for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Dell Technologies Inc

DELL.N

現在値

72.10USD

変化

1.19(+1.68%)

出来高

557,845

本日のレンジ

70.70

 - 

72.26

52週レンジ

25.55

 - 

72.26

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
70.91
始値
71.04
出来高
557,845
3か月平均出来高
39.49
高値
72.26
安値
70.70
52週高値
72.26
52週安値
25.55
発行済株式数
745.00
時価総額
52,658.50
予想PER
9.50
配当利回り
--

次のエベント

Dell Technologies Inc at UBS Global TMT Conference (Virtual)

適時開示

その他

Dell Qtrly EPS $1.08

Temasek Holdings (Private) Ltd Cuts In Dell And Tencent Music

Dell Technologies, Fedex, Switch Team Up To Deliver Exascale Multi-Cloud Capabilities To Edge

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Dell Technologies Incとは

デル・テクノロジーズ(Dell Technologies Inc.)(旧名: Denali Holding Inc.)は情報技術(IT)ソリューションの提供に従事する会社である。【事業内容】同社はクライアント・ソリューション事業、企業ソリューション・グループ(ESG)事業の2つの事業を運営する。クライアント・ソリューション事業は商業・消費者顧客に、デスクトップ、シンクライアント製品、ノートブック、並びにクライアント・ソリューション・ハードウェアの販売に関連するサービス及びサードパーティ製のソフトウェアと周辺機器を販売する。製品はデスクトップPC、ノートブック、タブレットなどのハードウェア、モニタ、プリンタ、プロジェクタなどの周辺機器、サードパーティのソフトウェアや周辺機器などの製品が含まれる。また、クラウド対応のデータ分析とインフラストラクチャ管理サービスを提供する。ESG事業はサーバー、ネットワーキングとストレージ、並びにESGハードウェアの販売に関連するサービス及びサードパーティ製のソフトウェアと周辺機器を含む。同社は製品を設計、開発、製造、販売、サポートし、サービスを提供する。

業種

Computer Hardware

連絡先

ONE DELL WAY

ROUND ROCK, TX

78682

United States

+1.800.2893355

https://www.delltechnologies.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael S. Dell

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Marius A. Haas

President, Chief Commercial Officer

Thomas W. Sweet

Chief Financial Officer

Howard D. Elias

President, Services and Digital

William F. Scannell

President, Global Enterprise Sales and Customer Operations, Dell EMC

統計

2.26 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

79.9K

2019

91.3K

2020

92.5K

2021(E)

89.8K
EPS (USD)

2018

4.750

2019

5.940

2020

7.350

2021(E)

6.358
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.13
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.57
株価純資産倍率(四半期)
59.50
株価キャッシュフロー倍率
6.48
総負債/総資本(四半期)
3,536.24
長期負債/資本(四半期)
3,072.70
投資利益率(過去12カ月)
4.10
自己資本利益率(過去12カ月)
2.19

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:半導体関連株がしっかり、SOX指数の最高値更新も追い風に

半導体関連株がしっかり。アドバンテストが17日の年初来高値7390円を更新したほか、東京エレクトロン、信越化学工業は連日の上場来高値更新となっている。前日の米国株式市場でフィラデルフィア半導体指数(SOX)が、今月9日に付けた最高値2604.50を更新したことが追い風になっている。

米デル、8─10月は予想外の増収 在宅勤務が追い風

米デル・テクノロジーズが発表した第3・四半期(8─10月)決算は予想外の増収となった。新型コロナウイルスの流行を受けた在宅勤務や在宅学習の増加で、デスクトップパソコンやノートパソコンの販売が拡大した。

中国レノボ、7─9月は53%増益 在宅勤務関連需要が寄与

中国のパソコン(PC)大手、レノボ・グループ(聯想集団)<0992.HK>の7─9月期決算は予想を上回る増益となった。レノボは、引き続き新型コロナウイルス禍で「ニューノーマル」となった在宅勤務関連の恩恵を受けていると説明した。

米インテル、11世代プロセッサー発表 シェア奪還目指す

米インテル<INTC.O>は2日、ノートパソコン向けの第11世代コアプロセッサー「Tiger Lake」を発表した。競合からのシェア奪還を目指すとともに、パソコンに自社開発のプロセッサー搭載を計画するアップル<AAPL.O>に対抗する。

NY市場サマリー(28日)円は首相辞任で安全買い、S&P・ナスダック最高値

<為替> 米連邦準備理事会(FRB)が前日に発表した新戦略で米金利が低水準にとどまることが示唆されたことを受け、ドルが下落した。一方、円は安倍晋三首相の辞任表明を受け安全買いが入り、上昇した。

