名を受け、リスク選好が改善した。

東南アジア株式・中盤=軒並み反発、中東情勢のリスク低下

9日中盤の東南アジア株式市場の株価は、米国とイランのコメントで中東の紛争拡大に対する警戒感が後退したことを受け、前日から反発。中国の卸売物価指数(PPI)や消費者物価指数(CPI)が景気対策の奏功を示したことも、地合いを支援している。

東南アジア株式・中盤=大幅安、イランの米軍攻撃受けリスク回避

8日中盤の東南アジア株式市場の株価は大幅下落した。イランがイラクにある駐留米軍基地に弾道ミサイルを発射したことを受けて中東の緊張が高まり、投資家がリスク回避に転じた。

東南アジア株式・引け=軒並み上昇、中東情勢懸念が後退

東南アジア株式市場は、タイ主導で軒並み上昇。米国、イラン間の情勢で新たな緊迫化が見られないことから市場では安心感が広がり、相場を下支えした。

アジア株式市場サマリー

中国株式市場は反発。上海総合指数は約8カ月ぶりの高値で引けた。中東情勢の緊張に対する懸念がやや後退し、米中通商協議の「第1段階」合意の進展や当局による政策支援に再び注目が集まった。

東南アジア株式・中盤=おおむね反発、クアラルンプールが大幅高

7日中盤の東南アジア株式市場の株価は、おおむね反発している。米国とイランの間に新たな威嚇の応酬がないことから、投資家の間で地政学的対立が広がるとの見方が後退している。

東南アジア株式・中盤=マニラ反落、その他は小動き

中盤の東南アジア株式市場では薄商いの中、マニラ市場が3日ぶりに反落。一方、シンガポール市場は製造業データの発表を前に、金融株に押し下げられている。

アジア株式市場サマリー:引け(13日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [13日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2967.6764 + 51.9781 + 1.78 2937.7763 2969.9809 2935.8490 前営業日終値 2915.6983 中国 CSI300指 3968.221 +77.197 +1.98 3928.004 3969.457 3925.276 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 3891.024 香港 ハンセン指数 27687.76 +693.62 +2.57 27494.51...

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米中合意期待で 英選挙結果も好感

13日の東南アジア株式市場の株価は、大半の市場が上昇して引けた。米中が貿易戦争緩和に向けて近く合意する可能性があるとの報道が背景。また英総選挙でジョンソン首相率いる保守党が大勝したことで、英国が速やかにEU離脱を行う見通しとなったことも市場のリスク選好を高めた。

プルマタ銀買収交渉、三井住友が最も真剣な提案=インドネシア当局

インドネシア金融庁(OJK)のプルノモ副長官は29日、同国のプルマタ銀行買収に名乗りをあげていた金融機関のうち、候補が外資系2社に絞られており、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>傘下の三井住友銀行が最も真剣な提案を行っていると述べた。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、香港法めぐる米中対立を懸念

中盤の東南アジア株式市場は薄商いの中、大半が下落。香港の抗議活動を支持する米国の新法が米中貿易協議に悪影響を及ぼす可能性があるとの懸念が投資家の間に広がった。

プルマタ銀買収交渉でOCBCが離脱、三井住友が最有力に=関係筋

インドネシアのプルマタ銀行買収で、有力候補の一角だったシンガポールのオーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)<OCBC.SI>が交渉から離脱する方針を固めたことが15日、分かった。複数の関係筋が明らかにした。三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>が優位に立ったかたちで、買収額など詰めの協議を年内にも本格化させる見通しだ。

アジア株式市場サマリー:引け(11日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [11日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2909.9746 - 54.2103 - 1.83 2949.9619 2949.9619 2906.7690 前営業日終値 2964.1849 中国 CSI300指 3902.978 -70.032 -1.76 3948.619 3948.619 3897.550 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 3973.011 香港 ハンセン指数 26926.55 -724.59 -2.62 27361.41...

東南アジア株式・引け=下落、香港デモ激化が地合い圧迫

11日の東南アジア株式市場の株価は下落して終了した。バンコク市場が最も下落した。香港の抗議デモが激化したことや米中貿易協議をめぐる不透明感を受けて、地合いが圧迫された。

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、米中貿易協議の不透明感で

11日午前の東南アジア株式市場の株価は軒並み下落。米中が激しい貿易戦争を終わらせるのか不透明感が生じていることや、中国指標の発表を受けて景気減速への懸念が表面化し、相場を圧迫した。

三井住友やOCBC、プルマタ銀買収合戦に参加へ=関係筋

三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>とシンガポールの大手銀オーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)<OCBC.SI>がそれぞれ、インドネシアのプルマタ銀行<BNLI.JK>買収合戦への参加に向けて準備を進めている。複数の関係筋が7日、明らかにした。

東南アジア株式・中盤=おおむね上昇、米中貿易合意を楽観

5日中盤の東南アジア株式市場の株価は、おおむね上昇している。米中が「貿易戦争」休戦に向けて動いていることや、中国人民銀行(中央銀行)が2016年以来となる中期貸出制度(MLF)の金利引き下げを決めたことが材料視されている。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米中貿易協議進展の兆しで

4日の東南アジア株式市場の株価は大半が上昇して引けた。米中貿易協議における進展の兆しを受けて、投資家の地合いが改善し、バンコク市場が上昇を主導した。 バンコク市場のSET指数は1.87%高の1622.25と約2週間ぶりの高値で終了した。 フィリップ・キャピタル・タイランドのアナリストは「先週、SET指数は1600を下回る水準で引けた。そのため、銀行や電気のような大手企業セクターに特にいくらか買いが入った」と述べた。 また、タイ中央銀行が6日の金融政策決定会合で利下げを行うとの見通しも、バンコク市場の地合いを下支えた。 公益事業株と資源株...

東南アジア株式・中盤=おおむね上昇、米利下げ背景に

中盤の東南アジア株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が市場予想通り政策金利を0.25%引き下げたことを受け、シンガポール市場が主導する形でおおむね上昇している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up