for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Walt Disney Co

DIS.N

現在値

138.97USD

変化

-1.40(-1.00%)

出来高

2,269,044

本日のレンジ

138.59

 - 

139.86

52週レンジ

107.32

 - 

153.41

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
140.37
始値
139.77
出来高
2,269,044
3か月平均出来高
191.63
高値
139.86
安値
138.59
52週高値
153.41
52週安値
107.32
発行済株式数
1,805.44
時価総額
250,901.80
予想PER
--
配当利回り
1.27

次のエベント

Walt Disney Co Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Hasbro And Disney Extend Strategic Merchandising Relationship For Marvel And Star Wars Franchises

Disney- Disney+ Subscribers 28.6 Mln As Of Feb. 3

Disney Says Shanghai And Hong Kong Parks Closures Due To Coronavirus Will Negatively Impact Q2 And FY Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Walt Disney Coとは

ウォルト・ディズニー・カンパニー(The Walt Disney Company)(旧名:TWDC Holdco 613 Corp)は、世界的なエンターテイメント企業である。【事業内容】メディアネットワーク、パークス・エクスペリエンス・プロダクツ、スタジオエンターテインメント、ダイレクト・トゥ・コンシューマーとインターナショナルの4つの事業セグメントで事業を展開する。メディアネットワークセグメントには、ケーブルおよび放送テレビネットワーク、テレビの制作・配信事業、国内のテレビ局、ラジオネットワークおよびラジオ局が含まれる。ウォルト・ディズニー・イマジニアリング・ユニットは、テーマパークの新しいコンセプトとアトラクション、リゾート施設を設計・開発する。スタジオエンターテインメントセグメントは、実写およびアニメーションの動画、オリジナルビデオ・コンテンツ、音楽の録音、ライブステージプレイを制作・取得する。また、主にモバイルプラットフォーム、書籍、雑誌、漫画本向けゲームを開発・出版する。

連絡先

500 S Buena Vista St

+1.818.5601000

https://www.thewaltdisneycompany.com

エグゼクティブリーダーシップ

Robert A. Iger

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Christine M. McCarthy

Chief Financial Officer, Senior Executive Vice President

M. Jayne Parker

Chief Human Resource Officer, Senior Executive Vice President

Alan N. Braverman

Senior Executive Vice President, General Counsel, Secretary

Zenia B. Mucha

Senior Executive Vice President Corporate Communications

統計

2.00 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

55.1K

2018

59.4K

2019

69.6K

2020(E)

81.5K
EPS (USD)

2017

5.700

2018

7.080

2019

5.770

2020(E)

5.378
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.34
株価純資産倍率(四半期)
2.76
株価キャッシュフロー倍率
16.70
総負債/総資本(四半期)
53.87
長期負債/資本(四半期)
42.68
投資利益率(過去12カ月)
8.99
自己資本利益率(過去12カ月)
6.85

最新ニュース

最新ニュース

マンダロリアンの人気キャラ「ベビーヨーダ」、3月にグッズ発売に

米娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>は、ストリーミング配信したTVドラマ「マンダロリアン」に登場するキャラクター、通称「ベビーヨーダ」の玩具を3月に発売する。

司会者不在のアカデミー賞授賞式、テレビ視聴者数が過去最低

調査会社ニールセンのデータによると、9日に行われたアカデミー賞授賞式の米テレビ平均視聴者数は2360万人で、昨年から20%減少、これまで最低だった2018年の2650万人を下回り、過去最低となった。

〔情報BOX〕新型肺炎、各国企業への影響

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、世界各地の企業が対応に追われている。これまでに判明している各社の業績への影響をまとめた。

米ディズニー、10─12月の利益が予想上回る 独自の動画配信は好発進

米娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>が発表した第1・四半期(10─12月)決算は、利益が市場予想を上回った。テーマパーク事業が好調だったほか、「アナと雪の女王2」の興行収入が利益に寄与した。

米ディズニー、10─12月の利益が予想上回る 独自の動画配信は好発進

米娯楽大手ウォルト・ディズニーが発表した第1・四半期(10─12月)決算は、利益が市場予想を上回った。テーマパーク事業が好調だったほか、「アナと雪の女王2」の興行収入が利益を押し上げた。

訂正-新型肺炎、保険補償外で企業のコスト負担格段に大きく

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は、中国国内で猛烈に感染が広がり、いまや国外にも波及し、ホテル、航空会社から製造業までさまざまな企業活動に深刻な影響が出ている。企業は、災害等で事業を停止せざるを得なくなることをあらかじめ想定して保険をかけている。しかし、伝染病は一般に保険の補償対象外となっており、新型肺炎による機会損失、コスト負担は格段に大きくなる恐れがあると専門家は指摘する。

上海ディズニー、25日から営業一時停止 新型肺炎の拡大防止へ

米ウォルト・ディズニー<DIS.N>の上海ディズニーリゾートは、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐため、25日から営業を一時停止すると発表した。

