for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ディアー・アンド・カンパニー

DE.N

現在値

239.53USD

変化

2.65(+1.12%)

出来高

193,241

本日のレンジ

237.12

 - 

240.00

52週レンジ

106.22

 - 

243.32

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
236.88
始値
237.12
出来高
193,241
3か月平均出来高
34.03
高値
240.00
安値
237.12
52週高値
243.32
52週安値
106.22
発行済株式数
313.37
時価総額
74,232.21
予想PER
--
配当利回り
1.28

次のエベント

Deere & Co Split For DE.BA - Ratio 5-1

適時開示

その他

Deere Sets Regular Quarterly Dividend Of $0.76 Per Share

Deere Says Small Tractor Sales Have Stayed Strong - Conf Call

Deere Sees FY 2020 Equipment Operations Capex Of About $850 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ディアー・アンド・カンパニーとは

ディア(Deere & Company)は機器の操作に従事する。【事業内容】同社は金融サービスを提供する。同社は3つの事業区分を運営する。農業・芝生事業は、農業・芝生設備および関連するサービス部品のラインを製造・流通する。建設・林業事業は、建設機械のライン、世界で利用可能な林業機械と付属品を提供する。また、フリート管理テレマティクスソリューションの提供に従事する。金融サービス事業は、主に新規・中古の農業機械設備、建設と林業機器の販売代理店による販売およびリースの調達を行っている。また、前述の機器のディーラーに卸売金融を提供し、小売リボルビングチャージ口座の資金調達を行い、拡張機器保証を提供する。

業種

Constr. & Agric. Machinery

連絡先

1 John Deere Pl

MOLINE, IL

61265-8098

United States

+1.309.7658000

https://www.deere.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John C. May

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Ryan D. Campbell

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Cory J. Reed

President - Worldwide Agriculture & Turf Division, Americas and Australia, Global Harvesting and Turf Platforms, and Ag Solutions

John Stone

President - Worldwide Construction & Forestry and Power Systems

Markwart von Pentz

President - Worldwide Agriculture & Turf Division Global Tractor and Hay & Forage Platforms, Europe, CIS, Asia, Africa

統計

2.26 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

25.9K

2018

33.4K

2019

34.9K

2020(E)

30.0K
EPS (USD)

2017

6.680

2018

9.390

2019

9.940

2020(E)

7.506
株価売上高倍率(過去12カ月)
28.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.08
株価純資産倍率(四半期)
5.76
株価キャッシュフロー倍率
15.45
総負債/総資本(四半期)
376.11
長期負債/資本(四半期)
264.10
投資利益率(過去12カ月)
5.33
自己資本利益率(過去12カ月)
3.57

最新ニュース

最新ニュース

アングル:米キャタピラー、コロナ対策で自動運転技術に賭ける

米建設機械大手キャタピラー<CAT.N>が自動運転分野に力を入れている。作業員が乗り込んで操縦する必要がなく、鉱業企業などの顧客が新型コロナウイルスの大流行で感染防止策を迫られる中で、将来有望な市場と見込んでいるためだ。

NY市場サマリー(21日)=S&Pとナスダック最高値、ドルは対ユーロで上昇

<為替> 経済指標で米経済がユーロ圏経済をアウトパフォームしていることが示されたことを受け、ドルが対ユーロで上昇した。

米株はS&Pとナスダック最高値更新、底堅い指標手掛かり

米国株式市場は続伸。ダウ平均株価<.DJI>は190ドル値上がりしたほか、S&P総合500種指数<.SPX>とナスダック総合指数<.IXIC>がともに終値で最高値を更新した。底堅い経済指標が買い手掛かりになった。

米ディア、2-4月期収益は予想ほど落ち込まず 農家救済策受け

米農業機械メーカーのディアが22日発表した第2・四半期(5月3日まで)決算は、売上高と利益の落ち込みが予想ほど悪化しなかった。

米自動車部品メーカー、相次ぎ工場再稼働、感染再拡大に懸念も

全米で封鎖措置が緩和される中、自動車産業が集積する米中西部ミシガン州では11日、複数の自動車部品メーカーが工場を再稼働させ、今月18日の自動車メーカーの生産再開に備えた。ただ、新型コロナウイルス感染の第2波に対する警戒は強い。

NY市場サマリー(21日)

<為替> ドルが広範な通貨に対し下落した。2月の米購買担当者景気指数(PMI)は新型コロナウイルスへの懸念の高まりを背景にサービス業と製造業がともに低調で、ドル売りにつながった。

