for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フランス電力

EDF.PA

現在値

9.19EUR

変化

0.32(+3.63%)

出来高

1,400,439

本日のレンジ

8.86

 - 

9.20

52週レンジ

5.98

 - 

13.61

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8.87
始値
8.88
出来高
1,400,439
3か月平均出来高
66.40
高値
9.20
安値
8.86
52週高値
13.61
52週安値
5.98
発行済株式数
3,098.74
時価総額
27,721.54
予想PER
19.26
配当利回り
1.68

次のエベント

Half Year 2020 Electricite de France SA Earnings Release

適時開示

その他

EDF Confirms Company Is Working On A Cost Cutting Plan

EDF Revises Upwards Its Annual Nuclear Output Estimate For 2020

Assystem Links With Hinkley Point C

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フランス電力とは

エレクトリシテ・ド・ フランス(Electricite de France SA)は電力の生成・流通・輸送に従事するフランスを拠点とする会社である。【事業内容】同社は核技術、並びに熱、水力と他の再生可能資源を利用してエネルギーを生成する。同社は工業、地方自治体及び住民向けのエネルギー生成及びエネルギー販売に従事する。同社は中低電圧公衆配電網を管理する他、電気輸送網事業にも従事する。同社はまた地域暖房及び熱エネルギー・サービス等のエネルギー・サービスを提供する。同社はフランス、ベルギー、米国、ポーランド、イタリア、中国、ベトナム等の国において事業を行う。同社はCitelum を含むDalkia及びSINOP Energy Company等の子会社を有する。

業種

Electric Utilities

連絡先

22-30, avenue de Wagram

75008

France

+33.1.40422222

https://www.edf.fr

エグゼクティブリーダーシップ

Jean-Bernard Levy

Chairman of the Board, Chairman of the Executive Committee, Chief Executive Officer

Xavier Girre

Group Senior Executive Vice President, Group Finance, Member of the Executive Committee

Christophe Carval

Group Senior Executive Vice President, Human Resources; Member of the Executive Committee

Pierre Todorov

Group Senior Executive Vice President, Group General Secretary, Member of the Executive Committee

Marc Benayoun

Group Senior Executive Vice President, Gas and Italy; Chief Executive Officer of Edison; Member of the Executive Committee

統計

2.45 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

69.6K

2018

69.0K

2019

71.3K

2020(E)

70.3K
EPS (EUR)

2017

0.850

2018

0.629

2019

1.080

2020(E)

0.463
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.39
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.39
株価純資産倍率(四半期)
0.60
株価キャッシュフロー倍率
1.87
総負債/総資本(四半期)
145.01
長期負債/資本(四半期)
121.18
投資利益率(過去12カ月)
2.09
自己資本利益率(過去12カ月)
1.64

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(3日)

<外為市場> ドル指数が小幅高で推移。一方、週間では6月初旬以来の大幅な下げ となった。 前日発表された6月の米雇用統計は、雇用者数が予想を上回る伸びを示したものの、 為替市場の反応は限定的だった。 こうした中、3日発表された6月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI) は58.4と5月の55.0から上昇し、10年超ぶりの高水準を記録した。新型コロナ ウイルスに関連した制限措置が緩和され、消費者の需要が回復したという。統計を受け、 市場心理が全般的に改善した。 ドルは通貨バスケットに対し約0.1%高の97.249。 INGは調査リポート...

欧州株式市場=反落、米コロナ感染急増で回復期待に冷水

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 365.43 -2.86 -0.78 368.29 FTSEユーロファース 1424.15 -11.50 -0.80 1435.65 ト300種 ユーロSTOXX50種 3294.38 -25.71 -0.77 3320.09 <.STOXX50E > 欧州株式市場は、米金融市場が休場で薄商いとなる中、反落して終了した。今週はお おむね上向いていたものの、米国の新型コロナウイルス感染急拡大を受け世界的な景気回 復への期待が後退し、欧州株も失速した。 欧州株は...

欧州株式市場=続伸、米経済再開計画で市場心理好転

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 333.47 +8.55 +2.63 324.92 FTSEユーロファース 1308.13 +32.20 +2.52 1275.93 ト300種 ユーロSTOXX50種 2888.30 +75.95 +2.70 2812.35 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。トランプ米大統領が経済再開に向けた計画を 公表したことで市場心理が好転した。 すべての部門がプラス圏で取引を終えた。商品価格の上昇に伴いSTOXX欧州60 0種資源株指数は...

欧州市場サマリー(16日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。新型コ ロナウイルスの感染拡大を抑えるため、英国が外出制限措置を延期したことでポンドが下 落し、輸出銘柄が買われた。 首相代行を務めるラーブ外相は、制限を緩めることは公衆衛生と経済に打撃となると 指摘し、外出制限を少なくとも3週間延長すると述べた。措置の延長は予想されていた。 ポンド安に伴い製薬大手のグラクソ・スミスクライン(GSK)とアストラ ゼネカは5.3%と2.7%それぞれ上昇した。そのほか、ドルで収益を上げる 銘柄も買われた。 この日発表されたデータによると、英小売売上高は制限措置が導入...

