for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Man Group PLC

EMG.L

現在値

227.50GBp

変化

8.20(+3.74%)

出来高

3,496,742

本日のレンジ

220.20

 - 

228.50

52週レンジ

115.55

 - 

242.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
219.30
始値
220.90
出来高
3,496,742
3か月平均出来高
82.41
高値
228.50
安値
220.20
52週高値
242.50
52週安値
115.55
発行済株式数
1,399.60
時価総額
3,069.33
予想PER
8.62
配当利回り
3.72

次のエベント

Full Year 2021 Man Group PLC Earnings Release

適時開示

その他

Man Group Posts Funds Under Management Of $139.5 Bln At Sept. 30, 2021

Man Group To Commence New Share Buyback Programme Of Up To $100 Mln

Man Group assets hit record high in H1, ups share buyback by $100 mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Man Group PLCとは

マン・グループ(Man Group PLC)は、アクティブな管理ポートフォリオソリューションの提供に焦点を当てたジャージーに拠点を置く投資管理会社である。【事業内容】投資エンジンは、定量的、裁量的、及びマルチマネージャーをカバーするクライアントの投資ニーズに対応する幅広い製品とサービスを提供する。株式、マルチアセット、不動産、コモディティ、通貨、クレジット、ボラティリティの各市場で活躍する。単一及び複数の管理者ベースで長期限定の代替市場及びプライベート市場の製品を提供する。オーダーメイドのポートフォリオソリューションを開発し、ファンド及びヘッジファンドのサービスを提供する。投資管理会社であるMan AHL、Man Numeric、Man GLG、Man FRM及びMan GPMを通じて投資管理事業を運営する。

業種

Investment Services

連絡先

Riverbank House, 2 Swan Lane

EC4R 3AD

United Kingdom

+44.20.71441000

https://www.man.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John Cryan

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Shanta A. Puchtler

President

Luke Ellis

Chief Executive Officer, Executive Director

Mark Jones

Deputy Chief Executive Officer

Antoine Forterre

Chief Financial Officer, Executive Director

統計

2.21 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

1.0K

2019

1.1K

2020

0.9K

2021(E)

1.4K
EPS (USD)

2018

0.140

2019

0.210

2020

0.160

2021(E)

0.340
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.98
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.27
株価純資産倍率(四半期)
2.55
株価キャッシュフロー倍率
9.39
総負債/総資本(四半期)
16.04
長期負債/資本(四半期)
16.04
投資利益率(過去12カ月)
15.29
自己資本利益率(過去12カ月)
12.42

最新ニュース

最新ニュース

焦点:企業経営者の言葉の裏を探る、AIが声音やパターン分析

企業幹部は気をつけた方がいい。最高経営責任者(CEO)や経営幹部に注がれる観察の目はますます厳しいものになり、「舌は禍の根」になる可能性が高まっている。

ロンドン株式市場=続伸、鉱業と石油株が押し上げ

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。石油株と鉱業株が買われ、相場を押し上げた。 FTSE350種鉱業株指数、石油・ガス株指数<. FTNMX601010>が好調で、それぞれ3.42%と1.14%上昇。チリ産 銅大手アントファガスタ、資源大手のリオ・ティント 、スイスの商品取引・資源大手グレンコアは3.1─3.7% 値上がりした。 原油高を受けて石油大手のBPと英蘭系のロイヤル・ダッチ ・シェルがそれぞれ、0.8%と1.4%上昇した。 配当落ちした英スーパーマーケット大手のテスコは1.2 %下落した。 FTSE100種は今年これまで...

欧州市場サマリー(13日)

欧州株式市場: <ユーロ圏債券> ドイツ国債利回りが4営業日ぶりに低下した。ここ最近の利回り 上昇を受けて世界的に債券買いが広がったことを受けた。 ドイツ10年債利回りは4ベーシスポイント(bp)低下のマイナス0 .13%。1日の低下幅としては約1カ月ぶりの大きさだった。序盤にはマイナス0.0 85%と5月下旬以来の高水準を付けた。 コメルツ銀行の金利ストラテジスト、ライナー・グンターマン氏は「きょうはややも みあいとなっている」と述べた。 ドイツ、フランス、オランダの30年債利回りはそれぞれ一時7.5bp低下。<NL3 0YT=RR>...

