for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Eni SpA

ENI.MI

現在値

8.45EUR

変化

0.18(+2.13%)

出来高

26,603,211

本日のレンジ

8.25

 - 

8.59

52週レンジ

6.26

 - 

14.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8.27
始値
8.27
出来高
26,603,211
3か月平均出来高
616.42
高値
8.59
安値
8.25
52週高値
14.94
52週安値
6.26
発行済株式数
3,572.55
時価総額
30,069.25
予想PER
-996.87
配当利回り
10.39

次のエベント

Eni SpA at Credit Suisse Global Energy Conference (Virtual)

適時開示

その他

Eni says board has re-appointed Claudio Descalzi as CEO

Eni CEO confirms target to cut greenhouse gas emissions by 80% by 2050

Italy's Eni, A2A Sign Agreement To Manage Industrial Waste

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Eni SpAとは

エニ(Eni SpA)はイタリアに本拠を置く多国籍の石油・ガス企業。【事業内容】同社は7つの事業セグメントを運営する。精製・マーケティング事業は石油製品の精製・マーケティングを行う。エニ・トレーディング事業は商品取引、輸送及びデリバティブにかかるグループ・サービスを提供する。化学品事業は石油化学製品の生産・販売を行う。エンジニアリング・建設事業は石油・ガス産業向けにサービスを提供する。探査・生産事業は石油と天然ガスの探査・開発・生産に従事する。ガス・パワー事業は天然ガスの供給・再ガス化・輸送・貯蔵・流通・マーケティング業務、発電と電力販売を行う。その他事業はコーポレート、金融とサービス分野の業務を行う。平成25年7月26日、同社はChina National Petroleum Corp.向けに、Eni East Africaの28.57%の持分を譲渡した。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

Piazzale Mattei, 1

00144

Italy

+39.06.59821

https://www.eni.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Emma Marcegaglia

Non-Executive Chairman of the Board, Independent Director

Claudio Descalzi

Chief Executive Officer, General Manager, Director

Massimo Mondazzi

Chief Financial and Risk Management Officer

Roberto Ulissi

Senior Executive Vice President Corporate Affairs and Governance, Company Secretary, Corporate Governance Counsel

Marco Bardazzi

Executive Vice President of External Communication

統計

2.48 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

66.9K

2018

75.8K

2019

69.9K

2020(E)

55.9K
EPS (EUR)

2017

0.670

2018

1.150

2019

0.800

2020(E)

-0.024
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.46
株価純資産倍率(四半期)
0.65
株価キャッシュフロー倍率
7.58
総負債/総資本(四半期)
66.33
長期負債/資本(四半期)
54.12
投資利益率(過去12カ月)
-4.13
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.12

最新ニュース

最新ニュース

ノルウェー、6─12月に原油減産へ=石油・エネルギー省

ノルウェー石油・エネルギー省は29日、今年6月から12月まで原油生産量を削減すると発表した。原油価格を下支えするためノルウェーが他の主要産油国とともに減産を行うのは18年ぶり。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(24日現在)

ドイツのIFO経済研究所が発表した4月の業況指数は74.3と、過去最低となった。下方修正された前月の85.9から低下した。

伊ENI、生産・設備投資予測を下方修正

イタリアのエネルギー会社ENI<ENI.MI>は24日、生産と設備投資の予測を下方修正した。新型コロナウイルスの感染拡大で原油・ガス需要が急減し、原油価格が大幅に値下がりしていることが背景。

世界の大規模政府系ファンド、年初来の含み損は計670億ドル

世界の大規模政府系ファンド(SWF)の年初来の含み損が合わせて約670億ドルに上るとの試算が明らかになった。新型コロナウイルスの感染拡大で主要な保有資産の価値が低下したことが響いている。

シェル、石油業界で最も野心的な温暖化ガス削減目標を設定

英・オランダ系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>は16日、2050年までに温暖化ガスの排出量を「ネット・ゼロ」(排出した分だけ回収して正味でゼロにする)との削減目標を発表、気候変動問題への取り組みを強化する姿勢をアピールした。

サウジ、欧州石油大手4社の株式取得=関係筋

関係筋によると、サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は、欧州の石油大手4社の株式を取得した。

