for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Eni SpA

ENI.MI

現在値

8.58EUR

変化

0.02(+0.28%)

出来高

16,882,092

本日のレンジ

8.46

 - 

8.65

52週レンジ

5.73

 - 

14.42

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8.56
始値
8.50
出来高
16,882,092
3か月平均出来高
423.01
高値
8.65
安値
8.46
52週高値
14.42
52週安値
5.73
発行済株式数
3,543.96
時価総額
30,943.21
予想PER
-46.97
配当利回り
10.02

次のエベント

Q4 2020 Eni SpA Earnings Release

適時開示

その他

Eni and Hera Units To Set Up JV For Industrial Waste Management In Ravenna, Italy

Falck Renewables And Eni US Sign Deal With Savion To Buy 30 MW Solar Project In Virginia

Eni Launches Pilot Plant For Biofixation Of Carbon Dioxide

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Eni SpAとは

エニ(Eni SpA)はイタリアに本拠を置く多国籍の石油・ガス企業。【事業内容】同社は7つの事業セグメントを運営する。精製・マーケティング事業は石油製品の精製・マーケティングを行う。エニ・トレーディング事業は商品取引、輸送及びデリバティブにかかるグループ・サービスを提供する。化学品事業は石油化学製品の生産・販売を行う。エンジニアリング・建設事業は石油・ガス産業向けにサービスを提供する。探査・生産事業は石油と天然ガスの探査・開発・生産に従事する。ガス・パワー事業は天然ガスの供給・再ガス化・輸送・貯蔵・流通・マーケティング業務、発電と電力販売を行う。その他事業はコーポレート、金融とサービス分野の業務を行う。平成25年7月26日、同社はChina National Petroleum Corp.向けに、Eni East Africaの28.57%の持分を譲渡した。

業種

Natural Gas Utilities

連絡先

Piazzale Mattei, 1

00144

Italy

+39.06.59821

https://www.eni.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Emma Marcegaglia

Non-Executive Chairman of the Board, Independent Director

Claudio Descalzi

Chief Executive Officer, General Manager, Director

Massimo Mondazzi

Chief Financial and Risk Management Officer

Roberto Ulissi

Senior Executive Vice President Corporate Affairs and Governance, Company Secretary, Corporate Governance Counsel

Marco Bardazzi

Executive Vice President of External Communication

統計

2.70 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

66.9K

2018

75.8K

2019

69.9K

2020(E)

53.8K
EPS (EUR)

2017

0.670

2018

1.150

2019

0.800

2020(E)

-0.196
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.64
株価純資産倍率(四半期)
0.84
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
89.67
長期負債/資本(四半期)
75.78
投資利益率(過去12カ月)
-10.71
自己資本利益率(過去12カ月)
-8.36

最新ニュース

最新ニュース

シェル、生産コスト最大40%削減へ 再生エネへの移行加速

英・オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>は、石油・ガス生産コストを最大40%削減することを検討している。経費節約で事業を見直し、再生可能エネルギーと電力市場へさらに重点的に取り組む。関係筋がロイターに明らかにした。  

米政権、ベネズエラ石油部門への制裁強化を検討=担当特使

米国のベネズエラ担当特使、エリオット・エイブラムス氏は31日、トランプ政権が、近い将来にベネズエラの石油部門に対する制裁を強化することを検討していると明らかにした。ロイターの電話インタビューで語った。

世界の石油・ガス大手12社、温室効果ガス削減で共同目標を初設定

世界の石油・ガス大手12社が設立した温暖化対策に取り組む国際組織「石油・ガス気候イニシアチブ(OGCI)」は、業界による気候変動の取り組み姿勢に対する圧力が高まる中、温室効果ガスの削減目標を初めて設定した。

石油大手の国際組織、温室効果ガス削減で共同目標

世界の大手石油会社が加盟する環境対策の共同組織「石油・天然ガス気候イニシアチブ(OGCI)」は、温室効果ガスの共同削減目標を初めて設定した。

石油大手、第2四半期の資金調達額は過去最大 債務圧力高まる

世界の石油・ガス大手は2020年第2・四半期に低金利の環境を活用し、過去最大の債務による資金調達を行った。新型コロナウイルス流行による大幅減収に対応する財務上の余裕を確保するため、現金保有を高めた。

