for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Enel S.p.A.

ENEI.MI

現在値

4.55EUR

変化

-0.10(-2.08%)

出来高

33,939,184

本日のレンジ

4.50

 - 

4.63

52週レンジ

4.50

 - 

7.37

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4.64
始値
4.58
出来高
33,939,184
3か月平均出来高
493.08
高値
4.63
安値
4.50
52週高値
7.37
52週安値
4.50
発行済株式数
10,161.22
時価総額
47,214.06
予想PER
8.28
配当利回り
8.18

次のエベント

Q3 2022 Enel SpA Earnings Release

適時開示

その他

Enel Sees Deal To Sell Unit CELG D To Generate Positive Effect On Group’S Net Debt Of About EUR 1.4 Bln

Enel Signs MoU With Assonautica For Decarbonisation, Electrification Of Leisure Boating

Comal Unit Signs Deal To Build Solar Plants For EUR 98 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Enel S.p.A.とは

エネル(Enel SpA)は、世界の電力、ガス、再生可能エネルギー市場の統合オペレーターであり、イタリアを拠点とする多国籍電力会社である。【事業内容】ヨーロッパで活動しており、30か国以上に拠点を置き、86ギガワット(GW)を超える設備容量でエネルギーを生産する。エネルは220万キロメートルを超えるネットワークを介して電力を分配し、世界中の7400万の企業および家庭のエンドユーザーに電力を供給する。エネルの再生可能エネルギー部門であるエネルグリーンパワーは、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアに設置された46GW以上の風力、太陽光、地熱、水力発電所にエネルギーを供給する。Enel Xは、配電システムとバッテリー、スマート照明とエネルギーおよび電気モビリティを含むエネルギー関連の製品とサービスに焦点を当てたエネルのグローバルビジネスラインである。

業種

Electric Utilities

連絡先

Viale Regina Margherita, 137

00198

Italy

+39.06.83052783

https://www.enel.com/it

エグゼクティブリーダーシップ

Michele Crisostomo

Non-Executive Chairman of the Board

Francesco Starace

Chief Executive Officer, General Manager, Executive Director

Alberto De Paoli

Chief Financial Officer

Giulio Fazio

Head of Legal and Corporate Affairs

Salvatore Bernabei

Head of Global Power Generation, Head of Africa, Asia and Oceania

統計

2.04 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

80.3K

2020

65.0K

2021

84.1K

2022(E)

95.8K
EPS (EUR)

2019

0.470

2020

0.510

2021

0.540

2022(E)

0.554
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.56
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.39
株価純資産倍率(四半期)
1.43
株価キャッシュフロー倍率
5.83
総負債/総資本(四半期)
241.87
長期負債/資本(四半期)
188.30
投資利益率(過去12カ月)
2.80
自己資本利益率(過去12カ月)
1.68

最新ニュース

最新ニュース

イタリア右派の有力首相候補、選挙に勝利しても財政は安全と強調

[ローマ 25日 ロイター] - イタリア政党「イタリアの同胞」のジョルジャ・メローニ党首は9月25日に行われる総選挙を控えロイターのインタビューに応じ、自党率いる右派連合の支出計画について、欧州連合(EU)の財政規則を尊重し、国の財政に穴を開けないようにすると述べた。同党は世論調査で支持率トップに立っている。

EU、水素プロジェクトに54億ユーロ アルストムなど参画

欧州連合(EU)欧州委員会は15日、水素エネルギーの活用に向けた54億ユーロ(54億ドル)規模のプロジェクトを承認した。15の加盟国に加え、フランス鉄道車両大手アルストムやドイツ商用車大手のダイムラー・トラックも共同で資金を拠出。先端分野で優位に立つことを目指す。

アジア株式市場サマリー:中盤(8日)

午前のシドニー株式市場の株価は小幅続伸。中国で鉄鉱石価 格が上昇したことを受け、鉱業株が買われた。 S&P/ASX200指数は今週はこれまでに2.5%上昇した。 鉱業株指数は3.2%高。週ベースでは5週間ぶりの反発となりそうだ。リ オティント、フォーテスキュー・メタルズ、BHPグループは 2.4─3.7%高。 エネルギー株指数は、ブレント原油相場が前日の落ち込みから反発したのを 受け、2.9%高。ウッドサイド・エナジーとサントスはそれぞれ3. 4%高、3.1%高となった。 金融株指数は0.2%高。ただ、大手4行のうちの3行は0.1─0....