コラム:ネットフリックス、特異な立場に基づく優位性に陰り

米動画配信サービス大手ネットフリックス<NFLX.O>は、常識的なシナリオを打ち破る存在であり続けてきた。同社に限っては、メディア企業が一般的に縛られる評価尺度をほとんど用いる必要がないという点で、ライバルと異なる。その代わり投資家は同社の契約者や売上高の急増に注目。これが株価を押し上げる力になっていた。ただ21日に発表された第4・四半期の業績を見ると、ネットフリックスがこれまで享受していた優位性が脅かされていることが分かる。

ネットフリックス、第4四半期契約者数が予想上回る

米動画配信サービス大手ネットフリックス<NFLX.O>が21日発表した第4・四半期の世界全体の有料契約者数は876万人増加し、リフィニティブがまとめたアナリスト予想平均の763万人を上回った。

ヒラリー氏、サンダース議員を批判 「誰からも好かれず」

民主党のヒラリー・クリントン元国務長官は米動画配信サービスHulu(フールー)の新しいドキュメンタリー映像で、11月の米大統領選で民主党候補指名を争うバーニー・サンダース上院議員について、誰からも好かれないため成果を挙げておらず、上院議員として力がないと批判した。

ネットフリックス、第4四半期契約者数が予想上回る 米国内はさえず

米動画配信サービス大手ネットフリックスが21日発表した第4・四半期の世界全体の有料契約者数は876万人増加し、リフィニティブがまとめたアナリスト予想平均の763万人を上回った。一方、米国の契約者数は競争激化のあおりで42万人増にとどまり、予想の65万9600人増に届かなかった。

アカデミー賞、「ジョーカー」最多11部門で候補 多様性欠くとの声も

第92回米アカデミー賞のノミネートが13日発表され、バットマンの宿敵ジョーカーの誕生を描いた映画「ジョーカー」が最多11部門でノミネートされた。一方で、同賞は過去数年間、多様性を高めるよう取り組んできたものの、今回のノミネートでは白人男性が多くを占め、多様性に欠けるとの声も聞かれた。

アカデミー賞授賞式、今年も司会者なし

米ABCエンターテインメントのキャリー・バーク社長は、来月9日に開催するアカデミー賞授賞式について、昨年同様、司会者(ホスト)なしで行うことを明らかにした。

ゴールデン・グローブ賞、タランティーノ監督映画が作品賞など

第77回ゴールデン・グローブ賞の発表・授賞式が5日、米ロサンゼルス郊外のビバリーヒルズで開かれ、クエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」がコメディ・ミュージカル部門の作品賞に選ばれた。

コラム:消費者が「サブスク」に踊ってはいけない理由

今や「サブスクリプション(サブスク)」サービスと呼ばれる定額で商品や各種サービスを利用できる仕組みがもてはやされているが、決して申し込んではいけない。少なくとも「サブスクリプション経済」という考えに踊らされるのは禁物だ。単に動画ストリーミング配信会社が一定額を支払ってくれる利用者を追い求めているだけでない。ワイン販売から料理の宅配、さらにはスウェーデンの家具大手イケアまでもが顧客に取り込みたがっている。だが利用者は結局、多大な出費をするだけに終わりかねない。

豪アパレル大手、強制労働疑惑で中国の取引先を調査

英大手スーパーのテスコで販売されていたクリスマスカードに中国の刑務所での強制労働を訴えるメッセージが書き込まれていたとの報道を受けて、オーストラリアのアパレル大手コットンオングループは24日、このカードを製造した取引先の中国企業について調査を進めていると発表した。

「スター・ウォーズ」最新作、公開後初の週末興収は3部作で最低

20日に公開された米ウォルト・ディズニーのSF映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」は、週末の世界興行収入が3億7400万ドル(約409億円)と、多くのファンを引き付けたものの、最新の3部作の中では最もさえないパフォーマンスとなった。

「スター・ウォーズ」最新作、シリーズ史上2番目の低評価

米レビュー集計サイトによると、日本時間20日に日米同時公開される予定のSF映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」は、直近のデータでは、シリーズ史上2番目に低いスコアを記録している。

「スター・ウォーズ」最新作、LAでプレミア上映会

日本時間20日に日米同時公開される「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」のワールドプレミアが16日、米ロサンゼルスで開かれ、レイ役のデイジー・リドリーやルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルら多くの出演者が出席した。このほか、様々なキャラクターに扮した大勢のファンも会場に詰め掛けた。

米ネトフリ、アジア太平洋が過去3年で会員数・収入の伸び最大

米動画配信大手ネットフリックス<NFLX.O>は海外事業の成長が加速し、過去3年間ではアジア太平洋が全地域の中で会員数と収入の伸びが最大となった。同社が第4・四半期決算に先立ち、初めて公表した地域別の会員数・収入推移に関するデータで分かった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up