for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ディアー・アンド・カンパニー

DE.N

現在値

348.99USD

変化

5.31(+1.55%)

出来高

23,780

本日のレンジ

348.63

 - 

350.00

52週レンジ

283.95

 - 

446.02

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
343.68
始値
348.89
出来高
23,780
3か月平均出来高
35.83
高値
350.00
安値
348.63
52週高値
446.02
52週安値
283.95
発行済株式数
305.64
時価総額
105,050.00
予想PER
14.74
配当利回り
1.32

次のエベント

Q3 2022 Deere & Co Earnings Call

適時開示

その他

Deere Says Will Move Cab Production From Tractor And Cab Assembly Operations In Waterloo, Iowa To Ramos Component Works In Mexico

Deere & Co Declared Quarterly Dividend Of $1.13 Per Share

Deere & Co - Sees FY2022 Equipment Operations Capex Of About $1.18 Billion

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ディアー・アンド・カンパニーとは

ディア・アンド(Deere & Co)は、農業及び建設業界を支援し、インテリジェントで、かつ機能的に結びついた機械及びアプリケーションを製造する。【事業内容】生産・精密農業セグメントは、大粒穀物・小粒穀物・綿花・砂糖の生産規模に応じた、顧客価値を引き出す機器と技術ソリューションをグローバルに開発・提供する。小規模農業及び芝生セグメントは、酪農家、畜産家、農家、芝生や公共施設の顧客向けに、顧客価値を高める機器や技術ソリューションをグローバルに開発・提供する。建設・林業セグメントは、土木、林業、及び道路建設の生産システムに沿って編成された各種機械及び技術ソリューションを開発・提供する。金融サービスセグメントは、主に、ジョンディアのディーラーによる生産用・精密農業用・小型農業用・芝生用・建設用・林業用の新車・中古車の販売およびリースに資金を提供する。

業種

Constr. & Agric. Machinery

連絡先

One John Deere Place

MOLINE, IL

61265-8098

United States

+1.309.7658000

https://www.deere.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John C. May

Chairman of the Board, President, Chief Executive Office r

Rajesh Kalathur

Chief Financial Officer, President - John Deere Financial and Senior Vice President, Global Information Technology

Ryan D. Campbell

President, Worldwide Construction and Forestry and Power Systems

Cory J. Reed

President, Worldwide Agriculture & Turf Division, Production & Precision Ag, Sales & Marketing Regions of the Americas and Australia

Markwart von Pentz

President, Worldwide Agriculture & Turf Division, Small Ag & Turf, Sales & Marketing Regions of Europe, CIS, Asia and Africa

統計

2.18 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

34.9K

2020

31.3K

2021

39.7K

2022(E)

47.0K
EPS (USD)

2019

9.940

2020

8.690

2021

18.990

2022(E)

23.349
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.93
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.31
株価純資産倍率(四半期)
5.56
株価キャッシュフロー倍率
13.36
総負債/総資本(四半期)
258.50
長期負債/資本(四半期)
171.64
投資利益率(過去12カ月)
10.87
自己資本利益率(過去12カ月)
7.28

最新ニュース

最新ニュース

ロシア、ウクライナ産食料輸出をアゾフ海経由で「支援」=ロ副首相

ロシアのアブラムチェンコ副首相は16日、ロイターのインタビューに応じ、ロシア軍が押収した穀物を同国が盗んで売っているとのウクライナ側の批判を否定し、自分たちはウクライナ産の穀物や食料油用種子がアゾフ海のロシア勢力下の拠点を通じて輸出されるのを手助けしていると主張した。

NY市場サマリー(20日)ダウ反発も8週連続安、ドルは対ユーロで上昇

<為替> ドルが対ユーロで上昇。米連邦準備理事会(FRB)による積極的な引き締めの動きが経済成長の足かせになるという懸念が台頭し、リスク選好度が低下した。

米国株式市場=ダウ反発も8週連続下落、S&P弱気相場入り辛うじて回避

米国株式市場は不安定な値動きとなった後、まちまちで終了。ダウ工業株が反発する一方、ナスダック総合は続落。S&P総合500はほぼ変わらずで引け、弱気相場入りを辛うじて回避した。

米ディア、2─4月期売上高が予想未達 株価13%超下落

米農業機械メーカーのディアが20日発表した第2・四半期(5月1日まで)決算は、純売上高が120億ドルと市場予想の132億ドルを下回った。まだ重機部品の確保が難しくなっていると発表した。

訂正ロシア事業停止の動き加速、ファーストリテや米大手金融も

ファーストリテイリングは10日、ロシア事業を停止すると発表、これまでの営業継続方針を一転させた。ウクライナ侵攻に関連し、主要国の企業にロシア事業の停止や撤退・縮小の動きが一段と広がっている。