ロンドン株式市場=反発、住宅建設株が上昇

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。住宅建設のバラット・デベロップメンツの堅調な決算を受けて住宅 建設株が上昇し、相場全体を押し上げた。ただ、イングランド銀行(英 中央銀行)による早期利上げへの懸念が、引き続き投資家心理の重しと なっている。 FTSE350種住宅建設株指数は3.77%上昇 し、上昇率は昨年4月以来の大きさとなった。バラット・デベロップメ ンツは6.3%急伸。住宅販売が新型コロナウイルスのパンデ ミック(世界的大流行)前の水準を上回り、2022年度と中期の目標 も達成する見通しだと発表したことが好感された。 ハーグリーブス・ランズダウン...

英マン・グループ、3月末の預かり資産残増加 一段の資金流入見込む

英ヘッジファンド大手マン・グループは20日、3月末の運用資産が1270億ドルになったと発表した。昨年12月末時点では1236億ドルだった。市場の良好なセンチメントに後押しされ、顧客は今後も数四半期にわたって一段の資金を投資に振り向けると予想している。

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。エネル ギー株が売られ全体水準を押し下げた。英国の新型コロナウイルス感染件数が増えている ことから新たな封鎖措置が不安視され、中型株では消費関連株が売られた。 英国のハンコック保健相は、新型コロナの感染が全国で拡大していると指摘、入院患 者が8日ごとに倍増していると述べた。10月に全国的な封鎖措置を導入するかどうかに ついてはコメントしなかった。 この日発表された8月の小売売上高は前月に続き増加した。オンライン小売り増加が 目立った。ただ、集会を制限する新たな措置が導入されたことで、レストラン...

ロンドン株式市場=続落、コロナ感染拡大で封鎖再導入に懸念

この日発表された8月の小売売上高は前月に続き増加した。オンラ イン小売り増加が目立った。ただ、集会を制限する新たな措置が導入さ れたことで、レストラン事業を中心とした消費者関連部門は低迷し続け るとみられる。 こうした中、ヘッジファンド大手マン・グループは4.1 %上昇した。最大1億ドルの自社株買いを実施するとの発表が好感され た。約6600万株を取得するという。 FTSE100種は週間ベースでも値下がりした。一方、オンライ ンスーパー大手オカドは週間で24.3%高と好調な伸びを示 した。 (ーからご覧ください)

アングル:黒人採用進まないヘッジファンド、対応難しい面も

今年5月、米ミネソタ州で黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に首を圧迫されて死亡した事件をきっかけに、企業における白人と黒人を含めたマイノリティーの雇用格差が問題化すると、大手銀行やプライベートエクイティ(PE)などは善処を約束した。

ロンドン株式市場=反落、インペリアル・ブランズ売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7436.64 -20.38 -0.27 7457.02 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。日中はプラス圏で取引されたものの、配 当落ちしたたばこのインペリアル・ブランズなどが売られ、終盤にかけて落ち込 んだ。 韓国で新型コロナウイルスの感染者が急増したことで市場心理が悪化したことも相場 の重しだった。 インペリアル・ブランズは7.3%下落した。同じく配当落ちした製薬大手グラクソ ・スミスクライン(GSK)と日用品のユニリーバは1.7%と0.6 %それぞれ下落...

欧州市場サマリー(19日)

アナリストの間からは方向感に欠く展開との指摘も聞かれた。DZバンクの金利スト ラテジスト、レネ・アルブレヒト氏は、顧客が「より大幅な利回りの上昇を待つ間、買い を控えている」と指摘し、「市場参加者の誰もが方向感を求めている」と述べた。 独10年債利回りは一時マイナス0.42%まで低下して前日の2週間 ぶり低水準に迫ったものの、その後は戻し、終盤には横ばいのマイナス0.414%で推 移した。 仏10年債利回り、スペイン10年債利回りもほぼ変わらず 。 イタリア10年債利回りは0.926%、ギリシャ10年債利回り<GR10 YT=RR>も0...

ロンドン株式市場=反発、住宅建設銘柄が高い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7457.02 +75.01 +1.02 7382.01 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。投資判断の引き上げが好感された住宅建 設銘柄が買われた。新型コロナウイルスの中国での感染件数の伸びは減速し、懸念が和ら いだ。 FTSE350種住宅建設株指数は1.62%上昇して過去最高値。個 別銘柄ではバークレー・グループが2.1%上昇し、最高値となった。バラット ・デベロップメンツとパーシモン、テイラー・ウィンペイは0. 9─1.9%上昇した。住宅建設部門は、英国...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up