ベネズエラの石油輸出が急減、米制裁で70年ぶり低水準か

ベネズエラの6月上旬の石油輸出が約28%減少したことが複数の資料やデータで分かった。6月の石油輸出は過去70年以上で最低となる可能性がある。

ノルウェーの石油会社、新型コロナで投資計画を縮小=統計局

ノルウェー統計局は4日、同国の石油・ガス投資は今年予想をやや下回る伸びにとどまり、2021年に大幅に減少する見通しを示した。

ノルウェー、6─12月に原油減産へ=石油・エネルギー省

ノルウェー石油・エネルギー省は29日、今年6月から12月まで原油生産量を削減すると発表した。原油価格を下支えするためノルウェーが他の主要産油国とともに減産を行うのは18年ぶり。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(24日現在)

ドイツのIFO経済研究所が発表した4月の業況指数は74.3と、過去最低となった。下方修正された前月の85.9から低下した。

伊ENI、生産・設備投資予測を下方修正

イタリアのエネルギー会社ENI<ENI.MI>は24日、生産と設備投資の予測を下方修正した。新型コロナウイルスの感染拡大で原油・ガス需要が急減し、原油価格が大幅に値下がりしていることが背景。

世界の大規模政府系ファンド、年初来の含み損は計670億ドル

世界の大規模政府系ファンド(SWF)の年初来の含み損が合わせて約670億ドルに上るとの試算が明らかになった。新型コロナウイルスの感染拡大で主要な保有資産の価値が低下したことが響いている。

シェル、石油業界で最も野心的な温暖化ガス削減目標を設定

英・オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>は16日、2050年までに温暖化ガスの排出量を「ネット・ゼロ」(排出した分だけ回収して正味でゼロにする)との削減目標を発表、気候変動問題への取り組みを強化する姿勢をアピールした。

サウジ、欧州石油大手4社の株式取得=関係筋

関係筋によると、サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は、欧州の石油大手4社の株式を取得した。

サウジ、欧州石油大手の株式取得 総額10億ドル相当=WSJ

サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は、欧州の石油大手4社の株式約10億ドル相当を取得した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が8日、関係筋の情報として報じた。

ノルウェー、9日のOPECプラス会合参加を検討 減産に同意も

ノルウェーの石油・エネルギー省は6日、9日に延期された石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国による「OPECプラス」の会合にノルウェーが招待されており、オブザーバーとして参加を検討していると明らかにした。幅広い合意が得られれば、減産に応じる意向だという。

ノルウェー、主要産油国が減産合意なら追随も=石油相

西欧最大の石油・天然ガス生産国、ノルウェーのブルー石油・エネルギー相は4日、世界の主要産油国間で減産が合意された場合、同国も生産縮小を検討すると明らかにした。

石油大手、20年の支出計画20%引き下げ 原油安で

大手石油・ガス企業は2020年の支出計画を当初予想から20%引き下げる。新型コロナウイルスの危機による需要の落ち込みに加え、原油輸出大国のサウジアラビアとロシアが繰り広げる価格競争により、原油の値段が急落しているためだ。

サウジ、欧州に1バレル=25ドルで原油供給 ロシアとの競争激化

サウジアラビアが欧州市場に安い原油を大量に供給している。サウジはロシア産原油の石油精製大手に対抗し、原油を最低1バレル25ドルで販売。ロシアとの市場シェア競争が激化している。石油メジャーや欧州の精製会社の5人の関係筋が話した。

コラム:欧州企業、大型域外M&Aを積極展開へ 手本は日本勢

欧州企業は、日本企業による大規模な海外M&A(合併・買収)ラッシュを踏襲する態勢を整えつつある。日本勢は国内市場の縮小と超低金利を背景に、企業買収でかつてないほど大きな案件を追い求めている。日本と同じ課題を抱える欧州連合(EU)の企業もこれに追随する構えで、ドイツのシーメンス<SIEGn.DE>、イタリアのENI<ENI.MI>のほか、銀行のBNPパリバ<BNPP.PA>やING<INGA.AS>などが年明けとともに高成長市場に積極的に踏み込もうとしている。

英BP、資産売却で3年ぶり最終赤字 精製事業は好調

英エネルギー大手BPが発表した第3・四半期決算は、資産売却に伴う特別費用が響き、約3年ぶりの最終赤字となった。原油安が打撃となったものの、精製事業は好調だった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up