イタリア中銀総裁、10月に退任の可能性と報道 当局は否定

イタリアの新聞イル・フォッリョは28日、イタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁が2023年10月の任期を待たず、今年10月に退任する可能性があると報じた。来年上半期にも見込まれる総選挙を前に後任が指名されることになる。

ビスコ伊中銀総裁、10月に退任の可能性 任期より1年早く=新聞

イタリアの新聞イル・フォッリョは28日、イタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁が2023年10月の任期を待たず、今年10月に退任する可能性があると報じた。来年上半期にも見込まれる総選挙を前に後任が指名されることになる。

訂正-スペインのファッションのマンゴ、ロシア直営店経営から撤退へ

スペインのファッションのマンゴは20日、ロシアでの直営店経営から全て撤退すると発表した。店舗譲渡を巡ってロシアの事業パートナーと協議中という。

燃料価格高騰、短期的な手法で対処を=エネルギー会社幹部

ロイターが15日主催したエネルギー移行に関する会議では、現在の燃料価格高騰について効率化など短期的な手法で対処すべきで、2030年の気候変動目標の達成を急ぐ必要があるとの見解が業界幹部から示された。

コラム:脱ロシア図るEUのエネルギー政策、強まる中国依存リスク

欧州連合(EU)は、ある国へのエネルギー依存をせっかく脱却しても、別の国に頼る結果になる危険にさらされている。EUが切望しているのは、ロシア産化石燃料の輸入を減らすことだ。そのために再生可能エネルギー利用を拡大するのは、欧州委員会が今年3月に提案したように有効な手段になる。

コラム:EUが電力会社に課税も、電気高騰対策の切り札なるか

欧州連合(EU)は、電気料金の高騰に苦しむ市民や企業を助けるための財源として、エネルギー企業を対象とした超過利潤税の導入を検討している。この税金は単純な仕組みのように聞こえるが、実施するのは見かけより大変だ。  

伊エネル、ロシア投資削減を示唆 既存資産の将来も検討

イタリアの電力大手エネルは17日、ロシアへのエクスポージャーを削減する意向を示した。

プーチン大統領、イタリア企業と会合 エネルギー分野の関係強調

ウクライナを巡り西側との緊張が高まる中、ロシアのプーチン大統領は26日、イタリア企業幹部とのオンライン会合に出席し、ロシアのエネルギー産業とイタリアの関係の重要性を強調した。

イタリア企業の首脳らがプーチン大統領と会合へ、ウクライナ緊迫でも

ロシアのプーチン大統領とイタリアの大手企業トップは26日、両国企業の関係強化に向けたオンライン会合を開く。ロシアと西側諸国の間ではウクライナ情勢を巡り緊張が高まっているが、予定通り開催される。

欧州市場サマリー(15日)

焦点は、来週予定される英中銀の金融政策委員会に移っている。委員の間では、経済 状況が利上げの基本条件を満たしているかどうかで、引き続き意見が分かれている。 外食デリバリーサービスのジャスト・イート・テイクアウェー・ドットコム は4.5%下落。米アマゾン・ドット・コムと英料理宅配のデリバルー が、国内のプライム会員向けの配達料を無料にすると伝わったことが嫌気された。 一方、サイバーセキュリティーのダークトレースは14.5%上昇。202 2年度の売上高見通しを引き上げたことが買い材料となった。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 下落して...

欧州株式市場=下落、公益事業や高級ブランド株売られる

欧州株式市場は下落して取引を終えた。 スペイン政府がエネルギー料金に上限を設定する動きを受けて公益事業 株が下落し、中国経済の減速懸念から高級ブランド株が引き続き軟調だ ったのが響いた。 スペインのサンチェス内閣は14日、エネルギー料金の高騰を抑え るため、エネルギー企業の数十億ユーロの利益を消費者に振り向け、ガ ス料金の上昇に上限を設ける緊急措置を決定した。STOXX欧州60 0種電力株指数は2.88%下落し、欧州最大の電力会社エネ ルは5.5%下げた。 新型コロナウイルスの感染拡大やサプライチェーン(供給網)の混 乱を受け、中国の8...

欧州、2030年の気候目標達成困難 現行ペースなら51年に=調査

イタリア電力大手エネルなどが4日公表した調査研究によると、欧州が温室効果ガス排出を1990年比で55%削減するとした2030年の目標は、現行ペースなら達成するのは51年になる。

ECB、QEのグリーン化検討可能=シュナーベル専務理事

欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル専務理事は28日、ECBの債券購入策について、グリーンボンド(環境債)の買い入れを増加させる一方、「脱炭素の目的と相いれない」債券の除外を検討できると述べ、気候変動に焦点を当てた「グリーン量的緩和(QE)」の可能性を示唆した。

欧州市場サマリー(20日)

ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終 アジア市場 コード 盤 終盤 ユーロ/ドル    1.1074 1.1116 ドル/円 109.44 109.35 ユーロ/円 121.22 121.58 <EURJPY= > <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 418.40 +3.33 +0.80 415.07 FTSEユーロファース 1635.17 +13.85 +0.85 1621.32 ト300種 ユーロSTOXX50種 3776.56 +37.39 +1.00 3739.17 FTSE100...

欧州株式市場=上昇、英EU離脱期待で過去最高値迫る

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 418.40 +3.33 +0.80 415.07 FTSEユーロファース 1635.17 +13.85 +0.85 1621.32 ト300種 ユーロSTOXX50種 3776.56 +37.39 +1.00 3739.17 欧州株式市場は上昇して取引を終えた。STOXX欧州600種は週初めに付けた過 去最高値に迫った。英国が来年1月31日の欧州連合(EU)離脱に向けて前進したこと で、3年超続く先行き不透明感が消えるとの期待が相場を押し上げた。 英議会は...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up