米国株は下落、新型肺炎懸念やさえない米指標受け

米国株式市場は下落して取引を終えた。ナスダックの下落率は約3週間ぶりの大きさだった。新型コロナウイルスの感染拡大に加え、米経済指標がさえない内容だったことで、米経済成長に対する懸念が高まった。

NY市場サマリー(27日)

<為替> ドルが主要通貨に対して上昇。感謝祭を控え薄商いとなる中、底堅い米経済指標を手掛かりにドルが買われた。

米国が連日最高値、堅調な経済指標で

米国株式市場は続伸し、主要株価指数が連日で最高値で引けた。経済指標で国内景気の底堅さが示されたほか、米中通商協議に対する慎重ながらも楽観的な見方が、引き続き投資家心理を支えた。感謝祭の祝日を前に、商いは薄かった。

米製造業大手が決算発表へ、通商紛争の影響見極め

今週は米製造業大手が発表する第3・四半期決算が注目される。米経済の足腰の強さと米中通商紛争の影響を見極める重要な材料を投資家に提供するためだ。

米国株は大幅高、ドイツ財政出動巡る報道で資金回帰

米国株式市場は大幅高で取引を終えた。債券上昇の一服に加え、ドイツの財政出動を巡る報道が株式市場への資金回帰につながった。

NY市場サマリー(16日)

第2・四半期決算の発表は終盤に差し掛かっている。リフィニティブによると、S& P500構成銘柄のうち459社が決算を発表し、73%がコンセンサス予想を上回った 。S&P500構成銘柄の第2・四半期の増益率は前年比で2.9%と見込まれている。 ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を3.36対1の比率 で上回った。ナスダックは3.69対1で値上がり銘柄数が多かった。 米取引所の合算出来高は66億1000万株。直近20営業日の平均は75億400 0万株。 米国株式市場: <金先物> 米株高となる中で売りが先行し、反落した。...

トランプ米大統領、ドル高に不満表明 FRBを改めて批判

トランプ米大統領は8日、ドル高に対する不満を再表明し、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策が製造業に悪影響を及ぼしていると改めて批判した。

アングル:トランプ氏の対中貿易戦争、「勝ち組」と「負け組」

米企業は半導体からトラクターまであらゆる業種が、対中通商紛争や鉄鋼関税引き上げなどトランプ米大統領が仕掛けた貿易戦争の影響を受けたと説明している。

NY市場サマリー(17日)

キャタピラー、3M、テクストロン、ゼネラル・ダイナミク ス、フェデックスが軒並み安。S&P工業は1.1%安となった 。 S&P主要11業種では、S&P公益事業を除く10セクターが下落。S &P工業とS&Pエネルギーが最も値下がりした。 個別銘柄では、米スポーツ用品小売アンダーアーマーが7.8%高。JPモ ルガンが投資判断を「オーバーウエート」に引き上げた。 一方、画像共有サイトのピンタレストは13.5%安。同社が16日に示し た2019年通年の売上高見通しはアナリストの予想とほぼ一致。ただ最近上場し、株価 動向が好調な同社への期待は高く...

米株は工業株主導で下落、通商巡る緊張続く

米国株式市場は下落して取引を終えた。通商面での緊張が続き、工業株やハイテク株が軟調に推移した。

米ディア、通年見通し下方修正 米中貿易摩擦で農業部門が打撃

米農業機械メーカーのディアが発表した第2・四半期(4月28日まで)決算は、5四半期連続で利益が予想を下回った。米中貿易摩擦で農業産業が打撃を受け、農業機械に対する需要が損なわれる恐れがあるとして、同社は通年業績見通しを下方修正した。

米国株が上昇、米中通商合意への期待で ダウ・ナスダック8週連続値上がり

米国株式市場は主要株価3指数がそろって上昇。米中が貿易摩擦解消に向け通商合意にこぎ着けるとの期待が株価への追い風となった。

NY市場サマリー(15日)

<為替> ドルが値下がりした。サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁が、年内の利上げは不要との考えを示唆し、ハト派的な発言と受け止められた。

ホットストック:クボタがしっかり、米ディアの農機売上高見通しを好感

クボタがしっかり。 米農業機械メーカーのディアが21日発表した2019年度(18年11月─19年10月)の純利益見通しは約36億ドルとなった。1株あたり11.10ドルとなり、リフィニティブのデータによるアナリストの予想平均(同11.47ドル)を下回った。ただディアの株価は21日の米国市場で2%を超す上昇。同社によると、米国では買い替え需要や中西部での記録的な収穫量などを背景に、業界全体の北米農機売上高は最大5%押し上げられるという。農機メーカーの北米需要に対する前向きな見方を背景に買いが入った。井関農機、丸山製作所も底堅い。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up