ロシア事業の縮小・停止相次ぐ、ネスレやフィリップ・モリスなど

ウクライナ侵攻を受けて多国籍企業がロシア事業を修正する動きは9日も続き、食品大手ネスレやたばこ大手フィリップ・モリスが事業の縮小や停止を発表した。ロシアによる侵攻に反対する立場を明確にするよう求める消費者からの圧力が強まっている。

米竜巻被害のケンタッキー州、養鶏所や穀物施設も被災

10日に米ケンタッキー州を襲った竜巻は、農業機械大手ディア・アンド・カンパニーや鶏肉加工大手ピルグリムズ・プライドといった企業の施設にも大きな被害をもたらした。

アングル:全米に広がる労働者のスト、雇用ひっ迫でさらに強気化

米国全土では何千人もの労働者が賃上げや働く環境の改善を求めてストライキを続けている。ハリウッドのメークアップアーチストやカメラ技術者らは週末に交渉がまとまってストを回避したものの、ストを行っている労働者は雇用市場の需給ひっ迫などによって一段と意気軒昂の様子だ。

アングル:収穫期迎える米農業、ここでも頭痛の種は「部品不足」

米イリノイ州の農家、デール・ハッデンさんは困り果てていた。 コンバイン収穫機用のスペアタイヤが手に入らないのだ。収穫スタッフには、タイヤを傷つける金属屑を避けるため、今年の秋は路肩を走らないように注意した。

NY市場サマリー(20日)ドル小幅安、株価大幅高

<為替> ドルが小幅安。リスク選好度が高まる中、一時付けていた9カ月半ぶり高値から下げに転じた。しかし、新型コロナ変異ウイルス「デルタ株」の感染拡大を巡る懸念が広がる中、ドルの短期的な見通しは引き続き良好とみられる。

米国株式市場=大幅高、テーパリング懸念後退で 週間では下落

米国株式市場は大幅高となった。米連邦準備理事会(FRB)によるテーパリング(量的緩和の縮小)の早期着手を巡る懸念が後退した。

NY市場サマリー(11日)ダウ・S&P最高値、ドル下落

<為替> ドルが下落。朝方発表された7月の米消費者物価指数の伸びが前月比で鈍化し、米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和の縮小(テーパリング)開始への圧力が一部和らいだ。

米国株式市場=ダウとS&P最高値、インフレ率の伸び鈍化で

米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が終値ベースの最高値を更新した。米インフレ率の伸びがピークを付けたことを示唆する経済指標を受けた。一方、大規模なインフラ法案が可決されたことで、経済成長に関連するセクターが買われた。

NY市場サマリー(10日)ダウ・S&P最高値更新、ドル小幅高

<為替> ドルが小幅高。対ユーロでは4カ月超ぶりの高値を付けた。堅調な内容だった前週末の米雇用統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)が早期にテーパリング(量的緩和の縮小)に着手するとの見方が引き続きドルの買い手掛かりとなった。

米国株式市場=ダウ・S&P最高値更新、インフラ法案可決で

米国株式市場は、ダウ工業株30種とS&P総合500種が上昇し、終値としての最高値を更新した。議会上院で超党派による1兆ドル規模のインフラ投資法案が可決されたことを受け、バリュー株に買いが入った。

NY市場サマリー(10日)ダウ・S&P最高値更新、ドル小幅高

<為替> ドルが小幅高。対ユーロでは4カ月超ぶりの高値を付けた。堅調な内容だ った前週末の米雇用統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)が早期にテーパリング(量 的緩和の縮小)に着手するとの見方が引き続きドルの買い手掛かりとなった。 ドル指数は3日続伸し、約3週間ぶりの高値を付けた。終盤では0.1%高。 暗号資産(仮想通貨)では、ビットコインが1.7%安の4万5530. 05ドル。オーバーナイトでは4万6759ドルと3カ月ぶりの高値を付けていた。イー サは0.9%安の3139.15ドル。 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は9日、あと...

ホットストック:コマツが堅調、米キャタピラー株高の流れが波及

コマツが堅調に推移している。前週末の米国株式市場で、工業株がS&P総合500種指数を下支えし、農業機械メーカーのディアや重機メーカーのキャタピラーが大幅高なった流れから買いが波及した。

NY市場サマリー(19日)米株横ばい、ドル下落

<為替> 高リスク通貨に資金が流れドルが下落した。一連の経済指標が予想より良好だったことや、バイデン米政権が進める1兆9000億ドルの新型コロナウイルス対策が実現するとの期待でリスク選好度が上昇した。

米株は横ばい、ハイテク株から景気循環株へ乗り換え進む

米国株式市場はおおむね横ばい。新型コロナウイルス禍後の繰越需要を見越し、これまで値上がりしていたハイテク株から景気循環株への乗り換えが進んだ。

アングル:米キャタピラー、コロナ対策で自動運転技術に賭ける

米建設機械大手キャタピラー<CAT.N>が自動運転分野に力を入れている。作業員が乗り込んで操縦する必要がなく、鉱業企業などの顧客が新型コロナウイルスの大流行で感染防止策を迫られる中で、将来有望な市場と見込んでいるためだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up