for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Deutsche Post AG

DPWGn.DE

現在値

40.01EUR

変化

-0.56(-1.38%)

出来高

2,420,308

本日のレンジ

39.91

 - 

40.81

52週レンジ

33.44

 - 

61.38

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
40.57
始値
40.64
出来高
2,420,308
3か月平均出来高
68.57
高値
40.81
安値
39.91
52週高値
61.38
52週安値
33.44
発行済株式数
1,217.93
時価総額
49,574.77
予想PER
9.74
配当利回り
4.44

次のエベント

Q3 2022 Deutsche Post AG Earnings Release

適時開示

その他

Deutsche Post DHL Accelerates Share Buybacks

Deutsche Post CEO Says Drop In Package Business Partly Due To Amazon

Deutsche Post Partners With Cargojet On Global Aviation Network

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Deutsche Post AGとは

ドイツ・ポスト(Deutsche Post AG)は郵便業務を行うドイツを拠点とする会社である。【事業内容】4つの事業区分により構成される。メール事業は国内外のメールを処理し、対話マーケティング、全国的プレス配信サービスとメール配信関連電子サービスを提供する。速達事業は企業と個人顧客向けに国際と国内の宅配と速達サービスを提供する。グローバルなフォワーディング・貨物輸送事業は物資の鉄道輸送、道路輸送、航空輸送と海上輸送業務を行う。サプライ・チェーン事業は倉庫保管、輸送、付加価値サービス等のカスタマイズ・ロジスティクス・ソリューションの提供を行う他、テーラードのビジネス・プロセスのアウトソーシングとマーケティング・コミュニケーション・ソリューションを提供する。

業種

Business Services

連絡先

Charles-de-Gaulle-Strasse 20

53113

Germany

+49.228.1820

https://www.dpdhl.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Frank Appel

Chairman of the Management Board, Chief Executive Officer, Responsible for Global Business Services

Nikolaus von Bomhard

Independent Chairman of the Supervisory Board, Shareholder Representative

Andrea Kocsis

Independent Deputy Chairwoman of the Supervisory Board, Employee Representative

Melanie Kreis

Member of the Management Board, Responsible for Finance

Thomas Ogilvie

Member of the Management Board, Responsible for Human Resources

統計

1.79 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

63.3K

2020

66.8K

2021

81.7K

2022(E)

88.8K
EPS (EUR)

2019

2.090

2020

2.360

2021

4.010

2022(E)

4.180
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.29
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.55
株価純資産倍率(四半期)
2.23
株価キャッシュフロー倍率
5.18
総負債/総資本(四半期)
95.96
長期負債/資本(四半期)
79.38
投資利益率(過去12カ月)
14.05
自己資本利益率(過去12カ月)
9.32

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(5日)

<ロンドン株式市場> 下落して取引を終えた。7月の米 雇用統計が好調だったのを受け、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ加速への懸念が高 まったのが売り材料となった。 世界最大の広告代理店グループWPPは8.8%と急落。年間売上高の見通 しが、投資家の強気の予想より軟調だったのが嫌気された。 ただ、ポンド安を背景に週間ベースのFTSE100種指数は3週連続で上 昇した。 中型株で構成するFTSE250種指数は5日、0.52%下落。週間ベー スでは0.56%下げた。 ロンドン証券取引所グループ(LSEG)は5日に1.6%上昇。金融情報 会社...

欧州株式市場=3営業日ぶり反落、米大幅利上げ継続観測で

欧州株式市場は3営業日ぶりに反落して取 引を終えた。米雇用統計が市場予想を上回り、米連邦準備理事会(FR B)が9月に75ベーシスポイント(bp)の大幅利上げを続けるとの 観測が強まったのが売りを誘った。 また、経済成長見通しが悪化しているとの懸念からSTOXX欧州 600種指数は週間で0.59%下落した。 キャピタル・エコノミクスの欧州担当シニアエコノミスト、ジャッ ク・アレン・レイノルズ氏は「今週発表されたデータは、景気後退がす ぐそこに迫っているとのさらなる証拠となった」と指摘した。 今週発表されたユーロ圏の6月の小売売上高は予想...

物流大手DHL、ロシア国内輸送サービスから撤退へ

[モスクワ 29日 ロイター] - 物流大手DHLは29日、ロシア国内の全ての輸送サービスから9月1日付で撤退すると発表した。

独DHL、7月から個人向け配送料引き上げ コスト上昇で

ドイツポストDHLグループ傘下の物流大手DHLは13日、7月1日から個人顧客向けの小包配送料金を引き上げると発表した。労働・輸送コスト増で値上げが避けられないとした。

米UPSとフェデックス、ロシアとウクライナの取り扱い停止

米ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)とフェデックスの物流世界最大手2社は、ロシアとウクライナへの配送を停止したと明らかにした。ロシアのウクライナ侵攻を受けたもの。

