for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Embraer SA

EMBR3.SA

現在値

18.56BRL

変化

-0.61(-3.18%)

出来高

2,279,200

本日のレンジ

18.56

 - 

19.18

52週レンジ

16.61

 - 

20.59

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
19.17
始値
19.05
出来高
2,279,200
3か月平均出来高
51.70
高値
19.18
安値
18.56
52週高値
20.59
52週安値
16.61
発行済株式数
735.92
時価総額
13,743.03
予想PER
--
配当利回り
0.60

次のエベント

Q4 2019 Embraer SA Company Deliveries

適時開示

その他

Boeing And Embraer Welcome Brazilian Approval

AerCap Leased, Purchased And Sold 353 Aircraft In 2019

Boeing Announces JV With Embraer To Develop New Markets For C-390 Millennium

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Embraer SAとは

エンブラエル(Embraer S.A.)は70から130までの席のジェットメーカーである。【事業内容】同社は商用航空および執行航空、防衛およびセキュリティ目的および関連サービス用の航空機を製造する。同社は4つの事業を運営する。商業航空事業には商業用ジェットの開発・製造・販売、特に地域航空事業および航空機リースにおけるサポートサービスの提供が含まれる。エグゼクティブジェット事業は分譲会社、傭船会社、航空タクシー会社、高額株主、飛行アカデミーなどの企業へのエグゼクティブ・ジェットを販売する。防衛・セキュリティ事業は防衛およびセキュリティ市場のための統合されたソリューションの範囲を考案・設計・開発・製造・サポートする。他の関連事業はSikorsky Aircraft Corporationにヘリコプターの生産に関する燃料システム、構造部品、および機械的と油圧システムを提供する。

連絡先

Av Brigadeiro Faria Lima 2170, Putim

+55.12.39273735

https://www.embraer.com.br/

エグゼクティブリーダーシップ

Alexandre Goncalves Silva

Independent Chairman of the Board

Paulo Cesar de Souza e Silva

Chief Executive Officer

Sergio Eraldo de Salles Pinto

Independent Vice Chairman of the Board

Nelson Krahenbuhl Salgado

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Investor Relations Officer

Fabiana Klajner Leschziner

Executive Vice President, Chief Compliance Officer, General Counsel

統計

2.33 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, BRL)

2016

21.4K

2017

18.2K

2018

18.5K
EPS (BRL)

2016

0.800

2017

1.080

2018

-0.887

2019(E)

1.610
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.08
株価純資産倍率(四半期)
0.89
株価キャッシュフロー倍率
21.03
総負債/総資本(四半期)
7.10
長期負債/資本(四半期)
4.94
投資利益率(過去12カ月)
-0.64
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.35

最新ニュース

最新ニュース

アジア航空各社は見通し引き下げへ、新型肺炎流行で航空ショー縮小

アジアの航空業界団体は10日、航空各社は新型肺炎による危機のために、成長見通しの「大幅な」引き下げに直面しているとの見方を示した。11ー16日に開催の「シンガポール・エアショー」への出展計画を縮小する企業が増えており、悲観的な見方が強まっている。

ブラジル当局、米ボーイングのエンブラエル商用機部門買収を承認

ブラジルの独占禁止当局である経済擁護行政委員会(CADE)は27日、米航空大手ボーイング<BA.N>によるブラジルの小型航空機メーカー、エンブラエル<EMBR3.SA>の商用機部門買収を、条件を設けず承認した。ウェブサイト上の声明で明らかにした。

ボーイングのエンブラエル事業買収計画、欧州委が審査再開

欧州連合(EU)の競争当局は、米航空機大手ボーイング<BA.N>によるブラジルの小型航空機メーカー、エンブラエル<EMBR3.SA>の商用機事業の買収計画について審査を再開した。9日に欧州委員会のウェブサイトに掲載された文書で明らかになった。

米ボーイング次期CEO、エンブラエル部門買収巡るEU審査も課題

米ボーイング<BA.N>の次期最高経営責任者(CEO)に決まったデービッド・カルホーン氏は、主力旅客機「737MAX」の運航停止問題に加え、ブラジルの小型機メーカー、エンブラエル<EMBR3.SA>の商用機部門買収計画を巡る欧州連合(EU)当局の厳しい審査に直面する。

米国株式市場でダウは14ドル高、指標まちまちで慎重取引

米国株式市場はほぼ横ばい。ダウ平均株価<.DJI>は14ドル高で引けた。経済指標が強弱まちまちとなる中、慎重な取引に終始した。アップル<AAPL.O>はしっかりとなった。IHSマークイットがこの日発表した9月の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は前月から上昇し、市場予想を上回った。

NY市場サマリー(23日)

