for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Dell Technologies Inc

DELL.N

現在値

98.01USD

変化

0.62(+0.64%)

出来高

41,610

本日のレンジ

97.94

 - 

98.50

52週レンジ

58.88

 - 

104.62

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
97.39
始値
98.00
出来高
41,610
3か月平均出来高
42.41
高値
98.50
安値
97.94
52週高値
104.62
52週安値
58.88
発行済株式数
763.69
時価総額
74,992.75
予想PER
11.36
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2022 Dell Technologies Inc Earnings Release

適時開示

その他

Dell - Co, Dish Formed Strategic Infrastructure Agreement To Support Dish's Launch Of U.S.'S First Cloud-Native, Open Ran-Based 5G Network

Dell Technologies Announces Appointment Of Anthony Charles Whitten As Its Co-Chief Operating Officer

Dell Qtrly EPS $1.13

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Dell Technologies Incとは

デル・テクノロジーズ(Dell Technologies Inc.)(旧名: Denali Holding Inc.)は情報技術(IT)ソリューションの提供に従事する会社である。【事業内容】同社はクライアント・ソリューション事業、企業ソリューション・グループ(ESG)事業の2つの事業を運営する。クライアント・ソリューション事業は商業・消費者顧客に、デスクトップ、シンクライアント製品、ノートブック、並びにクライアント・ソリューション・ハードウェアの販売に関連するサービス及びサードパーティ製のソフトウェアと周辺機器を販売する。製品はデスクトップPC、ノートブック、タブレットなどのハードウェア、モニタ、プリンタ、プロジェクタなどの周辺機器、サードパーティのソフトウェアや周辺機器などの製品が含まれる。また、クラウド対応のデータ分析とインフラストラクチャ管理サービスを提供する。ESG事業はサーバー、ネットワーキングとストレージ、並びにESGハードウェアの販売に関連するサービス及びサードパーティ製のソフトウェアと周辺機器を含む。同社は製品を設計、開発、製造、販売、サポートし、サービスを提供する。

業種

Computer Hardware

連絡先

ONE DELL WAY

ROUND ROCK, TX

78682

United States

+1.800.2893355

https://www.delltechnologies.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael S. Dell

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Thomas W. Sweet

Chief Financial Officer

Howard D. Elias

President - Services and Digital, Chief Customer Officer

William F. Scannell

President, Global Enterprise Sales and Customer Operations, Dell EMC

Jeffrey W. Clarke

Chief Operating Officer, Vice Chairman

統計

2.14 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

91.3K

2020

92.5K

2021

94.4K

2022(E)

101.5K
EPS (USD)

2019

5.940

2020

7.350

2021

8.000

2022(E)

8.596
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.83
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.77
株価純資産倍率(四半期)
21.34
株価キャッシュフロー倍率
7.83
総負債/総資本(四半期)
1,154.09
長期負債/資本(四半期)
937.82
投資利益率(過去12カ月)
6.70
自己資本利益率(過去12カ月)
3.52

最新ニュース

最新ニュース

半導体不足、今年のパソコン出荷に影響=米デルとHP

米デル・テクノロジーズと米HPが27日にそれぞれ発表した四半期決算は、新型コロナ下のパソコン需要増加を背景に売上高が市場予想を上回った。ただ、パソコン向け半導体不足が出荷に影響するとの見方を示したことから、株価はともに下落した。

米デルの第1四半期、売上高が予想上回る コロナ禍で需要堅調

米デル・テクノロジーズが発表した第1・四半期決算は、売上高が前年比12%増の244億9000万ドルとなり、リフィニティブがまとめた市場予想の234億ドルを上回った。新型コロナ禍で在宅勤務が普及し、パソコンやソフトウエア製品の需要が堅調だった。

半導体不足、今後数年続く可能性=米デルCEO

米パソコン大手デル・テクノロジーズのマイケル・デル最高経営責任者(CEO)は、世界的な半導体不足がコンピューターメーカーの課題になっているが、不足は今後数年続く公算が大きいとの見方を示した。

インド、中国からの無線LANモジュールの輸入承認を保留

インド通信省無線計画調整局(WPC)が中国からのWi-Fi(無線LAN)モジュールの輸入承認を少なくとも昨年11月から保留していることが、事情に詳しい関係者2人の話で明らかになった。

UPDATE 1-中国、5月に国内消費促進のイベント実施へ 博覧会など

中国商務省は25日、来月に国内消費を促進する一連のイベントを実施すると発表した。南部の海南省海口市で7─10日の日程で初開催する「中国国際消費品博覧会」も含まれるという。