焦点:商用EV本格普及へ、優位探る新興と量産急ぐ大手

既存自動車メーカーがバンやトラックといった商用タイプの電気自動車(EV)の量産体制を準備する中で、スタートアップ各社はこれまで以上に自社の競争優位や技術的な先進性を築くことに注力している。規模で優るライバルがギアを上げて加速しても市場で生き残るためだ。

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。イングラ ンド銀行(英中央銀行)が政策金利の据え置きを決めたことからポンドが下落し、ドルで 収益を上げる企業が買われた。 原油価格の値上がりを受けて石油株も上昇した。石油大手のBP、英蘭系のロ イヤル・ダッチ・シェルはそれぞれ1.4%、1.8%上げた。 通信大手BTは11.0%の急伸。今年と来年の業績見通しを正式発表したこ とが好感された。 ただ、英中銀の政策決定を受けてFTSE350種銀行株指数が3. 34%下落したため、相場全体の上げ幅は限られた。 エクイティ・キャピタルのアナリスト、デービッド・マデン...

欧州株式市場=続伸、FRB方針受け過去最高値

欧州株式市場は6営業日続伸して取引を終 えた。STOXX欧州600種指数は過去最高値を更新した。 米連邦準備理事会(FRB)が早急な利上げをしないとの方針を示 し、イングランド銀行(英中央銀行)が政策金利を過去最低水準に据え 置いたことが投資家の安心感につながった。 JPモルガン・アセット・マネジメントのストラテジスト、ヒュー ・ジンバー氏は「FRBは来年にアクセルを緩めるものの、ブレーキは 踏まないと表明した」と述べた。 欧州中央銀行(ECB)も3日、政策の引き締めを急がないことを 示唆した。 英中銀は、投資家の予想に反して政策金利を...

独DHL、長距離飛行ドローン導入へ 供給網逼迫の解決目指す

ドイツの国際物流大手DHLは、英国とブルガリアを拠点に航空機開発・運航を手掛けるドロナミクスと提携し、国家間・都市間を長距離運航するドローンの導入を目指している。幹部らが明らかにした。サプライチェーンの逼迫に対応する。

スエズ座礁、パンデミックに伴う世界の供給網への重圧強める恐れ

スエズ運河でコンテナ船「エバーギブン」が座礁したことにより、新型コロナウイルスのパンデミックに起因する世界のサプライチェーン(供給網)のひっ迫が強まりそうだ。このため欧米の小売業者は、在庫確保にさらに苦しむ恐れが出てきた。

米クリスマス商戦、配送混乱も ワクチン出荷で負担拡大

米国では、今年のクリスマス商戦で商品の配送が例年以上に遅れるのではないかとの懸念が浮上している。配送大手が新型コロナウイルス・ワクチンの輸送を優先する意向を示しているためだ。

欧州市場サマリー(5日)

ドイツ10年債利回りは5ベーシスポイント(bp)上昇し、マイナス 0.496。上げ幅は3週間ぶりの大きさ。 INGのシニア金利ストラテジスト、アントワーヌ・ブーベ氏は「正当化されるかど うかはともかく、PMIなどの景況指数は最近、予想を上回る傾向が続いており、市場は それに反応している」と指摘。さらに、欧州もコロナ感染の再拡大に直面する中、米欧の 利回り格差は拡大する見込みとした。 イタリア10年債利回りは一時5カ月ぶりの低水準を付けたが、その後 は押し戻され、2bp上昇の1.04%。 欧州中央銀行(ECB)のチーフエコノミストであるレーン...

欧州株式市場=上昇、一次産品銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 365.16 +1.77 +0.49 363.39 種 FTSEユーロファー 1417.05 +4.63 +0.33 1412.42 スト300種 ユーロSTOXX50 3268.38 +14.09 +0.43 3254.29 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は上昇して取引を終えた。好決算を発表した銘柄や一次産品銘柄が買わ れた。 金属の値上がりに伴い資源大手のリオ・ティントとBHP、グレン コアがFTSE100種の最大の押し上げ要因だった。STOXX...

ドイツポスト第2四半期EBIT、前年比16%増、予想上回る

ドイツポスト<DPWGn.DE>は8日、第2・四半期のEBIT(利払い・税引き前利益)が暫定値で前年同期比16%増の8億9000万ユーロ(10億ドル)前後になったと発表した。新型コロナウイルス危機時の勤務に対し約2億ユーロの臨時ボーナスを支給する方針も示した。

多くの企業、米中貿易摩擦の激化に備えた対策立てず=DHL調査

米中貿易摩擦が長期化し、サプライチェーンの混乱が続く中、物流大手DHL子会社の調査で、国際企業の4分の1以上が摩擦の激化に備えた対応策を策定していないことが明らかになった。

ドイツ銀行会長の早期退任を主張、主要株主のカタール王室

ドイツ銀行<DBKGn.DE>の主要株主であるカタール王室が、同銀行のアハライトナー会長の早期退任を求めている。長引く株価低迷への不満に加えて、監査役会メンバーの人事を巡る問題が原因という。事情に詳しい大株主や銀行関係者など10人の話で明らかになった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up