米S&P・ナスダック最高値、ダウ年初来プラス回復 ハイテク主導

米国株式市場はハイテク株の上昇が主導し、S&P総合500種<.SPX>が6営業日連続で終値での最高値を更新した。ナスダック総合<.IXIC>も反発し、終値での最高値を更新。ダウ工業株30種<.DJI>は年初来プラスを回復した。

米デル、5─7月決算が予想上回る 在宅勤務増加でPC需要堅調

米デル・テクノロジーズが発表した第2・四半期(5─7月)決算は、売上高が市場予想よりも小幅な減少にとどまり、利益も予想を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う在宅勤務やオンライン学習の増加でノートブックパソコン(PC)やソフトウエア製品の需要が堅調だった。

インドが中国からの輸入審査を強化、ホンハイなど影響=関係筋

中国との国境問題が再燃しているインドが、中国からの輸入手続きを強化し、米アップル<AAPL.O>製品の生産を受託している鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>などのインド工場で操業に影響がでている。

アップル、米新興ソフト企業を買収 業務用デバイス管理を強化へ

米アップル<AAPL.O>は、サンフランシスコに本拠を置く新興ソフトウエア企業のFleetsmithを買収した。Fleetsmithがブログで発表し、アップルがこれを確認した。

NY市場サマリー(24日)ダウ710ドル安、ドル上昇

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが上昇。米国の新型コロナウイルス感染者増加を受け、景気の早期回復期待が後退。米国が欧州の製品に関税発動を検討していることも影響した。

ダウ急落710ドル安、コロナ感染再拡大で景気悪化懸念

米国株式市場は、国内で新型コロナウイルス感染が再び拡大していることを受け、急落し、ダウ平均株価<.DJI>は710ドル安で終了した。ロックダウン(都市封鎖)などの感染拡大抑制策が再び実施され、景気が一段と悪化するとの懸念が出る中、主要3指数の下落率は約2週間ぶりの大きさとなった。

アップルなど中国生産の米製品、印で足止め 軍事衝突の影響=関係筋

米アップル<AAPL.O>やシスコ<CSCO.O>、デル<DELL.N>などの製品がインド港湾で足止めされていると、関係筋が24日明らかにした。中国との国境係争地での軍事衝突を背景に、インドが主要港で中国からの輸入製品に対する通関手続きを停止しているという。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(29日現在)

イタリア国家統計局(ISTAT)が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前四半期比5.3%減と、現行方式の統計が始まった1995年以来で最大のマイナス幅となった。

中国レノボ、1─3月は64%減益 市場予想は上回る

中国のパソコン大手、レノボ・グループ(聯想集団)<0992.HK>が20日発表した第4・四半期(1─3月)決算は、純利益が新型コロナウイルス感染拡大の影響で大幅減となったが、市場予想は上回った。

中国レノボ、1─3月は64%減益 市場予想は上回る

中国のパソコン大手、レノボ・グループ(聯想集団)が20日発表した第4・四半期(1─3月)決算は、純利益が新型コロナウイルス感染拡大の影響で大幅減となったが、市場予想は上回った。同社は、在宅勤務の常態化によるプラス効果を指摘した。

中国ハッカー集団のスパイ行為、1月下旬以降に急増=米調査会社

米サイバーセキュリティー会社ファイア・アイ<FEYE.O>は25日に公表したリポートで、中国のハッカー集団の仕業とみられるサイバー攻撃によるスパイ行為が1月下旬以降急増していることを確認したと明らかにした。1月下旬は新型コロナウイルスの感染が世界に広がり始めた時期に当たる。

米、EUにエリクソンなどの5G採用要請 ファーウェイと同等

米国務省のロバート・ストレイヤー次官補代理(サイバー及び国際通信情報政策担当)は、スウェーデンのエリクソン<ERICb.ST>やフィンランドのノキア<NOKIA.HE>、韓国のサムスン電子<005930.KS>の第5世代移動通信システム(5G)技術は中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と同等であり、欧州連合(EU)加盟国がファーウェイの技術を使用する理由はないと述べた。

5Gソフト開発は米企業に、MSやデルなど━カドロー氏=WSJ

米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は4日、米通信・ハイテク大手が次世代通信規格「5G」通信網向けソフトウエアを開発するとし、5Gインフラの国産化構想を明らかにした。

米人権団体がテスラやアップルなど提訴、コンゴのコバルト採掘で

米国に拠点を置く人権保護団体は15日、コンゴ民主共和国でのコバルト採掘で児童労働を支援したとして米大手企業5社を提訴した。劣悪な環境で子供を働かせ、作業中の事故による死亡やケガの責任があるとしている。

米デル、通期売上高見通しを引き下げ PC向けチップ不足で

米デル・テクノロジーズ<DELL.N>は26日の決算発表で、パソコン(PC)向けチップの供給不足を理由に通期売上高見通しを引き下げた。同社の株価は時間外取引で5%近く下落した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up