サウジ、欧州石油大手の株式取得 総額10億ドル相当=WSJ

サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は、欧州の石油大手4社の株式約10億ドル相当を取得した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が8日、関係筋の情報として報じた。

ノルウェー、9日のOPECプラス会合参加を検討 減産に同意も

ノルウェーの石油・エネルギー省は6日、9日に延期された石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国による「OPECプラス」の会合にノルウェーが招待されており、オブザーバーとして参加を検討していると明らかにした。幅広い合意が得られれば、減産に応じる意向だという。

ノルウェー、主要産油国が減産合意なら追随も=石油相

西欧最大の石油・天然ガス生産国、ノルウェーのブルー石油・エネルギー相は4日、世界の主要産油国間で減産が合意された場合、同国も生産縮小を検討すると明らかにした。

石油大手、20年の支出計画20%引き下げ 原油安で

大手石油・ガス企業は2020年の支出計画を当初予想から20%引き下げる。新型コロナウイルスの危機による需要の落ち込みに加え、原油輸出大国のサウジアラビアとロシアが繰り広げる価格競争により、原油の値段が急落しているためだ。

サウジ、欧州に1バレル=25ドルで原油供給 ロシアとの競争激化

サウジアラビアが欧州市場に安い原油を大量に供給している。サウジはロシア産原油の石油精製大手に対抗し、原油を最低1バレル25ドルで販売。ロシアとの市場シェア競争が激化している。石油メジャーや欧州の精製会社の5人の関係筋が話した。

コラム:欧州企業、大型域外M&Aを積極展開へ 手本は日本勢

欧州企業は、日本企業による大規模な海外M&A(合併・買収)ラッシュを踏襲する態勢を整えつつある。日本勢は国内市場の縮小と超低金利を背景に、企業買収でかつてないほど大きな案件を追い求めている。日本と同じ課題を抱える欧州連合(EU)の企業もこれに追随する構えで、ドイツのシーメンス<SIEGn.DE>、イタリアのENI<ENI.MI>のほか、銀行のBNPパリバ<BNPP.PA>やING<INGA.AS>などが年明けとともに高成長市場に積極的に踏み込もうとしている。

英BP、資産売却で3年ぶり最終赤字 精製事業は好調

英エネルギー大手BPが発表した第3・四半期決算は、資産売却に伴う特別費用が響き、約3年ぶりの最終赤字となった。原油安が打撃となったものの、精製事業は好調だった。

米エクソン、ノルウェーの石油事業40億ドルで売却合意=関係筋

米エクソンモービル<XOM.N>はノルウェーの石油・ガス関連資産を最大40億ドルで売却することで合意した。1世紀以上前に進出したノルウェーでの生産を打ち切ることになる。3人の関係者が5日、ロイターに明らかにした。

焦点:宙に浮くロシア産「汚染原油」、西側と支払い巡る泥沼劇

その請求書に記載されているのは、ベラルーシからドイツへと至るパイプライン内で何週間も滞留している、有機塩素化合物に汚染された大量のロシア産石油の代金だ。

仏伊石油大手、ロシア産汚染原油の代金支払い中止

ロシア産原油に高濃度の有機塩素化合物が混入した問題で、フランスの石油大手トタル<TOTF.PA>とイタリアの同ENI<ENI.MI>がロシア企業に対する当該原油の購入代金の支払いを中止したことが、複数の商社筋の話で分かった。

イラン産ガス禁輸措置の対応策準備=イラン石油相

イラクのガドバン石油相は16日、イラン産ガスの輸入が停止された場合の緊急時対応策を備えているが、そのような事態が起こらないことを望むと述べた。

汚染で停止のパイプライン、正常化は5月後半に=露エネルギー相

ロシアのドルジバ・パイプラインが原油の汚染のため停止している問題で、ノバク・エネルギー相は、問題の解決は5月後半になるとの見方を示した。

アルジェリア国営石油、外国企業との開発提携目指す=新CEO

アルジェリア国営石油会社ソナトラックのハシシ新最高経営責任者(CEO)は1日、石油生産と輸出の拡大に向け、外国企業との提携を進める意向を示した。

ロシア、2週間以内に欧州向けパイプライン復旧へ

ロシアのコザク副首相は26日、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランドとの協議を受け、主要パイプライン「ドルジバ」を通じた欧州への原油供給を2週間以内に再開すると明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up