<為替> ドルが対ユーロで上昇した。米経済指標はまちまちの内容だったが、ユーロ圏の製造業とサービス業に関する経済指標がユーロ圏経済への懸念につながった。

欧州委、ボーイングのエンブラエル部門買収を本格審査へ=関係筋

欧州連合(EU)の競争規制当局は、米ボーイングがブラジル小型機メーカー、エンブラエルの商用機部門の大半を買収する計画について、最大5カ月の調査を行う方針。事情に詳しい関係者が23日明らかにした。

コラム:三菱重工の小型旅客機事業、利益よりプライド優先か

カナダの航空機・鉄道車両大手ボンバルディア<BBDb.TO>の小型ジェット旅客機事業買収は、三菱重工業<7011.T>が抱く旅客機開発の夢を下支えする。

焦点:三菱重工、ボンバルの小型機事業買収で巻き返しなるか

三菱重工業<7011.T>は25日、カナダの航空機・鉄道車両大手ボンバルディア<BBDb.TO>から小型ジェット旅客機「CRJ」事業を買収することで合意した。ボンバルディアが持つ保守管理サービス網と世界的な顧客基盤を活用し、なかなか進まなかった小型ジェット市場における基盤確保に向けて取り組みを加速させる狙いだ。

三菱重、ボンバルディア小型機「CRJ」事業を約590億円で買収へ

三菱重工業<7011.T>は、カナダの航空機・鉄道車両大手ボンバルディア<BBDb.TO>から同社の小型ジェット旅客機「CRJ」事業を買収することで合意した。買収額は約5億5000万ドル(約590億円)で、三菱重は2億ドル(約210億円)の債務も引き受ける。買収手続きは2020年上半期に完了する見通し。両社が25日に発表した。

ブラジル次期大統領、初の公式会見 政策課題を説明

ブラジルのボルソナロ次期大統領は1日、初の公式記者会見を行い、政策課題について説明した。

ブラジル次期大統領にトランプ氏が祝意、米国との関係強化へ

ブラジル大統領選で勝利した右派のボルソナロ氏は28日、トランプ米大統領から祝意の電話を受けた。同氏の最初の外遊先はチリが予定されており、次に米国を訪れる計画という。

ホンダジェット、19年の納入機数は増加へ 日本市場の拡大見込む

ホンダ<7267.T>の航空機事業子会社、ホンダエアクラフトカンパニー(HACI)の藤野道格社長は16日、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の2019年の納入機数は今年納入予定の50機を上回ると予想した。

MRJ、英航空ショー2日目のデモ飛行中止 けん引車が接触

英国で開催中の世界最大級の航空見本市「ファンボロー国際航空ショー」初日に、初の「フライトディスプレー(デモ飛行)」を成功させた国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」は、2日目に予定されていたデモ飛行を中止した。MRJを移動する際にけん引車が接触し、機体の一部が損傷したためという。

MRJ、英航空ショー2日目のデモ飛行中止 けん引車が接触

英国で開催中の世界最大級の航空見本市「ファンボロー国際航空ショー」初日に、初の「フライトディスプレー(デモ飛行)」を成功させた国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」は、2日目に予定されていたデモ飛行を中止した。MRJを移動する際にけん引車が接触し、機体の一部が損傷したためという。

米イラン制裁、737型機の生産に影響せず=ボーイングCEO

米航空機大手ボーイング<BA.N>のデニース・ミュレンバーグ最高経営責任者(CEO)は9日、旅客機「737」の生産が米国の対イラン制裁の打撃を受けることはないと述べ、同社の受注残にはイランへ販売予定だった737型機はないと説明した。

ボーイング、エンブラエルとの新会社案で最大90%出資視野=新聞

米ボーイング<BA.N>は、ブラジルの航空機大手エンブラエル<EMBR3.SA>の商用機部門を分離して両社で新会社を設立し、ボーイングの出資比率を80─90%とする案をブラジル政府に提示した。ブラジル経済紙バロル・エコノミコが6日、報じた。

MRJ、受注より開発優先 20年半ば納入間に合う=三菱航空機社長

三菱重工業<7011.T>子会社で、小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」を開発している三菱航空機の水谷久和社長は、作業は「ほぼ計画に沿って動いている」と述べ、量産初号機納入の目標である2020年半ばに「ぎりぎりいける」として、間に合うとの見通しを示した。

ボーイングとエンブラエル、提携の可能性を協議と発表

米ボーイング<BA.N>とブラジルの航空機製造エンブラエル<EMBR3.SA>は21日、提携の可能性について協議していると明らかにした。ただ具体的にどのような形での提携になるのかについては公表していない。

ボーイングとエンブラエル、事業統合の可能性で協議と発表

米ボーイングとブラジルの航空機製造エンブラエルは21日、共同声明を発表し、「事業統合」の可能性について協議していることを明らかにした。ただ具体的にどのような形での提携になるのかについては明らかにしていない。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up