米政権、半導体不足巡り企業トップと12日に会合

米ホワイトハウスの高官は9日、週明け12日に大手企業の首脳を招き、半導体の供給不足に関する会合を開くと明らかにした。

中国レノボ、10─12月期は予想上回る53%増益 過去最高

世界最大手のパソコン(PC)メーカーである中国のレノボ・グループ(聯想集団)が3日発表した第3・四半期(2020年10─12月)決算は、純利益が53%増の3億9500万ドルとなり、市場予想平均の2億9370万ドルを上回った。

インテル、CEOに元CTOのゲルシンガー氏 生産の課題克服へ

米インテルは13日、ボブ・スワン最高経営責任者(CEO)に代わり、元最高技術責任者(CTO)で、クラウドコンピューティング会社VMウェアCEOのパット・ゲルシンガー氏が来月15日に新CEOに就任すると発表した。新CEOの下で、半導体の製造を巡る課題克服を目指す。

米インテル、CEOにVMウェアのゲルシンガー氏 来月就任

米インテルは13日、ボブ・スワン最高経営責任者(CEO)に代わり、クラウドコンピューティング会社VMウェアのパット・ゲルシンガーCEOが来月就任すると発表した。

20年はパソコン「ルネサンス」、22年まで品薄感続く

2020年は世界中でノートパソコンとデスクトップパソコンの販売が好調だった。07年にiPhoneが登場して以来、みられたような売れ行きとなっている。パソコン業界の幹部やアナリストは、受注した商品の供給に数カ月かかるとの見方を示す。

イスラエルNSO相手取ったFBの訴訟、グーグルなどが意見陳述

米フェイスブック(FB)がイスラエルのサイバー技術会社NSOを相手取って起こしている訴訟を巡って、マイクロソフトやグーグルなど大手ハイテク各社が21日、連邦裁判所に意見陳述書を提出し、NSOのツールは「強力かつ危険」などと訴えた。

ロシアのハッカー、VMウェア製品の脆弱性悪用=米国家安全保障局

米国家安全保障局(NSA)は、ロシア政府の支援を受けたハッカーが、クラウドコンピューティング会社VMウェアの複数のソフトウエア製品の脆弱性を積極的に悪用していると警告した。

ホットストック:半導体関連株がしっかり、SOX指数の最高値更新も追い風に

半導体関連株がしっかり。アドバンテストが17日の年初来高値7390円を更新したほか、東京エレクトロン、信越化学工業は連日の上場来高値更新となっている。前日の米国株式市場でフィラデルフィア半導体指数(SOX)が、今月9日に付けた最高値2604.50を更新したことが追い風になっている。

米デル、8─10月は予想外の増収 在宅勤務が追い風

米デル・テクノロジーズが発表した第3・四半期(8─10月)決算は予想外の増収となった。新型コロナウイルスの流行を受けた在宅勤務や在宅学習の増加で、デスクトップパソコンやノートパソコンの販売が拡大した。

中国レノボ、7─9月は53%増益 在宅勤務関連需要が寄与

中国のパソコン(PC)大手、レノボ・グループ(聯想集団)<0992.HK>の7─9月期決算は予想を上回る増益となった。レノボは、引き続き新型コロナウイルス禍で「ニューノーマル」となった在宅勤務関連の恩恵を受けていると説明した。

米インテル、11世代プロセッサー発表 シェア奪還目指す

米インテル<INTC.O>は2日、ノートパソコン向けの第11世代コアプロセッサー「Tiger Lake」を発表した。競合からのシェア奪還を目指すとともに、パソコンに自社開発のプロセッサー搭載を計画するアップル<AAPL.O>に対抗する。

NY市場サマリー(28日)円は首相辞任で安全買い、S&P・ナスダック最高値

<為替> 米連邦準備理事会(FRB)が前日に発表した新戦略で米金利が低水準にとどまることが示唆されたことを受け、ドルが下落した。一方、円は安倍晋三首相の辞任表明を受け安全買いが入り、上昇した。

米S&P・ナスダック最高値、ダウ年初来プラス回復 ハイテク主導

米国株式市場はハイテク株の上昇が主導し、S&P総合500種<.SPX>が6営業日連続で終値での最高値を更新した。ナスダック総合<.IXIC>も反発し、終値での最高値を更新。ダウ工業株30種<.DJI>は年初来プラスを回復した。

米デル、5─7月決算が予想上回る 在宅勤務増加でPC需要堅調

米デル・テクノロジーズが発表した第2・四半期(5─7月)決算は、売上高が市場予想よりも小幅な減少にとどまり、利益も予想を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う在宅勤務やオンライン学習の増加でノートブックパソコン(PC)やソフトウエア製品の需要が堅調だった。

インドが中国からの輸入審査を強化、ホンハイなど影響=関係筋

中国との国境問題が再燃しているインドが、中国からの輸入手続きを強化し、米アップル<AAPL.O>製品の生産を受託している鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>などのインド工場で操業に影響がでている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up