欧州株式市場=反発、新型ウイルスパンデミック落ち着きの兆し

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 324.92 +1.86 +0.58 323.06 FTSEユーロファース 1275.93 +7.86 +0.62 1268.07 ト300種 ユーロSTOXX50種 2812.35 +4.15 +0.15 2808.20 <.STOXX50E > 欧州株式市場は反発して取引を終えた。スペインとイタリアで新型 コロナウイルスによる死者数の伸びが鈍化し、パンデミック(世界的大 流行)が落ち着いてきたとの兆しが出た。 STOXX欧州600種テクノロジー株指数と自動車...

英保守党が政権公約、1月末離脱へ年内関連法案審議入り表明

英国のジョンソン首相率いる与党・保守党は24日、総選挙(12月12日投開票)に向けたマニフェスト(政権公約)を公表した。欧州連合(EU)からの離脱をこれ以上長引かせないため、12月中に新離脱協定案の関連法案の審議を再開し、2020年1月末までに離脱を実現すると表明した。

気候変動に関する企業の財務リスク、開示進まず=ムーディーズ

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは21日公表した報告書で、エネルギーや公益などの環境負荷の高いセクターの欧米企業について、気候変動に関連する財務上のリスクの開示が進んでいないと指摘した。

核燃料再処理工場巡る中国とフランスの協議「近く進展」も

中国国家核安全局の劉華局長は3日、フランスの原子力大手オラノ(旧アレバ)と共同で核燃料再処理工場を立ち上げる計画を引き続き積極的に推進しており、近く進展が見られるだろうと語った。

コラム:森林再生事業は「金のなる木」、アマゾン火災でも注目

森林再生は、水や土壌、作物といった資源管理の改善につながる。二酸化炭素が吸収され、そこに蓄えられるようになる。

原発の縮小、温暖化対策やエネルギー安保にリスク IEAが警鐘

国際エネルギー機関(IEA)は、先進国が原子炉の運転期間延長の方法を見いださない限り、原子力発電の急激な縮小によって気候変動対策やエネルギー安全保障が脅かされるとの見解を示した。

パリでも反温暖化デモ、ソシエテジェネラルなど大手企業封鎖

環境保護団体グリーンピースは19日、フランスの大手銀行ソシエテジェネラル<SOGN.PA>、フランス電力公社(EDF)<EDF.PA>、石油大手トタル<TOTF.PA>の本社を活動家が封鎖し、従業員数百人の立ち入りを阻止したと明らかにした。

焦点:欧州石油大手、低炭素化見据え新エネルギー発電に食指

欧州の石油企業各社は、彼らの事業の存続をいずれ脅かす恐れのある問題への対応を始めた。低炭素化の進む世界で、石油需要が伸び続けた世紀に終止符が打たれる、という問題だ。

仏、習氏訪問で450億ドルの商談成立 「一帯一路」はけん制

フランスと中国は25日、習近平国家主席のフランス訪問に合わせ、総額約400億ユーロ(450億ドル)の商談をまとめた。マクロン仏大統領は一方で、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」をけん制する立場を示した。

焦点:EV充電コスト無料化も、日欧企業が狙うV2G電力供給

電気自動車(EV)を充電コスト抜きに走行させたいと考えたことはあるだろうか──。多少のギブ・アンド・テイクを気にしないなら、その夢は実現するかもしれない。

焦点:英原発建設、日立の撤退で立場強める中仏企業連合

日立製作所<6501.T>が英国における原発新設計画凍結を発表した。これにより、英国の新規原発を手掛ける企業として残った仏電力公社EDF<EDF.PA>と中国広核集団(CGN)は、資金調達方法を巡る英政府との交渉で立場が強まる。

英国は原発セクターにコミット、日立の計画凍結受け首相報道官

メイ英首相の報道官は17日、 日立製作所<6501.T>が英国で進めていた原子力発電所の建設計画を凍結すると発表したことを受け、英国は原子力発電セクターにコミットしていると述べた。

新たな原子炉建設はフランスにとって非経済的=環境当局

フランス環境エネルギー管理庁(ADEME)は、10日に公表したリポートで、フランスに新たな原子炉を建設することは経済的でないとの見解を示した。2020─2060年のエネルギー構成シナリオを検討したもので、政府による長年のエネルギー戦略にも、フランス電力公社(EDF)<EDF.PA>の投資計画にも逆行する見解となった。

仏燃料税引き上げ、6カ月延期 大規模な抗議活動受け

フランスのフィリップ首相は4日、来年1月1日から施行する予定だった燃料税の引き上げについて、大規模な抗議活動の発生を受け、施行を6カ月延期すると表明した。マクロン政権発足後、初の大きな政策転換となる。

仏首相、燃料税引き上げの6カ月凍結を表明

フランスのフィリップ首相は4日、来年1月1日から施行する予定だった燃料税の引き上げについて、大規模な抗議活動が起こったことを鑑み、施行を6カ月見送ると表明した。

仏政府、原発依存率を50%へ引き下げへ 35年までに14基閉鎖

フランス政府は27日、電力公社EDF<EDF.PA>の再編を検討していると発表した。原子力発電に依存する度合いを着実に縮小する方針だ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up